2019年07月13日

{全セ 11-3 全パ

第2戦 全セ1勝1敗0分 ◇甲子園 45,217人
AP 003 000 000 3
AC 261 100 10x 11
○G菅野2,D柳2,T青柳2,C床田1,Tジョンソン1,T藤川1−T梅野
T近本1号@(B山岡)T原口2号@(高橋光)T梅野1号@(高橋光)B筒香1号B(高橋光)C鈴木1号@(二木)
【最優秀選手】近本光司(阪神)【敢闘選手】筒香嘉智(DeNA) 高橋周平(中日) 吉田正尚(オリックス)

3番C山田哲:左2(山岡)左安(高橋光)三振(美馬)
5番3村上:左2(高橋礼)左安(増田)

▼データ
 ・近本:サイクル安打(球宴史上2人目)
 ・全セ:通算79勝85敗11分

全セ2016年第1戦以来7戦ぶりとなる勝利は甲子園で阪神勢による阪神ファンのための球宴に。

20安打の猛攻。ヤクルトは山田村上がいずれもマルチで4安打。中日(周平)と広島が3安打。DeNA2本。巨人1本。ということで残り7本が阪神。
中でも先頭打者本塁打を放った近本。ルーキーの先頭打者本塁打は史上初。2回裏に二塁打。3回裏にライト前安打。これで3回で早くもサイクルリーチ。
5回裏の第4打席。左中間抜ければ三塁も狙えるかと思われたが,雨で打球が思うように走らなかったか二塁打。
そして7回裏第5打席。全パの外野陣が前進守備を敷く中で左中間を破り,レフトの返球と三塁の捕球のアシストがあっての記録三塁打。1992年古田敦也以来「27」年ぶり2度目の大記録が生まれた瞬間。

令和時代ならではの「忖度」にも映ったけれど,打球を外野まで飛ばしたこと,さらに1試合5安打も2001年ペタジーニ以来の記録ですからね。解説の古田氏も「抜かれたわけではない」というコメント。これもオールスターの良さでしょう。

一方で明日の朝あたり昭和のお爺様はこんなの記録じゃないとか言って全否定の「喝」を出しそうな気がしますがね。もう時代が違い過ぎて・・記録員が「三塁打」と判断しているのだからそれが絶対じゃない!
9者連続三振を「忖度」で記録したら物議を醸しそうだけど・・
兵庫 ☔ | Comment(0) | NPB | at 23:16 | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

{全セ 3-6 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇東京ドーム 44,791人
AP 020 002 002 6
AC 000 100 002 3
●C大瀬良2,B今永2,G山口2,マクガフ1,Cフランスア1,B山崎1−C會澤,S中村
T原口1号A(B山本)

【最優秀選手】森友哉(埼玉西武)【優秀選手】山川穂高(埼玉西武)山本由伸(オリックス)原口文仁(阪神)

1番C山田哲:中3(千賀)遊ゴ(有原)三振(宮西)
8番B村上:三振(千賀)三振(宮西)一ゴ(山本)三振(山本)
9番2中村:遊飛(宮西)三振(山本)
マクガフ:荻野(右飛)茂木(三振)秋山(三振)

▼データ
 ・全セ:5連敗,通算78勝85敗11分

昨夜があまりに夢の球宴すぎて,せっかくのオールスターが霞んで見えたヤクルトファンも多かったのでは?!

令和初のオールスターは東京ドーム。なんでも東京ドームは落成した1988年の第3戦(=結果的に昭和最後のオールスター)が開催された球場だとか。これも巡り。

休み無しとなる小川監督とつば九郎さんは移動という観点でも東京ドームで良かったですよね。これが札幌だ福岡ならたいへんたいへん汗

先頭打者山田哲の三塁打で始まる。思い起こせば1992年。古田敦也が球宴史上唯一のサイクルヒットを達成した時も,先頭打者で三塁打から始まった。記録を期待されたが・・・

5回裏は村上中村山田哲とヤクルト勢が宮西の前に僅か11球で三者凡退。

プラスワン投票で選ばれた原口の代打本塁打が生まれ,場内最高潮のムードのなか,村上の三振でゲームセット。
村上は初のオールスターフルイニング出場を3三振というデビュー。

伝え方。タレントだったり選手を放送席に呼ぶと,どうしても話が彼ら中心となり,目の前で進行しているはずの試合に集中出来ない。
場内のさまざまな『音』。それは登場曲であり,応援歌であり,歓声であるのだが,それを聴いて楽しみたいという層が一定数いるのだから,それが叶うといいなあ。

昨日のドリームゲームもそう。出川さんは出川さん。実況が話をふるだけにどうしても逸れてしまう。あと声のトーン。解説経験のある大矢さんや尾花さんは落ち着きがある語り口だし,現場の長かった八重樫さんは喋り慣れしてないというかボソボソに映ってしまう。

地上波独占のオールスターだけに,選択の余地が欲しい。『音』だけで伝わるものがそこにはある。

■NEXT GAME
 ・全セ(菅野)‐全パ(山岡)2回戦 甲子園 18:30
東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:26 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

]全セ 1-5 全パ

第2戦 全セ0勝2敗0分 ◇熊本リブワーク藤崎台 13,760人
AP 000 020 120 5
AC 000 000 010 1
G菅野2,C大瀬良1,T岩貞2,G上原1,S石山1,B山崎1,C中崎1−G小林,S中村
【最優秀選手】源田壮亮(西武)【敢闘選手】アルバース(オリックス)浅村栄斗(西武)宮崎敏郎(DeNA)

1番2中村 遊ゴ(加冶屋)
2番G青木 右2(岸)投ゴ(アルバース)
3番38坂口 中飛(アルバース)二ゴ(上沢)二ゴ(加冶屋)
4番HD山田哲 右安(上沢)中飛(森唯)
6番DHバレンティン 中飛(岸)遊併(アルバース)右飛(上沢) 

5番手石山 森友(投ゴ)柳田(三邪飛)浅村(右安)吉田正(右安)今江(右安)秋山(左飛)

▼データ
 ・全セ:4連敗,通算78勝84敗11分
 ・上原:43歳3ヶ月オールスター最年長登板

◆ポイント
 ・5回表0死無走者松田左2(レフトバレンティンファンブル間に三進)
 ・5回表0死三塁源田中2(センター坂口処理も二塁陥れられる)

全セというか緒方セントラル4連敗。2年連続してヤクルト&つば九郎は7月未勝利のまま後半戦へ・・

昨年に比べれば贅沢な悩みではありますが,全27アウトのうち10アウトをヤクルト勢が献上。唯一登板の石山も2死無走者からの3連打で1失点。
守備でも足を引っ張ったというか一瞬のスキをつかれてしまうというか・・。

バレは松田に,坂口は源田にそれぞれ打球処理間に1つ先の塁の進塁を許していた。バレはホームラン競争からのスタメン出場でお疲れもあったでしょうが,こういう細かいプレーの積み重ねがシーズンにもつながっているのかなぁ・・

熊本の野球少年が頻繁に映された中継。高校野球にせよプロ野球にせよ野球人口減少に対して危機感を抱いて取り組み始めているというのは感じます。実際私自身もちょうど30年前の夏休みに初めて神宮球場に連れていってもらって,ヤクルトがサヨナラ勝ちするという試合に魅せられて今があるわけですから,少年少女への投資は将来に還元されているというのは実感としてあります。

人口減少は何も野球に限った話でなく,日本全体が危機感を抱かなくてはならない問題。それなのに政治からはそれを全く感じられないのですが,本当にこれでいいんでしょうかね・・。

今日は試合中盤で松坂大輔がゲスト解説に。松坂と解説陣の昔話などその間はまったくグランド上のプレーが伝わってこなかった。思えば昨年までは大谷大谷で,昨日はそれが無かったので好印象を受けたんだということをふと思い出しました。

平成最後のオールスターがここに幕を閉じました。
熊本 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:06 | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

]全セ 6-7 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇京セラドーム大阪 33,497人
AC 032 000 010 6
AP 500 002 00x 7
○F宮西 D松坂1,Tメッセンジャー2,●Dガルシア(0-1)3,B東2−C會澤,G小林
C鈴木1号@(L菊池)B宮崎1号A(L菊池)B筒香1号A(Bs山本)
【最優秀選手】森友哉(西武)【敢闘選手】デスパイネ(ソフトバンク)鈴木誠也(広島)筒香嘉智(DeNA)

1番C山田哲 遊ゴ(菊池)中安(山本)遊直(ボルシンガー)中飛(森唯)遊ゴ(増井)
2番G青木 二ゴ(菊池)一ゴ(山本)一ゴ(ボルシンガー)
2番8坂口 二ゴ(森唯)
6番DHバレンティン 左2(菊池)三ゴ(山本)
6番HD中村 三振(内)

▼データ
 ・全セ:3連敗

◆ポイント
 ・7回表2死一塁坂口二ゴ
 ・9回表2死無走者小林中2

昨年比6倍となる6人が選出された2018年オールスターゲーム。
初回セ・リーグの先頭打者として山田哲人がヤクルトからは実に2年ぶりに打席へ。青木バレンティンと併せスタメンに3人が名を連ねる。やはりお祭りはこうでないとなぁとしみじみ実感できるオールスターになりました。

そしてプラスワン投票で自身7年ぶり2度目となる出場を果たした坂口。青木に代わってセンターの守備に入り,かつての本拠地京セラドームで,オリックス時代のタオルもあちこちで掲げられる中で7回表2死一塁で打席が。これもまた感慨深いものがありました。

6-7と1点ビハインドで最終回も2死。一人ランナーが出れば山田に5打席が回るという場面で打席には小林。
現状巨人の3番手捕手に成り下がり,スタメン落ちの日々。その鬱憤を晴らすかのようなフェンス直撃の一打。オールスターそしてWBCという舞台では強打を発揮もチームに戻ると苦悩の日々。。才能を活かしきれない環境がそこ(=巨人)にはあるのでは!?と感じずにはいられない。

オールスター中継で定着したテレ朝。高校野球100回大会企画で選手の出身高校&高校時代の映像を交えた中継も新鮮。中継中の現役選手ゲストも上原浩治のみ。上原自身も山本由の名前を挙げるなど,グランド上のプレーから脱線することもなく,それでいて野球殿堂入りを果たした原辰徳さん,松井秀喜さんのインタビューも挿入など,過去×現在×未来の融合した「今」を地上波で見せてくれたということには意味があったと思います。

■NEXT GAME
 全セ(菅野)−全パ(岸)2回戦 熊本藤崎台 18:30
 ・G菅野上原。熊本出身岩貞。C大瀬良中崎。そしてB山崎康晃&S石山泰稚。地域性も実力も万全の継投が出来そう☆
 ・Deロペスは打撃投手しかしてないけど,球宴明け最初のカードヤクルト戦には出てくるのかしら!?

大阪 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:59 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

[全セ 1-3 全パ

第2戦 全セ0勝2敗0分 ◇ZOZOマリン 26,407人
AC 001 000 000 1
AP 000 110 10x 3
G菅野2,T秋山2,●B井納(0-1)2,小川1,C薮田1−G小林,T梅野
G小林1号@(金子)
【最優秀選手】 デスパイネ(ソフトバンク) 
【優秀選手】 秋山(西武)鈴木(ロッテ)小林(巨人)

4番手P小川 鈴木(右本)大谷(左飛)松田(三振)秋山(左安)浅村(二飛)

▼データ
 ・全セ:通算78勝82敗11分
 ・2004年2戦2敗以来となる全敗
 ・小林:初打席本塁打(史上17人目セ6人目)初球(1970年ロッテ・有藤以来史上4人目)

2017年マイナビオールスターゲーム。全2試合18イニングでヤクルト選手の出番は1イニング時間にして8分でした。

唯一選出の小川の出番は7回裏。先頭鈴木大地にまたも本塁打を浴びる立ち上がり。続く代打大谷も2者連続本塁打でおかしくなかった飛球だったが,マリンの風に助けられレフトフライ。これが神宮ならまずスタンドインだったことでしょう。。
それでもストレートの球速は150km/hをマーク。気持ち的にも吹っ切れたような表情が窺えましたし,ヤクルトを代表しての出場。大役を務めて下さりありがとうございましたと。

しかしセ・リーグは連敗で,小川がベンチ入りしたチームはこれで7月13試合1分12敗と洒落になりませんよ(

以前は各球団の放映権のあるテレビ局で地上波中継というイメージ(東京ドームなら日テレ,神宮ならフジ)のあったオールスターも,ここ数年は完全にテレ朝で定着。
5回のインターバルに自局の夏休みイベント会場からの中継というのも定着しているのですが,せっかくのオールスターという祭りの空間。

現地に足を運んだ人なら絶対分かってもらえるこの日しかないマスコットたちの競演をお茶の間に届けてほしいものです。特に今年は謎の魚という新たな目玉もあったのだから・・・
しかも放送枠が余るほど早く試合が終了したため,スタジオ収録してあったものを流して場をつなぐ。これだって,試合後のグランドの選手とマスコットを映すことで,オールスターの魅力が伝わるのに本当に勿体ない・・

リレー中継のBS朝日ではそれが出来ていただけに,尚更感じたのでありました。12球団のユニフォームが咲き乱れる応援風景はそれなりに挟んでくれているとは思うのですが。

来年は京セラドームと震災復興熊本藤崎台球場で開催。熊本のマスコットといえばくまモン!くまモンに絡めて演出の改革を願いたいものです。
千葉 ☁ | Comment(2) | NPB | at 21:35 | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

[全セ 2-6 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇ナゴヤドーム 36,111人
AP 100 000 131 6
AC 000 101 000 2
Dバルデス2,G田口2,D岡田2,D又吉1,●Tマテオ(0-1)1,B山崎1−T梅野,B戸柱
B筒香1号@(菊池)
【最優秀選手】 内川(ソフトバンク) 
【優秀選手】 西川(日本ハム)秋山(西武)筒香(DeNA)

▼データ
 ・筒香:3試合連続本塁打(01年松井秀喜・中村紀洋以来6人目,史上7回目)
 ・糸井:両リーグからの出場(82人目)

オールセントラルといいながらも,ヤクルトからは1人も出場しなかったオールスター。
1990年からは古田敦也が16年間連続出場。2005年からは青木宣親が。そしてバレンティンを挟んで,2014年からは山田哲人とリーグを代表する顔が必ずメンバーに名を連ねていたのですが・・・

前回ナゴヤドームでオールスターが開催された6年前は,オールセントラルトータル「38打数15安打9打点」のうちヤクルト勢が「15打数7安打6打点 」とナゴヤドームのグランドを駆け回ったのですが・・・

お祭りの輪にすら加われない今年の歴史的なチーム状態を見事に映し出しているように思います。。

個人的に見どころは田口くんと番組中に流れたMr.Children & docomo 25th AnniversaryのCMだけでした…ゴニョゴニョ。

■NEXT GAME
 全パ(則本)−全セ(菅野)2回戦 ZOZOマリンスタジアム 18:00
 ・小川がどんな投球を見せ,どんな会話をしてリーグ戦に戻れるか。



愛知 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:55 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

/全セ 5-5 全パ

第2戦 全セ1勝0敗1分 ◇横浜スタジアム 26,760人
AP 000 030 110 5
AC 021 000 200 5
De石田2,T岩貞2,De井納2,秋吉1,D田島1,De山崎康1−De戸柱,T原口
De筒香2号@(涌井)C丸1号@(塚原)
▽最優秀選手 大谷(日本ハム) 
▽優秀選手 筒香(DeNA)鈴木(広島)浅村(西武)

7番D川端 中安(涌井)二ゴ(益田)
7番H5山田 右飛(有原)一飛(有原)
1番6大引 中安(有原)
3番H9バレンティン 投ゴ(有原)
6番HD中村 三ゴ(有原)
4番手P秋吉 左安(大谷)レアード(三ゴ)浅村(三振)今宮(一安)長谷川(中飛)

▼データ
 ・全セ:通算78勝80敗11分

◆ポイント
 ・8回表2死一二塁大谷右安

7回裏阪神原口のタイムリー二塁打で4−4の同点に追いつき,続く1番大引のヒットで原口が生還。5−4と勝ち越し。と同時に7回表を投げた秋吉に勝ち投手の権利が舞い込んだものの・・

スーパースター大谷が大引のMVPも秋吉の勝利投手も奪っていきましたとさ。。とほほのほ。

本日24歳バースデーを迎えた山田はスタメン落ち。途中からサードの守備に就くも,これで2年連続オールスター無安打。単なるお祭り男とは違うようですね。

昔の映像が随所に挿入されていたために尚更感じることになったのですが,9回表の康晃ジャンプなど,球場の雰囲気は本当に変わってきているなぁと。思い思いのユニを着て,華やかさが増しているなぁと。
思えばマスコットがオールスターに参加するようになったのって何時からだろう。少なくともイチローがピッチャーやった頃ってマスコットなんていなかったはずだから・・・


さぁ1日休んで後半戦!2試合連続本塁打の筒香がいるDeNAが相手。7/5-7の同一カード3連敗のリベンジから始めようヤ!!!
神奈川 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:34 | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

/全セ 5-4 全パ

第1戦 全セ1勝0敗0分 ◇ヤフオクドーム 35,653人
AC 000 120 002 5
AP 000 010 002 4
坂本1号@(石川)筒香1号@(則本)バレンティン1号@(則本)
G菅野2,○T藤浪2,C野村2,De三上1,Gマシソン1,C中崎1−中村,T原口
▽最優秀選手 筒香(DeNA)
▽敢闘賞 坂本(巨人),バレンティン(ヤクルト),栗山(西武)

2番D川端 二ゴ(和田)遊飛(石川)三振(則本)遊併(塚原)
4番C山田 三振(和田)遊飛(石川)三振(則本))
7番DHバレンティン 三振(石川)右本(則本)遊ゴ(マーティン)
9番A中村 右飛(石川)右安(則本)
5番6大引 三振(サファテ)

▼データ
 ・全セ:通算78勝80敗10分
 ・2002年7月12日第1戦(東京ドーム)以来のヤクルト監督率いる全セ勝利

◆ポイント
 ・9回裏0死無走者岡島遊ゴ,2死無走者レアード遊ゴ

ヤクルト目線で。
真中監督:日本シリーズ初采配初勝利!後半開幕DeNA戦を睨み石田,井納,山崎康を明日に回す采配。
中村:菅野・藤浪・野村・三上をリード。特に苦手とする野村対策のヒントを掴めたか?!
山田:オールスター8打席無安打。7回裏の守備から菊池と交代し,ベンチで坂本と談笑。休養とリフレッシュになったかしら?!
川端:フルイニング出場。打撃はサッパリ。今日は守備でアピール?!
バレンティン:オールスターでの本塁打は2011年第1戦(ナゴヤドーム)以来自身5年ぶり2本目。6月25日中日戦(神宮)以来だけに感触を取り戻してくれればいいのだが・・・
大引:7回裏の守備から実戦復帰。打席にも立てたということで,後半戦からの復帰にGOサインが出たと見てよろしいでしょうか?!

地上波は過去の映像と大谷の本塁打競争と大谷。野球に興味の無い芸能人の登用や番宣は無かったものの,もっと選手や試合に焦点を当てて欲しいというのが本音。
福岡 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:55 | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

|全セ 8-3 全パ

第2戦 全セ2勝0敗0分 ◇マツダスタジアム 45,012人
AP 000 012 000 3
AC 001 330 01x 8
C会澤1号@(ディクソン)D平田1号@(高橋朋)
C黒田2,○C前田(1-0)2,De田中健1,D大野2,バーネット1,T呉1−C会澤,中村
▽最優秀選手 会澤(広島)
▽敢闘賞 梶谷(DeNA),新井(広島),森(西武)

▼データ
 ・2007年以来の全勝(2戦2勝)
 ・通算77勝80敗10分け
 ・前田健太:通算4勝目(歴代3位)
 ・原監督:8勝目(歴代単独6位)

7番H雄平 FFB遊ゴ(吉川)二ゴ(十亀)BB投ゴ(十亀)
2番4山田 中飛(武田)
3番5川端 S投ゴ(武田)
6番2中村 
バーネット 柳田(中安)中田(遊併)SS松田(三振)

広島の広島による広島のためのオールスターでした。

完全に空気だったヤクルト勢。野手陣が投げさせた投球数は11球。投じた投球は5球。得点にも全く関わっておりません。。

そりゃ黒田ハイライト→カープ勢ハイライト→黒田ハイライトになりますよね。
試合そっちのけで黒田にインタビュー。それも2試合連続で。スポンサーさんの意向なのでしょうか。地上波局は逆らえませんからね。。

オールスターマスコットたちの競演など,オールスター観戦は現地に限るってことなんでしょう。
広島 ☀ | Comment(0) | NPB | at 23:14 | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

|全セ 8-6 全パ

第1戦 全セ1勝0敗0分 ◇東京ドーム 45,012人
AP 004 000 002 6
AC 011 023 01x 8
阿部1号@(涌井)
G菅野3,○T藤浪(1-0)3,G高木勇1,G山口1,De山崎康1−中村,C会澤
▽最優秀選手 藤浪(阪神)
▽敢闘賞 阿部(巨人),ロペス(DeNA),角中(ロッテ)

3番C山田 遊ゴ(大谷)三振(西)三失(涌井)
8番D川端 三直(大谷)三ゴ(西)右安(涌井)
9番A中村 中安(西)右安(涌井)
6番R9雄平

山田はホームラン競争でリズム狂っちゃったのカナ?
中村は打率10割。肩の力が抜けてコンパクトに振れた感じ。これがキッカケとなって後半戦の打撃にも期待したい!
お慎吾さまも初のオールスターでスタメンゲット!

ヤクルト的には古田敦也氏の野球殿堂入りも。

飲み会だったんでプロニューでしか映像確認できていないし,若干酔っぱなんでこのへんで失礼します。どろん。
東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

^全セ 6-12 全パ

第2戦 全セ1勝1敗0分 ◇甲子園 45,361人
AP 400 113 300 12
AC 101 020 110 6
山田1号@(則本)坂本1号@(平野佳)堂林1号@(福山)
●T藤浪2,G菅野2,C一岡1,D山井12/3,D福谷11/3,Cミコライオ1−G阿部,中村
▽最優秀選手 柳田(ソフトバンク)
▽敢闘賞 ペーニャ(オリックス),陽岱鋼(日本ハム),山田

2番C山田 三振(大谷)左本(則本)右2(五十嵐)左飛(平野佳)
3番Dバレンティン 中安(大谷)右安(則本)三ゴ(五十嵐)
7番H7雄平 三振(大谷)遊飛(則本)二ゴ(サファテ)右安(福山)
6番2中村 投ゴ(福山)

藤浪vs大谷で始まった第2戦は両軍合わせて31安打の打ち合い。

ということで2時間58分の試合でも放送枠に収まらず。

NPBがどれだけ放映権を下げたか分からないが,買ってくれたのはテレ朝だけ。
テレビ局はNPBの足元を見て完全中継はしませんという強きの態度。
それでも数字(=視聴率)を気にするあまり,地上波独占で衛星波によるリレー中継すらなし。
普段衛星なんて0.何%にしかならない(キリッとか豪語するなら,テレ朝系列が映らない地域のファンのためにも,衛星波で同時中継すればいいのにそれも無し。

試合そっちのけで,ゲスト解説と称してジャニーズメンバーと特定選手のトークが繰り広げられる。

マスコットに至っては1秒も映らず。

フレッシュオールスターを中継したBS-TBSのほうが,よっぽど純粋に野球をそして選手を見せてもらえた感がある。

それでいて大規模なスポーツ大会の放映権料は天井知らずで跳ねあがり続けているから,煽りとバッシングの繰り返し。

結局不満を抱いているのはおカネの使い方(=見せ方)なのカナ…


試合。
バレンティンは今日もコンパクティン。
雄平2試合連続フル出場。8打席目にして待望の初安打。
悠平も2試合通じて一番多くマスク被らせてもらえた。
そして山田が初ホームラン含むマルチで見事敢闘賞受賞!!

前回甲子園で開催された05年に,落合監督の推薦で青木が初出場したけど,いずれも守備からの出場でそこまで目立つことなく終わった。
けれどもその年の後半戦にシーズン200安打を達成し,一気にセ・リーグの顔としてファン投票常連に。

山田も来年からはそういう存在になれるように。ようやくヤクルトから華のある選手が誕生しそうだなぁと思えた今年のオールスター。

2日間の合計得点が12対12という状況からプリンス堂林がホームラン。この一発でセ・リーグがドラフトの優先権を手にしました。


休みなんてあっという間。1日休んで明後日からは後半戦。
これからは連戦続くから早いよ!そして気がついたら夏が終わって肌寒くなってくるからねぇ。それ考えるとせつないよ…
兵庫 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:35 | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

^全セ 7-0 全パ

第1戦 全セ1勝0敗0分 ◇西武ドーム 30,973人
AC 003 010 201 7
AP 000 000 000 0
○C前田健3,D大野2,DB井納12/3,C一岡1/3,G山口1,DB三上1−D谷繁,中村
エルドレッド1号A(クロッタ)
▽最優秀選手 エルドレッド(広島)
▽敢闘賞 前田健太(広島)岸孝之(西武)陽岱鋼(日本ハム)

6番Dバレンティン 三振(岸)左安(西)
7番H雄平 三振(西)中飛(西)二ゴ(福山)三振(佐藤達)
9番2中村 三振(佐藤達)
2番4山田 右安(佐藤達)

オールスター初戦はセの大勝。

最近気になっていた試合時間という点では,2006年第2戦(宮崎)以来18試合ぶりに3時間超え(3時間05分)。
よって地上波の中継枠に収まらず。色々取り巻く環境を改めて考えさせられますが…

ヤクルト勢はバレンティンが力を抜いたコンパクティン。
雄平はヒットこそ出なかったが嬉しいフル出場。
哲人は憧れの勇人の二遊間を組み,初打席初安打初得点をマーク。
悠平は井納−一岡−山口−三上をリードし完封リレーを演出。
勝利のハイタッチの輪の中に悠平&雄平&哲人のフレッシュな3人がいたというのもなんだか嬉しい光景。

古田・工藤・前田智がテレビ解説。野茂・秋山・佐々木が殿堂入り。
そして明日は20歳の二人が予告先発。
セは藤浪、パは大谷が先発=球宴第2戦―プロ野球
 日本野球機構は18日、マツダオールスターゲーム第2戦(19日、甲子園)の先発投手を、全セが藤浪(阪神)、全パが大谷(日本ハム)と発表した。[ 時事通信 7月18日(金)20時27分配信 ] 


オールスターゲームを見る事これで四半世紀。随分時が流れたなぁとしみじみ感じた夜でもありました。
埼玉 ☔ | Comment(0) | NPB | at 23:52 | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

=全セ 1-3 全パ

第3戦 全セ1勝1敗1分◇福島いわき 18,365人
AC 000 010 000 1
AP 000 000 03x 3
T能見2,C大竹3,B三嶋2,●S山本哲2/3,G西村1/3−T藤井

▽最優秀選手賞 内川(ソフトバンク)
▽敢闘選手賞 大谷(日本ハム)大竹(広島)新井(阪神)

3番(右)バレンティン 捕邪(木佐貫)三ゴ(西野)二ゴ(岩崎)
8番 三 宮本 二ゴ(矢貫)
山本哲:陽岱鋼(右2)今江(右邪)大谷(中安)中田(中安)内川(左2)松田(左飛)

今年のオールスターは1勝1敗1分。得点も仲良く5点ずつで終わりましたとさ。

敗戦投手は山哲。スワローズでは2011年第2戦館山,第3戦由規以来ということになります。
2010年代に入り全セの5勝4敗2分ですが,うち3敗がヤクルトです。ごめんなさい。

ということでドラフトのウェーバーはドラフト会議前に抽選で決まるそうで・・・
それだとますますオールスターの存在意義が失われてしまうと感じたのは私だけでしょうか。。

さらに60年ぶりに球宴での本塁打が0に終わったということです。
ラジオで工藤公康氏が言ってましたけど,オールスターにはオールスターのロゴが入った特別球を使用し,縫い目も特別の色を使用しているようです。
どうやら昨年までの在庫をここで使用されたのではないか説が。。

3試合を通じて、基本に忠実で、どの選手よりも印象に残る確かなプレーで、ファンに夢や希望を与えた選手に与えられる「SKYACTIV TECHNOLOGY賞」は大谷くんが受賞されたようでして。
昨年この賞を受賞したのは誰だったカナ?!ということで赤川くんも後半戦奮起しましょう!

全体を通すと試合時間の短さが気になりました。地上波中継延長無しで,その枠に収まるようにしている(されている)のかは定かではありませんが,初球からポンポン打ってゴロやぽp。
野茂vs落合とか松坂vs松井秀のような打席での駆け引きが無くなっているのも,醍醐味が薄れた原因でしょうか。

さて1日休んでいよいよ後半戦。
今年は過去2年に比べオールスター選出選手も少なかった(11年8人青木・相川・宮本・バレンティン・畠山・由規・林昌勇・館山,12年7人相川・宮本・バレンティン・畠山・館山・バーネット・赤川)わけだし,後半ばてたは言い訳になりません。
必ずヤ巻き返しましょう。

福島 ☁ | Comment(0) | NPB | at 21:43 | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

=全セ 3-1 全パ

第2戦 全セ1勝1分◇神宮 31,816人
AP 100 000 000 1
AC 011 001 00x 3

G菅野2,○S小川2,S石山1,T藤浪2,G山口1,SS山本哲1−D谷繁

▽最優秀選手賞 新井(阪神)
▽敢闘選手賞 坂本(巨人)千賀(ソフトバンク)長谷川(ソフトバンク)

4番(指)バレンティン 三邪(牧田)右飛(牧田)三振(千賀)
7番(三)宮本 右安(牧田)右飛(牧田)二ゴ(青山)二ゴ(佐藤達)
小川:松井(中飛)鈴木(左2)大谷(二ゴ)長谷川(左飛) 内川(中飛)中田(右飛)李大浩(三振)
石山:今江(左安)伊藤(左安)松井(中飛)鈴木(三振)大谷(三振)
山本哲:中田(右邪)糸井(一飛)今江(遊ゴ)

7年ぶり14回目となる神宮球場でのオールスターゲーム。
主ヤクはヤクルト勢。
小川が2008年第2戦石川以来の勝利投手に。山本哲が2012年第1戦バーネット以来のセーブ。
宮本が●野の負けを消すタイムリー( *`ω´)ほんと●っ子は負けないね( *`ω´)

ゲスト解説とかグランドレベルの中居さんが挿入されると,LIVEで行われている試合が完全にそっちのけになるため,小川(田中)・石山(●野)・山本哲(大谷)と被害に遭った訳だけど・・まぁ古田が上手くフォローしてくれた感じカナ?!
5回のインターンバルもマスコット映してくれたし,藤浪効果で(イニング間にCM挟まなかった為)『PADDLE』も聞こえたし♪

パトさんも演出してくれたし,神宮行けた人は満足出来る演出だったと思うなぁ。
やっぱりオールスターはテレビじゃ伝わらない。地方球場ともまた違う,この時期の屋外本拠地球場の良さがあったはず。ちょっと贔屓目カナ?!
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:46 | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

=全セ 1-1 全パ

第1戦 全セ1分◇札幌ドーム 34,339人
AC 000 000 100 1
AP 100 000 000 1
C前田健2,G澤村3,B三浦2,D岩瀬1,G西村1−G阿部,D谷繁

▽最優秀選手賞 澤村(巨人)
▽敢闘選手賞 田中(楽天)糸井(オリックス)中村(DeNA)

3番(指)バレンティン 一邪(田中)遊飛(吉川)左飛(菊池)
4番 二 宮本 遊ゴ(平野佳)

10年新潟以来史上10試合目の引き分け。僅か2時間18分。淡々と進んだ試合。

1996年イチロー以来の二刀流ということで大谷が出場してからは大谷大谷のオンパレード。イニングの度にハイライト。
イニング間のマスコットイベントなんてそっちのけ。
打者も淡々と打つから矢貫・増井なんて投げてたの?!ってくらい印象に残らず。

昨年は余った時間に過去のオールスターのVTRを流していましたが,今年はゴルフ中継に切り替え。

一昔前に比べてお笑いタレントや芸能人が放送席に来たり,女子アナがブルペンからインタビューしたりとかそういう演出は無くなった(解説と実況のシンプルなパターン)けれど,結局後に残るのは試合内容というより,中継の不満でしか無い。

試合なんだから試合を伝えて。そしてその試合が行われている会場のお祭りの雰囲気を伝えて。

出る選手も中継するテレビ局も罰ゲームなんて言われるようじゃ。。ほんとに何も感じないの?コミッショナーさん。

選手会、コミッショナー「不信任」を確認=試合中のキャッチボール禁止も反対
 労組日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は19日、札幌市内で臨時大会を開き、日本野球機構が統一球を公表しないまま飛びやすく変更していたことについて話し合い、会議後、嶋会長が加藤良三コミッショナーへの不信感を表明した。
 嶋会長は「選手生命に関わるボールの変更を知らせなかったのは大きな問題」とした上で、事実関係を「知らなかった」とする加藤コミッショナーの責任感の欠如を指摘。「不信任を選手全員で改めて確認した」と述べた。ただ、具体的な行動を起こす考えはないという。
 選手会は6月末にセ・パ両リーグと問題を調査する第三者委員会に対し、新コミッショナーの下での改革を求める要望書を提出している。
 また、来季から試合中のキャッチボールが禁止されることについて、反対の意向を確認。松原徹事務局長は「投手にとっては小さい頃からの習慣。米国に合わせるという理由で変えるのは納得いかない」と語った。[ 時事通信 7月19日(金)16時54分配信 ]
 

明日は06年以来7年ぶりの神宮開催。この時は青木がMVP。岩村が優秀選手とヤクルト勢が目立ったからね。
小川・石山・山哲・バレ・慎也と大暴れして,盛り上がる試合にしてほしい!


北海道 ☔ | Comment(2) | NPB | at 22:47 | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

藤浪、大谷らが開幕1軍=プロ野球

 プロ野球のセ、パ両リーグは27日、公式戦開幕日(29日)の出場選手登録名簿を公示した。新人ではセの4人、パの6人が開幕1軍入り。ドラフト1位ではセが巨人の菅野(東海大)、阪神の藤浪(大阪桐蔭高)、パが日本ハムの大谷(岩手・花巻東高)、ロッテの松永(大阪ガス)が選ばれた。
 米大リーグからの復帰組は、セが阪神の西岡と福留、パはソフトバンクの五十嵐が登録された。
 故障や調整遅れで外れたのは、セではヤクルトのバレンティンと川端、中日の浅尾ら。パはロッテの里崎らが漏れた。[ 時事通信 2013/03/27-16:21 ]


開幕を翌々日に控え,公示が発表されました。スワローズの開幕一軍メンバーは以下の通り。高校野球風にまとめてみました。あくあでヤクルトでの回数ですのであしからずどすからず。

【投手】
15村中恭兵(4年連続5回目)
19石川雅規(9年連続10回目)
20山本哲哉(初)
21松岡健一(5年連続5回目)
25館山昌平(5年連続6回目)
26久古健太郎(2年ぶり2回目)
34バーネット(3年連続3回目)
45日高亮(3年連続3回目)
51藤田太陽(初)
67平井諒(2年連続2回目)
【捕手】
2相川亮二(5年連続5回目)
28田中雅彦(初)
52中村悠平(初)
【内野手】
00川島慶三(2年ぶり4回目)
6宮本慎也(15年連続18回目)
7田中浩康(9年連続9回目)
8武内晋一(6年連続7回目)
33畠山和洋(5年連続5回目)
46谷内亮太(初)
48岩村明憲(7年ぶり9回目)
68森岡良介(2年連続3回目)
【外野手】
0比屋根渉(2年連続2回目)
9飯原誉士(8年連続8回目)
41雄平(2年連続5回目)
50上田剛史(2年連続2回目)
57松井淳(初)
85ミレッジ(2年連続2回目)

新人移籍組を除くと山哲悠平松淳が嬉しい初の開幕一軍。こう並べると滑り込みセーフの誉士はもはやベテランの域ですな。。

で,毎年やってた順位予想ですが,今年はしません(キリッ
だって毎年ヤクルトって言って外れちゃうんですもん(涙)

とりあえずクラシリ進出予想だけ。
セは讀賣ジャイアンツ東京ヤクルトスワローズ広島東洋カープ。パは千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークス(地理的に東から)

落合さんが予言してるから中日ドラゴンズは5位に落ちるのではないかと。
特にセは契約最終年(高木・小川・野村・中畑)とV逸なら解任が既定路線(原・和田)の感があるので,優勝チーム以外の全球団監督が変わる可能性すらありますからねぇ。。
明後日から始まるシーズンがその意味でも激動のペナントレースとなることを期待して。

今シーズンも試合見聞LOGを宜しくお願い致します!
| Comment(0) | NPB | at 21:18 | 更新情報をチェックする