2019年09月21日

{東京ヤクルト 2-14 中日 館山昌平畠山和洋引退試合

D 105 022 004 14
S 000 110 000 2
館山1/3,●清水(0-3)22/3,大下2,坂本2,平井1,近藤1−松本直
村上36号@(柳)

▼データ
 ・対中日戦負け越し確定
 ・全11球団負け越し(プロ野球史上初)
 ・村上:36号(中西太氏に並び高卒2点目以内最多記録)
ヤクルトの村上が年間36本塁打=高卒2年目以内で最多タイ−プロ野球
 ヤクルトの村上宗隆内野手(19)は21日、中日24回戦(神宮)の四回にソロ本塁打を放ち、高校卒業から2年目以内ではプロ野球史上最多に並ぶシーズン36本塁打を達成した。1953年の中西太(西鉄)以来で66年ぶり。
 村上は熊本・九州学院高からドラフト1位で昨季入団。今月4日には86年の清原和博(西武)の31本を抜き、10代最多の年間本塁打を記録した。[ 9/21(土) 20:18配信 時事通信 ]


◆ポイント
 ・1回表0死大島二ゴ
 ・6回表1死一塁柳犠打
 ・6回裏0死代打畠山右安
 ・試合終了後中日ヒーローインタビューを待ってからセレモニー

今季16度目の10桁失点で80敗到達。出る投手出る投手が失点し,試合内容なんて全く無いに等しかった。

デーゲームで甲子園で広島が敗れ試合前の時点で3位と2.0差。明日から直接対決2連戦を控えた中日。逆転で7年ぶりのクライマックス進出という目標のあるチーム。8対2と6点リードの6回表1死一塁で柳に犠打を指示。その柳がきっちり犠打を決め,2死二塁から大島京田と連続タイムリー。これが野球。せめてもの救いは村上の本塁打。

DSC03067.JPG
14対2中日の圧勝で試合終了。
これがハマスタなりマツダだとヒーローインタビューはベンチ裏送りでもおかしくないのに,ビジョンにきっちり流し,選手の引き上げと応援団の1―9をすべて待ってからのセレモニー。もちろん準備なんてマイクくらいで軽微なもの。始めようと思えばいつだって始められたはず。それでも相手チームに最大限の敬意を払うヤクルト球団。そしてその流れでほとんど席を立たないドラゴンズファン。この光景を目の当たりにして,試合内容なんてちっぽけなことどうでもよくなっちゃった。ほんと温かい気持ちになれました。ドラゴンズファン本当にありがとうございました。


DSC03051.JPG
大学野球が延びて試合開始は18:15に。
日が暮れるのも早くなり,選手の入り〜アップの時間はもう真っ暗。
DSC02827.JPG
ベンチ前には畠。外野でキャッチボール肩を温めるタテ。もうこのあたりただ見てるだけなのに涙。当たり前の練習光景が当たり前じゃなくなるんだなと。。

DSC02861.JPG
25ねんめのだいべてらんつば九郎きょうのひとこと。
きょうはたて&はたけのさいごのしあいです。
ふたりともながいあいだいっしょにたたかってきたなかまです
しあいにかってえがおでおくりだしたいね。
さいごにいつものやっちゃいましょう!!
こんなたてやましょうへいはいやだ。
あすからなまえがよこやましょうへいになる。
せんぱつなのでこのへんにして〜
こんなはたけやまかずひろはいやだ。
れんしゅうがだいすきだ。
はやでいのこりれんしゅうをかかさない。
おさけぎゃんぶるをいっさいやらない。
きょうのだせきおおなきでだせきにたつ。
そんなふたりがだいすきです!!ぱとろーるまってます
DSC02876.JPG

スタメン
DSC02900.JPG
H塩見G青木C山田哲FバレンティンB村上E廣岡D太田A松本直@館山

パトリックさんの「9番ピッチャー館山昌平」コール
DSC02894.JPG
そんな館山はキャッチボール終えてブルペンへ。
DSC02916.JPG
ほかの投手はパーカー羽織って座ってるのに,平井だけユニフォーム姿で腕を前に組んで直立不動でタテを見つめてるの。このシーンにグッとこみ上げてくるものがあって,涙が止まらなくなりました(文章に書き起こしている今も涙が出てくるくらい)。
2014年。同じ時期に手術リハビリして,投げられる状態にすらないシーズン中に燕市に来て。その姿知ってるからもう・・・思い出しちゃって。。

投球は一人限定。
DSC02938.JPG
小川監督からは通算1000奪三振の記録もあるし長いイニングを提案されたらしいが,後身のためにと固辞したという。
そして小川さん自らマウンドへ。さらにバトンを受け取る清水を待つタテ。荒木投手コーチ時代の光景。このシーン好きなんだけどなぁ。。
DSC02950.JPG
館山から託された背番号17清水。館山だって一年目未勝利。二年目登板0だったから,昨日の結果でどうのこうのは無いけれど,この思いを忘れず自身も結果残して華々しく送られるレベルのピッチャーになってくださいね。

畠山。5回裏塩見の足(暴投悪送球間に一気に三進)青木左方向芸術的タイムリーで1点還しなお1死一塁山田哲のネクストにバット持って登場。しかし山田併殺でチェンジ。
DSC02988.JPG
DSC02993.JPG
最後は4番でという小川監督の配慮。6回裏先頭打者バレンティンの代打で登場。これまた当たり前のように流れていた黄金魂。この構え。ボール球には手を出さない選球眼。最後は右方向にポトりと落として代走中山と交代。足が万全ならファーストの守備も見たかったけれど…もうそこには村上が立ちはだかっているから。。

セレモニー
DSC03011.JPG

DSC03020.JPG
「スワローズに入団し、社会人として、プロ野球選手として未熟だった私をここまで育てていただいた小川淳司監督。一軍に試合に出場し始めたころ練習への姿勢であったり、私生活を指導していただいた宮本慎也ヘッドコーチ。4番打者として使っていただき、リーグ優勝へ導いてくれた真中満前監督。共に笑い共に戦ってきた、よき仲間であり最高のチームメイト」「今年、私は戸田の方で若い選手と一緒に汗を流してきました。今の若い選手は本当に有望な選手がたくさんいます。この若い世代の選手たちが近い将来必ずスワローズを再びリーグ優勝に導いてくれると確信しています」「スワローズの一員としてファンの皆さまと19年間、戦えてきたことは僕の誇りであり宝物です」

「17年間、1つのアウトを取るために、チームのために全力で腕を振ってきた。相手をあざむくことなく真っ向勝負を続けられのは自分の誇り。失敗もたくさんありましたが、ファンのみなさんの前でのインタビューや声援を受けたことは自分の宝もの」
DSC03026.JPG
「そして、石川さん」「プロ入り前から背中を追いかけてきて、距離を縮めることすらできませんでした。石川さんがいなければ、僕の成績はありませんでした。これからも、後輩の高い目標であり続けてください」
「神宮でヒーローインタビューを何度も受けたことは、自分の宝物です。仲間と家族の支えがあって、今日、引退します。幸せです。17年間、ありがとうございました」
DSC03032.JPG
DSC03039.JPG

DSC03054.JPG
DSC03057.JPG

ホーム中日戦全日程終了(5勝8敗)
4.518:0129,2863:478-7小川5,ハフ11/3,マクガフ2/3,○五十嵐(1-0)1,S石山(3)1−中村,松本直祖父江
バレンティン1号@(又吉)西浦1号@(又吉)
4.614:0028,1654:194x-3石川60/3,H梅野1,H近藤1,石山1,H大下1,H風張1,○ハフ(1-0)1−中村小熊
中村1号@(吉見)青木2号@代打サヨナラ(小熊)
4.713:0030,2822:371-3●高梨(1-1)6,大下1,マクガフ1,梅野1−松本直,中村
雄平2号@(柳)
5.2418:0124,5743:451-6●小川(1-6)6,五十嵐1,中尾1,風張1−中村勝野
バレンティン11号@(勝野)
5.2518:0127,6973:493-10●石川(1-3)4,近藤1,ハフ1,マクガフ12/3,風張1/3,梅野1−中村
青木7号@(柳)山田哲10号@(柳)太田2号@(マルティネス)
5.2618:0022,0453:338-10●高梨(4-4)5,五十嵐1,近藤1,マクガフ1,梅野1−中村小熊
青木8号@(清水)山田哲11号@(清水)バレンティン12号@(清水)
8.218:0029,9733:184-5清水3,星3,H近藤1,Hハフ1,●マクガフ(4-2)1−中村ロドリゲス
バレンティン22号@(柳)山田哲25号@(柳)
8.318:0030,5383:234-6●小川(3-10)62/3,梅野1/3,五十嵐1,平井1−中村祖父江
山田哲26号@(山井)村上22号A(山井)廣岡3号@(福)
8.418:0028,6042:577-2○高橋(3-4)6,近藤1,ハフ1,マクガフ1−中村笠原
村上23号@(笠原)青木14号@(三ツ間)
8.1618:0029,3283:232-4●小川(3-11)5,五十嵐1,近藤1,星1,梅野1−西田,中村三ツ間
廣岡6号@(ロメロ)
8.1718:0029,9443:177-5平井2,○星(1-1)2,H梅野1,H五十嵐1,H近藤1,Hマクガフ1,Sハフ(2)1−中村
村上27号@(柳)28号@(柳)雄平9号@(福)
8.1818:0027,0672:553-2○ブキャナン(3-6)8,Sハフ(3)1−中村山本
9.2118:1630,5133:084-12館山1/3,●清水(0-3)22/3,大下2,坂本2,平井1,近藤1− 松本
村上36号@(柳)

青木の延長12回裏代打サヨナラ本塁打と館山・畠山引退試合。
五十嵐:2009年10月7日横浜戦(神宮)以来の勝ち投手,石川:18年連続安打,高橋:プロ初打点。

■NEXT GAME
東京ヤクルト(石川)‐巨人(桜井)23回戦 神宮 18:00
DSC02983.JPG
 ・17時開始横浜スタジアムで9回までビハインドだった巨人が延長の末5年ぶり優勝を決めてくださり,2年連続の目前胴上げは免れました。
 ・そしてそれを待って満を持して三輪正義引退試合に。
兵庫 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

{東京ヤクルト 8-0 阪神

S 100 040 201 8
T 000 000 000 0
塩見1号A(高橋遥)バレンティン33号A(高橋遥)
○小川(5-12)9ー松本直

▼データ
 ・対阪神戦全日程終了:9勝14敗2分
 ・塩見:プロ初本塁打[高橋遥],プロ初猛打賞
 ・小川:2017年4月22日広島戦(神宮)以来※7回,2016年8月31日巨人戦(富山)以来9回完封勝利

◆ポイント
 ・1回表0死廣岡三振(10球粘る)
 ・5回表2死無走者廣岡中2(8球目)

先制・中押し・ダメ押し。さらに足を絡めてダメのダメ押し。
投げては小川がチーム138試合目にしてチーム=すなわち令和時代初となる完封(零封は6月3日日本ハム戦(札幌ド)小川ー梅野以来)。小川自身2年ぶり。9回投げ切っては3年ぶりの完封。
順位が決まってのびのびのスワローズ野球。

対高橋遥。ちょうど一週間前のリプレイを見るかのような山田のレフト線への二塁打で先制。

中押しは5回表2死無走者から。廣岡が第1打席に続き粘りを見せ8球目をライトへの二塁打。塩見が風にも乗せたかセンターバックスクリーン右へプロ初本塁打。これで気落ちしたか高橋遥。山田に四球を与え,今度はバレが打った瞬間これは力でセンターバックスクリーン左へ。2ラン2発で4点。廣岡の粘りが生んだ4点とも言えようか。

ダメ押しは7回表。2死二三塁から村上申告敬遠で満塁。ここで中山がこれも力か。レフト前にポトリと落として2者生還。

9回表は塩見の足。先頭四球で出て,一ゴ間に二進。山崎内野安打となり一三塁。原口が逸らす間に山崎二進。1死二三塁で前進守備のタイガース。しかしそれをものともせずゴロゴーの塩見。村上のセカンドゴロ間に悠々生還。村上に打点がついた。それでも1つアウトは取れるのが阪神の前進守備という…ゴニョゴニョ。。

小川は145球の投球内容。中7日空いていたとはいえ,最終回良く投げさせたなぁと。これもシーズン終盤だから成せる業か。味方の守備に引っ張られた感もあるが,最後は小川らしい意志のある粘りの投球。来週が最終登板となるだろう。いい形で終わってほしいもの。

青木雄平お休み。バレンティン山田は途中交代と起用法は完全にオープン戦状態。ぬか喜びは禁物。

ビジター阪神戦全日程終了(4勝9敗)
3.2918:0135,8203:291-2x小川7,H近藤1,Hハフ1,H梅野1,●石山(0-1)1/3−中村桑原
3.3014:0036,0883:020-1●石川(0-1)5,マクガフ1,五十嵐1,大下1−中村岩貞
3.3114:0036,0512:582-1○高梨(1-0)6,H梅野1,H近藤1,S石山(1)1−松本直,中村西
5.2118:0042,1892:572-3●原(2-4)6,ハフ1,マクガフ1−中村青柳
村上12号@(能見)
5.2218:0033,4623:252-3高橋5,H近藤1,●ハフ(1-1)1,五十嵐1−中村藤川
バレンティン10号@(岩田)
5.2318:0041,1793:270-1xブキャナン6,H近藤2/3,Hハフ2/3,●マクガフ(2-1)1−中村ドリス
7.1918:10雨天のため中止→振替日:9.19
7.2018:0246,7473:143-4x小川71/3,近藤2/3,●ハフ(1-2)2/3−中村ドリス
7.2118:0146,7302:482-5●山中(0-2)5,梅野1,近藤1,五十嵐2/3,大下1/3−中村西
バレンティン17号@(西)
9.1018:0037,6064:035-4高橋3,高梨2,Hハフ1,H梅野2,○石山(2-2)1,Sマクガフ(9)1−中村ドリス
バレンティン31号@(秋山)
9.1119:0737,4973:173-10●小川(4-12)5,坂本2,平井1−松本直青柳
村上33号@(青柳)
9.1218:0040,7013:4012-2○山田大(5-4)62/3,石山1/3,大下2−中村,松本直高橋遥
バレンティン32号A(高橋遥)
9.1818:0041,8393:332-3ブキャナン6,●ハフ(1-5)1,坂本1−松本直岩崎
9.1918:0036,7323:278-0○小川(5-12)9−松本直高橋遥
塩見1号A(高橋遥)バレンティン33号A(高橋遥)

開幕戦は延長サヨナラ負け。2戦目はスミ1完封負けで連敗スタート。3戦目。坂口が島本から左手に死球を受け,坂口は結局ほぼフルシーズンを棒に振るうことに。当てた島本は60試合に登板し防御率1.77(9月19日現在)と安定感抜群の一年に。
16連敗の6~8連敗が甲子園。いずれも1点差での競り負け。ここで1つでも勝っていれば,またチームも違った方向に向かったことだろう。歯車を修正するべきところで出来なかった甲子園。今季の甲子園初勝利は9月に入ってからだった。

村上:高卒2年目野手開幕スタメン(55年ぶり6人目・球団最速タイ)から始まった伝説。173三振(2004年岩村明憲と並び球団記録,日本人最多記録タイ,歴代5位)。青木:NPB通算1500安打(史上126人目),塩見:プロ初本塁打[高橋遥]。
小川淳司監督,宮本慎也ヘッドコーチ退団発表と最下位確定もこの甲子園での出来事だった。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)ー中日(大野雄)最終戦 神宮 18:00
 ・館山昌平畠山和洋引退試合
 ・ノーヒッターから中6日大野雄大が有力か
 ・とにかく心配なお天気。タテとは切っても切り離せないのは怪我と雨とはいえ・・・せっかくチケット取れたんだからなんとか最後の雄姿を見たい!
兵庫 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:21 | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

{東京ヤクルト 2-3 阪神

S 000 002 000 2
T 000 100 20x 3
ブキャナン6,●ハフ(1-5)1,坂本1−松本直

▼データ
 ・2017年以来2年ぶり最下位確定

◆ポイント
 ・1回表0死一塁山崎投犠
 ・7回裏2死一二塁大山左安
 ・9回表0死一三塁山田二盗塁死

中日が勝利した時点で最下位が確定。セ・リーグにもクライマックスシリーズが導入された2007年に21年ぶりに最下位に沈んだヤクルト。そこから13年で5回目の最下位。ここ7年で4回目の最下位。

今日も青柳対策で山田バレンティンスタベン。
D太田G山崎F青木H雄平B村上D吉田F奥村A松本直@ブキャナン

初回先頭太田が四球で出塁。青柳に相性の良い山崎に犠打を指示したベンチ。山崎は見事に犠打を決め1死二塁の形を作ったわけだが,結果的にはこれで青柳を楽にさせてしまったのではないかと。
100球近くなったところで,吉田・奥村と連続タイムリーで攻略。
奥村は失策を取り返す一打。一方で吉田は決勝打となる大山の打球を土のグランドで軽率にいって後ろに逸らした感。身体で止めていれば2死満塁で梅野を迎えたような・・。このあたりがまだ未熟な面なのか。

河田コーチの制止無視事件以来一軍復帰登板となったブキャナン。毎回走者を出しながらもいわゆる要所を締めるピッチング。6回106球勝利投手の権利をもって降板。しかしハフに勝ち星を消される形に。

1点差で9回表。先頭荒木が二塁打。山田が四球で0死一三塁。ここで一走山田が盗塁失敗。これで3連続盗塁死。順位も決まってタイトル狙いで走ることは仕方ないことだけれど,本当に”野球”というチームプレーをするのなら,荒木と重盗仕掛けるなり,走ると見せかけてプレッシャーかけたり。そういう”駆け引き”を見たい。
0死一三塁と1死三塁では大違い。山崎三振。代打バレ右飛でゲームセット。

村上と新人王を争う近本に猛打賞で長嶋茂雄氏のもつ新人安打記録を許し,山田と盗塁王を争うのに盗塁を許して単独トップに。敵は身内にあり。タイトル争いはますます混戦に。

■NEXT GAME
 阪神(高橋遥)ー東京ヤクルト(小川)最終戦 甲子園 18:00
 ・阪神最終戦
兵庫 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:02 | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

寺原と三輪が引退へ=プロ野球・ヤクルト

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は球団を通じ「1年でも長く野球をやりたかった私にチャンスをくれて感謝しかない」との談話を出した。
 寺原は宮崎・日南学園高からドラフト1巡目で2002年にダイエー(現ソフトバンク)入り。4度目の移籍で今季からヤクルトでプレー。通算成績は303試合に投げて73勝81敗23セーブ、防御率3.88。
 三輪は大学生・社会人ドラフト6巡目で08年にヤクルト入団。通算成績は418試合に出場し、打率2割3分6厘、0本塁打、16打点。(記録は17日現在)。[ 9/17(火) 15:28配信 時事通信 ]

60.三輪正義(2008-2019)
プロ通算62安打。16打点。本塁打0―。
成績だけみればすでにこの時点で村上宗隆に遠く及ばない。しかし数字ではない記憶に残る選手。それが三輪正義という選手。

四国アイランドリーグ香川から2007年ドラフト6巡目指名。ドラフト前の松山秋季キャンプで四国アイランドリーグ選抜との練習試合があり,当時の高田繁新監督の掲げるスモールベースボールに合致するということから指名に至ったとか。

入団一年目2008年はイースタン・リーグで80試合出場。リーグ2位となる24盗塁を記録。

2年目の2009年6月26日に川本良平に代わってプロ初の一軍選手登録されるも翌27日に野口祥順と入れ替えで抹消。7月9日に野口に代わって再登録。7月10日横浜戦(神宮)で松元ユウイチの代走でプロ初出場。16日に抹消され以降一軍出場無し。イースタンリーグでは盗塁王(36盗塁),最高出塁率(.397)の二冠。打率もリーグ3位の.321。秋季教育リーグに帯同していたが,クライマックスシリーズ第3戦で野口のインフルエンザが判明。急遽一軍に昇格し,代走出場した。

3年目を迎えた2010年。オープン戦から一軍に昇格すると,そのまま自身初の開幕一軍入り。4月9日阪神戦(甲子園)1番レフトでプロ初スタメン。第1打席で安藤優也からプロ初安打。しかし10試合の出場で4月28日に登録抹消された。

4年目で自身初浦添キャンプスタートとなった2011年。54試合に出場。うちスタメン出場は1試合。東日本大震災の影響から3時間30分ルールが設けられたこともあり,試合終盤の代走の切り札としての出場が増えた。ほぼフルシーズンに一軍帯同。守備ではレフト,センター,ライトと外野全ポジションのほか,サード,セカンドも守った。

2012年は前年同様3時間30分ルールもあって,2011年を上回る65試合に出場。代走,守備固めを託された。

2013年の春先ファームの練習試合では捕手での起用。自身4年ぶりに開幕一軍こそ逃したが,4月12日に一軍登録されると,4月17日中日戦(神宮)でプロ初の一塁の守備に就くなど,ユーティリティーさにさらに磨きがかかった。4月25日広島戦(神宮)で菊池原毅からサヨナラ安打。これが三輪にとってプロ初打点だった。

2014年。チームは春先から低迷。三輪の出場も32試合に留まった。チームが低迷するとどうしてもこういうプレーヤーの枠がまず削られてしまうのだ。

それが裏付けられる形となった2015年。自己最多となる87試合に出場。20安打,7打点はいずれも自身最多。プロ初の三塁打も2本放った。日本シリーズ第4戦にも出場。ベンチに三輪がいることで,終盤競った試合の選手起用のバリエーションが増えるのだ。万が一のことがあっても三輪がいるからということでベンチの傭兵を惜しみなく使える安心感。

2016年6月26日中日戦(神宮)。4-4の延長11回1死満塁の場面で比屋根渉の代打で登場。自身3年ぶり2度目となるサヨナラ安打を放ちお立ち台に。この日はローガン・オンドルセクが比屋根の失策に対し怒りを爆発させた試合。

2017年の出場試合は16。三輪を使いこなせないすなわちチームは低迷。

2018年7月30日国内フリーエージェント資格を取得。これは独立リーグ出身選手では初となった。8月4日阪神戦(京セラドーム)。延長11回表に9-8と勝ち越して,その裏レフトの守備に就いた三輪。しかし三輪が打球を後逸しサヨナラ負け。石山泰稚にこの年初めて負けがついた。ネットでは三輪の守備に辛辣な言葉もあった。それから10日後の8月14日巨人戦(神宮)。1点を追う9回裏0死一二塁の場面で代打を告げられ,見事犠打を決め,チームは川端慎吾のタイムリーで逆転サヨナラ勝ち。三輪の犠打が勝利を呼び寄せた。犠打で感動するなんてシーンはこの試合以外記憶にないくらいだ。

2019年は一軍昇格ないまま,現役引退を表明。春季練習試合では野手に故障者が多くスタメンを組むのがやっとの状態。三輪は内外野どこでも守った。そして気がつけば後身に熱心に犠打を教える機会も増えていたという。

「12年もできるとは思っていなかった。入ったときは2、3年で終わると思っていたので。使ってくれた首脳陣に感謝したいです。(15年に)リーグ優勝を決めた試合に出場できたことが思い出です」
皆が優勝できたことを思い出としてユニフォームを脱ぐ。やはり優勝というのはプロ野球選手にとってかけがえのないものなのだと改めて感じる。

記録
 ・初出場:2009年7月10日横浜戦(神宮)松元ユウイチの代走
 ・初盗塁:2010年4月3日横浜戦(神宮)[山口俊-橋本将]
 ・初先発:2010年4月9日阪神戦(甲子園)
 ・初打席・初安打:2010年4月9日阪神戦(甲子園)[安藤優也]
 ・初打点:2013年4月25日広島戦(神宮)[菊地原毅]

記憶
もし三輪が落合中日,原巨人,もしくはソフトバンクという常勝軍団のピースであったら,もっともっと重宝されたスーパーバイブルプレーヤーになっていたのではないかとすら思う。あるいは時代が違って野村ヤクルトだったら,ノムさんはどんな起用をしただろうか。

秀でた犠打の技術。走塁技術。声出し。ムードメーカー。そしていじられキャラ。雨天中止時のヘッドスライディング。ファン感謝DAYのキスシーン。
勝利と言う名の正義の為に駆けぬけてくれた12年間。ありがとうございました。
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:17 | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

{東京ヤクルト 6-4 広島

S 011 102 010 6
C 100 000 301 4
○高橋(4-6)61/3,梅野2/3,Hハフ1,Sマクガフ(11)1ー松本直
廣岡9号@(大瀬良)村上34号@(大瀬良)35号@(中村)中山5号A(大瀬良)

▼データ
 ・対広島戦全日程終了:13勝12敗
 ・対大瀬良:12連敗でストップ。プロ初白星。

◆ポイント
 ・7回裏1死二三塁長野中飛(タッチアップさせず)會澤遊ゴ
 ・8回表0死村上左本

22歳廣岡,19歳村上,23歳中山と若き長距離砲の4発でついに大瀬良にプロ入り初めて対ヤクルト戦での黒星をつけた!

廣岡は今日も右方向流して。村上は左中間一番深いところ。中山は引っ張ってレフトへ。締めは豪快に村上今日2本目は逆方向ポール際。
守備ではファンブルだったり送球だったり課題はあるんだろうけど,それを取り返したということで。
マルチの中山はこれでマツダスタジアムで17打数6安打3本塁打。この球場を苦にしない世代の選手が出てきたら頼もしい。

高橋は3回以外毎回走者背負う投球。それでも初回の失点のみで7回裏もマウンドへ。先頭メヒアに一発を浴び,1死から連続四球。120球を超えながら,ベンチはあと一人左の松山までを選択。結果123球目をライトにタイムリー二塁打を浴びての降板も,これは納得の継投でしょう。中5日で120球のスタミナ。これ以上の続投はこのご時世微妙なライン。
打っても甲子園での走者一掃二塁打に続き,本日もマルチで打率.200到達。

22歳高橋が招いた1死二三塁のピンチを長野中飛。會澤翼遊ゴと無失点で切り抜けたのは20歳梅野。そしてこの流れのまま村上に一発。大きな大きな意味をもつ1点。

若い世代が文字通り躍動。それでもこの時期この順位での試合はオープン戦と一緒。生きたゲームで結果を出さないと本当の意味で成長しないなんて解説諸氏は仰れるのも実情。

ビジター広島戦全日程終了(9勝4敗)
4.918:0030,8873:1910-1○原(1-0)8,大下1−中村ジョンソン
村上2号@(ジョンソン)
4.1018:0030,7404:2915-3ブキャナン5,Hハフ1,H梅野1,H近藤1,○マクガフ(1-0)1,五十嵐1−中村中崎
4.1118:0130,9033:226-2○寺原(1-0)52/3,Hマクガフ11/3,近藤1,石山1−中村岡田
5.1418:0031,3803:424-9●原(2-3)42/3,ハフ1/3,大下11/3,中尾2/3,風張1−中村,松本直レグナルト
5.1518:0131,5574:247-9xスアレス1,H大下1,Hマクガフ3,Hハフ1,近藤1,五十嵐1,梅野1,●中尾(0-1)1/3−中村中崎
7.218:0032,1853:193-1○小川(3-8)7,Hマクガフ1,S石山(10)1−中村九里
中山3号@(九里)大村1号@(島内)
7.318:0031,1503:026-2○寺原(2-1)5,近藤1,ハフ1,マクガフ1,石山1−中村ローレンス
村上20号C(ローレンス)
7.418:0131,3303:237-2○高橋(2-3)6,Hハフ1,H近藤1,五十嵐1/3,Sマクガフ(1)2/3−中村ジョンソン
中山3号B(ジョンソン)
8.2018:0031,2873:588-9x高橋5,五十嵐1,星1,Hマクガフ1,●ハフ(1-3)2/3,近藤0/3−中村今村
バレンティン26号A(ジョンソン)山田哲31号A(中村恭)雄平10号A(今村)
8.2118:0031,5133:334-5石川42/3,H平井1/3,H梅野1,H近藤1,●ハフ(1-4)1−中村遠藤
村上29号A(野村)
8.2218:0131,4402:568-4○小川(4-11)6,近藤1/3−中村山口
村上30号@(山口)
9.1518:0032,3923:428-7○田川(1-1)52/3,ハフ1/3,石山1,H梅野1,Sマクガフ(10)1−松本直塹江
雄平12号A(塹江)廣岡7号A(塹江)8号B(レグナルト)
9.1614:0031,5413:106-4○高橋(4-6)61/3,H梅野2/3,Hハフ1,Sマクガフ(11)1−松本直大瀬良
廣岡9号@(大瀬良)村上34号@(大瀬良)35号@(中村)中山5号A(大瀬良)

ここ数年最大の鬼門だったマツダスタジアム。同一カード3連勝が2度など実に7年ぶりに勝ち越し。

過去3年間で7勝しかできなかったこの球場で開業以来最多となる年間9勝。負けた試合もいわゆる先発に負けがついたのは5月14日(原)のみで,残り3試合はいずれも終盤までリードor同点という試合内容だった。ただ16連敗の元凶となった5月16日・・。

4月11日には2015年終了時以来となる単独首位に浮上した。
マクガフ:来日初勝利,大村:プロ初本塁打[島内],吉田:プロ初盗塁,マクガフ:来日初,セーブ田川:プロ初勝利。
村上:球団史上最年少満塁本塁打,高卒2年目20号(プロ野球史上5人目)&30号(1953年中西太,1986年清原和博に次ぎ史上3人目)の節目の本塁打。山田哲:32連続盗塁成功(福田秀平に並び日本記録タイ)。

たらればは禁物だが,昨年マツダスタジアムの成績がもし6勝6敗であったならば,ヤクルト79勝62敗2分,広島78勝63敗2分となりヤクルトが優勝していた星勘定になるくらいなのだ。。もし昨年マツダスタジアムを苦にしない寺原と中山がいてくれたら・・・
ヤクルトの寺原が現役引退へ 4球団でプレー
 ヤクルトの寺原隼人投手(35)が今季限りでの現役引退を決意したことが16日、球団関係者の話で分かった。昨オフにソフトバンクを自由契約となり、今季からヤクルトに加入。開幕ローテーション入りしたが、7月3日の登板を最後に1軍では登板がなく、球団の来季の戦力構想から外れた。今季は4試合に登板して2勝1敗、防御率6.19だった。
 寺原は宮崎・日南学園高時代の2001年に球速158キロを計測するなど夏の甲子園大会を沸かせ、02年にドラフト1巡目でダイエーに入団。07年から横浜、オリックスを経て13年にソフトバンクに復帰し、今季からヤクルトに加入した。[ 9/16(月) 13:18配信 共同通信 ]

35.寺原隼人(2019)
ソフトバンクを自由契約となり,4球団目。開幕ローテーションを勝ち取り,チーム6試合目となる4月4日DeNA戦(神宮)で先発。4月11日広島戦(マツダ)でソフトバンク時代の2017年5月7日ロッテ戦以来704日ぶりの白星。以降間隔を空けながら7月3日広島戦(マツダ)でも先発勝利。
しかしオールスター明けからは二軍調整となっており,9月11日巨人戦(戸田)では1回途中4失点KO。家族を福岡に残し単身で挑んだシーズンだったが,18年間のプロ生活に幕を下ろす決断をしたようだ。

■NEXT GAME
 阪神(青柳)−東京ヤクルト(小川)24回戦 甲子園 18:00
 ・甲子園ラスト2試合
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 17:51 | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

{東京ヤクルト 8-7 広島 & スワローズライスファームプロジェクト2019稲刈り

8月3日燕市DAYでは9月16日と予告されていたものが15日に変更となり,さらに当初15:15~と予定されていた稲刈りが,開催2日前になって13:40~と”おとなのじじょう”で再変更に。
なんでも「あすは、ぽんぎほうめんでいべんとです。」だそうで,今日はつばめなのにとんぼ帰りの様子で,いそがしやえがし。それでもご多忙の中こうしておそらく今年最初で最後の燕市に足を運んでくださってありがとうございますm(__)m。

13:15~つば九郎さんぽ(出店ブース)
3連休の中日。遠くは広島。さらに仙台,福井,群馬,東京ナンバーの車が市役所駐車場に集い,すでにエントランスは大混雑。つばさま登場も物販ブースにサインがやっと。早々に諦めて出待ちに切り替え。すると・・・!
DSC02426.JPG
大好物のお車での移動シーンに遭遇!このすっぽり収まるサイズ感と,足を上げて移動するシーンがたまらんち!!

13:30〜13:35  オープニング(庁舎南側田んぼ)
取り囲むように列ができ「みせものではありません」
DSC02459.JPG
鈴木市長とは1年ぶりの再開。お得意の”いねはかってもおやじはかるな”の挨拶も無し。とにかくじゅるすけぱんぱんと強調されておりました。
DSC02514.JPG
ゲストは小早川毅彦氏。ヤクルトでは1997~99年の3年間ちーむめいとでした。
DSC02470.JPG
DSC02525.JPG

13:35〜13:40  記念撮影(庁舎南側田んぼ)
DSC02577.JPG
13:40〜14:20  稲刈り体験  
田植えをした日には貯金5の2位だったはずなのにどうしてこうなったと・・実った稲に思いを馳せつつも,陣頭指揮のつばさま。  
DSC02592.JPG

14:20〜15:00  つば九郎と記念撮影会(稲刈り参加者のみ)
参加者特典の記念撮影はざっと200名くらい?!真夏の暑さは和らいだとはいえど晴天の炎天下の中特製の鎌を片手羽に対応してくださって感謝感謝。
DSC02651.JPG
DSC02647.JPG
DSC02660.JPG
お子さまに泣かれて思わず涙のつばさま。本当に表情豊か。
DSC02666.JPG

休憩無しで対応を終えてこれにてどろん。
DSC02703.JPG

15:00〜16:00  小早川毅彦氏トークショー/MC:いっすねー山脇&チカコホンマ
DSC02720.JPG
DSC02734.JPG
中学まで広島で育ち,PL学園に進学。この辺の話は省略します。ヤクルト移籍前後のお話を。

ヤクルト移籍前年の8月に広島球団から来季は選手としては契約しないと言われた。それでもまだ出来る,まだやれるという気持ちが強かった。そうしたら広島球団が同一リーグながらヤクルトにかけあってくれた。(今の大引さんにも通ずる部分では?)
野村克也監督のもとでやってみたかった。野村さんから言われたのは(モノマネをしながら)「お前は器用か不器用か」と問われ,「不器用」だと答えた。野村さん曰く不器用な選手というのは自分なりに考えて野球に取り組む。だからお前は器用な選手なんだと。これは野村さん流に何も考えていないということの裏返しであったと。

斎藤雅樹からの開幕3連発は,打席に入る前から打てるという手ごたえがあった。打った瞬間フェンス越えるか越えないかのライナーだったが,越えると確信できた。余談になるが翌日は全くその感覚は無かった笑。

ヤクルトファンは優しかった。市民球場では広島弁で「いねーいねー(帰れ帰れ)」というヤジを浴びた。

ヤクルトの今年の分析と言われ会場失笑。
村上は日本の宝。ホームランバッターとスピードボールに関しては教えてどうなるものでもない。天性のもの。小川監督に取材した際,村上には細かいことは一切言わないが,「とにかく愛される選手になれ」とだけはきつく言ったと。

解説業に関して―
的確に伝えるために,日本のプロ野球に限らず,メジャー,社会人,高校野球ととにかく見るようにしている。どこを見るかというと,真剣にやっているか。表情,動き,気持ち。特にボールを触っていない時のそれを見るようにしている。

ペナントの行方は―
巨人とソフトバンク。ソフトバンクは開幕前に予想したから笑。クライマックスは広島でしょう笑。

ドラフトについて―
奥川佐々木が中心となるだろうが,ヤクルトは森下(明治大)で行くべき。とにかく即戦力。

故障者や不調は伝染する。悪いことは影響する。15連敗の時解説の仕事をしていたが,小川監督もいつ勝ったか忘れた(田植えの日だよ!と心の中で即ツッコミ)。何をしても悪い方向にいってしまうと仰っていた。

16:00〜16:30  小早川毅彦氏サイン会
戦利品
DSC02789.JPG
 ・小早川毅彦氏サイン会
 ・記念撮影写真
 ・燕日法被折り手ぬぐい
 ・つば九郎おめん【燕日ver】
いつもお世話になっているご夫婦よりご厚意でいただいてしまいました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます!

田植え・稲刈りの日はチームが東京ドームorナゴヤドームorメットライフドームでのデーゲームというイメージが強い中,今日はマツダスタジアムでのナイターということで試合。

S 020 240 000 8
C 000 001 402 7
○田川(1-1)52/3,ハフ1/3,石山1,H梅野1,Sマクガフ(10)1−松本直
雄平12号A(塹江)廣岡7号A(塹江)8号B(レグナルト)

▼データ
 ・田川:プロ初勝利

◆ポイント
 ・6回裏2死満塁安部P田川→ハフ二ゴ
 ・7回裏1死二塁磯村左本(走者無くなる)

9月のヤクルト○●○●○●○●○●○。オセロスワローズは変わらず。

8点差はセーフティリードでは無い。何度も学んだはずなのに・・・。楽勝ムードかと思いきや最後はヒヤヒヤ。それでもなんとか辿りついた田川賢吾のプロ初勝利。これで白星つくかつかないかじゃ大違い。本当に良かった。

カープはブルペンデー。中1日で塹江が先発。2回表雄平,4回表廣岡,5回表廣岡2打席連発。計3発+バレムリ―で8点。大量援護にも支えられ田川が5回を投げ切って勝利投手の権利を得る。

6回表先頭打者でそのまま打席へ。ということで6回裏もマウンドへ。2死を奪うも,3連打で1点失って尚満塁。田畑C2度目のマウンドで105球にて降板。田川の経験のためには勝敗なんてもはや関係無いチーム状態なのだから,この回は責任もって投げさせるべきではないかと正直思ったが・・・。
さらなるレベルを求めて行くには,犠打か。2回表1死一三塁では初球失敗。追い込まれてから結果的に犠打となったが捕手の真正面。4回表1死一塁では3バント失敗。恵まれた身長があり,ヤクルトには無い先発向きな体型なだけに,打席での内容も今後問われていくべきでは。

ハフが見事な火消しで田川とがっちり握手。7点差で7回は石山に託すも・・。本調子には程遠いのは止む無しとして,もはやこれは来季にも影響するものなのかそうでないのかが気になる。
磯村の本塁打で塁上の走者が一掃されたというのはある意味大きかったか。野間坂倉と代打攻勢を斬って取れた。これが塁上走者背負ってつながれたら大量点だった可能性も。

最終回は2点差でマクガフ。2死一塁からの3連打で1点差に迫られ,尚一二塁と一打サヨナラという状況で迎えるはやくせん小園。田川はもう口から心臓が飛び出しそうな心境ではなかったろうか。

終わりよければすべてよし。となると明日は・・・?!

■NEXT GAME
 広島(大瀬良)ー東京ヤクルト(高橋)最終戦 マツダスタジアム 14:00
 ・対広島最終戦
 ・12連敗中対大瀬良。7年連続勝ち無しで終わってしまうのか。
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:35 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

{東京ヤクルト 4-7 横浜DeNA

S 000 100 201 4
B 011 005 00x 7
●石川(7-6)50/3,石山1,大下1,坂本1−松本直
山田哲34号@(山崎)

▼データ
 ・対DeNA戦全日程終了:10勝15敗
 ・山田哲:連続盗塁記録38でストップ
 ・対上茶谷:0勝4敗

◆ポイント
 ・2回表0死一塁雄平三振(3−2からエンドランで併殺)
 ・6回表0死一塁吉田三振(犠打失敗からサイン切り替えた末)

9月のヤクルト○●○●○●○●○●。

ボーク,暴投さらには2死から外野手照明が目に入って後逸からの失点。球団史上初となる本拠地でのクライマックスシリーズ開催という目標があるチームとの差は火を見るよりも明らかでした。

モチベーションが無いにせよ,野球が雑というか野球にならないというか・・。

2回表先頭バレが四球で出塁。雄平3−2フルカウントで見逃せば完全なボール球を強振して三振。バレにスタート切らせた以上はセカンド悠々アウト。

5回表1死一二塁。バレの大飛球。角度的には完全に行ったかと思われたがフェンス前失速。ホームランにならず唖然とするバレを尻目に二走太田はタッチアップも出来ず二塁釘づけ。隙あらばなら(落合中日とかなら)一走だって二塁窺っていたと思われる。

6回先頭村上が四球で出塁。この時点ではまだ1−2と1点ビハインドの状態。川端に代わって昇格してスタメンのチャンスをもらった吉田は犠打の構えも送れず。サイン切り替えて最後は見逃し三振。ネクストでは荒木さらには中山が待機するなかで,松本直は併殺でチェンジ。
ある意味で代打が送られるものと思われていた石川は2死からのキャッチボールもせずマウンドへ。気持ちの準備が不十分なまま0死満塁のピンチを招いて降板。もう完全に後手後手。

吉田が送って,松本右方向。9番石川に代打で凡退だとしても,同じ無得点には変わらない。しかし次の回は1番から始まる。さらに投手もイニング頭から継投に入る。こういうのが本来野球の流れというもの。

犠打が決まらないだけで一気に形勢が変わった感。3点ビハインドで内野前進守備に何の意味があるのだろうか。

ビジターDeNA戦(3勝10敗)
4.314:0031,7894:219-8原5,Hマクガフ1,H梅野2,○五十嵐(5-0)1,S石山(7)1−中村エスコバー
中村3号B(進藤)バレンティン8号@(三嶋)
5.114:0031,8203:071-5●高橋(0-1)52/3,近藤1/3,中尾1,大下1−中村,西田大貫
村上7号@(大貫)
5.214:0031,8072:480-2●スアレス(1-1)7,ハフ1−中村今永
5.3118:0031,9832:392-3●ブキャナン(1-2)6,マクガフ1,ハフ1−中村,西田今永
6.114:0032,0912:340-7●清水(0-1)4,山中2,風張2−中村,古賀上茶谷
6.213:0032,1082:545-2○原(3-5)62/3,Hハフ1/3,H石山1,S梅野(4)1−古賀,中村濱口
バレンティン13号@(国吉)
7.3017:4532,1622:512-6●ブキャナン(1-6)5,五十嵐1,星1,寺島2/3,大下1/3−中村上茶谷
山田哲23号A(上茶谷)
7.3117:4532,1493:083-4x石川6,梅野1,Hハフ1,●近藤(3-3)1/3−中村山崎
山田哲24号A(三嶋)
8.117:4532,1543:124-2○山田大(4-0)6,H梅野1,Hハフ1,Sマクガフ(5)1−中村大貫
村上21号@(大貫)
8.2718:0031,9393:233-5高橋6,●星(1-2)1/3,久保2/3,高梨1−松本直エスコバー
村上31号@(上茶谷)バレンティン27号@(上茶谷)雄平11号@(上茶谷)
8.2818:0531,3224:586-7x石川4,高梨2,H坂本2/3,H平井1/3,梅野1,Hマクガフ2,H久保2/3,●星(1-3)1−中村武藤
バレンティン28号@(平良)29号B(平良)
8.2918:0032,1593:322-4小川6,●平井(0-1)2/3,坂本1/3,石山1−松本直,中村石田
9.1417:0032,1583:304-7●石川(7-6)50/3,石山1,大下1,坂本1−松本直上茶谷
山田哲34号@(山崎)

平成最後と令和最初の舞台がハマスタ。
15連敗(1970年以来球団史上3回目)月間5勝(球団史上ワーストタイ),16連敗(1970年以来球団ワースト,セ・リーグワーストタイ)を喫し,それを止めたのはハマスタ。
山田哲の開幕から31連続成功記録(1964年広瀬叔功と並び歴代1位)が生まれ,連続盗塁記録38がストップしたのもハマスタ。いずれもリクエストが絡んだプレー。
青木:日米通算2352安打(川哲治氏を抜き歴代12位),村上:高卒2年目86打点(1953年中西太と並び歴代1位タイ)。
スアレス:来日初安打,清水:プロ初登板,初先発,塩見:プロ初打点[国吉],渡邉:プロ初盗塁。
上茶谷に3敗。今永に2敗。サヨナラ負け2試合。延長12回引き分け寸前星2試合連続敗戦投手など。

来年は対DeNAビジター12試合の番。うち3試合がハードオフエコスタジアム開催ということでハマスタでの試合は僅か9試合となります。

■NEXT GAME
 広島(塹江)ー東京ヤクルト(田川)24回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・当日移動で広島へ
 ・わたくしはつば九郎さんと稲刈りへ( *`ω´)
神奈川 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:11 | 更新情報をチェックする