2020年05月25日

6月19日に無観客で開幕 史上最も遅いスタート―プロ野球

 日本野球機構(NPB)は25日、オンラインによる12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた今季公式戦開幕日を、6月19日に設定することを決めた。
 プロ野球の開幕が遅れるのは、東日本大震災が発生した2011年(4月12日開幕)以来。2リーグ制後で最も遅いシーズン開幕は1973年の4月14日だったが、これより大幅に遅れることになった。当面はプロ野球の公式戦では初めてとなる無観客試合で開催される。
 会議後の記者会見で斉藤惇プロ野球コミッショナーは「これから入念な準備を怠りなく進め、慎重に運営していくことが何より重要」と述べた。
 プロ野球は新型コロナの余波で、なかなか新たな開幕日を設定できず、既に5〜6月のセ・パ交流戦と7月のオールスターゲームの中止を決定。6月19日に開幕しても、1球団の試合数は同一リーグ内の120試合になる見込み。日本シリーズは11月21日開幕を予定している。
 各チームは自主練習から本格的なチーム練習に移行し、移動リスクを考慮しながら6月2〜14日にかけて練習試合を行って開幕に備える。
 2軍のイースタン、ウエスタン両リーグ公式戦も6月19日に始まる。[ 5/25(月) 18:05配信 時事通信 ]


緊急事態宣言の解除をもって,開幕日が決定。
3月20日の開幕延期→4月10日以降→4月24日→当面延期。さらにセ・パ交流戦とオールスターの中止。

正直婚期今季絶望かと思った時期もありました。モチベーションすら見いだせなかった頃を思えば,また野球を観られようになるだけでも感謝しなければなりません。

でも人間は喉元過ぎると熱さを忘れてしまうから,早く観客入れてくれーと次の欲求が湧いてしまいます。

選手においては,約2ヶ月間の実戦感覚を取り戻しつつ,基本6連戦×20週という過密日程を乗り切るだけの体力。さらには観客が居ない中での集中力など,全く先の読めないペナントレースとなるだけに,こればかりは本当に予想もつかない一年になりそう。

まずは一歩進めた日。野球のある日常まであと少し。
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:09 | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

開幕日、決められず 緊急事態全解除後に設定へ―プロ野球

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されている今季公式戦の開幕日について、政府の緊急事態宣言が全国すべてで解除された後、できるだけ早い段階で設定する意向を示し、この日の決定を先送りにした。
 Jリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」後にオンラインによる12球団代表者会議を開き、既に12球団で一致している6月中旬から下旬での開幕日を検討。中止となったセ・パ交流戦明けの6月19日を基本に話し合ったとみられ、斉藤コミッショナーは「解除というのが最低条件。来週解除されれば早い段階で日程、(開幕の)開催日などをお話しできると思う」と語った。
 また同コミッショナーは希望する選手、関係者らに新型コロナ感染歴を把握できる抗体検査や、感染の有無を迅速に確認できる抗原検査を実施する方向を示した。
 次回の12球団代表者会議は25日に開催予定。 
 ◇新型コロナウイルス感染でのプロ野球界の動き
2・26 残りのオープン戦を無観客試合で行うことを決定
3・ 2 サッカーJリーグと合同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」設立を発表
   3 第1回対策連絡会議開催。予防策などを協議
   9 第2回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議で3月20日の公式戦開幕延期を決定
  12 第3回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議で開幕は4月10日以降で一致
  20 当初の開幕日
  23 第4回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議で4月24日開幕を目標に設定
  27 阪神が藤浪晋太郎投手ら3選手の感染を公表
  31 パ・リーグの球団社長会議で開幕再延期で一致
4・ 3 第5回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議で4月24日開幕の当面延期を決定
  17 12球団代表者会議でセ・パ交流戦の中止を決定
  23 第6回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議で、開幕した場合でも当面は無観客試合とする方向で一致
5・11 第7回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議、実行委員会などを開催し、オールスターゲーム(7月19、20日)の中止を決定
5・22 第8回対策連絡会議開催
     12球団代表者会議を開催し、政府による緊急事態宣言がすべて解除された後に開幕日を設定する方針を確認[ 5/22(金) 21:55配信 時事通信 ]


開幕日決定へ、あと一歩 自治体との協議も進む―プロ野球
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が首都圏4都県と北海道で解除されていないことから、プロ野球の新たな開幕日は発表されなかった。ただ、斉藤惇コミッショナーは「解除が正式に発表されれば、われわれとしては(レギュラーシーズンの)開催日を、練習試合も含めて発表できると思う」ときっぱり。25日に見込まれる政府の決定次第で、開幕へ本格的に動きだすところまで前進した。
 この日、東京都の小池百合子知事が、緊急事態宣言が解除された場合の休業要請を段階的に緩和するロードマップ(行程表)を発表し、第1段階で無観客であればプロ野球の開催を可能とした。球界関係者によると、東京が本拠地の巨人とヤクルトは開催に向けての協議を進めている。既に解除されている地域の球団も、それぞれ自治体と話し合いをしており、公式戦開催への足場を固めてきた。
 感染防止策などを記載したガイドラインも最終的な詰めの段階。新型コロナの検査を実施するかなど課題はあるが、斉藤コミッショナーの穏やかな表情に、先の見通しがついた安堵(あんど)感が表れていた。[ 5/22(金) 22:00配信 時事通信 ]


専門家会議見聞LOGの8回目。開幕日決定には至らずも,なんとか開幕まではこぎつけそうかなぁと。少なくとも先月の真っ暗闇からは脱した感。
開幕日と同時に,試合数と日程が明らかになるようだが,報道からも察するに19日からの大筋の合意は出来ているのだろうなぁと。

あとはリスクとの兼ね合い。ゼロを公約に掲げて当選した知事が,4年の任期終了間際にゼロを実現しようと「東京都ロードマップ」*というカタカナ語で段階=ステップを設けたようだが,ゼロリスクを求めれば求めるほど観客動員への道のりは険しくなるばかり。
*イベント開催は、ステップ1では50人まで、ステップ2で100人まで、ステップ3では1000人まで可能。

交通事故の可能性があるから。病気に罹る可能性があるから。これでは社会経済活動が一歩も前に進まないではないか。ゼロリスクを脱せよ!と願うばかり。
東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:58 | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

プロ野球、史上初の球宴中止 開幕目標は6月中旬以降

なんだか専門家会議見聞LOGと化しつつありますが・・
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期されているプロ野球で、7月19日に福岡ペイペイドーム、同20日にナゴヤドームで予定されていたオールスターゲームの中止が11日に決まった。1951年から開催されてきた球宴の中止は史上初めて。今年で開催70回目の節目を迎える予定だった。
 日本野球機構(NPB)は11日に12球団代表者会議を開き、その後のウェブ会見で斉藤惇コミッショナーは開幕の遅れにより、球宴に出場する「選手を選択できるかという問題があった」と述べた。球宴はセ、パの2リーグ制となった翌年から始まり、昨年まで対戦成績はパ・リーグの85勝79敗11分け。
 若手対象に松山で7月13日に予定されていたフレッシュオールスターゲーム(坊っちゃんスタジアム)も中止となる。
 11日はNPBとサッカーJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第7回会合がウェブ上で開かれ、感染症の専門家チームから「緊急事態宣言が延長された状況で、(公式戦)開催の日程を具体的に決めることは難しい」との見解が示された。
 これを受け、12球団は開幕日の設定はしなかったものの、斉藤コミッショナーは「6月の半ばから下旬にかけて開幕を目指すことで一致した」と述べた。開幕しても、当面は無観客として行われる見込み。次回の新型コロナ対策連絡会議と12球団代表者会議は22日に開催される予定。[ 5/11(月) 19:14配信 時事通信 ] 

第7回会議。当初は今日を目途に開幕日決定ということだったが,緊急事態宣言が今月末まで延長されたということや,「社会の常識とずれてはいけない」ということでまたもや先送りに。

東京都の本日の感染者数は15名。大阪は1名。一周回って自分自身のこの感染症に対する捉え方も落ち着いてきました。私はデータや数字で物事を捉える節があるのでそれを踏まえて。
世界の新型コロナ感染者411万人 ロシア急増、死者28万人超
 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の日本時間11日夜の集計で、世界の新型コロナウイルス感染者は411万人となった。最多は米国で約133万人。22万4000人超のスペインに続き、10日ほどで感染者が倍になったロシアが22万1000人超と世界で3番目に多くなった。
 その他は順に、約22万人の英国、イタリア、17万人超のフランス、ドイツ、そしてブラジルが約16万人と急増している。
 世界の死者は28万人を超えた。7万9000人以上の米国が突出。約3万2000人の英国、3万人超のイタリアが続き、この3カ国で全体の半数を占める。[ 5/11(月) 19:51配信 時事通信 ]

やはり欧米と比べると日本含めてアジアの感染者数死者数が相対的に少ない。これはBCG仮説が有効なのか。もしくはヒト白血球抗遺伝子レベルなのか。結果論ではあるが。

あとは重症化と致死率。
covid19.jpg

30代 感染者2267名 死亡:2 重症:7 
20代 感染者2458名 死亡:0 重症:4 
10代 感染者356名 死亡:0 重症:1
10歳未満 感染者253名 死亡:0 重症:1
30代以下の感染者5334名に対して,重症者は13名。率にして0.0024。野球に例えたら2厘4毛。20代以下の若者の死者は0。インフルエンザ脳症では子供も亡くなっているのにコロナは0。もはやこれは交通事故に遭う危険性があるから外に出るなということと同じレベルじゃないかと。

また専門家会議の尾身茂副座長が,国会の場で実際の感染者数は「実は10倍か、15倍か、20倍かというのは、今の段階では誰も分からない」と答弁したようだが,これも感染者数という母数が増えれば増えるほど,重症化率・致死率はもっともっと下がっていく。

あと最近思うことは夏場のマスク。上の数字のように,コロナに罹るより,熱中症に罹るリスクの方がよっぽど高いのではないかと。

次回の代表者会議は11日後。22日(金)だそうです。
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 21:10 | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

公式戦、当初は無観客で 開幕日は5月11日にも決定―プロ野球

 プロ野球12球団は23日、オンラインによる代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で6月以降に延期されている公式戦について、開幕した場合でも当面は観客を入れずに開催する方向で一致した。斉藤惇コミッショナーは「最初のうちは開幕しても無観客で開かざるを得ない」と述べた。プロ野球公式戦が無観客で開催されれば初めてとなる。
 23日午前に行われたJリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」で感染症専門家チームからの提言を受けて対応した。
 また、斉藤コミッショナーはこれまで4月下旬から5月上旬に決めるとしていた新たな開幕日を、5月11日に予定されている次回の代表者会議で決定する意向を示した。
 プロ野球は当初、3月20日の開幕を予定していたが、新型コロナの感染拡大が続き、5月中の開幕も断念。同26日からのセ・パ交流戦全108試合の中止も決まっている。[ 4/23(木) 20:23配信 時事通信 ] 


第6回対策連絡会議。開幕した場合でも当面は無観客試合とする方向で一致。「当面」というが当面が年内続くのではないかという懸念。球団と球場の収支。そして移動リスク。
移動リスク抑制が課題 プロ野球開幕
 無観客でのプロ野球開幕の想定に向けて、「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家からは、チームの移動に伴うリスクを抑える対策を十分考慮するように提言された。斉藤コミッショナーは12球団代表者会議後、「具体的な対策は決まっていない。今から検討していく課題になる。自治体とも協力し合う」と述べた。
 本拠地にこだわらず、感染が広がっていない地域で集中開催する案は浮上しているかと問われ、斉藤コミッショナーは「どこか球場を数カ所決めてそこでしかやらないとか、具体的な話は出ていない。考え方としてはいろいろあるから、今後、そういうことは考えられていくと思う」と検討の余地があるという認識を示した。[ 4/23(木) 19:01配信 時事通信 ]


2月下旬から続く「ここ1〜2週間」の無限ループ。瀬戸際→重大局面→正念場ときて今度は分かれ目だそうです。
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 21:25 | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

プロ野球、今季交流戦は中止 5月中の開幕も断念

 プロ野球12球団は17日、オンラインによる代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月26日から計108試合を実施予定だったセ・パ交流戦の中止を決めた。2005年から始まった交流戦が中止されるのは初めて。
 斉藤惇コミッショナーは記者会見で、5月中の公式戦開幕を断念することも表明し、「非常に重たい決断。12球団の皆さんのご意見を拝聴し、やむを得ず(交流戦中止を)合意した」と語った。今年中止となった対戦カードは来年に持ち越す予定。
 レギュラーシーズンは各チーム143試合から交流戦18試合を削減した125試合の実施を目指す方針で、新たな開幕日はこれまで通り4月下旬〜5月上旬に判断する予定。また、開幕直後の試合を無観客とするかについて斉藤コミッショナーは「環境、状況次第だが、私としてはそういうことも否定できない」と述べた。
 会議では7月のオールスターゲームやクライマックスシリーズ、日本シリーズの開催可否については議論しなかったという。
 プロ野球は当初、3月20日の開幕を予定していたが、新型コロナの感染拡大が収まらず、目標としていた今月24日の開幕も断念。試合数削減に向けた議論が進んでいた。[ 4/17(金) 17:17配信 時事通信 ] 

4月24日の開幕を断念当面延期の発表から2週間。
その間に緊急事態宣言が東京神奈川埼玉千葉大阪兵庫福岡の7都府県から全都道県に拡大され,本日5月の開幕断念交流戦の中止が決定。

台湾プロ野球は無観客で開幕。韓国プロ野球も来月には無観客で開幕予定と,アジア諸国はコロナ封じに一定の兆しを見せているものの,日本は一向に収まる気配は無し。どうしてオリンピックの延期が発表されてから急速に感染が拡大しているのか。この疑問は拭えない。

とてもじゃないが「5月6日」で宣言が解除されるとは思えず,今度は夏休みまでとなりそうな気しかしないのだが・・

開幕出来ても無観客。夏の甲子園も無し。今年一年は野球場に行けない覚悟まで出来たが,このままダラダラしていればとてもじゃないが来季すら見通せなくなってしまいそう。況や来年のオリンピックをや。

東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

4月24日開幕断念、当面延期 レギュラーシーズンの試合削減へ―プロ野球

 プロ野球12球団は3日、東京都内で代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、目標としていた4月24日の開幕を断念し、今後の感染状況を考慮しながら、新たな開幕日は4月下旬〜5月上旬に決める方向で一致した。これにより、5月以降の開幕が決定的となった。
 3日午前にJリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」で感染症専門家チームから「4月の開催は非常に難しい」との提言を受けて対応した。
 会議後の会見で斉藤惇コミッショナーは、「(感染が)収まるどころか、ますます厳しくなっている。本日の時点で開幕日を設定するのは困難」と述べた。開幕した場合の日程は、既に11月21日スタートにずらしている日本シリーズはそのままとし、各チーム143試合のレギュラーシーズンの試合数を削減する見込み。
 プロ野球は当初3月20日開幕を4月10日以降に延期し、3月23日の代表者会議で4月24日開幕に目標を定めた。その後、藤浪晋太郎投手ら阪神3選手の新型コロナ感染が判明したことなどで、パ・リーグは再延期することで意見がまとまっていた。[ 4/03(金) 18:59配信 時事通信 ]

9日ぶりの投稿。練習試合終了翌日に阪神・藤浪の感染が判明。さらには東京都内の感染者が一気に増え事態は急変。不要不急の自粛が要請され,ファームの練習試合も中止に。チームによっては活動休止となり,取材も自粛。試合はおろかもはや動く選手の姿すら見られなくなり,とうとう開幕は「白紙」に…

これまでの経過を振り返ると・・

 ・2/21 日本野球機構と12球団が感染防止のため共通の対策実施を確認
 ・2/26 臨時の12球団代表者会議でオープン戦を無観客で実施すると決定
 ・3/03 Jリーグと連携して「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置
 ・3/09 第2回対策連絡会議で開幕延期を決定
 ・3/12 開幕を4/10以降とすることを発表
 ・3/23 4/24の開幕を目指すことを決定
 ・3/26 阪神・藤浪PCR検査陽性判定
 ・3/27 阪神・伊藤隼,長坂の感染判明
 ・4/03 4/24の開幕断念

12月の日本シリーズ開催や無観客試合なども囁かれるようになりましたが,慎重に推移を見極めながら4月下旬〜5月上旬に新たな開幕日程を見極めるとのことだが果たして・・・

野球の無い4月。心にぽっかり空いた穴。。日に日に大きくなるばかり。虚無感。。
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:30 | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

{全セ 11-3 全パ

第2戦 全セ1勝1敗0分 ◇甲子園 45,217人
AP 003 000 000 3
AC 261 100 10x 11
○G菅野2,D柳2,T青柳2,C床田1,Tジョンソン1,T藤川1−T梅野
T近本1号@(B山岡)T原口2号@(高橋光)T梅野1号@(高橋光)B筒香1号B(高橋光)C鈴木1号@(二木)
【最優秀選手】近本光司(阪神)【敢闘選手】筒香嘉智(DeNA) 高橋周平(中日) 吉田正尚(オリックス)

3番C山田哲:左2(山岡)左安(高橋光)三振(美馬)
5番3村上:左2(高橋礼)左安(増田)

▼データ
 ・近本:サイクル安打(球宴史上2人目)
 ・全セ:通算79勝85敗11分

全セ2016年第1戦以来7戦ぶりとなる勝利は甲子園で阪神勢による阪神ファンのための球宴に。

20安打の猛攻。ヤクルトは山田村上がいずれもマルチで4安打。中日(周平)と広島が3安打。DeNA2本。巨人1本。ということで残り7本が阪神。
中でも先頭打者本塁打を放った近本。ルーキーの先頭打者本塁打は史上初。2回裏に二塁打。3回裏にライト前安打。これで3回で早くもサイクルリーチ。
5回裏の第4打席。左中間抜ければ三塁も狙えるかと思われたが,雨で打球が思うように走らなかったか二塁打。
そして7回裏第5打席。全パの外野陣が前進守備を敷く中で左中間を破り,レフトの返球と三塁の捕球のアシストがあっての記録三塁打。1992年古田敦也以来「27」年ぶり2度目の大記録が生まれた瞬間。

令和時代ならではの「忖度」にも映ったけれど,打球を外野まで飛ばしたこと,さらに1試合5安打も2001年ペタジーニ以来の記録ですからね。解説の古田氏も「抜かれたわけではない」というコメント。これもオールスターの良さでしょう。

一方で明日の朝あたり昭和のお爺様はこんなの記録じゃないとか言って全否定の「喝」を出しそうな気がしますがね。もう時代が違い過ぎて・・記録員が「三塁打」と判断しているのだからそれが絶対じゃない!
9者連続三振を「忖度」で記録したら物議を醸しそうだけど・・
兵庫 ☔ | Comment(0) | NPB | at 23:16 | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

{全セ 3-6 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇東京ドーム 44,791人
AP 020 002 002 6
AC 000 100 002 3
●C大瀬良2,B今永2,G山口2,マクガフ1,Cフランスア1,B山崎1−C會澤,S中村
T原口1号A(B山本)

【最優秀選手】森友哉(埼玉西武)【優秀選手】山川穂高(埼玉西武)山本由伸(オリックス)原口文仁(阪神)

1番C山田哲:中3(千賀)遊ゴ(有原)三振(宮西)
8番B村上:三振(千賀)三振(宮西)一ゴ(山本)三振(山本)
9番2中村:遊飛(宮西)三振(山本)
マクガフ:荻野(右飛)茂木(三振)秋山(三振)

▼データ
 ・全セ:5連敗,通算78勝85敗11分

昨夜があまりに夢の球宴すぎて,せっかくのオールスターが霞んで見えたヤクルトファンも多かったのでは?!

令和初のオールスターは東京ドーム。なんでも東京ドームは落成した1988年の第3戦(=結果的に昭和最後のオールスター)が開催された球場だとか。これも巡り。

休み無しとなる小川監督とつば九郎さんは移動という観点でも東京ドームで良かったですよね。これが札幌だ福岡ならたいへんたいへん汗

先頭打者山田哲の三塁打で始まる。思い起こせば1992年。古田敦也が球宴史上唯一のサイクルヒットを達成した時も,先頭打者で三塁打から始まった。記録を期待されたが・・・

5回裏は村上中村山田哲とヤクルト勢が宮西の前に僅か11球で三者凡退。

プラスワン投票で選ばれた原口の代打本塁打が生まれ,場内最高潮のムードのなか,村上の三振でゲームセット。
村上は初のオールスターフルイニング出場を3三振というデビュー。

伝え方。タレントだったり選手を放送席に呼ぶと,どうしても話が彼ら中心となり,目の前で進行しているはずの試合に集中出来ない。
場内のさまざまな『音』。それは登場曲であり,応援歌であり,歓声であるのだが,それを聴いて楽しみたいという層が一定数いるのだから,それが叶うといいなあ。

昨日のドリームゲームもそう。出川さんは出川さん。実況が話をふるだけにどうしても逸れてしまう。あと声のトーン。解説経験のある大矢さんや尾花さんは落ち着きがある語り口だし,現場の長かった八重樫さんは喋り慣れしてないというかボソボソに映ってしまう。

地上波独占のオールスターだけに,選択の余地が欲しい。『音』だけで伝わるものがそこにはある。

■NEXT GAME
 ・全セ(菅野)‐全パ(山岡)2回戦 甲子園 18:30
東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:26 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

]全セ 1-5 全パ

第2戦 全セ0勝2敗0分 ◇熊本リブワーク藤崎台 13,760人
AP 000 020 120 5
AC 000 000 010 1
G菅野2,C大瀬良1,T岩貞2,G上原1,S石山1,B山崎1,C中崎1−G小林,S中村
【最優秀選手】源田壮亮(西武)【敢闘選手】アルバース(オリックス)浅村栄斗(西武)宮崎敏郎(DeNA)

1番2中村 遊ゴ(加冶屋)
2番G青木 右2(岸)投ゴ(アルバース)
3番38坂口 中飛(アルバース)二ゴ(上沢)二ゴ(加冶屋)
4番HD山田哲 右安(上沢)中飛(森唯)
6番DHバレンティン 中飛(岸)遊併(アルバース)右飛(上沢) 

5番手石山 森友(投ゴ)柳田(三邪飛)浅村(右安)吉田正(右安)今江(右安)秋山(左飛)

▼データ
 ・全セ:4連敗,通算78勝84敗11分
 ・上原:43歳3ヶ月オールスター最年長登板

◆ポイント
 ・5回表0死無走者松田左2(レフトバレンティンファンブル間に三進)
 ・5回表0死三塁源田中2(センター坂口処理も二塁陥れられる)

全セというか緒方セントラル4連敗。2年連続してヤクルト&つば九郎は7月未勝利のまま後半戦へ・・

昨年に比べれば贅沢な悩みではありますが,全27アウトのうち10アウトをヤクルト勢が献上。唯一登板の石山も2死無走者からの3連打で1失点。
守備でも足を引っ張ったというか一瞬のスキをつかれてしまうというか・・。

バレは松田に,坂口は源田にそれぞれ打球処理間に1つ先の塁の進塁を許していた。バレはホームラン競争からのスタメン出場でお疲れもあったでしょうが,こういう細かいプレーの積み重ねがシーズンにもつながっているのかなぁ・・

熊本の野球少年が頻繁に映された中継。高校野球にせよプロ野球にせよ野球人口減少に対して危機感を抱いて取り組み始めているというのは感じます。実際私自身もちょうど30年前の夏休みに初めて神宮球場に連れていってもらって,ヤクルトがサヨナラ勝ちするという試合に魅せられて今があるわけですから,少年少女への投資は将来に還元されているというのは実感としてあります。

人口減少は何も野球に限った話でなく,日本全体が危機感を抱かなくてはならない問題。それなのに政治からはそれを全く感じられないのですが,本当にこれでいいんでしょうかね・・。

今日は試合中盤で松坂大輔がゲスト解説に。松坂と解説陣の昔話などその間はまったくグランド上のプレーが伝わってこなかった。思えば昨年までは大谷大谷で,昨日はそれが無かったので好印象を受けたんだということをふと思い出しました。

平成最後のオールスターがここに幕を閉じました。
熊本 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:06 | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

]全セ 6-7 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇京セラドーム大阪 33,497人
AC 032 000 010 6
AP 500 002 00x 7
○F宮西 D松坂1,Tメッセンジャー2,●Dガルシア(0-1)3,B東2−C會澤,G小林
C鈴木1号@(L菊池)B宮崎1号A(L菊池)B筒香1号A(Bs山本)
【最優秀選手】森友哉(西武)【敢闘選手】デスパイネ(ソフトバンク)鈴木誠也(広島)筒香嘉智(DeNA)

1番C山田哲 遊ゴ(菊池)中安(山本)遊直(ボルシンガー)中飛(森唯)遊ゴ(増井)
2番G青木 二ゴ(菊池)一ゴ(山本)一ゴ(ボルシンガー)
2番8坂口 二ゴ(森唯)
6番DHバレンティン 左2(菊池)三ゴ(山本)
6番HD中村 三振(内)

▼データ
 ・全セ:3連敗

◆ポイント
 ・7回表2死一塁坂口二ゴ
 ・9回表2死無走者小林中2

昨年比6倍となる6人が選出された2018年オールスターゲーム。
初回セ・リーグの先頭打者として山田哲人がヤクルトからは実に2年ぶりに打席へ。青木バレンティンと併せスタメンに3人が名を連ねる。やはりお祭りはこうでないとなぁとしみじみ実感できるオールスターになりました。

そしてプラスワン投票で自身7年ぶり2度目となる出場を果たした坂口。青木に代わってセンターの守備に入り,かつての本拠地京セラドームで,オリックス時代のタオルもあちこちで掲げられる中で7回表2死一塁で打席が。これもまた感慨深いものがありました。

6-7と1点ビハインドで最終回も2死。一人ランナーが出れば山田に5打席が回るという場面で打席には小林。
現状巨人の3番手捕手に成り下がり,スタメン落ちの日々。その鬱憤を晴らすかのようなフェンス直撃の一打。オールスターそしてWBCという舞台では強打を発揮もチームに戻ると苦悩の日々。。才能を活かしきれない環境がそこ(=巨人)にはあるのでは!?と感じずにはいられない。

オールスター中継で定着したテレ朝。高校野球100回大会企画で選手の出身高校&高校時代の映像を交えた中継も新鮮。中継中の現役選手ゲストも上原浩治のみ。上原自身も山本由の名前を挙げるなど,グランド上のプレーから脱線することもなく,それでいて野球殿堂入りを果たした原辰徳さん,松井秀喜さんのインタビューも挿入など,過去×現在×未来の融合した「今」を地上波で見せてくれたということには意味があったと思います。

■NEXT GAME
 全セ(菅野)−全パ(岸)2回戦 熊本藤崎台 18:30
 ・G菅野上原。熊本出身岩貞。C大瀬良中崎。そしてB山崎康晃&S石山泰稚。地域性も実力も万全の継投が出来そう☆
 ・Deロペスは打撃投手しかしてないけど,球宴明け最初のカードヤクルト戦には出てくるのかしら!?

大阪 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:59 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

[全セ 1-3 全パ

第2戦 全セ0勝2敗0分 ◇ZOZOマリン 26,407人
AC 001 000 000 1
AP 000 110 10x 3
G菅野2,T秋山2,●B井納(0-1)2,小川1,C薮田1−G小林,T梅野
G小林1号@(金子)
【最優秀選手】 デスパイネ(ソフトバンク) 
【優秀選手】 秋山(西武)鈴木(ロッテ)小林(巨人)

4番手P小川 鈴木(右本)大谷(左飛)松田(三振)秋山(左安)浅村(二飛)

▼データ
 ・全セ:通算78勝82敗11分
 ・2004年2戦2敗以来となる全敗
 ・小林:初打席本塁打(史上17人目セ6人目)初球(1970年ロッテ・有藤以来史上4人目)

2017年マイナビオールスターゲーム。全2試合18イニングでヤクルト選手の出番は1イニング時間にして8分でした。

唯一選出の小川の出番は7回裏。先頭鈴木大地にまたも本塁打を浴びる立ち上がり。続く代打大谷も2者連続本塁打でおかしくなかった飛球だったが,マリンの風に助けられレフトフライ。これが神宮ならまずスタンドインだったことでしょう。。
それでもストレートの球速は150km/hをマーク。気持ち的にも吹っ切れたような表情が窺えましたし,ヤクルトを代表しての出場。大役を務めて下さりありがとうございましたと。

しかしセ・リーグは連敗で,小川がベンチ入りしたチームはこれで7月13試合1分12敗と洒落になりませんよ(

以前は各球団の放映権のあるテレビ局で地上波中継というイメージ(東京ドームなら日テレ,神宮ならフジ)のあったオールスターも,ここ数年は完全にテレ朝で定着。
5回のインターバルに自局の夏休みイベント会場からの中継というのも定着しているのですが,せっかくのオールスターという祭りの空間。

現地に足を運んだ人なら絶対分かってもらえるこの日しかないマスコットたちの競演をお茶の間に届けてほしいものです。特に今年は謎の魚という新たな目玉もあったのだから・・・
しかも放送枠が余るほど早く試合が終了したため,スタジオ収録してあったものを流して場をつなぐ。これだって,試合後のグランドの選手とマスコットを映すことで,オールスターの魅力が伝わるのに本当に勿体ない・・

リレー中継のBS朝日ではそれが出来ていただけに,尚更感じたのでありました。12球団のユニフォームが咲き乱れる応援風景はそれなりに挟んでくれているとは思うのですが。

来年は京セラドームと震災復興熊本藤崎台球場で開催。熊本のマスコットといえばくまモン!くまモンに絡めて演出の改革を願いたいものです。
千葉 ☁ | Comment(2) | NPB | at 21:35 | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

[全セ 2-6 全パ

第1戦 全セ0勝1敗0分 ◇ナゴヤドーム 36,111人
AP 100 000 131 6
AC 000 101 000 2
Dバルデス2,G田口2,D岡田2,D又吉1,●Tマテオ(0-1)1,B山崎1−T梅野,B戸柱
B筒香1号@(菊池)
【最優秀選手】 内川(ソフトバンク) 
【優秀選手】 西川(日本ハム)秋山(西武)筒香(DeNA)

▼データ
 ・筒香:3試合連続本塁打(01年松井秀喜・中村紀洋以来6人目,史上7回目)
 ・糸井:両リーグからの出場(82人目)

オールセントラルといいながらも,ヤクルトからは1人も出場しなかったオールスター。
1990年からは古田敦也が16年間連続出場。2005年からは青木宣親が。そしてバレンティンを挟んで,2014年からは山田哲人とリーグを代表する顔が必ずメンバーに名を連ねていたのですが・・・

前回ナゴヤドームでオールスターが開催された6年前は,オールセントラルトータル「38打数15安打9打点」のうちヤクルト勢が「15打数7安打6打点 」とナゴヤドームのグランドを駆け回ったのですが・・・

お祭りの輪にすら加われない今年の歴史的なチーム状態を見事に映し出しているように思います。。

個人的に見どころは田口くんと番組中に流れたMr.Children & docomo 25th AnniversaryのCMだけでした…ゴニョゴニョ。

■NEXT GAME
 全パ(則本)−全セ(菅野)2回戦 ZOZOマリンスタジアム 18:00
 ・小川がどんな投球を見せ,どんな会話をしてリーグ戦に戻れるか。



愛知 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:55 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

/全セ 5-5 全パ

第2戦 全セ1勝0敗1分 ◇横浜スタジアム 26,760人
AP 000 030 110 5
AC 021 000 200 5
De石田2,T岩貞2,De井納2,秋吉1,D田島1,De山崎康1−De戸柱,T原口
De筒香2号@(涌井)C丸1号@(塚原)
▽最優秀選手 大谷(日本ハム) 
▽優秀選手 筒香(DeNA)鈴木(広島)浅村(西武)

7番D川端 中安(涌井)二ゴ(益田)
7番H5山田 右飛(有原)一飛(有原)
1番6大引 中安(有原)
3番H9バレンティン 投ゴ(有原)
6番HD中村 三ゴ(有原)
4番手P秋吉 左安(大谷)レアード(三ゴ)浅村(三振)今宮(一安)長谷川(中飛)

▼データ
 ・全セ:通算78勝80敗11分

◆ポイント
 ・8回表2死一二塁大谷右安

7回裏阪神原口のタイムリー二塁打で4−4の同点に追いつき,続く1番大引のヒットで原口が生還。5−4と勝ち越し。と同時に7回表を投げた秋吉に勝ち投手の権利が舞い込んだものの・・

スーパースター大谷が大引のMVPも秋吉の勝利投手も奪っていきましたとさ。。とほほのほ。

本日24歳バースデーを迎えた山田はスタメン落ち。途中からサードの守備に就くも,これで2年連続オールスター無安打。単なるお祭り男とは違うようですね。

昔の映像が随所に挿入されていたために尚更感じることになったのですが,9回表の康晃ジャンプなど,球場の雰囲気は本当に変わってきているなぁと。思い思いのユニを着て,華やかさが増しているなぁと。
思えばマスコットがオールスターに参加するようになったのって何時からだろう。少なくともイチローがピッチャーやった頃ってマスコットなんていなかったはずだから・・・


さぁ1日休んで後半戦!2試合連続本塁打の筒香がいるDeNAが相手。7/5-7の同一カード3連敗のリベンジから始めようヤ!!!
神奈川 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:34 | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

/全セ 5-4 全パ

第1戦 全セ1勝0敗0分 ◇ヤフオクドーム 35,653人
AC 000 120 002 5
AP 000 010 002 4
坂本1号@(石川)筒香1号@(則本)バレンティン1号@(則本)
G菅野2,○T藤浪2,C野村2,De三上1,Gマシソン1,C中崎1−中村,T原口
▽最優秀選手 筒香(DeNA)
▽敢闘賞 坂本(巨人),バレンティン(ヤクルト),栗山(西武)

2番D川端 二ゴ(和田)遊飛(石川)三振(則本)遊併(塚原)
4番C山田 三振(和田)遊飛(石川)三振(則本))
7番DHバレンティン 三振(石川)右本(則本)遊ゴ(マーティン)
9番A中村 右飛(石川)右安(則本)
5番6大引 三振(サファテ)

▼データ
 ・全セ:通算78勝80敗10分
 ・2002年7月12日第1戦(東京ドーム)以来のヤクルト監督率いる全セ勝利

◆ポイント
 ・9回裏0死無走者岡島遊ゴ,2死無走者レアード遊ゴ

ヤクルト目線で。
真中監督:日本シリーズ初采配初勝利!後半開幕DeNA戦を睨み石田,井納,山崎康を明日に回す采配。
中村:菅野・藤浪・野村・三上をリード。特に苦手とする野村対策のヒントを掴めたか?!
山田:オールスター8打席無安打。7回裏の守備から菊池と交代し,ベンチで坂本と談笑。休養とリフレッシュになったかしら?!
川端:フルイニング出場。打撃はサッパリ。今日は守備でアピール?!
バレンティン:オールスターでの本塁打は2011年第1戦(ナゴヤドーム)以来自身5年ぶり2本目。6月25日中日戦(神宮)以来だけに感触を取り戻してくれればいいのだが・・・
大引:7回裏の守備から実戦復帰。打席にも立てたということで,後半戦からの復帰にGOサインが出たと見てよろしいでしょうか?!

地上波は過去の映像と大谷の本塁打競争と大谷。野球に興味の無い芸能人の登用や番宣は無かったものの,もっと選手や試合に焦点を当てて欲しいというのが本音。
福岡 ☁ | Comment(0) | NPB | at 22:55 | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

|全セ 8-3 全パ

第2戦 全セ2勝0敗0分 ◇マツダスタジアム 45,012人
AP 000 012 000 3
AC 001 330 01x 8
C会澤1号@(ディクソン)D平田1号@(高橋朋)
C黒田2,○C前田(1-0)2,De田中健1,D大野2,バーネット1,T呉1−C会澤,中村
▽最優秀選手 会澤(広島)
▽敢闘賞 梶谷(DeNA),新井(広島),森(西武)

▼データ
 ・2007年以来の全勝(2戦2勝)
 ・通算77勝80敗10分け
 ・前田健太:通算4勝目(歴代3位)
 ・原監督:8勝目(歴代単独6位)

7番H雄平 FFB遊ゴ(吉川)二ゴ(十亀)BB投ゴ(十亀)
2番4山田 中飛(武田)
3番5川端 S投ゴ(武田)
6番2中村 
バーネット 柳田(中安)中田(遊併)SS松田(三振)

広島の広島による広島のためのオールスターでした。

完全に空気だったヤクルト勢。野手陣が投げさせた投球数は11球。投じた投球は5球。得点にも全く関わっておりません。。

そりゃ黒田ハイライト→カープ勢ハイライト→黒田ハイライトになりますよね。
試合そっちのけで黒田にインタビュー。それも2試合連続で。スポンサーさんの意向なのでしょうか。地上波局は逆らえませんからね。。

オールスターマスコットたちの競演など,オールスター観戦は現地に限るってことなんでしょう。
広島 ☀ | Comment(0) | NPB | at 23:14 | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

|全セ 8-6 全パ

第1戦 全セ1勝0敗0分 ◇東京ドーム 45,012人
AP 004 000 002 6
AC 011 023 01x 8
阿部1号@(涌井)
G菅野3,○T藤浪(1-0)3,G高木勇1,G山口1,De山崎康1−中村,C会澤
▽最優秀選手 藤浪(阪神)
▽敢闘賞 阿部(巨人),ロペス(DeNA),角中(ロッテ)

3番C山田 遊ゴ(大谷)三振(西)三失(涌井)
8番D川端 三直(大谷)三ゴ(西)右安(涌井)
9番A中村 中安(西)右安(涌井)
6番R9雄平

山田はホームラン競争でリズム狂っちゃったのカナ?
中村は打率10割。肩の力が抜けてコンパクトに振れた感じ。これがキッカケとなって後半戦の打撃にも期待したい!
お慎吾さまも初のオールスターでスタメンゲット!

ヤクルト的には古田敦也氏の野球殿堂入りも。

飲み会だったんでプロニューでしか映像確認できていないし,若干酔っぱなんでこのへんで失礼します。どろん。
東京 ☁ | Comment(0) | NPB | at 23:59 | 更新情報をチェックする