2019年07月04日

{東京ヤクルト 7-2 広島

S 005 000 002 7
C 011 000 000 2
○高橋(2-3)6,Hハフ1,H近藤1,五十嵐1/3,Sマクガフ(1)2/3−中村
中山3号B(ジョンソン)

▼データ
 ・3連勝:平成31年4月28-30日以来今季3度目(最長タイ)※令和初
 ・4月9-11日広島戦(マツダ)以来今季2度目同一カード3連勝
 ・吉田:プロ初盗塁
 ・マクガフ:来日初セーブ

◆ポイント
 ・3回表0死一二塁吉田野選(二走高橋の走塁)
 ・3回表0死満塁青木左安
 ・3回裏1死満塁鈴木三併

令和になって初の3連勝!!!
4月に続き今季2度目となる同一カード3連勝。マツダスタジアムとなってからはもちろん初なのですが,広島で一年に2度同一カード3連勝というのはざっと20年ほど調べましたがありませんでした。一体何年ぶりなのでしょうか・・

2回裏1死三塁。リクエスト判定覆っての先制という広島の洗礼から始まるも,その直後のイニング。9番高橋からの打順でジョンソンを攻略。
高橋のサードゴロを小窪が後逸し出塁。山田がヒットで0死一二塁。となれば2番吉田に犠打指示。一番難しいとされる一二塁の場面で3球目野選を誘えたのは,二走高橋の足があったからこそ。0死満塁最初の打者青木2−2から綺麗に流し打って2者生還し逆転。
こうなれば次の打者の気が楽になるもの。村上のファーストゴロはメヒアの好捕に遭うも進塁打となり1死二三塁。ここで中山。これまた逆方向。筋肉パワーでライトスタンドまでもっていった。

5点の援護をもらった高橋。しかし3本の安打で1死満塁とされ,メヒアに押し出しの四球。なお満塁で鈴木誠也と絶対絶命の場面。ここを併殺で乗り越え,5回と6回も併殺で切り抜けた。これで高橋自身にも2試合続けて白星がついた。

裏を返せば3併殺の広島打線は実に淡泊に映った。5月から交流戦にかけてのヤクルトがそうだったように・・。

ジョンソン以降島内−遠藤−今村−菊池保に無得点に抑えられていたが,9回表6番手一岡から先頭山田が三塁打を放つと,ここから足を絡めた攻撃を仕掛けた。
0死三塁吉田が死球で出ると,吉田がプロ初盗塁を決め0死二三塁。青木のセンターフライで三走山田が本塁を突くと,1死二塁から村上のセンター前ヒットで二走吉田が生還。いずれも河田コーチが行けると判断しての得点。センター西川の集中力など裏付けがあったのだろう。

3点差が5点差となり,石山欠場の最終回を五十嵐に託し,マクガフ温存を図るも,結局3連投となってしまった。来日初セーブ。ビハインドにセットアップにクローザーに連投にともうマクガフさまさま。

■NEXT GAME
 中日(山井)−東京ヤクルト(山田大)13回戦 浜松市営 18:00
 ・3連勝と3連敗で3.0差まで迫った5位中日との直接対決
 ・浜松開催。屋外×土のグランドで開催が心配されますが・・・
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:17 | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

{東京ヤクルト 6-2 広島

S 100 050 000 6
C 000 020 000 2
○寺原(2-1)5,近藤1,ハフ1,マクガフ1,石山1−中村
村上20号C(ローレンス)

▼データ
 ・30勝到達(12球団最遅)
 ・5月11-12日巨人戦(東京ドーム)以来連勝※令和時代最多タイ
 ・5月10-12日巨人戦(東京ドーム)以来15カードぶりカード勝ち越し
 ・村上:プロ初満塁弾(19歳5か月での満塁弾は、高山忠克[19歳10か月]を抜いて球団最年少)(10代での満塁弾はプロ野球史上15人目)
 ・村上:高卒2年目20本塁打(1994年松井秀喜以来プロ野球史上5人目)

◆ポイント
 ・2回裏0死一二塁會澤三併
 ・5回表2死二塁山田四球
 ・8回表0死一塁代打奥村投捕飛(犠打失敗)

令和時代3度目&最多タイとなる2連勝。
7月にマツダスタジアムでカード勝ち越したのは2011年7月1-3日以来8年ぶり3度目。

これぞ4番の仕事。4番が5打点を稼ぎ出し,試合を決めた。
まずは先制打。初回1死一二塁の好機でコンパクトにセンター前へ弾き返し,二走山田が生還。

5月5日子どもの日以来の先発登板寺原隼人。初回は7球で退けるも,2回裏に突然ストライクが入らなくなる。メヒア安部に連続四球。會澤翼にも2球続けてボール。ここで間を取りにいった田畑コーチ。一呼吸置いてストライクが入り,4球目。中村が内野手に左に寄れとジェッシャーを出した直後にサード吉田の正面へ。三塁ベースを踏んで一塁送球で併殺完成。2死二塁となり田中広は無理しなかったか。9番ローレンスをキッチリ三振を奪えたため,3四球出しながらも無失点で乗り切った。3回裏は3凡。4回裏も併殺があって3人で斬った寺原。

5回表先頭中村出て2死二塁で山田に回る。状況からしても申告敬遠が十分考えられる場面で,3−0となってから相手佐々岡投手コーチマウンドに上がっての申告敬遠。ここから吉田,青木と8球連続ボールで押し出し。村上の初球もボールとなりトータル12球連続ボール。ストライクで一呼吸置いての村上満塁弾でゲームを一気に決めた。
山田の打席でコーチがマウンドに行ったため,2度目(=交代)を躊躇させる形になり,広島サイドからすればズルズルと引きずった気持ちを,村上が一掃してくれた。

投手コーチマウンドで落ち着けた寺原。投手コーチマウンドに行けなかったローレンス。これが勝負を分けたか。

5点の援護を貰ったことで,勝利投手の懸かるイニングで寺原−中村のバッテリーは,点よりアウトカウントを選択することが出来た。0死一二塁で代打松山犠飛。1死三塁坂倉一ゴ間に三走生還。菊池涼遊ゴでチェンジ。勝ち投手の権利ゲット。
これがもし村上の満塁弾なく,押し出しの1点のみであれば,1点を守るために前進守備を敷いたり,継投に入ったりと,状況はガラリと変わっていた。これも村上のお蔭。村神様。

「なんとか1点でもと思って打席に入った。これまでチームに迷惑をかけてきたので、チャンスで打ちたいと思って臨んでいた」「肩を並べるほどの実力じゃないんで、もっともっと練習をして頑張りたい」とどこまでも謙虚な19歳。2000年生まれ。まさに1000年に一度ミレニアムな存在。

勝ちパターンで試合が進む中,8回表0死一塁で代打起用され犠打が出来なかった奥村。このあたりをキッチリしていかないと一軍枠に生き残れなくなってしまうのもプロの世界。

■NEXT GAME
 広島(ジョンソン)−東京ヤクルト(高橋)14回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・令和時代となり12球団でヤクルトだけ記録していない”3連勝”なるか?!!!
広島 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:09 | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

{東京ヤクルト 3-1 広島

S 010 001 001 3
C 000 100 000 1
○小川(3-8)7,Hマクガフ1,S石山(10)1−中村
中山3号@(九里)大村1号@(島内)

▼データ
 ・平成31年4月30日DeNA戦(横浜)以来9週ぶり火曜日勝利※令和時代初
 ・5月6日阪神戦(神宮)以来16カードぶりカード初戦白星※令和時代3度目
 ・月間白星スタート※令和時代初
 ・大村:プロ初本塁打[島内]

◆ポイント
 ・4回裏0死一二塁高橋大一飛會澤三振九里捕ゴ
 ・(5回裏球場演出直後)6回表0死青木中安

秋田でホームビジター2廻りずつ終えたため,今日からいわゆる第3クール目に突入。マツダはあの悪夢の5.15事件以来。
マツダから16連敗が始まったんだから,マツダから逆襲ヤ!

2回表中山のソロ本塁打で先制。
1回裏,3回裏と得点圏に走者を背負いながらも,サード吉田のフェンス際を恐れない好捕もあって無失点に抑えてきた小川だったが,3度目となる得点圏は4回裏。連打で0死一二塁。バティスタはサードゴロに打ち取ったかに思われたがベース直撃でレフト前に転々。同点に追いつかれたが,なおも0死一二塁の場面で下位打線高橋大・會澤翼・九里亜蓮で更なる失点を許さなかった。
ヤクルトサイドからすれば高橋大に送られると,やくせん會澤を歩かせて,九里・田中広との勝負を選択せざるを得なくなったはず。結果どちらが良かったかは神のみぞ知るか。

結果から先に言うと5回裏以降投手陣は無安打。一人の走者も許さなかった。これで交流戦再開後3試合連続先発陣はQSクリア。小川は7回117球1失点でHQS。

応援歌に入る”お前”が不適切と物議を醸す中で,赤傘という不適切な応援を今年も懲りず行ったカープ。しかも本年に至っては試合一週間前の告知とより陰湿なものに。
5回終了時のインターバルで一斉に傘を振る?回す?ことを演出したカープ球団( *`ω´)。それをどんな思いでネクストバッターサークルで待つ青木は見つめていたのだろうか。

いい意味で闘志に火をつけてくれた。日曜日まで15打数無安打だった青木がお目覚め猛打賞。その青木が暴投&トンネルで生還。野球の神様ちゃんと見ていてくれましたね。

大村はプロ初本塁打。明日寺原昇格の降格候補だったが生き残ったか。まさに値千金弾だった。


■NEXT GAME
 広島(ローレンス)ー東京ヤクルト(寺原)13回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・初対戦ローレンス
 ・5月5日中日戦(ナゴヤドーム)以来約2ヶ月ぶり先発登板寺原隼人。高津松岡クリニックの効果や如何に
 ・1ヶ月半ぶりの連勝チャレンジ
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:59 | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

{東京ヤクルト 3-4 巨人

G 000 200 011 4
S 100 100 100 3
高梨6,Hハフ2/3,Hマクガフ1/3,近藤1,●石山(1-2)1−中村
廣岡1号@(メルセデス)

▼データ
 ・今季ワースト借金18
 ・13カード連続負け越し
 ・山田哲:通算1000本安打(史上300人目)
山田哲が1000安打=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの山田哲人内野手は30日、巨人11回戦(秋田こまち)の一回にメルセデスから中前打を放ち、通算1000安打を達成した。プロ野球300人目。初安打は2012年4月5日の阪神2回戦(神宮)で榎田から。[ 6/30(日) 16:09配信 時事通信 ]


◆ポイント
 ・2回裏0死一二塁高梨投ゴ(犠打失敗)
 ・8回裏0死一塁山崎守妨(犠打失敗)
 ・9回裏0死一塁吉田投ゴ(犠打失敗)

ベンチの意思疎通不足で負けたという声もあるようだが,そうは思わない。
7回裏2死一二塁から代打雄平の右安で二走中山が生還し3-2と勝ち越し。続く打者マクガフはリードしたということでそのまま打席に向かうも,ベンチは代打荒木をコールしており認められなかったという場面。結果的にマクガフをワンポイントで降ろすことになり,8回表は準備不足の近藤が向かうと。でもイニング跨いでマクガフが抑えた保障も無いし,仮に9回表石山が抑えたとしても延長となれば,残り3イニングを蔵本・久保・梅野・風張で戦うのは正直厳しかったと思う。

いずれにしても負けに不思議の負けなし。15安打を放ちながら、残塁16という拙攻。

ポイントに挙げた3度の犠打場面。
 ・2回裏0死一二塁高梨。2死一二塁から山崎にヒットが出ただけに,送れていれば点が入った計算。
 ・8回裏0死一塁山崎。守備妨害を宣告されアウト。1死一塁から青木にヒットが出ただけに,送れていれば点が入った計算。
 ・9回裏0死一塁吉田。2死一塁から代打西田にヒットが出た。点差状況考えれば前進守備で田代といえども生還は出来なかった可能性は高いが,1死二塁であれば代打大引の打撃内容も変わっていたはず。

そして失点はエラー絡み。
 ・4回表1死二三塁。ビアヌエバの一飛を村上が落球。進塁意思のあったビアヌエバは辛うじてアウトに取ったが,三走岡本生還で同点。2死二三塁で重信を迎えれば無理して勝負にいったかどうか。ミスで状況を一変させた。
 ・8回表0死一二塁大城の犠打をこれまた村上の処理ミスで満塁に。0死満塁最初の打者若林を通常の守備体系で6−6−3の併殺に仕留めるも,その間に同点。リードの有無で守備体系も変わっただろうし,この1点に関してはこれで助かったとは思うが。

小川監督談話。「ヒットの割に点が取れなかった。あと一本と、バントだったり犠牲フライだったりが(できないのが)結果としてこうなっている」「ミス続きで失点している。こういう試合をしているようではダメ。勝てる試合も勝てなくなる」。
繰り返しになるがベンチのミスを認めない責任転嫁とは決して思わない。やるべきことをやらないから”野球”にすらならない。

6月終えての順位表
試合勝利敗戦引分勝率勝差得点失点本塁盗塁打率防御率
1位巨人7140301.571-3462849542.2623.65
2位広島7538343.5283.03003027149.2483.36
3位DeNA7335362.4932.52932928623.2463.68
3位阪神7535364.4930.02913095153.2493.44
5位中日7233390.4582.52782824439.2573.82
6位ヤクルト7628462.3786.03323988527.2384.73


■NEXT GAME
 広島(ジョンソン?)−東京ヤクルト(高橋?小川?)12回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・オールスター前9連戦は広島浜松ナゴヤドーム神宮と屋外7試合。昨年のこの時期は豪雨と用具が届かないで中止が相次ぐなどし,7月は未勝利のままオールスターを迎えたが。
秋田 ☔ | Comment(1) | SWALLOWS | at 20:12 | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

{東京ヤクルト 2-6 巨人

G 000 200 301 6
S 000 000 002 2
●石川(2-5)6,梅野1,蔵本1,久保1−中村
中山2号@(高木)

▼データ
 ・自力優勝可能性消滅
 
 ・15カード連続カード初戦黒星(令和時代2勝15敗)

◆ポイント
 ・4回表0死坂本勇二失
 ・7回表2死一二塁山口俊四球

12球団最速で自力優勝の可能性が消滅してしまいました。

3年ぶりの秋田開催試合。雨予報で開催が危ぶまれるも30分遅れでプレーボール。石川は2015年5月10日以来4年ぶり凱旋登板。

感じたのは野球というスポーツの一つのプレーによってガラリと変わる流れ。
4回表0死先頭坂本勇人のセカンドゴロ。なんでもない打球。土と人工芝の境目で打球が若干変化したことはゴールデングラブを狙う一流選手なのだから言い訳にならないでしょう。
1死無走者が0死一塁。丸がヒット。1死一塁が0死一二塁。岡本右飛は犠飛となる。2死一塁が1死一三塁。丸に二盗を許す。2死二塁が1死二三塁。ここで前進守備。陽は止めたバットに当たるも前進守備の山田の右を抜ける。2死二塁であれば当然チェンジの打球が2点タイムリーとなる。こういう流れ。

4回裏2死から村上中山の連続四球で中村。2球目明らかにボールゾーンをストライクと判定され結局三振。

石川は2点失うも,5回そして6回と踏ん張り,味方の援護を待つも7回表から梅野に交代となり2004年以来となる凱旋勝利はならず。

石川のあとを託された梅野。先頭若林に二塁打を浴びるも,代打阿部小林と打ち取って2死。打撃は良いとはいえどピッチャー山口を打ち取ればチェンジの場面で,四球を与え,亀井は三振に奪うも振り逃げで2死満塁。坂本勇人に押し出しを与え,丸のセカンドゴロを今日2個目。土と芝生のアンツーカー部分を後逸。まぁこれで勝負あった感。

22時が近くなり最後まで残ったファンに中山が一発を魅せてくれるも・・・突きつけられた現実にどう向かうべきか。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高梨)−巨人(メルセデス)11回戦 秋田こまち 13:00
 ・ファーム登板から中3日高梨
 ・ファームといえば明日は南魚沼ベーマガスタジアムで埼玉西武vs東京ヤクルトの試合が組まれているのですが・・・前売りも購入済なんですが・・・西浦川端畠山坂口上田といった面々が出場してもおかしくないのに・・・どう考えても中止( *`ω´)
秋田 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:34 | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

{東京ヤクルト 2-6 オリックス

O 300 020 010 6
S 000 000 110 2
●清水(0-2)4,梅野1,久保1,蔵本1,風張1,マクガフ1−中村
山田哲20号@(竹安)

▼データ
 ・対オリックス戦2年ぶり6度目負け越し,通算31勝27敗1分
 ・交流戦全日程終了:6勝12敗11位,通算161勝185敗8分
 ・吉田大成:プロ初出場,初安打[竹安],初打点[竹安]
 ・月曜日:2018年7月9日巨人戦(静岡)以来黒星

◆ポイント
 ・1回表2死一二塁後藤駿右3
 ・2回裏1死満塁奥村二併
 ・5回表1死一塁大城二ゴ(Wエラー)

昔の神宮球場というか,秋の消化試合というか・・そんな哀愁すら漂う球場の風景。
昨年と正反対。6勝12敗で交流戦終了。全カード1勝2敗ということで,これで12カード連続負け越し。借金は積み重なるばかり。

バレの一時離日で組まれたスタメンはC山田哲H田代G青木B村上F中山A中村D吉田E奥村@清水。ルーキー3人が名を連ね,田代は移籍後初スタメン。
昨日の今日で流れをという意味でも田代と奥村に期待したいところだったが・・・

1回表清水の立ち上がり。先頭打者本塁打は割り切って,2死から四球と安打で一二塁。後藤駿の当たり。中山なら三塁打でも仕方ないと思えたが,今日のライトは田代。上手いだけにフェンス際ジャンプ一番好捕してくれたら・・と思わず思ってしまった。

そして奥村。2回表1死満塁の好機に回るも4−6−3の併殺。そして5回表のWエラー。こういうところが一プロ野球選手としてレギュラーとサブとを分けてしまうのかも知れない。

逆に登録即スタメン起用の吉田大成。チーム状況もあったが,まず一軍登録されてすぐ試合に使ってもらう。それもスタメン。これすら難易度高いのに,最初の打席はキッチリボールを見極めて,第2打席はセンター後藤の好捕に阻まれるもいい飛球を飛ばし,第3打席で得点圏の場面で綺麗な流し打ちを決めプロ初安打初打点。第4打席も冷静にボールを見極め四球。
この内容なら次もスタメンそれもショートでということになるだろうし,逆に同じポジションの廣岡は代打起用でサードゴロに倒れ,次の打席で代打を起用される始末。これで完全に二人の入れ替えも決定打となったはず。

山田の本塁打は本日も空砲に終わり,ブルペンデーにマクガフ。4日間のインターバルをもってリーグ戦再開となります。。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)−巨人(山口)10回戦 秋田こまち 18:00
 ・首位巨人との直接対決から。1試合消化すると直接対決の残りは15。現時点で12.0差。5試合ヤクルトの方が消化が早い。ということで負ければ自力優勝可能性消滅です。続きを読む
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:47 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

{東京ヤクルト 6-2 千葉ロッテ

M 100 001 000 2
S 100 011 12x 6
○高橋(1-3)6,Hハフ1,Hマクガフ1,石山1−中村
バレンティン15号@(ボルシンガー)

▼データ
 ・千葉ロッテ戦全日程終了:通算29勝30敗0分


◆ポイント
 ・5回表0死一二塁ボルシンガー投ゴ,荻野二飛,鈴木一ゴ
 ・6回裏1死一三塁奥村投犠(スクイズ成功)

曇天ながら雨は降らず。選手もいつも通りの入り。
DSC00898.JPG
嬉しかった「130」の光景。山田西田が並んで入り。

いつものるーてぃんつばさま。
DSC00910.JPG
DSC00932.JPG
DSC00948.JPG
ダイヤのAコラボDAY
DSC00997.JPG

25ねんめのだいべてらん。つつつつーば九郎今日のひとこと
DSC00998.JPG
きょうのおーぷにんぐいろいろあってかおすじょうたいです
きょうのまーくんはひかえしつでちきんまっくなげっとたべてました
M☆splash!!のみなさんきょうもやみえいぎょうです
こうりゅうせんめいぶつ『そんたく』こーなー!!
まりーんずのみなさんいぐちかんとくをはじめ6だいがく.とうとだいがくしゅっしんが
おおいですよね〜。だいがくじたいをじんぐうですごしたみなさん
さいしゅうせんにあたり.かんしゃのきもちをみせてくれ!!!
DSC01008.JPG
SONTAKU『そんたく!』よ〜くかんがえよう!
もししてくれなかったらしあいちゅう.まーくんのひかえしつのえあこんを
だんぼうにきりかえます。
さすらいのぎゃんぶらーたからづかきねん
12→1.2.3.6しんじるしんじないはYouしだい

スタメン
DSC01017.JPG
C山田哲G青木FバレンティンD村上H中山A中村D宮本E奥村@高橋

今日も初回先頭荻野を出してから先制され,6回表勝ち越した直後の回に追いつかれるというよくみた流れ。
それでも泥臭さく小刻みに得点を重ねた。

先制された直後一振りで振り出しに戻してくれたバレンティン。明日から育児休暇。まずは何より母子の健康を。そしてリフレッシュして帰って来てください。
ヤクルトのバレンティンが一時離日=プロ野球
 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、夫人の出産に立ち会うため一時離日し、出場選手登録から外れることが23日、決まった。24日に自宅のある米国へ出発し、7月3日に再来日する。チームには同5日の中日戦(浜松)から合流する予定。バレンティンは「すごく楽しみだし、球団にも感謝している」と話した。[ 6/23(日) 18:46配信 時事通信 ]

3回裏0死一塁高橋の犠打安打から1死満塁の好機築くも無得点。

高橋課題の5回のマウンド。先頭岡に死球。さらに暴投四球で0死一二塁のピンチ招くも,自らの好フィールディングでボルシンガーの犠打を防ぎ,バッテリーが課題だった荻野鈴木コンビも打ち取った。これがひとつ高橋自身にとっても転機となれば。

5回裏2死から山田哲青木バレンティン3者連続四球で満塁。村上の打席で山田が判断よくホーム駆け抜け勝ち越し。高橋に勝ち権利発生し,6回もマウンドへ。
しかしまたもや先頭死球からヒットでつながれ,1死一三塁から犠飛で追いつかれる。ホーム返球を完全に見透かされたか?一走レアードもタッチアップ成功。2死二塁一打逆転の場面を食い止めた高橋。イニングを投げきったことで,こうして勝ちがついた。

勝ち越し打は奥村のスクイズ。1死一三塁。カウント3―1。ベンチも勇気がいる場面。失敗したらまた首脳陣が批判される場面。身体を張って転がしてくれた。

ここからは終始ヤクルトペースだったかなあ。
7回表ハフ。2死一塁から荻野の盗塁。リクエストで判定覆りアウト。
7回裏0死満塁から村上。逆方向に流してタイムリー。
8回裏にも2死満塁からバレンティンに代わって守備に就いた田代が2点タイムリーでつなぎ,村上に11球団本塁打への挑戦機会を与えたが・・・野球の神様はまだ早い。もっともっと精進しろと試練を与えたか。また来年以降に持ち越しとなりました。

最終回はセーブシチュエーションでは無くなったが,予定通り石山。現地夢色傘はやはり格別。
LAST3
DSC01134.JPG
LAST2
DSC01140.JPG
LAST1
DSC01141.JPG
WIN
DSC01144.JPG
DSC01149.JPG

お立ち台は今季初勝利高橋。最前列のご褒美ハイタッチを味わいながらのインタビューはまた格別。
DSC01158.JPG
DSC01166.JPG
勝利の関東一本締め。
DSC01171.JPG
最終スコア。
DSC01175.JPG

■NEXT GAME
DSC01092.JPG
 東京ヤクルト(清水)―オリックス(竹安)最終戦
 ・振替試合で平日オリックス戦。観客10,000人の大台乗るか
 ・勝てばカード勝ち越し
 ・【朗報】ロメロ登録抹消
ロメロ、右脇腹痛め抹消=プロ野球・オリックス
 オリックスのステフェン・ロメロ外野手は23日、右腹斜筋の炎症のため出場選手登録を抹消された。21日の広島戦(マツダ)で右脇腹付近を痛め、翌22日に広島市内の病院で検査を受け診断された。
 来日3年目の今季は36試合に出場し、打率2割7分、8本塁打、25打点。[ 6/23(日) 14:48配信 時事通信 ]


おまけ。5周年を迎えたトルさま。
DSC01045.JPG
東京 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:50 | 更新情報をチェックする