2017年05月05日

[東京ヤクルト 1-6 横浜DeNA

S 000 100 000 1
B 300 030 00x 6
●由規(0-1)31/3,近藤2/3,原樹理3,成瀬1−中村
山田3号@(井納)

▼データ
 ・今季3度目の3連敗
 ・今季ワーストタイ借金7
 ・由規:今季初登板,自身3連敗
 ・成瀬:今季初登板

◆ポイント
 ・4回表0死二塁バレンティン三振(3−1から微妙な判定)
 ・5回裏0死一二塁筒香中本

山田に4月15日DeNA戦(横浜)以来実に16試合ぶりとなるホームランが出るも,得点はその1点のみ。
ここ3試合タイムリー1本も無いまま3連敗。

由規は80球に達したところでスパッと交代。ファーム登板から中6日を2週間続けており,そういうのも含めてのものなのだろう。
立ち上がり慎重になったか。四球も絡んで3失点。それでも2回以降は立ち直った感があった。

そんな由規を援護すべく4回表に飛び出した山田のソロ。続く雄平もあわや2者連続かと思われるフェンス直撃の二塁打。バレもカウント3−1から四球で0死一二塁の計算が・・
明らかな高めのボール球をストライクと判定されフルカウントに。帳尻合わせで四球来るかとかと見逃すもど真ん中で結局三振。反撃ムードが沈んだ。

4回裏1死三塁で倉本のレフトフライ。石川の足なら余裕で犠飛かと思われた飛球石川がハーフウェイにおりタッチアップきれず。後続を近藤が断ち切りまだまだチャンスはあるようにも思えた。

が・・
ブチ壊した3番手原樹理。連続四球で2人ランナーを溜めて筒香に一発ではもう試合にならない。

工夫のない打線。淡々と試合は進み井納に完投勝利を献上。

もし由規が先週ファームで完封していなければ昨日か今日先発だったであろう原樹理。またも立ち上がりに失点し,2イニング目3イニング目は0に抑える。もうこのイメージが完全に定着してしまった。良くも悪くも。
懸念するのは選手生命の根幹にも関わってくるのだから。明確な起用を望む。

それにしてもこのところ試合内容が・・・淡泊で・・・こう・・・伝わってくるものが・・・・ないのが・・・非常に歯がゆいというか残念で仕方ない。。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(今永)−ヤクルト(小川)8回戦 横浜スタジアム 18:00
 ・あんまり言いたくないんだけど2014年5月9-11日,2015年5月4-6日,2016年5月3-5日とここ3年続けて5月の横浜スタジアムで同一カード3連敗喰らっているんですよね・・・
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:44 | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

[東京ヤクルト 1-7 阪神

T 001 150 000 7
S 000 010 000 1
●石川(2-3)42/3,ギルメット11/3,近藤2,山本1−中村

▼データ
 ・借金6
 ・ホームカード今季初負け越し
 ・雄平:2016年7月3日以来自身7度目1試合4安打
 ・対藤浪:神宮球場5連敗
 ・首位とのゲーム差今季最多7.5

◆ポイント
 ・1回裏2死満塁武内中飛
 ・5回表2死一二塁梅野藤浪連続タイムリー

はっきり言って何の見所もない試合。
14938944953850.jpg

試合前つば九郎のひとこと行きます。笑えます。
14938945285860.jpg
GWです。きょうはみどりのひ。
みどりがつくゆうめいじんと。
しまいですがこまつみどりさつきみどり。
うつみみどりいとうみどり。
GReeeN。
いまふぁーむですがやくるとぐりーん。
かみのおつげでかえっちゃったぐりーんうぇる。
DSC04312.jpg
あすはこどものひ。こんなこどもはいやだ。
なにかいうとすぐおれんじのたおるをまわす。
すぐにひとのものをおかねでもっていく。
4chしかみない。
どーむいがいやきゅうじょうじゃないとおもっている。
ほーむらんかぜがふいている。

ぐりーんうぇるとあんちじゃいあんつでタイガースファンのハートをがっちり掴む。阪神ファンの皆様は最高の試合になったかと思います・・

こどもの日ということで鯉のぼりつば九郎。
14938954870073.jpg

スタメン
14938954072080.jpg
G坂口E大引C山田FバレンティンH雄平B武内A中村D谷内@石川

前回登板から今季初の中5日で石川。今日こうすることで得意の神宮で来週も登板出来るという首脳陣の配慮からだったが・・

被弾は石川らしさでもあるから梅野中谷福留の3発まではまあ仕方ないと思いその軌道を見つめるほかなかったが・・

らしくなかった下位打線2人への連続タイムリー。完全にキレた証拠。石川がこんなんでは戦う集団になれっこない。

打線は対藤浪さらに点差を考慮しなければならないとは言えども内野ゴロ間の1点のみ。

昨日は押し出し四球×2,捕逸,失策と合わせ2試合タイムリー0。
塁は賑わせど得点出来ない。チーム打撃は何処へやら。

最終スコア
14938954332851.jpg

■NEXT GAME
14938954599962.jpg
 横浜DeNA(井納)―ヤクルト(由規)7回戦 横浜スタジアム 18:00
 ・連休期間ながらナイターです。これは今日浜スタでLIVEがありその撤収作業のため。
 ・由規今季初登板初先発。停滞した流れを変えてもらいましょう!

戦利品
14939539566250.jpg
 ・丸ごとスワローズ第31号
 ・相双リテックGAMESチラシ
 ・「東京ヤクルトスワローズ×アイム・ユニバース」オリジナルクリアファイル(ご厚意で頂きました)
 ・「PUTITTOつば九郎」(結構被るもんなんですね。。ご厚意で交換していただきましたが)
 ・CREW野球観戦ノート
東京 ☀ | Comment(4) | SWALLOWS | at 22:32 | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

[東京ヤクルト 4-8 阪神

T 000 002 033 8
S 100 000 030 4
●山中(0-3)6,ルーキ1,ギルメット1,原樹理1−中村

▼データ
 ・3連勝でストップ
 ・山中:3連敗,自身ワースト6連敗
 ・坂口:2016年9月8日DeNA戦(横浜)以来今季初の猛打賞

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁大引一犠
 ・7回裏1死無走者代打武内一ゴで交代

前半終わって1−0。7回終わって1−2。8回終えて1点差。僅差のゲームだったはずが・・・

150503_6.jpg
今日明日2日間は相双リテックGAMES。スポンサーにとどまらず野球部からドラフト指名してしまうほどの関係に。ただ菊沢の活躍次第では賛否両論も出かねない危険性も孕んでいるような気も。

試合前のつば九郎。
150503_12.jpg
150503_3.jpg
いつものようにカメラ片手に選手と一緒にうぉーみんぐあっぷっぷ。
三塁コーチャーボックスから見渡す姿も最近のお気に入り。
150503_4.jpg

それでは25ねんめの大べてらんつば九郎。今日のひとこと行きましょう。長いです。
150503_5.jpg
GWきょうあすでーげーむてんきよしです。
じんぐうもまんせきです。こんざつです。
おなじみのこんざつじょうほう。つばくろうしらべ。
しんかんせんほぼまんせき。1ぶのれっしゃは160%です。
いせはらばすてい31kmじゅうたい。
せきがはらIC42km。
はなぞのICごいすーだそうです。
こうちけんかつらはまこうえんちゅうしゃじょうまんしゃです。
びっくさんだーまうんてん80ぷんまち。
すぷらっしゅまうんてん150ぷんまち。
じんぐうのこんざつじょうきょう。
だんしじょしともといれはおおむねじゅんちょうです。
めがもりうぃんなーちょいごみです。
ぐっずしょっぷつばくろうてんはまんびききんしです。
まんびきははんざいです。

スタメン
150503_7.jpg
G坂口E大引C山田FバレンティンH雄平A中村B荒木C谷内@山中

さて試合。初回から見事なまでの傘の華。
150503_11.jpg
今季先制点をあげた試合はこれまで7戦7勝と不敗神話を誇るだけに幸先良いかと思われたが・・・

終わってみれば岩貞攻略のカギは初回にあったのかも知れない。
4月18日中日戦以来中14日と間隔の空いた岩貞。ストライクをとるのに窮していた。その岩貞相手に犠打で最初のアウトを献上してしまった。そして2死満塁から押し出しの1点のみ。序盤から球数を放らせたが,中盤以降は完全に立ち直り攻略の隙すら無かった。
7回表に打順が回ったところで代打起用。6回で降ろすことには成功したが,7回の桑原の出来も素晴らしかった。

虎の子のスミ1を孤軍奮闘守ってきた山中。2回表は昨日の阪神を反面教師に,2死二三塁から8番の岡崎を歩かせて,9番ピッチャー勝負に出た(岩貞には思いの外粘られたが)。まさに最善策を尽くしたバッテリー。

6回表。先頭の荒木のレフト前ヒット。バレンティンがファンブルして二塁進塁を許す。これはまぁ想定内だった。上本の犠打。山中は一二塁フォースアウトと勘違いしたか。三塁へ投げた。ここは0死二塁タッチプレーの場面。
0死一三塁で怖い糸井。打ち取った当たり。しかし一塁ががら空き。武内ならどう処理しただろうか。これで同点。
なんとか2死一二塁までこぎつけたが,鳥谷にタイムリー。せめて山田が飛びついて内野安打にでもしてくれれば・・と肉眼では見えたが実際の打球はどうだっただろうか。

なんとか1点差のまま8回へ。ここから試合が一転グダグダになるのだが・・

ギルメット。先頭の四球から。これが印象を悪くする。そして2死2ストライクからの追加点。この時点でかなり白けたのだが・・
ただ昨日の今日もあってやはり一塁の守備力が目に余った。武内なら3つのアウト取っていたのではないかと思わずにはいられないシーンが2つほど。しかも前の回からピッチャーが代わっていた。左右病関係なくなったのだから,武内をそのまま守備に就かせる(7番にギルメットを入れる)という作戦だってあったはずだ。
あとブロックは捕手の性でとっさにしてしまったか。審判団が集まったのはコリジョン警告ということなのだろう。監督の抗議は全くなし。

1点差から3点差になったことで,マテオの気も緩んだのだろう。野球なんてそんなもの。押し出し&パスボール&エラーと重なってタイムリー無しで3点返し再び1点差。

試合がこうなると次あがるピッチャーにも伝染というのもよくある話。実際3点差がついて当初はブルペンには山本哲1人だった。点差が縮まるにつれ原樹理さらに秋吉までも準備を始めていた。

原は中継ぎ→先発→中継ぎとたらい回し。前回登板後当初は明日の先発で調整予定だったはず。それが由規の好投を受けての配置転換。さらに点差もあって緊急登板。気持ちが追いついていなかった。ただかつての増渕のように中途半端な起用法は正直気の毒。素材を潰さないでほしい。結果云々よりもそれを願うばかり。
点差に関わらず山哲でも良かった。実績だってあるんだしもっと信頼してほしかった。贔屓目抜きにして。

ということで最終スコア。
150503_9.jpg

山田は5打数2安打。3打席目のライトフライは久々に外野に打球が飛んだ気がした。5打席目は0死一二塁カウント3−2から見逃せばどうだっただろうか?結果は6−4−3の併殺打。

ただ試合前のルーティーンは昨年と明らかに違っていた。
自分にとって特別な背中「130」の並びがそこには無かったのだ。。
150503_2.jpg
46谷内と組んでのアップ。ちょっと寂しかった。。
150503_1.jpg

あと今年に入って乙女なトルさんの仕草に最近ドキドキしています←
150503_10.jpg

■NEXT GAME
150503_8.jpg
 ヤクルト(石川)−阪神(藤浪)6回戦 神宮 13:00
 ・藤浪です。怖いです。どうか無事に試合が出来ますように・・・

追伸)池田親興氏解説試合でした。改めてここ10年間の成績を。
 2008年 2勝2敗0分 .500
 2009年 1勝4敗0分 .200
 2010年 1勝2敗0分 .333
 2011年 0勝1敗1分 .000
 2012年 0勝3敗0分 .000
 2013年 0勝5敗0分 .000
 2014年 2勝1敗0分 .667
 2015年 0勝1敗0分 .000
 2016年 0勝1敗0分 .000 
 2017年 0勝1敗0分 .000
--------------------------
 通算 6勝21敗1分 .222

断トツで最低です( *`ω´)
東京 ☀ | Comment(4) | SWALLOWS | at 21:32 | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

[東京ヤクルト 4-1 阪神

T 100 000 000 1
S 010 000 12x 4
○ブキャナン(2-1)7,H石山1,S秋吉(5)1−中村

▼データ
 ・今季初3連勝
 ・山田:27打席ぶり安打

◆ポイント
 ・3回表1死満塁福留一併
 ・5回表2死一二塁福留遊ゴ
 ・7回裏0死中村右中3(好走)
 ・7回裏1死三塁代打大松二ゴ(三走中村ゴロゴー)
 ・8回表1死一塁福留3−0から左飛(この回からレフト坂口)

ローテーションを再編。「力のある投手にカード頭を投げてほしい」という伊藤コーチの考えでブキャナンと山中を入れ替え。石川を来週の広島戦(神宮)も見越して中5日で木曜日に。由規が金曜日に今季初先発。これに伴って原樹理が再び中に回ると。

火曜日を任されたブキャ様。試合開始20秒で先制点を失うも,終わってみればその1失点のみ。
それでも今日は幾度となくピンチがあった。3回1死満塁,4回0死一塁,5回1死一二塁。味方の守備に救われた。大引のファインプレーはまぁ当然として?!ファースト武内の安心感。今季達川氏がユニフォームを着ていなければどれだけ絶賛されたことだろう笑。

3回表1死満塁福留の場面。ファーストゴロを落ち着いて二塁へ。そして自ら一塁へ入って併殺完成。右投げと左投げの違いもあるんだろうけど,送球先と重なって一塁走者の背中に当たるとかあり得るんでね。
5回表1死一二塁から大引の送球もちょっと高く浮いたがジャンプ一番。1回表高山に打たれた直後の上本のセカンドゴロだってさりげなく山田の送球を救いあげて捕球。2回表先頭鳥谷のピッチャーゴロブキャナンバックハンドトスも武内が体勢崩しながらもベースをキッチリ踏んでいるという。

2回裏の1点(中村左2・谷内左安)はレフト高山の守備に助けられたかな?!肩を含めて上手いレフトならどうだっただろうという。

そこからホームの遠いヤクルト。踏ん張るブキャナン。
ブキャナンに勝ちをプレゼントするラストチャンスとなる7回裏の攻撃。中村右中間を破る打球。中村は二塁を蹴って三塁へ。正直暴走かと思ったが,気迫で三塁を陥れた。そして1死三塁からブキャナンの代打大松のセカンドゴロでゴロゴー。ビデオ判定すら却下される明らかなセーフだった。ホームに還った中村のガッツポーズ。これはブキャ様に向けられたものでもあったのだろう。

2本の長打を放ちながら,1点リードの8回裏は0死一二塁の場面でキッチリ初球を犠打がダメ押しの2点につながった。打って走って守ってバントして。本当に頼れる女房役。

2回裏2死二塁。次はピッチャー。一塁空いた状況で勝負を挑まれるといういわば舐められた谷内。8回裏1死二三塁では1点もやらない前進守備を敷かれながら,見事狭い一二塁間を抜けていった。基本に忠実センター方向に叩き付ける打撃。転がせば何かが起きるんだから・・

「昨年の今頃のことを考えると、1軍でプレーできているのは幸せなこと。野球ができる喜びを感じられているのが一番です」この言葉に尽きるんだと思います。川端の居ない今年は谷内の野球人生にとって最大のチャンスでもあるんだから,優等生発言もっともっと聞きたいです!!

あとはやっぱり8回の石山かなぁ。1点差。右投げ肘打ちで先頭をだして糸井・福留のクリーンアップという一番しんどい場面を涼しい顔で打ち取る。見逃し三振取ってベンチ帰るシーンは本当何度見ても痺れるし,カツノリコーチのガッツポーズも,中村のどや顔も決まっていた。

6回2死一三塁で重盗仕掛けたり,8回からバレンティン代えるとか采配でも”攻め”が出てきましたよね。

■NEXT GAME
 ヤクルト(山中)−阪神(岩貞)5回戦 神宮 14:00
 ・神宮で岩貞。全てはあれから崩れた山田。払拭するにはここしかないでしょう。
 ・月も変わって山中に援護を
 ・解説池田親興氏
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:59 | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

[東京ヤクルト 3-2 巨人

G 001 100 000 2
S 100 001 10x 3
星6,○ルーキ(1-2)1,H石山1,S秋吉(4)1−中村

▼データ
 ・連勝
 ・5位浮上
 ・4月9勝15敗0分
 ・ルーキ:2016年8月12日巨人戦(神宮)以来の白星
 ・山田:24打席無安打,打率.191

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁大引左安
 ・7回表1死一二塁坂本二併(一走立岡正直な走塁)
 ・7回裏1死二塁武内右安
 ・7回裏1死一三塁坂口二安(一走武内惑わす走塁)

両軍同じような展開で進んで,7回の攻防。一塁走者の走塁とセカンドの判断が勝敗を分けた!?

7回表。巨人相手にプロ初先発6回2失点(自責1)の星からマウンドを受けたルーキがマウンドへ。先頭の代打脇谷にヒットを打たれ,立岡の犠打をルーキがお手玉で一塁二塁オールセーフ。0死一二塁のピンチ。
橋本到は犠打の構えも送れず,最後は中途半端なスイングで三振。
1死一二塁で坂本。セカンドゴロを山田が走ってくる立岡にタッチしてそのまま一塁送球で併殺完成。

7回裏。こちらも6回2失点の内海からバトンを受けルーキー池田が2番手。先頭中村に四球を与え,谷内がキッチリ犠打を決め1死二塁。武内を迎え左対左なのに右のマシソンにスイッチ。
ファームから好調維持の武内。今日もヒットでこれで今季8打数5安打の打率.625!
1死一三塁で坂口。こちらもセカンドゴロ。ところが中井はホームセカンドファーストオールセーフ。記録は野手選択でなく内野安打で勝ち越し。これが決勝点。もしこれが表の立岡のようにセカンド中井の視界に武内が入り込んで来たら迷わず併殺を狙えたはず。
武内の偽走が光った☆というより武内の打撃かな。あのマシソン相手にヒット打つし,今はハッキリ言って期待感があるんだから!!
それでもなお1死一二塁を活かせないのがヤクルト打線なのですが・・・

虎の子の最少リード1点を8回石山9回秋吉で守り切り,これで今日行われたプロ野球6試合はすべて1点差という記録を樹立。

星は5回裏打席回ってきたところで交代かと思ったが,そのまま打席で6回もマウンド上がったので,次回以降も先発ということでしょう。となると由規は樹理の所?!贅沢な悩みが出てきた。

これは結果論だが,初回0死一塁から大引のバントエンドラン。これが犠打で1死二塁なら山田バレ連続内野ゴロで無得点だった。ベンチの作戦。2015年2番に送らせない真中野球で掴んだ勝利とも。

4月終えての順位表
チーム勝利敗北勝率得点失点本塁盗塁打率防御率
1広島16101.6151311002122.2683.412
2阪神14100.5831.087841213.2432.763
3巨人13120.5202.588761513.2472.720
4DeNA11122.4783.5951001511.2413.566
5ヤクルト10150.4005.57188128.2293.078
6中日9143.3915.573971316.2443.448

なんとか最下位脱出。首位とのゲーム差は18日に最大7.0まで開いたが,終わってみれば5.5差で明日から5月。14年は同じ5位ながら借金9で9.0差離されていたのでそれと較べればまだまだ!!
ちなみに2010年以降の5月の月間成績。
 2016年 12勝14敗0分
 2015年 09勝15敗1分
 2014年 13勝11敗1分
 2013年 07勝15敗1分
 2012年 06勝15敗1分
 2011年 09勝09敗2分
 2010年 03勝16敗1分
これをどう乗り切るかですよね。

■NEXT GAME
 ヤクルト(山中)−阪神(秋山/岩貞)4回戦 18:00 神宮
 ・阪神は秋山岩貞藤浪と因縁の相手が続く感じか。
 ・本拠地でガンガン勝って行こう!!!
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 21:59 | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

[東京ヤクルト 2-1 巨人

G 000 000 010 1
S 000 000 20x 2
○小川(3-2)72/3,H石山1/3,S秋吉(3)1−中村
雄平2号A(篠原)

▼データ
 ・対巨人戦2016年9月17日(東京ドーム)以来今季初勝利
 ・対巨人戦34イニング目で今季初得点
 ・山田:20打席無安打,打率.195

◆ポイント
 ・8回表2死二三塁マギー三振

1回裏1死一三塁,2回裏2死一二塁,3回裏2死一二塁,4回裏1死一塁,5回裏2死満塁,6回裏2死一二塁。毎回塁上を賑わせながらホームが踏めないヤクルト打線。これで対巨人戦実に33イニング連続無得点。

7回裏1死一塁から雄平の均衡を破る2号2ランは,対巨人戦34イニング目にして今季初得点となった。
チームとしても水曜日中日戦(ナゴヤドーム)の延長11回表雄平が岩瀬から放った2点タイムリー以来25イニングぶりの得点。
もっと言うと神宮球場の得点も日曜日広島戦の3回裏に雄平が九里亜蓮から放った1号ソロホームラン以来22イニングぶり
直近はすべて雄平でしか得点を挙げられていないということの裏返し・・・

それでも小川の力投もあってこれがチーム6試合ぶり6試合目の先制点。これで先制した試合は6戦6勝と勝率10割神話は継続。

8回表もマウンドに上がる小川。三塁ベースの悪戯から1点を失ったが121球の熱投。1点返されたところで小川からマウンドを譲り受けた石山が,一打逆転の場面ながらマギーを渾身のストレートで見逃し三振!痺れる対決だった!!

5回裏2死二三塁で立岡を,7回表2死二塁小林をそれぞれ空振り三振に仕留めてのガッツポーズ。小川−中村バッテリーの気迫もひしひしと伝わってきた。

しかし重症の打線。とりわけ山田哲人。とうとう1割台に落ち込んでしまった。。

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−巨人(内海)5回戦 神宮 18:00
 ・星知弥プロ初先発のマウンドへ
 ・坂口の死球の影響は大丈夫だろうか?
 ・内海相手にファーストは誰が入る?
 ・山田哲人
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:48 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

[東京ヤクルト 0-7 巨人

G 402 100 000 7
S 000 000 000 0
●石川(2-2)4,ギルメット2,近藤2,山本1−中村

▼データ
 ・今季最多借金7
 ・2試合連続今季4試合目零封負け
 ・対巨人戦3試合連続零封負け,27イニング連続無得点

◆ポイント
 ・1回表1死一二塁マギー左本(ビデオ判定覆らず)
 ・7回裏1死一二塁山田右本(ビデオ判定でファール)

2試合18イニング連続0得点では勝てません。。

初回4失点。今の打線の状態ではこの点差はハッキリ言って絶望的。。
ビデオ判定で3ランホームランとなるチームと,3ランホームランがファールとなるチームの違い。
守備でもお見合いというお粗末。

打線は6回と9回以外は毎回走者を出し,1回2回4回5回7回は先頭打者が出塁。しかしホームが遠い。

深刻な山田さま。幻の本塁打もありこれで13打数0安打。完全に打線を寸断するのはともかく,一塁への覇気の無い走り方が気になる。

神宮球場に2015年7月26日以来流れた浪漫飛行。これだけが今日唯一の救いでした>_<。。

■NEXT GAME
 ヤクルト(小川)−巨人(田口)4回戦 神宮 18:00
 ・2016年8月31日(富山)以来となる小川 vs 田口くんのマッチアップ
 ・田口くん明日だけは勘弁してくれー!!
東京 ☀ | Comment(4) | SWALLOWS | at 23:16 | 更新情報をチェックする