2019年09月05日

{東京ヤクルト 1-8 広島

C 000 032 030 8
S 100 000 000 1
●山田大(4-4)42/3,高梨11/3,大下1,坂本1,平井1−中村,松本直

▼データ
 ・対広島戦負け越し確定

◆ポイント
 ・3回裏2死満塁村上遊ゴ(三好一塁送球でアウト)
 ・6回表0死三塁サンタナ中安(前進守備)

山田大勝利投手の権利まであと1アウトから一気に形勢逆転。

序盤は押していた。昨日の勢いそのままに初回1死一塁から山田のタイムリーで先制。3回裏はエラーヒット四球の走者を置いて村上。ショートへのゴロ。ショート三好はニアベース二塁でなく一塁を選択。二塁ベースカバー菊池もカバー遅れていたし,二塁なら完全にセーフだった。それを一塁へノーステップで送球されアウト。

それでものらりくらり山田大。走者出しても後続断ち,5回表も下位打線で簡単に2死。あと一人で勝利投手の権利というところから,西川に一発。続く菊池にも一発。これで99球に達し交代。

2番手高梨は鈴木誠也をサードゴロに打ち取るも太田が一塁悪送球。ここから長野につながれ,會澤翼にライトオーバー。長野の本塁生還は阻止したものの,やらずもがなの3点目。だが4回以降無安打。3点も4点も変わりなかったか。

白けた6回表。先頭二塁打は仕方ないにせよ,暴投で三塁に進まれて,ご丁寧に前進守備敷いてそこを抜かれて,挙句ピッチャー床田にタイムリー打たれると。

あとは言いたかないが,大下3連投。ナゴヤドームでホールド挙げた坂本・平井が敗戦処理。この起用法が春先と全く変わらないという。。

昨日の夢は幻か?!4回以降はノーヒットと淡泊な打線。
守備では捕逸にセンター前送球と集中力を欠いてしまった中村。
本日登録代打塩見は見逃し三振。54打数5安打。このままでは本当に二軍の帝王で終わってしまう。

ホーム広島戦全日程終了(3勝9敗)
4.2718:0130,5923:130-2●小川(0-3)8,マクガフ2/3,ハフ1/3−中村床田
4.2818:0030,6433:074-2○高梨(2-2)6,ハフ1,H近藤1,S石山(5)1−中村ジョンソン
荒木2号@(ジョンソン)青木5号@(ジョンソン)バレンティン7号@(ジョンソン)山田哲7号@(菊池保)
4.2918:0030,6653:307-4石川4,○五十嵐(4-0)2,H梅野1,近藤2/3,Hハフ1/3,S石山(6)1−中村九里
中村2号@(九里)村上6号@(九里)
5.2818:0027,5374:177-8●原(2-5)31/3,久保2/3,五十嵐1,ハフ1,近藤1,マクガフ1,梅野1−井野,中村レグナルト
山田哲12号@(野村)村上13号@(野村)
5.2918:0129,6383:163-5●高橋(0-2)42/3,五十嵐1/3,近藤2,久保1,風張1−中村大瀬良
村上14号B(大瀬良)
5.3018:0030,2393:240-13●小川(1-7)41/3,久保2/3,風張2,山中2−中村山口
7.2618:0030,5163:473-12●高橋(2-4)3,大下3,五十嵐1,久保1/3,蔵本12/3−中村大瀬良
バレンティン21号A(大瀬良)
7.2718:0030,7162:592-3●小川(3-9)7,近藤1,梅野1−中村床田
7.2818:0030,5593:355-12●高梨(4-7)21/3,大下22/3,蔵本22/3,五十嵐1/3,梅野1−中村九里
青木12号@(九里)
9.318:0224,5632:460-3●高橋(3-6)5,石山1,高梨2,大下1−中村ジョンソン
9.418:0026,1913:4111x-7小川4,大下2,平井1/3,ハフ2/3,H梅野1,○マクガフ(6-3)1−中村フランスア
中村5号@(大瀬良)村上32号B(中村)山田哲33号Cサヨナラ(フランスア)
9.518:0026,5833:211-8●山田大(4-4)42/3,高梨11/3,大下1,坂本1,平井1−中村,松本直床田

平成神宮ラストカードでは勝ち越したが・・。同一カード3連敗が2回。床田に3敗。大瀬良に2敗。山口翔にプロ初勝利献上。
あと見て分かるのが先発陣。先発が5回もたなかった試合が8試合ですわ・・。

記録は久保:プロ初登板,五十嵐:通算800試合登板(史上7人目,川端:通算1000試合出場(史上504人目),山田哲:通算200号本塁打(史上106人目)。でも忘れない記憶は山田哲人サヨナラ満塁通算200号メモリアル本塁打。

追伸。
平日カードとは言えども9月の広島戦で3試合とも3万人割れ。夏まで真っ赤に染められ占領されていたトルクーヤ席は空席が目立っていた。要するに4,000人ほどの●ープファンは見放したってことですよね( *`ω´)ハマにでも乗り換えたのかしら( *`ω´)

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)ー巨人(高橋)21回戦 神宮 18:00
 ・神宮もあと6試合。魔の金曜日最終戦(現時点)。
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:56 | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

{東京ヤクルト 11x-7 広島

C 201 200 200 7
S 010 015 004x11
小川4,大下2,平井1/3,ハフ2/3,H梅野1,○マクガフ(6-3)1−中村
中村5号@(大瀬良)村上32号B(中村)山田哲33号Cサヨナラ(フランスア)

▼データ
 ・村上:90打点(1953年中西太を抜き高卒2年目以内歴代単独歴代1位)
 ・村上:32号(1986年清原和博を抜き10代最多本塁打記録)
村上が10代最多の年間32本塁打=33年ぶりに更新=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの村上宗隆内野手(19)は4日、広島22回戦(神宮)の六回に3ランを放ち、10代の選手ではプロ野球史上最多のシーズン32本塁打を達成した。1986年に清原和博(西武)が記録した31本を33年ぶりに更新した。
 村上は熊本・九州学院高からドラフト1位で昨季入団。今季は初めて開幕から1軍でプレーし、オールスターゲームにも初出場した。[ 9/4(水) 21:48配信 時事通信]

 ・川端:通算1000試合出場(史上504人目)
 ・山田哲:通算200号本塁打(史上106人目)

◆ポイント
 ・2回裏0死一塁小川投飛(犠打失敗)
 ・2番手大下2回無失点
 ・5回裏2死一塁大瀬良暴投→二塁
 ・6回裏1死二三塁バレンティン右安

メモリアルゲーム!!!!
上記のように歴史に残る数々の記録が一気に生まれた試合。

それでも序盤は酷いモノだった。小川の失点の仕方。初回と3回表は2死無走者から。4回表は先頭から2者連続被弾。打席では犠打失敗。さらには無警戒の三盗塁(小園のプロ初盗塁)を決められるなどもう白けるしかない内容。

相手は対ヤクルト戦プロ入り以来負けなしの大瀬良。塁上を賑わせるも決定打に欠き,中村のソロ本塁打のみ。勝利投手の権利のかかる5回裏も簡単に2死も雄平が叩き付けての全力疾走で内野安打。ここで暴投があって雄平が二塁進塁。得点圏に進んで村上。さらにカウント3−0となり気楽に振れたか。雄平技ありの右手でのホームイン。緒方監督のリクエストも通用しなかった。神走塁。暴投が無ければ単打で一二塁の可能性もあったのだから。これで村上は怪童中西太氏を超える高卒2年目歴代トップの87打点目。

大瀬良は5回108球2失点でお役御免。2番手は島内。しかも小園のところに島内が入り,ショートに三好という舐め采配。
そんな中で2番手大下が2回をパーフェクトで試合を壊さずにいてくれた。先発起用から崩壊したが開幕当初描いてた大下のポジションがコレだったはず。
この大下に代えて代打川端。通算1000試合出場も捕邪飛に倒れた。

1死から太田が四球。島内をよく知る達川解説員は安打でなく四球に意味があると。青木がライト前で一二塁。山田がレフト線。太田が生還し尚二三塁。ここでバレは「三振した時点で今日のヤクルトの勝利は遠のく」という達川フラグを見事に逆方向コンパクティン。これで1点差。
雄平ボール球に手を出し三振も,村神様がここで君臨。第1打席2死満塁では追い込まれてから高めの釣り球に手を出してしまい三振に倒れていたが,この打席で逆方向。村上自身も手ごたえ完璧。一気にひっくり返した。

しかし平井ハフでリードを保てず同点のまま終盤へ。同点でマクガフを投入でサヨナラ勝ちに賭けたヤクルトブルペン。

9回裏。7番から始まる打順にフランスア。先頭中村今日2つめの死球を受け出塁。すでに西田を起用しており松本直が残るも代走は無し。奥村には犠打の指示。フランスア二塁送球も一塁二塁オールセーフ(=野選)。0死一二塁からピンチバンター上田。今度は三塁送球もサード安部捕球出来ず(=失策)0死満塁。
完全なる押せ押せムードも,打てば昨年5月3日中日戦以来のサヨナラ打となる荒木,同じく今年4月6日中日戦以来となる青木と倒れ2死満塁。0死満塁から最初の打者が倒れるとなんて野球の七不思議で試合が進んでいたのは事実。

向坂アナ「ただ達川さん。過去2打席二塁打の山田をご覧になってもう明日は200号もあるんじゃないかもとお話をされていました。200号がサヨナラアーチでいいんんじゃないでしょうか?」
達川「それはちょっとなんともぼくからは言えません…ゴニョゴニョ」
向坂アナ「行ったー!なんとなんと!記念すべき200号がサヨナラアーチ!」


今季33号。そしてまたしても前奏「やまーだてつとー」×3が鳴り終えた直後。やはり「3」に燕がある男。

本塁打3本で8得点。長打の魅力も存分に詰まっていたが,野球というチームプレーでは雄平の走塁とバレのタイムリーが意味あるものだったと思うけどなぁ。
断トツ最下位だろうと,やっぱりこうして個人競技でない”野球”を見せてくれると嬉しいし興奮します!

90敗回避までマジック1( *`ω´)

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(山田大)ー広島(床田)23回戦 神宮 18:00
 ・神宮広島最終戦( *`ω´)
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:11 | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

{東京ヤクルト 0-3 広島

C 020 001 000 3
S 000 000 000 0
●高橋(3-6)5,石山1,高梨2,大下1−中村

▼データ
 
◆ポイント
 ・2回表0死一二塁サンタナ左安
 ・4回裏0死一塁雨天中断

2安打+1四球では勝てまてん( *`ω´)

天にも見放され・・雨が味方してくれなかった。

2回表先頭長野からメヒアと連続四球の高橋。サンタナの打球はショートゴロで併殺かと思われたが,雨で水を含んだ芝は球足が速くレフト前へ。右手にぐるぐるテーピングと痛々しい奥村。それでも必死に打球に飛びついてくれる姿勢は廣岡には感じられないプレー。雨のせい。致し方なし。

4回裏先頭青木がノーノーを阻止するチーム初安打を放つも直後雨脚強くなり中断。落雷の危険性があれば中止もあっただろうが,無情にも雨脚弱まり試合再開。今日のジョンソンを崩すには雨に期待するほか無かった。

8回111球。1イニング平均13.875球。一人当たり平均4.111球。ただ目の前に並べられた試合を手際よくこなしていくチーム。This is 淡泊。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)ー広島(大瀬良)22回戦 神宮 18:00
 ・対大瀬良プロ入り以来勝ち無し12連敗中( *`ω´)
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:45 | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

{東京ヤクルト 3-1 中日

S 200 000 100 3
D 010 000 000 1
スアレス32/3,○高梨(5-7)11/3,H石山1,H坂本1,H梅野1,Sマクガフ(8)1−中村

▼データ
 ・50勝到達(12球団最遅)
 ・青木:NPB通算100死球(史上22人目)
青木が100死球=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの青木宣親外野手は1日の中日23回戦(ナゴヤ)の一回に大野雄から死球を受け、通算100死球を記録した。プロ野球22人目。初死球は2005年6月18日の西武6回戦(神宮)の一回に涌井から。[ 9/1(日) 18:58配信 時事通信 ] 

◆ポイント
 ・5回裏1死二三塁福田右飛(三走大野雄憤死)
 ・9回裏2死一三塁堂上直(一走遠藤盗塁失敗)

初回から幸先良くコンパクティンで先制。

3ヶ月半ぶり登板スアレスは初回あっさり三凡と上々の立ち上がり。2回裏はランナー背負ってから1点失うも,併殺で最少失点で止め,3回裏は味方の守備に足を引っ張られながらも安定感抜群。4回裏も簡単に2死。阿部に二塁打を浴びたが,藤井は一塁も空いているし,次は加藤だしまぁ塁を埋めるための四球だろうなんて思った直後にベンチに引き下がってそのまま降板。

前回は打席でアクシデント。今度は敬遠気味の四球でアクシデント。防御率1.53が霞むばかり。流石にこれだけ怪我すればちょっと来季の契約はどうなんでしょうね。。

緊急登板高梨。加藤は抑えてくれたが,イニング跨いで先頭大野雄に四球。大島にも四球。京田が送って1死一二塁。絶対絶命のピンチを救ってくれたのは雄平の肩。三走大野雄ということもあるが,あの位置からダイレクトで刺す肩とコントロール。ただ映像見ると大野の足の方が先に入っているようにも見えなくもなかったが?!!与田監督リクエスト無かったのでね。

あとは踏ん張ったリリーフ陣。捕手加藤の股間をすり抜けるワイルドピッチ間に貴重な1点を加えながらもランナー一人出て一発なら同点という状況で,6回石山ー7回坂本ー8回梅野ー9回マクガフの無失点リレー。

ゲームセットの瞬間は2死一三塁からやくせん堂上直の打席で一走遠藤が走って中村が刺して試合終了。中日からすれば一打同点の場面が作れるので盗塁は当然の場面。一方守るヤクルトからすれば一三塁で重盗も考えられる場面。なんで投げちゃうの?なんて思った瞬間にゲームセット。堂上が打席だっただけに助かる盗塁死&中村の肩でした!

初回青木が死球を受け裏の守備から山崎に交代。その山崎が,2回裏1死一二塁藤井のセンター前ヒットで中継プレーの隙を突かれた。肩の弱さを足と守備範囲でカバーしてくれる山崎だけにカットプレーが肝になりそう。
気づけば再び廣岡は24打席無安打だとか。守備でも軽率なエラー。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高橋)−広島(ジョンソン)21回戦 神宮 18:00
 ・神宮広島最終カード
愛知 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 17:58 | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

{東京ヤクルト 5-2 中日

S 020 000 000 3 5
D 000 002 000 0 2
ブキャナン7,H梅野1,○平井(1-1)1,Sマクガフ(7)1−中村
山田哲32号B(藤嶋)

▼データ
 ・平井:2016年8月25日中日戦(神宮)以来白星

◆ポイント
 ・4回裏2死二塁阿部三安(太田止める)
 ・4回裏2死一三塁武田左飛(バレ好捕)
 ・7回表2死無走者ブキャナン(そのまま打席)三振
 ・8回裏1死一塁高遊飛(奥村好捕)

打って投げて守って走って。久々に”野球”の試合を見られた気がする。

打った山田哲人。
同点の延長10回表。2死無走者から太田青木とつないで一二塁から本日第5打席目。振りぬいた打球はスタンドへ吸い込まれ,藤嶋に今季22試合目初めて自責点を付けた。

投げてはブキャナン。
8月3戦3勝で8月最終日に4試合目の登板。4勝ならば月間MVP当確というモチベーションをもってのマウンド。5回無失点も6回に同点に追いつかれてしまう。6回97球で7回打席が回る。代打でもおかしくない場面。2死無走者で回りそのまま打席へ。7回もマウンドに向かい116球。勝ち負けつかなかったが,1イニング多く投げてくれたことで後ろの流れも変わった。これを他の投手でも出来ればチームの廻りも変わるかもしれないのだが・・・

守った太田バレ奥村山崎。
4回裏2死二塁阿部の三塁線の打球。結果強襲内野安打となるが,痛烈な打球を三塁線抜けるのを止め二走の生還を許さなかった。抜けていれば1点返され尚2死二塁だった。先週のPODに続きブキャナンを再三助ける守備。
2死一三塁から武田の飛球は,バレが一生懸命走って好捕。こちらも抜けていれば当然一走まで還り同点となっていただろう。
8回裏は奥村。1死一塁からショフト方向の飛球を背面キャッチ。バレと交錯しベンチに下がるも,試合後もベンチにいたので大事には至らずか。
延長10回裏はバレの守備固めでレフトに入った山崎。1死からなんでもないように京田の飛球をフェンスにぶつかりながらも平然とキャッチ。これも守備力。

走った青木。
10回表2死一塁から内野安打で山田につなぐわけだが,高く弾んだ打球。捕球を合わせ損ねた京田だったが,キャッチされれば一塁微妙なところ。それでも青木の一塁まで駆け抜ける姿勢があるからこそ,京田の焦りを生んだと捉えて。

そして平井諒。2016年8月25日中日戦(神宮)以来1101日ぶりの白星。これまた長かっただろう3年という月日。中継ぎの苦労人が報われるって本当にうれしい。

8月終えての順位表
試合勝利敗戦引分勝率勝差得点失点本塁盗塁打率防御率
1位巨人12168512.571M1657647715471.2593.67
2位DeNA12464573.5295.051650713537.2463.80
3位広島12562603.5082.551852312270.2533.68
4位阪神12256606.4833.04494998381.2503.54
5位中日12054642.4583.04654767859.2643.88
6位ヤクルト12449732.4027.056363214655.2454.68

11勝11敗からの4連敗で令和に入って4ヶ月連続負け越し。未だ勝ち越し無し。
今季は日程消化も順調で,台風でも直撃しない限り,10月を待たず9月25日には全日程が終了する見通し。。

■NEXT GAME
 中日(大野雄)−東京ヤクルト(スアレス)23回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・スアニキ5月15日以来の登板。5.15事件。この日の大逆転負けで歯車が狂った。
愛知 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:20 | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

{東京ヤクルト 1-7 中日

S 000 010 000 1
D 200 010 04x 7
●山田大(4-3)52/3,石山11/3,大下1−松本直,中村

▼データ
 ・金曜日12連敗。17週間勝ち無し。2勝15敗。
 ・山田哲:開幕から32連続盗塁成功(日本新)

◆ポイント
 ・1回表1死満塁雄平一ゴ村上一ゴ
 ・5回裏1死二塁加藤中安
 ・8回表山田哲バレンティン雄平三者凡退

小川監督62歳バースデーを白星で飾るどころか惨敗。

先制中押しダメ押しと効果的な失点を重ねる。打線も元気なく2試合連続チーム4安打。

ロメロの立ち上がり。青木山田の連続安打とバレの四球で1死満塁も,雄平村上連続ファーストゴロで無得点。その裏簡単に打者3人で2失点。
5回表2死無走者から四球と安打で一二塁。ここで山田がタイムリ―で1点差。尚2死一三塁から日本記録となる二盗成功。ここが今日最初にして最後の見どころ。

とった後にとられる悪いパターン。先頭二塁打も犠打失敗で8番9番というところでの失点。守備もまさかホームはつかないだろうという隙があったか。

それでも接戦だった。8回表までは。だからこそ復帰2戦目の石山がイニング跨ぎ。8回表山田バレ雄平という絶好の打順にロドリゲス。ここを完璧に封じられ,8回裏に試合が壊れた。

1−7という点差にしては勿体ない継投にすら映ってしまう末期的状態。。

■NEXT GAME
 中日(柳)ー東京ヤクルト(ブキャナン)22回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・対柳8度目の対戦
愛知 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:54 | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

{東京ヤクルト 2-4 横浜DeNA

S 000 101 000 2
B 000 002 11x 4
小川6,●平井(0-1)2/3,坂本1/3,石山1−松本直,中村

▼データ
 ・今季7度目同一カード3連敗
 ・8月度月間負け越し確定
 ・優勝可能性消滅
 ・山田哲:開幕から31連続盗塁成功(1964年南海・広瀬叔功に並びプロ野球記録)

◆ポイント
 ・6回裏0死一二塁戸柱三失
 ・7回表1死二三塁代打荒木申告敬遠→青木投併
 ・7回裏2死一塁P平井→坂本

3夜連続の逆転負けで同一カード3連敗。令和時代初の月間勝ち越しの可能性も消え,これで4ヶ月連続月間負け越し。今季優勝の可能性が完全消滅。
ミスが失点につながる。ベンチが動いて失点につながる。最後は見切り発車の石山がダメ押しの失点。

同じ状況であればベンチはどう動いたか?
雄平のセカンドゴロ間でリードを拡げた直後のイニング6回裏。佐野の内野安打と梶谷の四球で0死一二塁。戸柱の犠打を三塁太田が一塁へ悪送球。0死満塁となった場面。失策無ければ1死二三塁。ここで柴田を迎えればベンチはお得意の前進守備を敷いたか。それとも満塁策で大和と勝負しただろうか。

対照的だった7回表。1死から奥村ヒット,代打大引の二塁打で二三塁。ここで代打の切り札荒木起用。ラミレス監督は満塁策を指示。1死満塁で青木はラミレス監督の注文通りの1−2−3の併殺で無得点。ヤクルトからすれば絶好のチャンスを逃す。

2−2同点で2番手平井。代打細川,筒香と抑え2死。ソトにはセンター前に運ばれるも佐野を迎え左腕坂本にスイッチ。ここでラミレス采配再び切り札代打ロペスを切って,2死一二塁から梶谷タイムリーが決勝打。

小川対策でロペスを外し,C石川D筒香(Hソト)B佐野F梶谷A戸柱E柴田(@井納)G神里と左を7枚並べることを試合前から公言し,その通りの打順で挑み,切り札ロペスで勝利を収める。
勘よりもデータ重視のラミレス采配。昨年はコーチを介せず自らの意思でどうのこうのと言われた采配も,また一年経って光る采配と呼ばれる。これぞ勝てば官軍。

右腕→左腕への継投も,裏目に出たヤクルトを尻目に,8回表右腕国吉が山田バレを抑え,雄平村上を迎えるところでエスコバーにスイッチ。僅か1球でアウトを奪うという実に対照的な結果。

目標のあるチームと無いチームの差。終盤はどうしても顕著になる。それは昨年のヤクルトだってそうだった。最下位金本阪神に対して8月下旬以降8連勝で終えたのだから・・・

■NEXT GAME
 中日(ロメロ)−東京ヤクルト(山田大)21回戦 ナゴヤドーム 18:00
 ・金曜日
 ・ビジターBS1中継日
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:35 | 更新情報をチェックする