2017年06月13日

[東京ヤクルト 3-12 東北楽天

E 302 012 112 12
S 000 002 010 3
●石川(4-6)5,中澤1,山本1,成瀬2−中村,西田

▼データ
 ・ワーストタイ借金17
 ・石川:通算2500投球回(史上46人目)
石川が2500投球回=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの石川雅規投手は13日の楽天1回戦(神宮)に先発し、二回を投げ終えたところで通算2500投球回に到達した。プロ野球46人目。初登板は2002年4月4日の広島3回戦(神宮)に先発で。[ 6/13(火) 20:36配信 時事通信 ]
 

◆ポイント
 ・1回表2死二三塁松井稼右3
 ・3回表1死二三塁松井稼左安

連敗を止めた次の試合が大事。しかし初回の3失点でゲームオーバー感。
松井稼を歩かせて満塁策は結果論か。中盤以降は息をするように失点を重ね試合にならず。
四球,バッテリーエラー。2死無走者からの得点。神宮でここまで無様な野球を繰り広げるとは・・

対する楽天。茂木やペゲーロを筆頭に積極的に次の塁を狙う姿勢。あるいは5回裏2死一塁で藤井投ゴ悪送球をセカンド三好がカバーなど,本当に隙の無い首位の野球をしている。これと較べると最下位のヤクルトはあまりに対照的。

今季3度目の中5日登板となった石川。金→木,木→水,水→火と開幕投手がいつの間にか火曜日に。
最初の中5日となった5月4日阪神戦(神宮)42/3回7失点,5月24日広島戦(マツダ)51/3回4失点。そして今日が5回6失点。いずれも負け投手。
そろそろ登板間隔をキッチリ設けることも考えないといけない時期なのかと。

■NEXT GAME
 ヤクルト(由規)−東北楽天(安楽)2回戦 神宮 18:00
 ・由規:今季神宮初登板。2011年6月9日オリックス戦(京セラ)以来6年ぶりの交流戦登板。
 ・池田解説員担当試合
東京 ☔ | Comment(2) | SWALLOWS | at 21:56 | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

[東京ヤクルト 9-6 千葉ロッテ

S 701 000 010 9
M 000 000 240 6
○ブキャナン(3-4)7,ルーキ1/3,久古1/3,秋吉11/3−中村

▼データ
 ・交流戦初勝利
 ・5月28日以来2週間ぶり勝利
 ・6月初勝利
 ・対千葉ロッテ戦26勝27敗
 ・藤井:プロ初盗塁
 ・自力優勝可能性復活

◆ポイント
 ・1回表0死三塁上田左中3
 ・1回表1死満塁大引投安
 ・1回表1死満塁中村中安
 ・1回裏0死一二塁角中二直

2016年6月18日西武戦(神宮)以来13試合ぶり,今シーズン初の交流戦勝利☆

初回で決まった試合。
先頭坂口三塁打で2番は上田。三振かポップフライだけは勘弁してくれという場面で外野を破る連続三塁打で先制。
山田も続いて上田が生還。第106代四番に指名された大松は進塁打で1死三塁から雄平グリーンの連続四球で満塁。
大引はピッチャー正面おあつらえ向きの併殺コースも,折れたバットが目に入ったか捕球出来ず結果内野安打で3点目。
なお1死満塁で中村は相手バッテリーの心理を読み切ってストライクを取りに来る初球を決め打ち。4点目。
藤井はフルカウントから見逃し三振に倒れるも,坂口押し出し5点目。上田2点タイムリーでこの回一挙7得点。

7点の援護をもらった中4日登板のブキャナン様。不慣れな援護で立ち上がり0死一二塁のピンチを招くが,角中のセカンドへのライナー併殺で落ち着きというか平常心を取り戻したか。
最後はさすがにバテたか。それでも7回をジャスト100球でリリーフにバトンを託す。

しかし2番手ルーキの先頭から三者連続四球から一気に立ち込めた暗雲。勝利への産みの苦しみといえばそれまでかもしれないが・・・

ただ終わってみれば7点差での盗塁とか6点差での犠打1プレー1プレーが意味をもった。セーフティリードなど存在しないということを改めて学んだ。
だからこその細かいプレー。例えば7回裏1死一塁ライト前ヒットで雄平からの返球。藤井が逸らし,ブキャナンがカバー間に合わず失点など引き締めなくてはならない点も見つかった。

それでもともかくこの1つの勝利が最大の薬となることを願って。。
2010年は交流戦9連敗のあと9勝5敗。2012年も交流戦10連敗のあと8勝5敗。いずれも後半巻き返しましています。少しでも借金を返してリーグ戦へ。

■NEXT GAME
 ヤクルト(由規)−東北楽天(安楽?釜田?)1回戦 神宮 18:00
 ・ここから9試合連続神宮。11試合連続主催試合。次のビジターは6月30日甲子園という神日程です。

千葉 ☁ | Comment(2) | SWALLOWS | at 17:13 | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

[東京ヤクルト 1-4 千葉ロッテ

S 000 010 000 1
M 010 002 10x 4
星42/3,●石山(0-3)2/3,近藤12/3,ルーキ1−西田

▼データ
 ・2012年5月以来の10連敗
 ・球団史上ワーストタイ同一シーズン交流戦10連敗
 ・チームワースト交流戦開幕10連敗
 ・チームワースト交流戦11連敗
 ・6カード連続負け越し
 ・2年連続交流戦開幕4カード連続負け越し
 ・対ロッテ戦2年連続6度目の負け越し

◆ポイント
 ・5回裏0死一塁(大引声掛け)角中遊併
 ・5回裏2死一二塁P星→石山

打線振るわず10連敗=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルト打線は8安打を放ったが、つながりを欠き、犠飛による1得点だけ。ついに10連敗となり、真中監督は「打線をなんとかしないと…」と頭を抱えた。
 引き分けに持ち込んだ4日の西武戦を除けば、連敗中はすべて2得点以下。川端、畠山に続きバレンティンも離脱する中で、苦しい状況が続く。11連敗となれば、47年ぶりの屈辱。4番の雄平は「残っている選手が、みんなでやっていくしかない」と悲壮感を漂わせた。[ 6/10(土) 19:44配信 時事通信 ]


今季初スタメンマスク西田で連敗ストップを図るも止まらず。

結果論になるが,終わってみると星の代え時ということになってしまうのか。
5回裏先頭荻野に四球を与えすかさずショートの大引が声を掛けに。”逃げるな!俺が守ってやる!”という檄にも映った。そして次の打者角中はベースカバーに入ったショート大引の正面グラブに収まりスタート切った荻野をライナー併殺で2アウト。
しかしパラデスに二塁打。鈴木に四球で交代。初の中5日で93球。スタミナという面もあったか。もうひと踏ん張りを期して失敗し歯車が完全に狂った3週間前5月21日阪神戦(神宮)のことも過ぎったか。石山が後続を断ったものの・・・。

石山がイニングを跨ぐことになり失点。そして近藤も2イニング目に痛恨の4点目。星が踏ん張って6回から石山近藤が1イニングずつだったら果たして結果は違ったであろうか。

ただただ重症な打線。
火 001 000 000 0
水 000 010 000
木 000 000 000
金 000 100 000
土 000 010 000
とうとう1試合2点すら取れなくなってしまった。
8回表は0死二三塁で坂口遊ゴ雄平三振大松遊ゴ。金縛りにでもあったかのうようにホームが遠い。
そして6回以降は無得点のオンパレード。

これで2012年以来となる交流戦での10連敗。開幕からの連敗はあの2010年の「9」を超えた。


交流戦前の試合でナゴヤドームで勝ったものの開幕戦から連敗が始まり,千葉でも連敗が止まらず神宮の楽天戦終了後に監督交代劇が起きた。なんたる因果か対戦カードまで同じだが大丈夫だろうか。ちょっぴり不安になってきた。

■NEXT GAME
 千葉ロッテ(佐々木)−ヤクルト(ブキャナン)最終戦 ZOZOマリンスタジアム 14:00
 ・ブキャナン様来日初中4日
 ・もし敗れると1970年以来47年ぶり12連敗&2005年日本ハム以来となるプロ野球史上ワーストタイ交流戦11連敗(同一シーズン)
千葉 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:09 | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

[東京ヤクルト 1-6 千葉ロッテ

S 000 100 000 1
M 400 110 00x 6
●原樹理(1-3)5,中澤1,山本2−中村

▼データ
 ・自力優勝可能性消滅

 ・2年ぶり9連敗

 ・交流戦球団ワースト10連敗
 ・借金16
 ・交流戦8年連続10回目負け越し確定

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁サントス二盗(タイミングアウトもサントスのスパイクに山田のグラブ弾かれる)
 ・1回裏1死一二塁パラデス一安(グリーン軽率なグラブトス)
 ・1回裏1死二三塁鈴木右本

初回いきなり4点ビハインドで1点返すのが精一杯。
9連敗。交流戦10連敗。57試合目にして自力優勝可能性消滅。
ヤクルト9連敗、自力V消滅=プロ野球
 ヤクルトは攻守にいいところなく敗れ、1分けを挟んで9連敗。首位広島とのゲーム差は16に広がり、自力優勝が消えた。
 先発の原樹が一回にいきなり4点を先行され、打線は8安打を放ちながらもつながらず、1点を返すのがやっと。五回1死満塁では山田が空振り三振、坂口も左飛に倒れた。守備でも失点に失策や暴投が絡むなど精彩を欠き、真中監督は「この流れでは…。最初の失点が痛かった」と顔をしかめた。[ 6/9(金) 22:43配信 時事通信 ]


樹理のコメントも初回に点を取られたのが全てと。先に点を取られると(厳しい)というチーム状態が表れているし,投手と野手の信頼関係ももはや無いのかなぁと。。

ここ16試合日曜日以外はいずれも2得点以下。今週に至っては1・1・0・1という惨状。。
観戦した衣笠球団社長は首脳陣のてこ入れについて「考えていない。(信頼は)もちろん」と否定し、川端、畠山の不在や山田の不調を挙げて「(一昨年の)優勝した時の3、4、5番がいないからね」とかばった。

とうとう社長のコメントまでニュースになってきてしまった。これは本格的にヤバい状態。本気で目を覚ませ!!

■NEXT GAME
 千葉ロッテ(二木)−ヤクルト(星)2回戦 ZOZOマリンスタジアム 14:00
 ・星がプロ初中5日
 ・12年以来の10連敗は阻止することが出来るのだろうか・・・

千葉 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:21 | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

[東京ヤクルト 0-15 福岡ソフトバンク

S 000 000 000 0
H 106 106 01x 15
●中尾(0-1)3,中島22/3,成瀬21/3−中村,西田

▼データ
 ・今季ワースト8連敗
 ・今季ワースト借金15
 ・交流戦ワーストタイ9連敗
 ・5カード連続負け越し
 ・対ソフトバンク戦通算18勝33敗2分
 ・中尾:プロ初登板

◆ポイント
 ・3回裏誰も中尾のもとに駆け寄らない
 ・6回裏〜中村途中交代で真中監督の横でミーティング
 ・7回表1死無走者山田遊ゴ全力疾走怠る

0-15の惨敗。
2010年交流戦9連敗の8敗目が千葉マリンで4-20の惨敗だったが,それに近いものすら感じた。

プロ初登板の中尾。
初回は二塁打犠打犠飛で先制点献上というホークスのソツのない野球をまじまじと見せつけられた。
2回裏は先頭松田に三塁打で0死三塁も上林江川を連続三振。高谷をレフトフライで無失点で切り抜けた。このあたりにリリーフとしての適性はどうなのかと。
そして3イニング目。2巡目でプロの洗礼。それはそれで致し方なし。ヤクルト相手じゃないんだから滅多打ちに遭うさ。ただ中尾を孤独にした内野手の責任。大引が居ないと何もできないの??

あとは気持ちが切れたプレーの連続。守備にしても打撃にしても走塁にしても。
エラーは仕方ないにせよ,ライナーで飛び出した走者を刺すために投げた送球を後ろに逸らすとか,一塁まで全力で走らないというのは論外でしょう。

福岡・九州のファンは少なくとも再来年2019年(日程再編があればもう2020年)までスワローズの交流戦を見ることが出来ない。それにも関わらず3試合で得点はソロホームランの2点のみ。自分が福岡住んでたら泣きたくなるレベルだよ( *`ω´)

■NEXT GAME
 ロッテ(涌井)−ヤクルト(原樹理)1回戦 18:30 ZOZOマリンスタジアム
 ・球団史上ワースト交流戦10連敗なってしまうのか
 ・7年前の屈辱の地千葉で何が起きる
 ・解説宮本慎也氏のお言葉は辛辣なものになりそうだが・・・
福岡 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:11 | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

[東京ヤクルト 1-4 福岡ソフトバンク

S 000 010 000 1
H 003 000 01x 4
●石川(4-5)6,石山1,成瀬1−中村
藤井1号@(石川)

▼データ
 ・今季ワースト7連敗
 ・交流戦8連敗
 ・対ソフトバンク5年連続10度目の負け越し
 ・藤井:プロ初本塁打

◆ポイント
 ・3回裏2死一二塁柳田右本

諦めない姿勢は微塵も垣間見れず7連敗。柳田の3ランで絶望感。成瀬の一発には白けムードすら。

藤井のプロ初本塁打で1点を返すのがやっと。2試合連続ソロ本塁打の1点のみ。散発3安打。併殺すら無し。

ファンはもう今年は諦めた来年に向けて育成に切り替えろやら,監督代えろやら勝手なこと言うけれど,自分のスタイルはこれに尽きます。

目の前の試合の一球一球は大事に刻みたい。そして選手の笑顔が見たい。そうすることで自分も笑顔になれるから。。

■NEXT GAME
 ソフトバンク(中田)−ヤクルト(中尾)最終戦 ヤフオクドーム 18:00
 ・中尾:プロ初登板
 ・首位広島と14.0差。広島との直接残り14試合。明日自力優勝消滅の可能性。
 ・交流戦ワースト記録は2010年の9連敗
福岡 ☔ | Comment(4) | SWALLOWS | at 21:27 | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

[東京ヤクルト 1-2x 福岡ソフトバンク

S 001 000 000 0 1
H 000 010 000 1x2
ブキャナン6,H近藤1,Hルーキ1,H秋吉1,●山本(0-1)2/3,久古0/3−中村
坂口2号@(東浜)

▼データ
 ・今季ワースト借金13
 ・引き分け挟んで6連敗
 ・7年ぶり2度目交流戦開幕6連敗

◆ポイント
 ・5回裏2死無走者ジェンセン本塁打

延長10回裏2死三塁。柳田を迎えたところで今季初登板の久古にスイッチ。
打ち取った打球はボテボテ三塁線。久古中村谷内は打球が切れるのを見守るほか無かった・・。おそらく捕ったところで投げても間に合わなかっただろう。
ツキがないといえばそれまでだが・・・

初物ジェンセンに来日初本塁打を献上。今日登録即スタメンの選手。それも盗塁で刺した直後の一発。2ランで負けたと思えばサヨナラもショックも少しは癒えるだろうか。。

4回表0死一塁,10回表1死一塁でエンドラン仕掛けるも進塁打になるだけ。5回0死一塁では犠打成功。6回0死一塁,9回0死一塁では4番雄平が併殺。いずれも無得点。もう犠打がいいとか悪いも無毛な議論ということですよね。

ブキャナンは6回97球で交代。これは交流戦の予備日との兼ね合いを含めたローテを再編と読みましたが・・・

42年ぶり球団ワーストタイ11連敗したチームが騒がれていますが,こちらはここ13試合で1勝11敗1分。5連敗1勝6連敗はそれほど騒がれないけど,借金というのは本当にあっという間に膨れ上がるものだなぁと。。

■NEXT GAME
 ソフトバンク(石川)−ヤクルト(石川)2回戦 ヤフオクドーム 18:00
 ・石川対決
 ・2010年交流戦9連敗を止めたのは石川雅規でした。今年も石川に助けてもらいましょう・・
福岡 ☔ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:17 | 更新情報をチェックする