2019年05月07日

{東京ヤクルト 1-3 阪神

T 000 200 001 3
S 010 000 000 1
●原(2-2)6,マクガフ1,五十嵐1,近藤1−中村,西田

▼データ

◆ポイント
 ・2回裏1死満塁荒木遊併
 ・7回裏0死一塁中村代走渡邉

タイガース自慢の中継ぎ陣。1点差ながらその1点が重く遠かった。

先発秋山は右打者への被打率が.300,左打者への被打率が.167というデータがあり,F荒木E西浦G青木C山田哲H雄平B村上D大引A中村@原という打順で挑んだ。
しかし蓋を開けてみると,秋山からヒット5本のうち3本が左打者(青木,雄平,村上)。スタメン抜擢の大引が2本という結果に。

2回裏1死満塁のチャンスで荒木が併殺。これが最後まで響いた感。

6回表2死二三塁で秋山をそのまま打席に立たせ,その裏1死一塁雄平を迎えたところで島本にスイッチという謎采配だったが,結果的にはその島本以降から1本もヒットを打てなかった。

五十嵐の勝ち運をもってしても,防御率0.00ジョンソンには手も足も出せなかったことを考えると,攻略チャンスは7回裏3番手藤川球児だった。
先頭中村が四球。ここで代走渡邉の起用。もし塩見がいれば盗塁を仕掛けられただろうか。宮本がファーストストライクでキッチリ送っただけに,そこまでの総合的な脚力はまだ渡邉には求められないか。これにより中村から西田に。最終回ドリスのところで代打も出しづらくなってしまった。
1死二塁で荒木は三振と今日は完全にブレーキ。太田川端というメンバーも控えていたし,起用法次第でまた違った展開になっていたかも。

一方で4回表1死一二塁秋山。原の三塁送球を好捕でフォースアウトにした大引のプレー。7回表2死三塁大山のライナー気味のレフトライナー。いつものメンバー(D村上Fバレ)ならもっと点を取られていたかもしれないし。

気温が低いなかで4時間ゲームもお疲れだったかと思います。長かった12連戦は明日がラスト。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高橋)−阪神(岩田)9回戦 神宮 18:00
 ・12連戦最終戦勝ち越しを懸ける
 ・最大の見どころはホコ×タテ対決。【実況】通算7試合6勝1敗 勝率.857の大村アナ vs 【解説】2009年以降6勝23敗1分 勝率.207の池田親興氏。どっちが強いか。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:38 | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

{東京ヤクルト 4-2 阪神

T 000 002 000 2
S 200 200 00x 4
○ブキャナン(1-1)52/3,Hハフ11/3,H近藤1,S梅野(1)1−中村
村上9号A(青柳)

▼データ
 ・梅野:プロ初セーブ

◆ポイント
 ・1回裏太田投失(一気三塁へ)
 ・6回表2死二塁ブキャナン→ハフ中谷三振

日に日に増える故障者。今度は守護神が登録抹消
石山が登録抹消=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの石山泰稚投手が6日、上半身のコンディション不良のため、出場選手登録から外れた。5日に症状を訴えており、田畑投手コーチは「軽症と聞いている。みんなでカバーしていくしかない」と話した。
 石山は抑えとして今季15試合に投げ、1勝1敗7セーブ、防御率1.26。[ 5/6(月) 18:29配信 時事通信 ]

青柳対策でE太田G山崎F青木H雄平D村上B川端と左を6人並べ,ベンチが出した指示はセーフティバントの多用。
1番太田が初球からセーフティ。そして2球目もセーフティでピッチャー正面をついた平凡なゴロ・・かと思いきや?!青柳が一塁へ大暴投。太田はピッチャー前の打球で三塁へ。
2番登録即スタメン山崎。見事な流し打ちで幸先良く先制。さらに青木も一二塁間痛烈に破って0死一三塁。山田はピッチャーゴロ。三走山崎が三本間挟まれる間にそれぞれ進塁。山崎に求められる最低限の役割をこなせた。1死二三塁から雄平キッチリ犠飛で2点目。

青柳に対し計12回セーフティを仕掛けて4回4失点KOに成功した。前回129球完封からの中5日というのもあったかもしれないが,今後に向けては嫌なイメージを与えられたのではないか。

スアレスと併用となったブキャナン。かつて古田兼任監督時代ガトームソンとゴンザレスを併用し,ノーヒットノーランの翌日に抹消でオフに鬱憤溜まり怒りの移籍志願事件があったが,今回は大丈夫だろうか。
でも紳士のナンさま。6回1死二三塁から犠飛で1点許すも,2死二塁梅野をサードゴロに打ち取ってチェンジ!の打球を村上の後逸があって,ここで降板を告げらてしまったが,ベンチには「one more」「one more」と懇願していた。村上のために俺が抑える!ってアピールなんだと思う。それでも気持ちを切り替え,ベンチ最前で戦況を見つめてくれた。106球での降板は,次回登板が中5日で5月12日東京ドームを計算してということなのだろう。

ナン様を受けたハッフ。気合のあまりフライを追いかけ過ぎ,川端が落球。2球でチェンジのはずがフルカウントまで行き中谷を三振。そこからのイニング跨ぎと本当に頭が下がります。。

8回は4日空いて近藤。ハマスタでの起用から配置転換?!なんて不安視していたが,スライダーのキレも抜群。そしてバトンは20歳梅野へ。

ちょうど1年前のGW。5月5日広島戦(神宮)の先発マウンドを託されたのは19歳の梅野だった。真っ赤に染まる神宮で2回もたずKOされていた。特に2イニング目は本塁打,死球,四球,(三振),四球,走者一掃二塁打と完全な一人相撲のピッチング。翌6日に問答無用で戸田での再調整を告げられていた。
それからちょうど1年。20歳の梅野は石山のアクシデントにより代役守護神に指名され,見事プロ初セーブをマーク。1年間でここまで成長する人間ドラマを魅せてくれるのもまた野球の醍醐味。石山が戻ってきたらセットアッパーなんてことだってあるかも知れない。それだけの成長曲線を描いている。
そしてこの梅野の飛躍をどんな想いで見つめているのか。梅野と同期入団のドライチ3年目背番号18の背中がなぜか気になる。

細かい点では5回裏0死一塁山崎の犠打失敗(捕邪)。10日には塩見が登録可能になるからこの3試合が勝負。奥村も(不調が伝えられてはいたが)あっさり再調整を告げられた。
同日登録となった宮本は藤川球児の前に最後完全なボール球をストライク判定されたが,追い込まれてからも粘って10球投げさせた。その宮本だってポジション求めて外野に取り組んできた。バレ坂口上田が戻っても一軍に生き残れるためには何が必要なのか。首脳陣は初回の先制打や挟殺走塁よりもこの犠打失敗を見ているはず。

追伸)田中浩康解説員担当試合はこれで2戦2勝。イケボイスだしもっと多投してほしいです!


■NEXT GAME
 東京ヤクルト(原)−阪神(秋山)8回戦 神宮 18:00
 ・12連戦負け越しは無くなった。勝ち越しを懸けて残り2試合。
 ・前回7点リードを守れなかった樹理はどう修正してくきたか。大事なマウンド!
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:46 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

{東京ヤクルト 5-6 中日

S 000 202 001 5
D 121 110 00x 6
●寺原(1-1)2,中尾2,五十嵐1,ハフ1,マクガフ2−中村
雄平4号A(阿知羅)

▼データ
 ・5月5日子どもの日:2015年から5連敗

◆ポイント
 ・2回裏1死三塁阿知羅右安
 ・3回裏2死満塁松井雅四球
 ・5回裏1死松井雅三失

最大4点差を最後は1点差まで詰め寄るも・・・”やらずもがな”の失点が大きく響いた形で阿知羅にプロ初勝利を献上。

2回裏1死三塁。9番投手阿知羅を2球で追い込みながらプロ初安打となるタイムリーを浴びた3点目。
3回裏から2番手中尾。阿部申告敬遠で2死満塁松井雅勝負も押し出しの4点目。
4点ビハインドで3番手五十嵐。1死から打ち取ったサードゴロを奥村が失策からの6点目(五十嵐に自責はつかず)。

阿知羅の前に初回1死一三塁というチャンスを活かせず。これも響いたか。高橋周平,ビシエド好守にも阻まれた。
逆に打ちあぐねた阿知羅が降板すると,2番手谷元以降4イニングで計10の四死球を貰い,毎回のようにチャンスを築いたが・・・
ただその死球の1つは上田の左脹脛直撃。坂口・バレンティンに続いて戦線離脱。飽和だったはずの外野手はいつのまにか不足事態に・・・

寺原は2イニングで3盗塁。明らかな癖があってそれを見抜かれている証か。ただ1回2回といずれも前進守備が裏目に出た感もあるのは事実。でも来週(東京ドーム)は石川さんということになるのでしょう。
途中出場ながら3タコ&失策で途中交代は奥村。ヘルメットを叩きつけて悔しがる姿は,焦りからくるものか。

12連戦9連戦終わって5勝4敗。ラスト3試合。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(ブキャナン)−阪神(青柳)7回戦 神宮 18:00
 ・GWですっかり猛虎に
 ・#新加入のマルテに打たれる気しかしない
 ・#しかも苦手の青柳
 ・勝率1.00の田中浩康解説員
愛知 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:24 | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

{東京ヤクルト 8-4 中日

S 010 070 000 8
D 010 011 010 4
○高梨(3-2)7,スアレス1,石山1−中村

▼データ
 ・今季初2試合連続先発が勝利投手

◆ポイント
 ・2回裏1死一三塁加藤三振柳右飛
 ・5回表0死一三塁高梨投犠
 ・5回表1死二三塁太田遊野(西浦好走)

5回表打者一巡の猛攻で勝負アリ。
7点差はセーフティーリードでは無いとハマスタで悟ったばかりだが,今日の中日にそこまでの反撃の力は感じられなかった。

キャンプでの練習成果が今日の試合で現れた。
5回表1死二三塁。太田のショートゴロ。三走西浦はゴロゴー。そしてスライディングは左手でなく右手で。練習は嘘をつかない。そしてその練習を真剣に取り組んでいたからこそシーズンで実行出来る。

なお1死一三塁から上田がセーフティスクイズ。いわゆる連続野選でもう1点。
こうなれば押せ押せ。1死満塁から山田のタイムリー。2死満塁から村上,2死二三塁西浦と連続2点タイムリーで計7点のビッグイニングに。もちろんこれをお膳立てた0死一三塁から高梨の初球犠打成功があってこそ。これが勝てる先発投手ということにもなるのだろう。

先制点は柳の自滅。先頭山田がヒットで出て二盗。そこから連続ワイルドピッチで一気に生還。
先制点を貰った直後の高梨。ヒット死球犠打で1死二三塁。すっかりやくせんとなった阿部のタイムリー。それでも8番加藤9番柳で逆転を許さなかったのも,終わってみれば一つポイントだったか。

大量点を貰ってからは,先頭三塁打でゴロ間の失点とソロ本塁打。いわゆるランナー溜めてガツンではなかったので,大量点にはならなかった。
これで2日続けて先発投手に白星。これは今季初。令和となっていい流れになってきたか。

渡邉大樹2年ぶり自身プロ3度目の打席となるも三振で,プロ初安打はならず。

■NEXT GAME
 中日(阿知羅)−東京ヤクルト(寺原)9回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・阿知羅拓馬という聞きなれない初物との対戦
 ・寺原隼人は4月11日広島戦(マツダ)以来3度目の先発登板
 ・12連戦9戦目。残る3試合はブキャナン−原−高橋ということでなんだかんだ石川を抹消しても12連戦のローテーションが回ってしまったという。。
愛知 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 17:45 | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

{東京ヤクルト 7-2 中日

S 200 102 020 7
D 000 000 002 2
○小川(1-3)9−中村
村上8号A(福)

▼データ
 ・令和初勝利
 ・小川:2017年4月22日広島戦(神宮)以来完投勝利

◆ポイント
 ・1回表0死二三塁雄平三ゴ(三走青木挟殺死)
 ・8回表0死一塁村上右本

小川令和初0封はならずも,自身2年ぶりとなる完投で今季初勝利。

12連戦折り返しの7戦目。
バレを欠いた打線は,山田を4番に据え,2番センター上田。青木を負担軽減でレフトへという打順。

中日は谷間で又吉の先発。先頭太田がヒットで出塁し,上田青木連続四球で0死満塁。ここで4番山田に回り,その山田がキッチリタイムリーで2点先制。なお0死二三塁とチャンスが続いたが,雄平のサードゴロで青木がいわゆる二走と打者走者を進められない挟殺プレー。
1死一二塁で村上が大きな大きなレフトファールフライ。三塁に走者がいれば悠々犠飛。もしくは敢えて捕らなかった可能性もあるが。結局この回2点止まり。セオリーだと嫌な流れだが,終わってみれば今日の小川にはこの援護で十分だったか。

又吉も2回以降は落ち着きを取り戻した感があったが,4回表進塁打と犠飛による加点で中押し。
6回表又吉が2つの四球を出したところで小熊にスイッチ。その代わり端中村。前進守備の外野手の頭上を遥かに超えるタイムリーでダメ押し。

そしてダメのダメを押した村上の令和第2号本塁打。7回102球だった小川の続投を後押しする意味でも大きな一発だった。
7回表はリクエストもありながら走者を二人出し,アップアップ感のあった小川。しかしこの一本もありそのまま回ってきた打席に入り,8回裏を3凡。9回1死からビシエドに二塁打。2死二塁から阿部にどこにも投げられない内野安打。二三塁となり周平。令和初の完封とはならなかったが,最後は大野奨をセンターフライで完投。
村上の一発が無ければ,8回裏から継投となった可能性も。ブルペンを救ってくれたし,エースが令和初の完投勝利で,チームとしての流れを作れた。

■NEXT GAME
 中日(柳)−東京ヤクルト(高梨)8回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・柳と3度目の対戦に
愛知 | Comment(0) | SWALLOWS | at 18:51 | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

{東京ヤクルト 0-2 横浜DeNA

S 000 000 000 0
B 000 000 20x 2
●スアレス(1-1)7,ハフ1−中村

▼データ
 ・スアレス:来日初安打

◆ポイント
 ・5回表1死一塁中村盗塁死(サインミス)
 ・7回表1死二三塁スアレス三振

試合の分岐点は7回表だった。
先頭荒木が四球。西浦バスター成功で一二塁。中村が進塁打で1死二三塁。ここでスアレスをそのまま打席。6回まで88球。次はソト筒香ロペス。12連戦。中継ぎ疲弊。自分もベンチ同様交代には否定的だった。3者凡退で終わるか,犠打で済めばと。

2死二三塁で太田の代打大引が中飛(1死であれば犠飛に十分)に終わっただけに,なおさらスアレスのところでという”結果論”が強くなったのだろうが。

スアレスは2試合目の登板。13イニング目での初失点。一球に泣いた。責められない。

4番の一振りと4番不在。
バレンティンが登録抹消へ=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトのバレンティン外野手が出場選手登録から外れることが2日、決まった。上半身のコンディション不良のため、1日のDeNA5回戦で二回の守備から退き、2日の同6回戦(ともに横浜)を欠場していた。
 バレンティンは今季ここまで打率2割8分4厘、8本塁打、リーグトップの29打点。小川監督は「(復帰時期は)分からない。いる人でやらないといけない」と話した。[ 5/2(木) 19:11配信 時事通信 ] 

バレ頼みの打線から脱却して打順を組まざるをえなくなった。パワーだけでなく,犠打や盗塁という細かい野球が一層求められる。その意味で5回表1死一塁中村盗塁死(サインミス)などをいかに防いでいくか。

令和時代に訪れた最初の試練。どう乗り切っていくか試される。

■NEXT GAME
 中日(又吉)−東京ヤクルト(小川)7回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・今日でホームビジター一巡し,明日から2廻り目
 ・小川今季初の中5日
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:19 | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

{東京ヤクルト 1-5 横浜DeNA

S 000 000 100 1
B 001 004 00x 5
●高橋(0-1)52/3,近藤1/3,中尾1,大下1−中村,西田
村上7号@(大貫)

▼データ
 ・令和初戦黒星
 ・太田:令和NPB初安打
 ・村上:令和チーム初本塁打

◆ポイント
 ・1回表0死一塁青木遊併
 ・6回裏2死一二塁宮崎左2

平成に続き令和も黒星スタート。
ヤクルトの太田、令和最初の安打=プロ野球
 プロ野球界で令和最初の快音を響かせたのは、ヤクルトの1番太田だった。一回、打ち急がず、球筋を見定めた後の5球目。午後2時1分に内角直球をきれいに中前へはじき返した。「うれしい。本塁打を狙おうと思っていたが、打席に入ったら忘れていた」と笑った。
 昨年12月にトレードで日本ハムから加入した22歳。今季は攻守でチームに貢献しているが、九回の好機で凡退したことを反省し、「相手に嫌なイメージを与えたかった」と残念がった。[ 5/1(水) 19:41配信 時事通信 ]

続く青木の打球。センター前に抜けたかと思ったが,これを大和が好捕で併殺完成。終わってみればこれで今日のリズムが狂ってしまった感。
これで青木は2三振の4タコで途中交代。連戦の疲れもあるのか。

令和時代の開幕投手を任された高橋。
3回裏1死から伊藤のヒット大貫の3バントで得点圏に進められ大和にタイムリーで先制点を奪われるも,5回を投げこの失点のみ。
6回裏1死から石川ソトの連打で2点目を失うも,筒香を三飛で2アウト。QSクリアまであと1アウトとしながら,申告敬遠直後の宮崎のタイムリーでKO。あと1死に課題を残した。
宮崎は最終打席でも安打。不振に喘いだ宮崎を起こしてしまった感。これが気がかり。。

「交代のところでオレがミスをした。(高橋)奎二に申し訳ないことをした。代えるなら宮崎の前、代えないなら神里までいかせないと。結果的に多く点を取られてしまった」と監督が庇ってくれた。令和時代を担っていく奎二はこの言葉を意気に感じて!

打線も元気無し。バレが居なくなり,7回表1死一二塁青木山田にプレッシャーがかかったか。後ろにバレがいる安心感と,そうでない俺が大きいのを打たなければというプレッシャー。

15時30分以降は雨脚も強まり,マウンド・バッターボックスともに水が浮く状況。今日は”執念”の欠片も感じられなかった。令和時代の幕開けに村上が令和初本塁打を放ったのがせめてもの救い。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(今永)ー東京ヤクルト(スアレス)6回戦 横浜 14:00
 ・スア様
 ・平成の幕開けは初戦黒星のあと,伝説のアイケルバーガーの2試合連続敗戦投手で3連敗スタートだったが果たして?!
神奈川 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:32 | 更新情報をチェックする