2017年06月06日

[東京ヤクルト 1-2x 福岡ソフトバンク

S 001 000 000 0 1
H 000 010 000 1x2
ブキャナン6,H近藤1,Hルーキ1,H秋吉1,●山本(0-1)2/3,久古0/3−中村
坂口2号@(東浜)

▼データ
 ・今季ワースト借金13
 ・引き分け挟んで6連敗
 ・7年ぶり2度目交流戦開幕6連敗

◆ポイント
 ・5回裏2死無走者ジェンセン本塁打

延長10回裏2死三塁。柳田を迎えたところで今季初登板の久古にスイッチ。
打ち取った打球はボテボテ三塁線。久古中村谷内は打球が切れるのを見守るほか無かった・・。おそらく捕ったところで投げても間に合わなかっただろう。
ツキがないといえばそれまでだが・・・

初物ジェンセンに来日初本塁打を献上。今日登録即スタメンの選手。それも盗塁で刺した直後の一発。2ランで負けたと思えばサヨナラもショックも少しは癒えるだろうか。。

4回表0死一塁,10回表1死一塁でエンドラン仕掛けるも進塁打になるだけ。5回0死一塁では犠打成功。6回0死一塁,9回0死一塁では4番雄平が併殺。いずれも無得点。もう犠打がいいとか悪いも無毛な議論ということですよね。

ブキャナンは6回97球で交代。これは交流戦の予備日との兼ね合いを含めたローテを再編と読みましたが・・・

42年ぶり球団ワーストタイ11連敗したチームが騒がれていますが,こちらはここ13試合で1勝11敗1分。5連敗1勝6連敗はそれほど騒がれないけど,借金というのは本当にあっという間に膨れ上がるものだなぁと。。

■NEXT GAME
 ソフトバンク(石川)−ヤクルト(石川)2回戦 ヤフオクドーム 18:00
 ・石川対決
 ・2010年交流戦9連敗を止めたのは石川雅規でした。今年も石川に助けてもらいましょう・・
福岡 ☔ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:17 | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

[東京ヤクルト 8-8 埼玉西武

L 005 012 000 000 8
S 000 110 024 000 8
星5,成瀬1,山本1,中島2,H秋吉1,Hルーキ1,近藤1―中村
バレンティン9年@(ウルフ)山田7号A(増田)

▼データ
 ・今季初の引き分け
 ・グリーン:来日初出場,初安打,初打点,初猛打賞
 ・藤井:プロ初猛打賞
 ・山田:今季2度目2試合連続本塁打
 ・対埼玉西武戦史上初引き分け
 ・対埼玉西武戦通算19勝33敗1分

◆ポイント
 ・8回裏1死一二塁グリーン中2
 ・8回裏2死二塁大引中飛(二走グリーンタッチアップ)
 ・9回裏2死無走者バレンティン9球粘って遊安(全力疾走)
 ・9回裏2死一三塁グリーン右安

3回表2死満塁メヒアの満塁本塁打で一気に球場が閉塞感に包まれた感じがした。
4裏バレンティンソロで1点返すも,5表炭谷にタイムリー。5裏大松のタイムリーで縮めるも,直後代わった成瀬が中村に見事なまでの被弾。
取ったら取られる。スコアは2‐8。今日も2点しか取れない打線・・試合は淡々と終盤へ。

そんな重苦しい雰囲気を吹払ってくれた男。ディーン・グリーン。
DSC05114.jpg
グリーンが起爆剤=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトは新外国人グリーンが起爆剤となり、終盤に6点差を追い付いた。打線テコ入れ策で、この日1軍に初昇格して5番一塁で先発。八回に左中間へ反撃の2点二塁打、九回にも右翼線へ適時打を放って3安打3打点と活躍し、「いい一日。自信にはなった」。
 交流戦初勝利まではつかめず、ここ12試合で1勝10敗1分け。真中監督は「こういう試合をしていれば、勝ちにつながる」と選手の粘りを評価した。[ 時事通信 6/4(日) 18:16配信 ]

2点の壁を越えた1本のタイムリーは球場の空気を変えた。しかもある意味最も難易度の高いと言われていた二塁打(三塁打は本塁踏み忘れで可能性がなくはない)が飛び出した!
DSC05149.jpg
そして大引のセンターフライで三塁へタッチアップ成功。決して速くない足で一生懸命に走る姿にファンは一気に惹きこまれた。

そして奇跡の9回裏。
みんながつないで本塁打が出ればサヨナラという場面でもう一回グリーンに回ってくる。このあたりがなにかをもっている。

GREENのキセキ?←

「諦めないぞスワローズ」の大声援は選手に届いた。

6点差敗戦処理の中島が2回無失点投球。
いくら打ってもスタメンが与えられず腐ってもおかしくない荒木の当たりは右中間。一旦グラブに収まったかにも見えたが執念が勝りボールはグラウンドにこぼれ落ちた。
山田の一発はやはり球場をひとつにする力がある。
バレンティン気迫の粘りと全力疾走。もしここで諦めていたらその時点で試合は終わっていた。
雄平初球を決め打ち。
大引のショートゴロ。ここまで再三好守備を魅せていた源田がまさかまさかの悪送球で同点に。これは球場の雰囲気がルーキーを飲み込んだといっても過言ではなかろう。
秋吉ルーキ近藤が1イニングずつ。

それでも最終的には勝てなかった。足のある比屋根上田を序盤に起用しておりサヨナラの場面で使えなかった。或いは成瀬の一発が無ければ・・。

ただこの引き分けはどうも7年前のあの日と同じ意味のある引き分けになったと思えてならない。


この日「止まっていた何かが動き出した気もした」と〆た見聞LOG。まったくもって同じ心境だ。

ダイヤのAコラボDAY。昨年に引き続き声優さん登場。
DSC05092.jpg

試合前ひとこと行きます。
DSC05089.jpg
まずはこのばをかりてDあらきくん2000あんだおめでとうございます。
DSC05094.jpg
おとももちとしてじぶんのことのようにうれしくおもいます。これからもがんばって!!
さて〜・・・。
つじさんばばさんはしがみさんそれでもOBか!!
ばばさんさきほどえろいさゃめおくっときました。
すたんどのみなさんねっちゅうしょうにきをつけてください。
げろります。
ごちゅういください。
あっつじさ〜ん。すてぃーぶとぽんせにてますよね。はしがみさんまたごはんいきましょ!
ばばさんあのしゃめたにんにみせたらだめよ〜!!!
DSC05127.jpg

スタメン
DSC05118.jpg
C山田G坂口FバレンティンH雄平BグリーンE大引A中村D藤井@星

今日は5回にもこくちが。
きょうはやすだきねん。
6.8.11.15.16
3れんたんBOXでなかすへGO〜!!!
ちけっとうりきれなかったららいねんから
つばくろうDAYはなくなるそうです。
‥‥‥‥‥。
DSC05144.jpg

最終スコア
DSC05154.jpg

戦利品
DSC05161.jpg
 ・丸ごとスワローズ第32号
 ・Ponta DAY ダイヤのAコラボDAYチラシ
 ・「PUTITTOつば九郎」(席取りの御礼にといただきました。ダブらなかったからくれただけという説も…ゴニョゴニョ)
 ・CREW野球観戦ノート
 ・レディースDAYロゴシール付カップ
 ・長谷川晶一著「いつも気づけば神宮に」集英社
 ・G背番号Tシャツ 90 田口麗斗

■NEXT GAME
ソフトバンク(東浜)―ヤクルト(ブキャナン)1回戦ヤフオクドーム18:00
 ・7年前も引き分けの翌日移動日挟んで連敗ストップしました。
 ・変わります!
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:20 | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

[東京ヤクルト 2-11 埼玉西武

L 013 211 030 11
S 002 000 000 2
●館山(0-1)3,ギルメット2,石山2,平井1,秋吉1―中村
山田6号A(佐野)

▼データ
 ・今季3度目
 ・今季ワースト借金12
 ・対埼玉西武戦2年ぶり負け越し確定

◆ポイント
 ・4回表2死二三塁源田右安

見所は山田の放物線のみ。10桁失点の大敗。
14965172562251.jpg

4月6日以来今季神宮初登板となった館山が,プロワーストタイとなる3回KO。
中村が盗塁を刺して2死無走者から,死球本塁打本塁打。ファームで結果を残してきての登板だっただけにこの結果は厳しいものを見せつけられてしまった気も(同い歳として)する。。でもタテなら蘇ると信じたいし,やっぱりもっともっと雄姿を見たい。

ローソンPonta DAY
14965176572072.jpg

Swallows Ladies Day 2017
14965176182291.jpg

セパ交流戦
14965175859960.jpg

つば九郎今日のひとこと
14965174975507.jpg

行く前にレディースDAYということでつばみちゃんから。
つばみの初恋サワー販売ちゅー💓※お酒です!
つばみの恋はいつでも初恋のつもりです。💓
14965174576856.jpg

きのうのおねがいきいてましたか?つじさんばばさんはしがみさん
もしきょうもおねがいきいてくれなかったら…。
ばばさんのめるあどばばさんのLine IDをこうかいします。
なんてうそです。きょうもらいなちゃんがきてまーす。
きょうもやっちゃうよこんならいなちゃんはいやだ。
かくたいげんよりもかくげんじにあこがれている
ぷりんせよりもあぱをこのむ
きいろのでんしゃといえばそうぶせんといってしまう。
せいぶしんじゅくえきのちゅうとはんぱなとこにむかついている。
ばーくれおからおこづかいをもらっていた
まるちぃねすがGにいったときないた。
ではさいごはものまねで〜
かぶれら!
14965173892614.jpg

スタメン
14965173549393.jpg
C山田G坂口FバレンティンH雄平E大引B荒木A中村D西浦@館山

最終スコア
14965168778960.jpg

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−埼玉西武(ウルフ)最終戦 神宮 13:00
14965172262940.jpg
 ・交流戦初勝利は巨人とヤクルトどっちが先か…
 ・ウルフ復帰登板まだまだ万全でないことを神に祈り…ます。

passionのダンスに合わせて奇妙な踊りのつば九郎だけが癒し・・
14965172927742.jpg
DSC04854.JPG
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

[東京ヤクルト 2-3 埼玉西武

L 100 000 200 3
S 001 100 000 2
●原樹理(1-2)7,成瀬1/3,近藤2/3,ギルメット1−中村

▼データ
 ・今季ワースト借金11
 ・交流戦開幕4連敗スタート(2010年以来7年ぶり史上3度目)
 ・交流戦5連敗

◆ポイント
 ・7回裏1死一二塁山田三飛

神宮に帰っても流れ変わらず。まるで昨日のリプレイを見るかのような試合。
昨日は押し出しで追いつかれ,押し出しで勝ち越された。今日はパスボールで追いつかれ,内野ゴロ間に勝ち越される。
そして1番山田の所にチャンスが回るも無得点。そして最終回は相手守護神の前に試合終了・・・

4試合連続2得点以下。4試合連続逆転負け。3試合連続1点差負け。ここ10試合1勝9敗。

どうも2010年に酷似してきた気がしてならない。
2010年 ●●●●●●○|●●●●●●●●●
2017年 ●●●●●○|●●●●
共通するのが交流戦前最後の試合がナゴヤドーム・連敗ストップ・大勝という点。

2010年交流戦前の6連敗の得点は1・2・1・0・1・0といずれも2得点以下。サヨナラ負けも2試合。
そして交流戦に入っての9連敗となったわけだが,これまた9試合中7試合が2点差以下での敗戦だった。

この状況は監督交代,レフト畠山,新外国人獲得という3つの劇薬で解消し今のスワローズに通じるわけだが・・・

「終盤いつもこういう結果になっている。一人一人の奮起と、僕らも含めて最善を尽くしたい」
監督が何かしら策を打たないと!そういうチームなんです。スワローズは。。

■NEXT GAME
 ヤクルト(館山)−埼玉西武(佐野)2回戦 神宮 14:00
 ・停滞したチームを変えてくれるのは館山昌平。そう信じていざ神宮へ!!
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:26 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

[東京ヤクルト 2-3 オリックス

S 100 100 000 2
O 100 002 00x 3
●由規(1-2)52/3,平井1/3,石山1,成瀬1−中村
バレンティン8号@(ディクソン)

▼データ
 ・今季ワースト借金10
 ・最下位転落
 ・リーグ最速30敗到達
 ・対オリックス戦7連敗
 ・対オリックス戦通算28勝24敗1分
 ・京セラドーム5連敗
 ・交流戦3連敗スタートは2010年以来7年ぶり3度目
 ・交流戦通算成績で楽天に抜かれ10位転落(それでも11位広島とは9.0差ある)
 ・ビジター7勝21敗

◆ポイント
 ・8回表2死二塁山田三振

広島〜名古屋〜大阪の西日本遠征は1勝7敗。借金はとうとう10桁となり12日ぶりに神宮に帰ります。

3試合で4得点。2試合連続1点差逆転負け。

勝ち越されたらTHE END感がチームに漂ってしまっているかのように重苦しい。
山田を一番に据え打線を組み替え,3番バレンティンのソロと5番大松のタイムリーと一応効果は出たが,肝心な山田さまがこの3連戦音無し。
4安打で5回以降はオリ投手陣の前に無安打。

由規、悔い残る3連続四球=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの由規にとっては、悔いの残るマウンドとなった。間隔を2週間空けて今季3度目の先発。1点リードしていた六回に2死一塁からT−岡田と中島を歩かせた。続く駿太はフルカウントから151キロが低めに外れて押し出し。ここで降板し、救援した平井も押し出し四球を与えた。
 「悔しいの一言。1点を守りにいってしまった」と由規。長打を警戒し過ぎてボールが先行したと反省し、「それがああいう結果を招いた。もっと大胆に攻めていけばよかった」と唇をかんだ。[ 時事通信 6/1(木) 22:17配信 ]


由規は6回2死80球を超えてからあと1ストライクに苦しんだ。いずれも四球の3人の走者を背負っての降板。同じ肩の手術を乗り越えた平井への直接リレーも,その平井にも四球病が伝染してしまい結局それが決勝点に。
でもこう言わせてしまうのは打線の援護を望めないから。打っても打たれる昨年とは真逆。

それでもセリーグは中日の一人勝ちで,最下位転落ながらも3位DeNAとは3.5差。この数字はハッキリと意識しておこう。まだまだ弱音を吐くような時期ではない!

■NEXT GAME
 ヤクルト(原樹理)−埼玉西武(菊池)1回戦 神宮 18:00
 ・昨年2006年以来10年ぶり2度目となるカード勝ち越しを遂げた西武戦
 ・防御率1.227でパ・リーグトップの菊池雄星との対戦や如何に・・・・
大阪 ☁ | Comment(4) | SWALLOWS | at 22:21 | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

[東京ヤクルト 1-2x オリックス

S 000 010 000 0 1
O 000 000 010 1x2
石川6,Hルーキ1,石山1,●ギルメット(0-1)12/3−中村

▼データ
 ・今季ワースト借金9
 ・今季最大首位とのゲーム差10.5
 ・対オリックス戦6連敗
 ・対オリックス戦2年連続通算5回目の負け越し確定
 ・京セラドーム4連敗
 ・石川:交流戦13年連続先発登板

こちら多くの反響いただきました。

13年連続は今後出てくる可能性があるとは思いますが,交流戦初年度からというのは石川雅規ただ一人。ギネス級の大偉業だと思います。本当にすごい記録なんです!

◆ポイント
 ・7回表0死一塁上田犠打成功
 ・8回表0死一塁坂口犠打成功
 ・9回表0死一塁上田犠打成功
 ・10回表0死一塁坂口犠打成功
 ・10回裏0死一塁武田犠打成功

この試合両軍合わせて5回あった0死一塁からの送りバント。得点に結びついたオリックスと結びつかないヤクルト。その差がそのまま勝敗に。

攻め方もどうも最近一辺倒というか単調に見えて野球が面白くないというのは正直自分も抱いている。順位なり成績が余計そうさせるかも知れないが。

結局上げた得点は中村の犠飛のみ。今日の試合勝つには1-0に持ちこむほかなかった。石川をもう1イニングとか言うのは結果論。勝ちの型としてルーキ→石山→秋吉で逃げきって,接戦をモノにする以外どうしようもない状態。

勝つときは大賞。負けるときは惜敗―これが弱いチームの典型と言われる。
ここ8試合で1勝7敗。勝った試合は絵に書いたような大勝。負け試合はサヨナラ負け2試合を含む5試合が2点差以内の惜敗。リリーフに負けがついたのが4試合。
競り勝たたないことには上昇気流に乗れまい。

5月は10勝14敗と今年も負け越した。
 2017年 10勝14敗0分
 2016年 12勝14敗0分
 2015年 09勝15敗1分
 2014年 13勝11敗1分
 2013年 07勝15敗1分
 2012年 06勝15敗1分
 2011年 09勝09敗2分
 2010年 03勝16敗1分

5月終えての順位表
チーム勝利敗北勝率得点失点本塁盗塁打率防御率
1広島31191.6202701974740.2763.424
2阪神29190.6041.02091663525.2462.867
3DeNA23252.4797.01892172819.2483.925
4巨人23260.4697.51551862824.2383.453
5ヤクルト20290.40810.51691822419.2443.380
6中日19293.39611.01572163530.2453.779


■NEXT GAME
 オリックス(ディクソン)−ヤクルト(由規)最終戦 京セラドーム 18:00
 ・ディクソンとはこれで4年連続の対戦
大阪 ☁ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:38 | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

[東京ヤクルト 1-9 オリックス

S 100 000 000 1
O 100 001 70x 9
●ブキャナン(2-4)6,近藤2/3,平井1/3,村中1−中村,西田

▼データ
 ・ワーストタイの借金8
 ・今季最大首位とのゲーム差9.5
 ・5月月間負け越し確定
 ・交流戦開幕戦6勝7敗
 ・2016年8月25日中日戦(神宮)以来の1イニング7失点
 ・対オリックス戦5連敗

◆ポイント
 ・1回裏先頭宮崎投直撃二塁打
 ・6回裏2死一二塁武田左安
 ・7回裏2死満塁代打西野左2

立ち上がり僅か10球で大引坂口の元オリックスコンビで先制攻撃も見どころはそこだけ。今年も先が思いやられそうなスタートとなりました。

ビジターの魔物か京セラの呪いか。
1回裏先頭宮崎の打球がブキャ様を直撃し一塁方向へ。一塁ベースについていた武内も及ばず記録二塁打。ブキャ様は平気な顔で続投とはなったが,不運はそこから始まった。
7回2死二塁でロメロの打球だってバットとボールが同時に飛んできてどうしようもない当たり。近藤はパ・リーグ相手に今季初失点を喫した。

近藤、古巣相手に結果出せず=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトは七回から登板した近藤が、不運な当たりも災いして失点を重ねた。今季は中継ぎで12試合に登板し、無失点だったが、2死二塁で打ち取ったゴロが内野安打。T−岡田を敬遠気味に歩かせた満塁から、代打西野に二塁打を浴びた。
 近藤は「切り替えがうまくできなかった」と反省。相手は、昨季途中まで長く在籍した古巣。「やりにくさはあるけど、グラウンドに立つ以上は戦いなので」と話した。[ 時事通信 5/30(火) 23:11配信 ]


指名打者制でのバレの守備。雄平が膝を痛めていることで指名打者起用もと言われていたが,蓋を開けてみれば大松の起用。確かにバレは指名打者だと打てないという交流戦での評価(実績)がある。

しかしレフト前ヒットで悠々回され,フライはあと一歩追いつけず。そこからの大量失点でゲームが完全に壊れてしまった。
やる気,モチベーション,単年契約。チームへの士気という意味でも色々考えさせられる時期に来ているような気も。

■NEXT GAME
 オリックス(東明)−ヤクルト(石川)2回戦 京セラドーム 18:00
 ・右肘クリーニング手術からの復活をかける東明がヤクルト相手に試運転の今季初登板
 ・昨年は交流戦初戦を白星で飾ってからの6連敗。今年は???
大阪 | Comment(2) | SWALLOWS | at 23:21 | 更新情報をチェックする