2024年05月14日

'東京ヤクルト 1-2 広島

C 000 101 000 2
S 000 000 100 1
●小澤(0-4)50/3,長谷川2,大西1,丸山翔1−中村
武岡2号@(床田)

▼データ
 ・対床田:3戦3敗

◆ポイント
 ・4回表1死無走者菊池右安(丸山和後逸)
 ・6回裏2死満塁西川中飛

床田から22イニング目にしてようやく1点奪ったものの・・対広島戦4敗のうち床田が3敗。武岡の一発が生まれただけに惜敗感があるが,それが無ければ完敗だし,それがあったから響いた守備のミス。

4回表1死から菊池のヒット。これを丸山和が後逸し三塁まで進まれ小園。内野は前進外野は通常という守備体系になって,魔のトライアングルゾーンにポテンと落ちる当たりで先制点を許した。もちろん後逸が無ければ単打で防げた失点ではあるが。やhり時代は外野前進ということか。
6回表。野間菊池の連打で0死一三塁から小園タイムリーで床田相手ではあまりに致命的な2点目。よって小澤は今日も勝てず4敗目。相手の巡りが悪いと言えばそれまでだが・・。

0死満塁から小澤のあとを託されたのは長谷川。その長谷川が最初の打者代打中村健人を三振。矢野を3−2−5の変則併殺。絶体絶命のピンチを断って流れは変わりかけた。

6回裏1死から長岡ヒット村上四球オスナ四球で2死満塁。西川の飛球はセンター秋山のグラブの中に収無得点。そして7回裏に武岡の本塁打が生まれると。究極の結果論だと6番武岡なら勝てたのかも。

8回大西9回丸山翔も無失点。これで実はあの筒香弾以降中継ぎ陣は無失点を続けているのだ。先発にもゆとりを生んでるし,実はピッチャーはかなり充実してきていると思う。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(松本健)−広島(森下)6回戦 松山坊ちゃん 18:00
 ・ドラフト2位ルーキー松本健プロ初登板初先発。2013年小川以来となるルーキー初登板初勝利チャレンジ
 【メモ】実況今湊アナ[1-0 1.00]×達川解説員[昨季2-1 .667]
愛媛 | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:42 | 更新情報をチェックする

2024年05月12日

'東京ヤクルト 3-1 巨人

G 000 001 000 1
S 000 001 11x 3
サイスニード6,エスパーダ2/3,○山本(1-0)1/3,H木澤1,S石山(3)1−中村
サンタナ5号@(高橋礼)

▼データ

◆ポイント
 ・7回裏0死一塁長岡投犠
 ・8回表2死一二塁小林→代打岸田中安(岩田捕殺)
 ・8回裏1死一塁北村拓一犠

まずは試合前。
ヤクルト・塩見、長期離脱へ 左膝前十字靱帯など損傷
 ヤクルトの塩見泰隆外野手が12日、東京都内の病院で左膝の前十字靱帯と半月板の損傷と診断され、出場選手登録を外れた。長期離脱は避けられない見通しとなった。
 11日の巨人戦(神宮)の一回に遊撃へゴロを放ち、一塁ベースを駆け抜けた際に痛めた。今季は主に1番で31試合に出場し、打率2割6分7厘、3本塁打、8打点。[ 5/12(日) 17:42配信 共同通信 ]

雄平が2013年4月にやった靱帯損傷。その雄平は再建手術を受けこの年は絶望となったが,塩見はさらに半月板もとのこと。選手生命に関わるレベルなのか。とにかく奇跡の復活言われるくらいの覚悟で見守るしかない。。信じて待ってます。。

さて試合。岡本和のこの3連戦3本目の本塁打で先制されるも,逆転勝ちで3連敗回避。本拠地巨人戦初勝利。首位と3.5差借金3で松山甲子園の遠征へ。

アンダースロー高橋礼との初対決。毎回走者を出すも今日も併殺祭りでホームが遠い。サイスニードは先週の全力疾走からアドレナリン取り戻せた感。4月の不安定さは完全に払拭されている。

しかし6回表2死無走者から岡本和。フルカウントから中村のサインに二度首を振って投じたストレートは完璧な一発で先制点を与えてしまったものの,6回100球7奪三振1失点の力投。

そんなサイスニードを敗戦投手にさせるわけにはいかないと奮起してくれたのは偉人サンタナ。直後の6回裏先頭打者で打席に入り岡本に負けない飛距離でサイスニードの負けを消して,7回からは継投勝負。

2番手エスパーダ。先頭小林に四球&二盗。門脇の右飛でタッチアップ。今日も小林にやられてしまうのか・・嫌な予感が漂う。1死三塁代打長野空振り三振。ここで山本にスイッチ。丸申告敬遠で2死一三塁として佐々木勝負。ここで一番欲しい三振を取れる山本。頼もしい。

7回裏。先頭丸山和四球で2番ここまで3打数3安打の長岡。この場面でベンチは犠打を指示。ファールこそあったがきっちり決めて1死二塁。オスナ右飛村上四球2死一三塁でサンタナに回る。またも偉人。見事ライト前に弾き返して丸山和生還。勝ち越し。なお一三塁で青木。しかしどうしたカウント3−0からファーストゴロでさらなる追加点ならず。さらにサンタナに代走西川を送っており,サンタナを下げてしまって良かったのか・・そんな不安に襲われる。

8回表は吉川からでイニング跨いだ山本。しかし内野安打の出塁を許し,ランナー背負った状態で木澤が登板。一発出ればたちまち逆転という状況で岡本和空振り三振。坂本センターフライで2死。重信際どい判定で四球となり一二塁で小林。だがここで小林を代えてくれた阿部監督。代打岸田。外野は間を抜けたら一走重信まで生還というリスクを背負って前進守備を選択したベンチ。センター前。センターにはこの回から岩田。その岩田が見事ホームへダイレクト返球で吉川タッチアウト。同点を阻止した。

8回裏1死から中村が四球を選ぶと,代打北村拓に犠打を指示。丸山和申告敬遠で2死一二塁となって長岡。今日4本目。昨日から7打数連続安打となるヒットで二走中村生還。貴重な追加点。こうなれば守護神石山。今日も3者凡退と抜群の安定感で全く危なげなし。

長岡への犠打指示含め犠打が得点につながった。外野前進守備が大成功。イニング跨ぎの継投。サンタナの守備固めのタイミング。勝てばすべてが正解となるのだから。

連敗中ではあったがどうも今日の試合にはなぜか勝てそうな雰囲気があったのはBASEBALL L!VEジンクス。あの暗黒高田監督時代ですら負けてないんですからホンモノですよ!


■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小澤)−広島(床田)5回戦 松山坊ちゃん 18:00
 ・またも床田との対戦。今季2試合15イニングで無得点。
 【メモ】実況竹下アナ[1-1 .500]×野村解説員[昨季1-4 .250]
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:28 | 更新情報をチェックする

2024年05月11日

'東京ヤクルト 3-4 巨人

G 010 300 000 4
S 100 100 001 3
●小川(1-1)5,星2,山本1,大西1−中村
長岡2号@(菅野)

▼データ
 ・伊藤:プロ初出場

◆ポイント
 ・1回裏0死塩見遊安(負傷退場)
 ・4回表2死一塁小林左2
 ・7回裏1死一三塁代打青木二併
 ・8回裏2死一二塁村上二ゴ
 ・9回裏0死一三塁中村三併

初回先頭塩見の負傷退場で重苦しい空気に包まれた。明らかに変な捻り方の膝。良くて全治3ヶ月くらいだろうか・・。揃わないメンバー。そして試合は今日も1点差負け。その最後の1点はいずれも小林のバットによるものというのがなんとも言えない。。

サード坂本の守備の上手さ。これも勝敗を分けたか。
7回裏0死一塁菅野が99球で降板して大江への代わり端。長岡のまさに意表をつくセーフティバント。しかしこれを坂本が難なく捌いてしまう。
9回裏0死一三塁。中村の打球も三塁線。これまた坂本5−4−3で捌いて一瞬にしてチャンス消滅してしまった。いずれも村上だったら??という打球だと思う。

菅野降板後は1点でも返しておきたかった。7回裏1死一三塁代打青木は先日の横浜スタジアムに続く内野ゴロ併殺。次の8回表先頭代打川端がセンターフライだったが,これをここで出来ていれば,最終回坂本の守備位置だって変わっていたはずだ。

デーゲームの横浜スタジアムは2−9とリードされたDeNAが中継ぎ陣が失点を許さず,最後は筒香が一発で決めた。こちらも星山本大西と追加点を与えず踏ん張った。2点ビハインドの8回裏2死一二塁で村上。ここで一発出れば逆転という場面で一発は出なかった。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(サイスニード)−巨人(高橋礼)8回戦 神宮 18:00
 ・東京ドームで3タテしたら神宮で3タテをやり返されるのか?混セだけに同一カード3連敗さえしなければなんとか団子で喰いつける感はあるだけに明日の元木解説員の勝率に期待するしかない
 【メモ】実況立本アナ[1-0 1.00]×元木解説員[通算2-0 1.00] 
 ※2015年6月29日(あの館山昌平復活試合)以来9年ぶり通算3度目の登板。初登板の2009年8月1日含め2戦2勝勝率10割を誇る元木解説員
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:24 | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

'東京ヤクルト 1-2 巨人

G 100 000 100 2
S 000 000 010 1
●ヤフーレ(4-2)71/3,丸山翔2/3,長谷川2/3,大西1/3−中村

▼データ

◆ポイント
 ・7回表1死無走者小林左本
 ・8回裏2死満塁長岡三直

小林誠司971日ぶりの本塁打に泣いた5月10日。昨年2012年以来11年ぶりに勝利した5月10日ではあったがやはり鬼門の日であることには変わりないようだ。。

中10日でカード頭を託されたヤフーレ。自身2度目のナイター。初回2死から吉川尚に被弾。これは事故として捉えられたが,今日の戸郷には重い1点となった。
放った安打は長岡の1本のみであとは四球と失策。走者を出したのはいずれも2死無走者からと攻撃で仕掛けが出来なかった。あと8番武岡で打順が切れること3度。巨人戦の武岡への期待感はあるが,打席内容とこの前の北村拓の守備を見てしまうと・・・

ソロはソロでも事故どころか死亡事故となってしまった小林への被弾。これも追い込んでからストライクゾーンのコースをボール判定。ヤフーレー中村バッテリーも三振と思った矢先の出来事だった。。

8回裏西舘から西川塩見の連打で0死一二塁。丸山和に犠打指令で1死二三塁としたシーン。これは賛否あるようだが,結果として捕逸間に1点返したわけだし,三塁に進めたことの意味はあったでしょう。2死満塁で長岡。逆方向上手く捉えたが坂本のグラブの中。

それでもヤフーレのあとを受けた丸翔が坂本勇人を注文通りの併殺に仕留めたり,9回1点ビハインドを長谷川−大西で賄ったりと後ろに厚みをという試行錯誤の中結果が出てきていることは感じられた。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)−巨人(菅野)7回戦 神宮 18:00
 ・神宮では2015年8月26日以来9年ぶりとなる小川vs菅野
 【メモ】実況大川アナ[1-1 .500]×館山解説員[1-1 .500]
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:30 | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

'東京ヤクルト 6-2 横浜DeNA

S 300 002 010 6
B 011 000 000 2
○吉村(3-2)5,H山本1,Hエスパーダ1,木澤1,石山1ー中村
サンタナ4号@(森唯)

▼データ
 ・セの全チームが30試合以上を消化し,首位から最下位まで2.5ゲーム差以内は2015年6月23日(首位巨人から最下位広島まで2.5差)以来9年ぶり

◆ポイント
 ・5回表0死(代打送らずそのまま)吉村三振
 ・6回表P石田健→中川虎
 ・6回裏P吉村→山本無失点

最悪の負けから1日空いての変則連戦。いい意味で流れをリセット出来たか。連敗止まって借金2。首位と最下位まで2.5差と詰まってきた。2015年とか2021年のパターンになってきた。これは競馬じゃないけど「差し」「追い込み」できるヤクルトの理想形でしょ!

初回は鮮やかな先制攻撃だった。9試合ぶりスタメンに復帰した塩見のセンター前ヒットから,丸山和二塁打。オスナセンター前タイムリー。村上ライト前タイムリーと4連打。サンタナはライトフェンスもう少しで直撃の右飛で1死一二塁から長岡センター前タイムリーでさらにもう1点。しかしこれ以降石田健太の前に打線はパタリと止まってしまう。

それでも今日は吉村。この3点があれば十分だと思ったのだが・・。初回は圧巻の3者凡退だったが,2回裏1死宮ア二塁打,筒香四球で一二塁。戸柱ファーストゴロで2死一三塁となって京田にタイムリーで1点返され,3回裏も1死から蛯名に四球を与え,2死一塁から牧を追い込んでストライクゾーンに決めるも球審福家はボールの判定。次の球がサイン違いか後逸となり得点圏に進まれ,最後はライト丸山和のグラブに収まりながらグラブからこぼれるタイムリーとなって1点差。4回裏も2死無走者から下位打線8番京田9番石田に連打を浴びてしまうなど,実に99球を投じたことに。

5回表先頭打者は吉村だったが,津監督吉村をそのまま打席に立たせた。この内容で橋奎だったら我慢出来ず代打を送っただろうか。吉村の成長を促す起用。その起用に応えて5回115球を”投げ切った”吉村。結果としてこれで勝ちがつくのだから。

一方の石田健太は5回77球。初回2死から1本もヒットを許しておらず,打順も回ってこないので当然6回もマウンドに行くものと思われたが,三浦監督が先に動く形で中川虎への継投を選択。そして試合も大きく動いた。

オスナ村上連続ヒット。サンタナ四球で0死満塁。長岡ピッチャーゴロホームアウトで1死満塁。中村押し出し四球を選び,続く北村拓はライトへの犠飛には捕球体勢からして十分と思われる飛球。これを度会落球でもう1点。なお満塁続いて吉村の代打に青木。しかし青木は1−2−3。2点の追加点にはなったが2点しか取れなかったような終わり方に。

ここからの津監督の継投。まずは筒香戸柱京田と左が並ぶイニングに山本。2人走者は出したがアウト3つはいずれも三振。青木の併殺もあって流れが変わりかねないイニングで相手に流れを渡さなかった。

7回裏1番度会から始まる打順にエスパーダ。3者凡退でピシャリ。8回裏牧宮崎筒香と一番怖いところに中日戦2試合失敗した木澤を起用。北村拓のファインプレーもあったがこちらも3者凡退。リリーフ出身の津監督”らしい”早めにリベンジさせる継投。指揮官として勇気は必要だし,ここでまた失敗したら絶対叩かれる場面。こういう”賭け”に勝つようになってくれば連覇を果たした津監督のペース。

8回表サンタナの本塁打でダメを押し,裏から守備固めで岩田。最後は石山が3人で締め連敗ストップ。5月3勝目。2010年の月間勝利数に肩を並べた。

混セ。こうなってくると岡田監督と高津監督の経験値がモノを言ってくるようになると思う。その意味で津監督はギャンブルの自信を”取り戻せ”!

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川orヤフーレ)−巨人(戸郷)6回戦 神宮 18:00
 ・順番通り小川だとは思うが最短でカード頭にヤフーレも登録可能になる
 ・2024TOKYO燕プロジェクト
 【メモ】実況酒主アナ[昨季4-3 .571]×仁志解説員[1-0 1.00]
神奈川 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:29 | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

'東京ヤクルト 5-6 横浜DeNA

S 012 000 110 5
B 020 000 04x 6
石川5,H丸山翔1,H星2/3,●エスパーダ(0-1)11/3−中村
サンタナ3号A(ジャクソン)

▼データ
 ・最下位転落

◆ポイント
 ・7回裏1死二三塁大和三ゴ(本塁封殺を選択)
 
この逆転負けは・・・正直尾を引くだろうなと。5月のアレかなと。

サンタナのホームランで逆転して,石川降板後もコツコツ1点ずつ加点した。流れは完全にスワローズペース。
7回裏1死二三塁で大和のサードゴロ村上は確実に本塁で1つアウトを狙った。もしこれを5−4−3ならエスパーダを跨がせずに済んだかもしれない。
筒香のもつ空気。球場の空気を変える存在。ヤクルトだとそれが山田哲人である。その山田の5月4日途中交代から狂った歯車。
昨年の5月24日阪神戦と同じものを感じた敗戦。今夜は多くを振り返る気になれない。。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(石田健)−東京ヤクルト(吉村)8回戦 横浜 18:00
 ・変則日程で1日空くことがリセットにつながればよいが・・・
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:45 | 更新情報をチェックする

2024年05月05日

'東京ヤクルト 3-6 中日

D 000 110 301 6
S 000 000 003 3
●小澤(0-3)6,山本1/3,大西2/3,柴田2−松本直,西田

▼データ
 ・5位転落

◆ポイント
 ・5回表2死無走者村松右2カリステ左安
 ・7回表2死一二塁細川中本

5月5日子どもの日。昨年こそ劇的な長岡の逆転サヨナラ本塁打がありましたが,そもそも2014年以来9年ぶりの白星であり,鬼門の日には変わりませんでした。なんとか橋宏斗完封を阻止するまでが精一杯。

昨夜の心配は杞憂に。山田含め登録抹消なく,エスパーダ石山もベンチ入り。元々一軍枠に1つ余裕があったこともあり,木澤が上がりで柴田を登録。だが今日の橋宏なら昨日を全力で取っておかなければならなかったという結果論に。でも金曜日時点ならサイスニードvs柳と小澤vs橋宏を天秤にかけたらサイスニードにそこまで信頼置けなかったのもある。せめてもの救いは中村を休ませることが出来たこと。

小澤も6回2失点と悪くはないのだが,山ア伊織床田涌井才木橋宏と巡りが悪いし,これらの投手と較べると明らかに球数が多くリズムが生まれない。明日石川登録に伴う抹消はもしかしたら小澤かも。今週来週と5試合でヤフーレの登録もあるしローテには余裕があるので。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(ジャクソン)−東京ヤクルト(石川)7回戦 横浜 18:00
 ・借金1から12連敗したのが昨年の5月。どうも昨日から再び下降機になったのを感じる
 ・防御率6.25のジャクソン相手に石川を援護出来るかに尽きるし,もし明日落とすようなら5月恒例のアレに嵌りそう
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:11 | 更新情報をチェックする