2017年08月20日

[東京ヤクルト 5-6x 広島

S 000 040 100 0 5
C 000 100 040 1x6
山中6,松岡1,石山1/3,H近藤12/3,●ルーキ(3-5)2/3−中村
バレンティン26号C(岡田)

▼データ
 ・6月6日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来今季7試合目サヨナラ負け
 ・優勝可能性完全消滅
 ・ビジター13カード連続負け越し
 ・バレンティン今季2本目,自身来日4本目満塁弾
 ・2試合連続満塁弾(2015年4月山田・畠山以来)

◆ポイント
 ・7回表0死一塁山中代打西浦投犠
 ・7回表1死一三塁山崎投犠(スクイズ成功)

敵地マツダスタジアムで2試合連続満塁弾が飛び出し,5−1と4点リードで8回を迎えたが・・・・

ビジター勝ち越しはまたしても叶わずこれで13カード連続負け越し。今季の勝率.500未満が確定し,優勝可能性も完全に消滅。

山崎のスクイズには采配を感じたが,終わってみれば継投は…ゴニョゴニョという展開。

6回86球。広島打線が打ちあぐねている山中をこちらが先に降ろして継投に入り,そして試合の流れも変えた。

4点リードの8回裏は石山。ブルペンの準備はそこまで本格的なものでもなかったのだろう。それがセットアッパーに対する信頼ってものだし。代えるとしたらルーキ一択。目標があればブルペンはストッパーのイニング跨ぎでもして勝ちに拘れた。でも残念ながら最早そんな状況ではない。

同点でルーキ。ホームチームなら抑えを先に出すのが鉄則だが,ビジターは必ず裏があるのだからその逆。6月30日以来17試合ぶりの失点で敗戦投手となった。
「仮に打たれることがあっても本塁打とか走者一掃ではない形の失点なら”変化”をより強く感じることになると思う」と書いた昨日の今日で失点。あわやホームランかなぁと思われたが結果はシングルヒットによる1失点のみ。良い方向に捉えていいんじゃないかと。

■NEXT GAME
 ヤクルト(石川?)−阪神(?)19回戦 神宮 18:00
 ・夏休み最後神宮6連戦
 ・2週連続阪神戦ということで敵情偵察して参りました( *`ω´)
DSC06702.JPG
DSC06706.JPG
DSC06527.JPG


DSC06643.JPG
広島 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 22:26 | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

[東京ヤクルト 5-0 広島

S 000 001 400 5
C 000 000 000 0
○小川(6-6)8,ルーキ1−中村
山田19号C(中田)

▼データ
 ・今季5試合目零封勝ち
 ・山田:2015年4月2日阪神戦(神宮)以来自身4本目の満塁弾
 ・小川:通算50勝目

◆ポイント
 ・6回表1死無走者バレンティン二安
 ・7回裏0死満塁代打西川一ゴ,代打エルドレッド三振,田中三振

ビジターユニでようやく10勝目を挙げました(ナゴヤドーム3,ハマスタ2,マツダ2,甲子園1,京セラドーム1,マリン1)。
BS1中継日でビジター今季初勝利。

フジテレビ三上真奈アナとの熱愛発覚後初の登板となった小川。薮田との投げ合いで5回まで互いに点を許さぬ投手戦。

均衡破れた6回表はバレの一塁への諦めない疾走から。
宮本慎也氏は9回表のバレに「全力疾走しない」「だからチームは最下位だ」と指摘したが,バレが本当に走らないならこの打球だってアウトになってたと思いますが( *`ω´)
西浦の守備なんかもそうだったけど,とにかくミスを取りあげ叱責するタイプに映ってならない。ミスを恐れるあまり萎縮しプレーが小さくなる。こういうタイプの指導者はもう現代に合わないと思うんですけどさぁ。。

話を戻してバレの内野安打から山田リベロと各停安打続いて1死満塁。
しかし大松は何故犠飛や併殺崩れを打てないと解説に苦言を呈されたボテボテのピッチャーゴロでバレが封殺。
2死満塁で中村。フルカウントからキッチリ見極めて押し出しによる先制点。

7回表は先頭小川がヒット。これまた走者小川ということで各停安打で1死満塁。ここで薮田を降ろすことに成功し中田廉にスイッチ。その中田から山田が打った瞬間それと分かる軌道は自身4本目の満塁弾。
実はプロ初の満塁弾は2013年10月6日マツダスタジアムで前田健太から放っていた。しかもこの時の本塁打は山田にとってまだプロ通算4本目の本塁打だった。ちなみに2本目がちょうど1年後の2014年10月6日。今をときめく山口俊から放った日本人右打者最多安打記録となるグランドスラム。

今日の小川の出来からしても十分すぎる援護かと思われたが・・・
味方の守備に足を引っ張られるイメージも強い小川。7回裏先頭松山の飛球はセンター上田あと一歩追いつけず。新井のショートゴロは西浦よく追いつくもグラブトスが間に合わず。安部は完全な4−6−3併殺コースも,焦ったか連鎖か山田がボールを握り損ね0死満塁。
ここからギアを上げた小川。代打の西川のファーストゴロはリベロが上手く捌いてくれたかなぁというプレー。そして圧巻のエルドレッド・田中連続三振。気合のガッツポーズ。

この回余計な球数を費やした分完封はならずも8回無失点で6勝目。10桁は不可能ではないところまで持ってきているのがさすが。これでプロ通算50勝。チームでは館山以来10人目。

ルーキはこれで16試合連続無失点。ルーキのイメージとして月に一度だけ派手に失点してあとは無失点というのがあったので,どこまでこの状態が続くか。仮に打たれることがあっても本塁打とか走者一掃ではない形の失点なら”変化”をより強く感じることになると思う。

■NEXT GAME
 広島(岡田)−ヤクルト(山中)20回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・今季2度目のビジターカード勝ち越しチャレンジ
 ・5/18巨人戦(東京ドーム)以降,1勝1敗で3試合目を迎えるのは7/2甲子園・7/30マツダスタジアム・8/13ナゴヤドームに続き4試合目。4度目の正直なるか?!
  
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:40 | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

[東京ヤクルト 0-1 広島

S 000 000 000 0
C 000 010 00x 1
●ブキャナン(6-10)6,松岡1,近藤1−中村

▼データ
 ・今季14度目の零封負け
 ・ワーストタイ借金33
 ・今季3試合目0-1敗戦
 ・70敗到達(リーグ最速)
 ・ブキャナン:10桁敗戦(来日1年目の10桁黒星は2014年のナーブソン以来球団史上4人目)

◆ポイント
 ・4回裏2死満塁磯村遊ゴ

ナンさまが菊池のソロ本塁打の一発に沈み零封負け。70敗到達。。

それでも8月に入って22回投げ自責点5。防御率は2.045。涼しいドームでの登板が2週続いたからという見方もあったが,屋外の広島でもこのピッチング。明らかに交流戦前後フル回転させすぎた。日本の環境の適応然りポテンシャルのある投手。お高くならない程度に契約してほしいものです。

2死満塁三遊間深い当たり。唯一間に合う可能性のある三塁で封殺。西浦の冷静な判断で試合になったという見方も出来るだけにポイントに挙げました。

攻撃に関してはもう細かく指示出していないのかなぁと。

 ・1回表0死一塁山崎左飛
 ・2回表0死一二塁中村左飛
 ・9回表1死二三塁奥村遊ゴ

犠打とかスクイズとか勝ちに拘るならベンチの作戦があってもいい場面。自由に打たせることは考えさせることの裏返しか。山崎なり奥村にはこういう状況でどういう打撃が求められたかというのを,試合後反省したのでしょうかね。

■NEXT GAME
 広島(薮田)−ヤクルト(小川)19回戦 マツダスタジアム
 ・BS1宮本慎也氏解説中継あり
 ・ビジユニ10勝目はいつ訪れるやら・・・
広島 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:44 | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

[東京ヤクルト 4-3 巨人

G 003 000 000 3
S 040 000 00x 4
○星(4-5)51/3,H近藤2/3,H松岡1,H石山1,Sルーキ(3)1−中村
荒木5号B(内海)

▼データ
 ・連敗,神宮連敗ともに3でストップ
 ・借金32
 ・星:6月28日巨人戦(福島)以来,神宮プロ初白星
 ・燕プロユニ7勝3敗(対巨人5勝3敗,対中日2勝0敗)

◆ポイント
 ・2回裏2死二塁山崎中安(二走西浦好走)
 ・3回表2死一二塁亀井左安(二走阿部本塁憤死)
 ・6回表2死満塁陽二ゴ(山田好捕タイミング微妙)
 ・8回表1死一塁長野三振(外角判定)小林代打相川三振

3回裏以降両軍得点なくそのまま終わるとは・・・

終わってみれば大きかった山崎のタイムリー。2回裏先頭リベロが2ベース,中村が死球で0死一二塁。対内海ということでスタメン起用された荒木が交流戦以来の一発で3点先制。
続く西浦が昨日から3打席連続となる安打で出塁。星がキッチリ送り1死二塁。坂口が倒れ2死二塁で山崎。2球で追い込まれながらセンター前へ。福地コーチもよく回してくれた?!西浦もよく走って4点目。すぐさま3点返されただけになお大きかった。

味方に点を取ってもらった直後の星。1点差に詰め寄られ尚2死一二塁。亀井のヒットで二走阿部を回した巨人サイド。バレのノーバウンド返球。コリジョンもなく防いだ4点目。

内海を12/3回で諦め宮國へスイッチ。その宮國から1点も奪えない。これは巨人に流れが行く展開。

案の定6回表。1死無走者山田の落球から招いたピンチ。1死一二塁小林に3−2から四球。打たれるよりマシだったか?!満塁となって近藤にスイッチ。代打橋本到を三振。そして陽のセンター前抜けそうな打球。エラーを取り返すべく諦めなかった山田。捕ってからグラブトスでもないが,小林の鈍足にも助けられタイミング微妙ながらフォースアウト。

登板機会は稀ながらルーキはこれで3試合連続セーブ。ここ2試合は6回近藤7回松岡8回石山が最少リード1点を守ってルーキにつないでいる。7回以降3イニングで7奪三振(1つは振逃)。危なげなしの15年型勝利。来季を見据えてルーキのストッパー固定でバーネットのように化けがあるかも知れない。
となれば秋吉をセットアップで使えるようにもなる。投手の組立は後ろから。

■NEXT GAME
 広島(中村恭)−ヤクルト(ブキャナン)18回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・ビジターです。ビジユニです。
 ・ナンさま打球が当たるマツダスタジアム。
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:42 | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

[東京ヤクルト 2-8 巨人

G 011 004 110 8
S 000 000 020 2
●原樹理(2-8)6,村中2,中澤1−西田
西田1号A(山口)

▼データ
 ・1970年終了時以来借金33
 ・2014年6月22日オリックス戦(神宮)以来1試合4失策
 ・原樹理:自身5連敗,自身ワーストタイ8敗目
 ・対マイコラス:来日以来8連敗,神宮4連敗

◆ポイント
 ・6回表1死一塁長野投ゴ失(セカンド悪送球)
 ・6回表2死一二塁小林中3(前進守備)

TOKYO燕日には程遠い悪天候。霧雨。9月下旬の気温。
レフト5ブロック開放もお寒い限り。。

マイコラスの出来からして長野・坂本・阿部の3発で試合は決したかもしれない。
それでもその後の集中力を欠いたプレーの連発はお金を取るプロの闘いとして実に虚しい限り。。

6回表1死一塁。長野のピッチャーゴロ。足元が悪いのも確かにあったかもしれないけれど,ここでキッチリダブルプレーとっていれば,チームだってまだまだってものを見せられたはず。そこからの失点。

6回2死一二塁。小林を迎えて前進守備というのも完全に舐めたプレーに映った。ヤクルト戦の小林はWBCの小林と一緒。左中間真っ二つに破られるほどの前進守備に何の意図があったのだろうか。

村中登板時には藤井がエラー2つ。送球エラーとファンブル。それでもフェンスを恐れない好捕もあった。

4回の奥村(リベロ)と併せ計4失策。打てない守れないの最下位野球で借金33。
ホームゲームでの貯金も無くなった。70敗にリーチの69敗目。

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−巨人(内海)18回戦 神宮 18:00
 ・内海相手に今日途中出場からマルチの西浦は結果を出したいところ
 ・捕手は?
東京 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:47 | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

[東京ヤクルト 2-7 中日

S 100 100 000 2
D 103 003 00x 7
●由規(3-4)4,中澤1,近藤1,山本1,村中1−中村

▼データ
 ・1970年終了時以来となる借金32
 ・5カード連続負け越し
 ・ビジター12カード連続負け越し
 ・山田:猛打賞(今季5試合目)

◆ポイント
 ・6回裏1死一二塁福田左本

3ラン2発に沈み,またもビジターカード負け越し。

ビジユニでは今季未だにカード勝ち越し無し。18カード連続負け越し。残すは5カード(マツダ・甲子園・横浜・東京D・マツダ)16試合(+横浜・東京D各1試合ずつ)。不名誉な記録はどこまで続くやら・・・

初回先頭坂口が綺麗なヒットで出塁。2死二塁から山田がライト藤井のグラブを掠めるタイムリーで幸先良く先制。
しかしその裏先頭京田にバレの動きを突かれ二塁まで進まれ,1死二塁から大島にタイムリーですぐさま同点に。

3回裏2死二三塁でゲレーロに被弾。次はビシエド。一塁空いているとか関係無い場面。これは完全にやられたもの。

それでも直後の4回表に山田リベロの連続安打で1点返し2点差。ブキャナン,小川と連続完投で中継ぎ陣にも余裕があったこともあり,由規を4回で降ろし,小刻みな継投に出たが・・・

6回裏1死二塁からビシエドに死球。治療のため一旦ベンチに下がりインターバルがあった。再開直後の初球をドカン。見事な決め打ち。バッテリーは簡単にストライクを取りに来ると読まれていたのだろうか。

追いあげる力は無し。娘さんのお通夜に参列するため試合途中で東京に向かった森繁和監督に手向ける勝利となりました。。

ビジター中日戦全日程終了(3勝9敗)
4.2518:0010,0292:242-4●山中(0-2)7,ルーキ1−中村山中
4.2618:0021,3424:228-7ブキャナン5,ギルメット12/3,杉浦1/3,H石山1,Hルーキ1,○秋吉(3-0)2−中村岩瀬大引1号B(祖父江)
4.2718:0020,6552:370-2●原樹理(0-1)5,近藤2,山本1−中村又吉
5.2618:0023,2062:592-3x原樹理7,H石山1,●秋吉(4-3)2/3−中村福谷荒木3号@(小笠原)
5.2714:0026,4053:072-4小川50/3,近藤1,Hルーキ1,●石山(0-2)1/3,成瀬2/3−中村岩瀬
5.2814:0036,5132:467-1○星(2-2)7,ルーキ1,ギルメット1−中村バルデス
7.418:0019,7392:492-7●山中(0-4)42/3,松岡1/3,風張2,中澤1−中村鈴木バレンティン10号A(鈴木)
7.518:0020,2632:390-3●星(3-3)6,松岡1,中澤1−中村ジョーダン
7.618:0019,8393:023-4●ブキャナン(5-5)6,石山1,松岡1−中村バルデスバレンティン11号B(バルデス)
8.1118:0029,2042:3410-2○ブキャナン(6-9)9−中村バルデスバレンティン25号@(バルデス)山田18号A(バルデス)
8.1214:0026,7942:480-3●小川(5-6)8−中村若松
8.1314:0027,1762:552-7●由規(3-4)4,中澤1,近藤1,山本1,村中1−中村吉見

ビジター勝率.200からすると3勝9敗 勝率.333というのはまだマシな方というか・・・
9回2死無走者からサヨナラ負けを喫した5月26日。小川が離脱した5月27日。4月はまだ杉さまが投げていたんですね。。

■NEXT GAME
 ヤクルト(山中)−巨人(マイコラス)17回戦 神宮 18:00
 ・TOKYO燕日ということで燕プロユニで3連戦
 ・燕プロユニは8試合6勝2敗 勝率.750
 ・ただし天敵マイコラス
 ・阿部慎之助の通算2000本安打の神宮達成は回避できました
愛知 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:47 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

[東京ヤクルト 0-3 中日

S 000 000 000 0
D 000 100 02x 3
●小川(5-6)8−中村

▼データ
 ・ワーストタイ借金31
 ・今季13度目の零封負け
 ・若松:昨年7月9日ヤクルト戦(神宮)以来の白星

ビジター43敗目。実に10試合目となる零封負け。

大島の一発による1失点が重くのしかかる展開。最後の最後にゲレーロに被弾で勝負あり。

それでも小川は127球完投。先発再転向後最長の8回を投げ切った。本人は先頭打者を出さないことと低めに強い球を投げることをテーマに調整したようで,それには手応えを感じた模様。

「(小川は)よく投げていた。打つ方がチャンスを生かせなかった」という監督談話の通り。
チャンスらしいチャンスは7回表0死一三塁。奥村がエンドランを決めた場面。この奥村5回表も同じ0死一塁で走者を進められなかった(遊ゴ)。しかしその直後の打席でこうして結果を残す。これも若手の成長かと。

0死一三塁で小川。セーフティスクイズも実らず結果奥村を送る形で1死二三塁。しかし坂口,代打大松が走者を還せず。
若松には昨年7月9日由規復帰戦以来となる今季初白星を献上した。

■NEXT GAME
 中日(吉見)−ヤクルト(由規)19回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・ビジター中日戦最終戦
 ・ビジター12カードぶり2度目のカード勝ち越しなるか。。
愛知 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 19:19 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

[東京ヤクルト 10-2 中日

S 004 042 000 10
D 200 000 000 2
○ブキャナン(6-9)9−中村
バレンティン25号@(バルデス)山田18号A(バルデス)

▼データ
 ・借金30
 ・対中日戦4連勝
 ・対中日戦3試合連続10桁得点
 ・ブキャナン:6月17日日本ハム戦(神宮)以来今季2試合目完投勝利
 ・バレンティン:今季8度目猛打賞

◆ポイント
 ・2回表2死無走者坂口四球
 ・2回表1死一塁山崎一安
 ・2回表2死満塁リベロ遊失

初回息をするように2失点で今日もかと思いましたが・・・

ナン様の立ち上がり。1死一二塁ゲレーロのレフトフライで一塁走者二塁走者共にタッチアップされて,福田に2点タイムリー。ビジターということもあり今日もこりゃダメかと。。

2回表は2死無走者から坂口の四球。ここから始まった攻撃。
山崎は俊足活かして内野安打。2死というカウントも幸いし一走坂口は一気に三塁へ。バレはどん詰まりの当たりがライト前へポテン。これで1点返し,山田は四球で満塁。
リベロはショートゴロで3アウトかと思いきや京田が一塁へ悪送球。京田といい源田といい両リーグのゴールデンルーキーショートはヤクルト戦でエラーしてくれる印象。
そして中村が2死満塁から読み通りのタイムリーで勝ち越し。

あとはバレのかすったような当たりがセンターバックスクリーン中段に吸い込まれ,山の日に山田様がホームラン。

対中日戦に限ればこれで3試合連続10桁得点の勝利。
2016年から制定された”山の日”はこれで2年連続ナゴヤドームで勝利。すなわち未だ負けなしの不敗神話!!
ビジター11勝目。ビジユニ9勝中1/3にあたる3勝がナゴヤドーム・・・。

■NEXT GAME
 中日(若松)−ヤクルト(小川)18回戦 ナゴヤドーム 14:00
 ・若さまお久しぶり
 ・前回離脱したナゴドのマウンドに小川
愛知 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:01 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

[東京ヤクルト 1-6 横浜DeNA

B 000 010 023 6
S 010 000 000 1
星7,●石山(3-6)1,松岡―中村

▼データ
 ・4カード連続負け越し
 ・1970年終了時(59)以来借金31

◆ポイント
 ・2回裏0死二塁西浦二ゴ(進塁打)
 ・4回裏1死三塁西浦三振
 ・7回裏2死一塁星→代打飯原初球三ゴ
 ・8回表1死一三塁桑原初球スクイズ

星と今永。若い2人の見応えある投げ合い。

互いに失点は失投による1点ずつ。
今永は2回裏2死三塁藤井。次は星という状況で不用意に入った初球を。星は5回表先頭宮崎にこれまた初球を完璧に運ばれただけ。
ただ今永の前にチャンスらしいチャンスは2回。いずれも0死二塁から進塁打で1死三塁とした。しかしその最初の打者が内野フライと三振。仕掛けるにも至らなかった。ベンチは中村と西浦に自主性を与えたのか否か。でも西浦の進塁打なければ完封されてたような気もしちゃうけど。。

で。星の代え時。
まるで5月21日阪神戦(神宮)のように議論を呼ぶことに。
7回109球。2死から8番藤井がヒットを放ち星迄回ったことによる代打。三凡ならば続投だったのか?

解説野村弘樹氏は投手心理として決着着くまで投げたいと仰っていた。

5月21日は6回裏そのまま打席に立たせ7回も行かせ,結果スタミナ切れした。130球。ルーキーに投げさせ過ぎという批判の声もあった。
あれから3ヶ月。本人は勿論プロとして成長過程。一方チームは目先の一勝よりも来季を見据えるほかない状況。もう1イニングという声が挙がるのも必然かと。
相反する続投と継投―。球数との兼ね合い。また星の試合に分岐点を迎えることに。

試合の流れからすると先に動いたヤクルト。2番手石山から小技(浩康の犠打)を絡め1死二三塁とすると,ミスとスクイズで僅か2球で勝負を決められた。
特にエラー直後初球スクイズのラミレス采配。2勝1敗のローテーションもそうだし,完全な勝負師だなあと…

冷静さを失ったバッテリー。スクイズで一塁を指示したのも冷静さなのか。それとも諦めか。

借金30は1982年以来35年ぶりとのことでしたが,借金31は1970年以来47年ぶり。真中監督の現役時代の背番号でこの不名誉な記録。
ここから59まではこの1970年以来が続くようですが。いずれにしても最近気象情報でよく耳にする「50年に一度の記録的な」シーズンになっていることは確かです。

■NEXT GAME
 中日(バルデス)―ヤクルト(ブキャナン)17回戦 ナゴヤドーム 18:00
 ・明日からの3連戦で今季ビジター中日戦は全日程終了となります。2011年がこういう日程だったらなあ…
東京 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:55 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

[東京ヤクルト 2-7 横浜DeNA

B 032 000 002 7
S 010 000 001 2
●梅野(0-1)3,山本2,中澤2,成瀬2−中村
リベロ4号@(ウィーランド)

▼データ
 ・借金30
 ・梅野:プロ初登板,初先発
 ・リベロ:3試合連続本塁打

◆ポイント
 ・3回表1死一二塁ロペス暴投二三塁中犠
 ・9回表2死一塁ロペス左本
 ・9回裏0死藤井一ゴ

楽天藤平に次いで2人目。セ・リーグでは最速の高卒ルーキーデビューとなった梅野。
ヤクルトで高卒ルーキーが先発登板を果たしたのは,2008年8月30日由規以来。それ以前だと2007年増渕,2006年村中,2005年丸山貴,2003年高井,1996年石井弘がおります。

結果は3回3安打6死球5失点でプロ初黒星。
初回はプロ初三振を含む三者凡退の上々デビュー。
しかし2回にプロの洗礼。ロペスに初被安打,戸柱にプロ初被本塁打でプロ初失点。さらには2死一塁からプロ初盗塁を許し,一塁リベロに守備で足を引っ張られさらなる失点。
3回表は自分自身をコントロール出来なくなったか。5つの四球と2つの暴投で一人相撲を取ってしまった。

打席では非凡な打撃センスを魅せた。2死一二塁で迎えたプロ初打席でウィーランドから見事にライト前へ弾き返したが,前進守備のライト梶谷の返球にまさかのライトゴロ。走塁でも一瞬の心の隙を突かれ洗礼を受けた。

ホームラン,四球,暴投,走塁。すべてが勉強になったであろう梅野。3回表も暴投が無ければロペスは犠飛にならなかった計算。

ただベンチとしては昨日投げた近藤・松岡・石山・ルーキという勝ちパターンを温存出来て,明日に備えることは出来たはず。梅野の抜擢を明日に活かしたいところ。
山本−中澤と2イニングずつ無失点。ただ成瀬の2死無走者から四球→本塁打の失点は萎えた。

リベロが3試合連発。打球は右方向に伸びる。日本への適応力も発揮しつつあるか。
最終回。先頭藤井のファーストゴロ。藤井が途中で走るのを止めるくらい自分自身でファールと判定した打球。藤井がアピールするもベンチの真中監督は見てみぬふりなのか抗議すら求めず。こればかりは引っかかるところ。

観衆22,129人。夏休みに入ったものの,一塁側〜ライトスタンドはギッシリというほどではありませんでしたよね。。これが現実−。

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−DeNA(今永)18回戦 神宮 18:00
 ・負けない星
 ・負けない野村弘樹氏解説
東京 ☁ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:25 | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

[東京ヤクルト 8-5 横浜DeNA

B 200 003 000 5
S 004 020 02x 8
○山中(2-4)50/3,H近藤1,H松岡1,H石山1,Sルーキ(2)1−中村
バレンティン24号C(久保)山田17号A(久保)リベロ3号A(三上)

▼データ
 ・神宮連勝
 ・借金29
 ・対DeNA戦6月24日(神宮)以来の勝利
 ・バレンティン:2014年5月14日巨人戦(ひたちなか)以来今季初,来日3本目の満塁弾
 ・リベロ:2試合連続弾
 ・山田:今季4度目猛打賞
 ・対久保:15年5月19日以降6連勝

◆ポイント
 ・3回表1死一三塁宮崎二ゴ(三走筒香憤死)
 ・3回裏1死満塁バレンティン三邪飛宮崎落球→左本
 ・6回表0死一塁倉本捕犠桑原左飛柴田三邪

ホームでは貯金3のチームなんですよ。。

今日も立ち上がりヨーイドンで筒香に本塁打。ビジターなら諦めモードになるのだけれど,神宮のヤクルトはヤっぱり違う。

分岐点になりかねなかった3回表1死一三塁宮崎のセカンドゴロ三走筒香の本塁憤死。判定は自信をもってアウトながら,ラミレス監督の要求でビデオ判定に。中村が走路を塞いだかどうかの基準になったのだろうが,ホームタッチはあくまで流れの動作という判断。
三走が筒香。さらにはゴロゴーの指示が出ていなかったことも幸いしたか。いずれにしてもここで3点目が入っていたら試合は決していたようにも思う。

台風5号の影響か?!風の悪戯は魔空間属性の無いバレンティン。
3回裏。先頭の奥村が左中間に伸びる打球で二塁打。山中がキッチリ?!送って1死三塁。坂口山崎の連続四球。坂口のそれは一塁空いているので止む無しという考えもあったはず。山崎のそれは誤算だったか。
1死満塁でバレ。初球を三邪飛。一番萎える展開での落球。そして2球目打った瞬間それと分かる自身来日3本目となる満塁弾。

5回裏山田の登場曲をGReeeNから以前のSOUL'd OUTに戻した瞬間の本塁打。4点差で楽勝かと思われたが・・・

勝ち投手の権利を得ていた山中。足をつるアクシデントを乗り越え6回表もマウンドに上がるも戸柱梶谷に連続本塁打を浴びあっという間に1点差に迫られてしまう。。

火消ヤクは近藤−松岡−石山。最少失点を守り切るリレーはまるで2015年のあの頃のよう。こういう試合をホーム神宮球場では出来るのだから・・・やはり課題はビジターなんですよ。。。

リベロにも一発が飛び出しクリーンアップ揃い踏み。バレも打撃>>>守備ならば契約延長をお願いしたいだけに。

■NEXT GAME
 ヤクルト(梅野)−DeNA(ウィーランド)17回戦 神宮 18:00
 ・高卒ルーキー梅ちゃん先生がプロ初登板
 ・ルーキーイヤーに星・中尾・梅野が先発を務め,ドラ1寺島は何を想う。
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 23:04 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

[東京ヤクルト 5-6 阪神

S 010 300 001 5
T 002 010 30x 6
石川5,H松岡1,●石山(3-5)1,近藤1―中村
バレンティン23号@(能見)リベロ2号A(能見)

▼データ
 ・1982年10月15日以来借金30
 ・京セラドーム8連敗
 ・今季7度目同一カード3連敗

◆ポイント
 ・5回裏1死三塁俊介左安

ラッキーな先制点と両助っ人のアベックアーチでリードを奪い,石川が勝ちの権利をもって降板。しかし石山が伊藤隼に痛恨の一発を浴び逆転負け。
最終回ドリスの前に見せ場を作ったが…

石山は先月連続無失点を続けてきたわけだし…今さら責めてもというチーム状態だし。

石川、またも勝てず=プロ野球・阪神−ヤクルト
 ヤクルトの石川がまたも勝てなかった。5回を5安打3失点。勝ち投手の権利を持って降板したが、3番手の石山が3ランを浴びて逆転負け。「もっと粘って投げるべきだった。中継ぎに負担をかけてしまった」と自分を責めた。
 5月18日に4勝目を挙げたが、その後8連敗。走者を背負って簡単に打たれるパターンが目立つ。「勝てないからマウンド上でいろいろと考えてしまう。こういうときこそ、シンプルに投げないといけない」と言い聞かせた。[ 8/6(日) 17:53配信 時事通信 ]


石川も1つ勝てば楽になれるのだろうけど…最少リードでバトンを渡すのが苦しかった。

日々触れる記録。借金30は1982年10月15日以来ということで35年ぶり。自分はまだ1歳半だったので記憶にございませんわ…

■NEXT GAME
 ヤクルト(若手の抜擢?)―DeNA(?)16回戦 神宮 18:00
 ・原樹理にアクシデント
 ・「ローテは詰めはしない。2軍から若いピッチャーを呼びます」
大阪 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 23:12 | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

[東京ヤクルト 0-4 阪神

S 000 000 000 0
T 110 020 00x 4
●小川(5-5)6,山本1,中澤1−中村

▼データ
 ・1986年10月5日以来借金29
 ・京セラドーム7連敗
 ・対阪神3試合連続零封負け
 ・2試合連続12試合目零封負け
 ・ビジター11カード連続負け越し

◆ポイント
 ・特になし

秋山緊急降板も活かせず散発3安打零封負け。
借金29は1986年10月6日以来ということで平成になって初

監督談話の「手の打ちようもない」状態とは打線のこと?それともチームのことなのでしょうか。

7万人が集うにつれ更新が遅くなるものですが,正直に言うと今日は経過を追うのすら止めてしまいましたよ…。

■NEXT GAME
 阪神(能見)―ヤクルト(石川)18回戦 京セラドーム 14:00
 ・まずは点取りましょう。そうしないことには勝てません。
 ・藤浪に始まった京セラドームも今年は明日が最後。来年は1試合も組まれないことを祈りましょう(少なくともオリックス戦は無いので)
大阪 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:03 | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

[東京ヤクルト 0-3 阪神

S 000 000 000 0
T 000 010 20x 3
●ブキャナン(5-9)7,松岡1−中村,西田

▼データ
 ・ワーストタイ借金28
 ・京セラドーム6連敗
 ・今季11度目の零封負け
 ・ブキャナン:自身5連敗
 ・大引:今季3度目猛打賞
 ・NHK中継試合11連敗

◆ポイント
 ・5回表1死一三塁中村三振(三走奥村憤死)
 ・7回裏0死二塁中谷左本

試合時間2時間20分。京セラドーム6連敗。
ヤクルト、投打に元気なし=プロ野球
 ヤクルトのブキャナンが7回3失点で9敗目。バレンティンの失策で先制されながらも粘ったが、最後は中谷に痛い2ランを献上。「調子は良かった。一つのミスが致命傷になるということ」と悔やんだ。
 打線も4安打で無得点。真中監督は「メッセンジャーの状態が良かっただけにベンチが動かないといけなかったのに、できなかった」と無念さをにじませた。[ 8/4(金) 21:28配信 時事通信 ]


今季11試合目となる零封負け。菅野・メッセンジャー2試合。マイコラス・ジョーダン・ウィーランド・又吉・今永・中田・高木勇→篠原。
菅野はともかく,外国人投手にも計5試合捻られております。こちらもアレルギー。

メッセ相手に唯一無二のチャンスは5回表。
6番抜擢奥村と7番大引の連打で1死一三塁。中村を8番に置ける打順を組めるようになったが,その中村が初球スクイズ失敗。さらには偽走も仕掛けてみたものの・・・
首脳陣の要求に応えられなかった中村はこれでいわゆる懲罰交代という形になったのでしょうかね。

その直後にミスが絡んでの先制点。そしてダメのダメを押された中谷の一発でTHE END。。

ブキャ様は5連敗。しかし今日はドームでそこそこのピッチング。初めての日本の夏に身体がついていかなかったということで宜しいでしょうか。来週もドームなのでそこで真価が問われるか。

■NEXT GAME
 阪神(秋山)−ヤクルト(小川)17回戦 京セラドーム大阪 14:00
 ・7月2日以来のデーゲーム
 ・2時間20分で終われば試合終了までチェックできますが・・・関東某所へいざ♪
大阪 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:15 | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

[東京ヤクルト 7-5 巨人

G 410 000 000 5
S 100 202 20x 7
星4,山本1,近藤1,○石山(3-4)2,Sルーキ(1)1−中村
バレンティン22号A(西村)

▼データ
 ・バレンティン:2試合連続本塁打(今季2度目,来日36度目)
 ・ルーキ:来日初セーブ

◆ポイント
 ・4回裏1死一三塁大引右安
 ・6回裏0死二三塁大引遊ゴ

今日もヨーイドンで先頭打者弾。さらに2ラン&小林へのタイムリーで4失点。正直今日もダメかと思いましたよ。。


例年花火会場は人大杉で電波が混み合いスポナビアプリなりツイッターが読み込めない。さらに今年はこういう状況も相まって経過を気にせずにいたら・・・・



いやぁ(@_@)。やはり負けない星に生まれた星は何かを持っているということなんでしょうか。3回4回と更なる追加点を許さず97球を投げきったということも終わってみれば意味があったと。

あとは大引の存在の大きさ。西浦・奥村はこの生きる教材からベンチで何を学び取ったか。
1−5と4点ビハインドの4回裏1死一三塁。三塁ランナーを返す右方向への打撃。
3−5と2点ビハインドの6回裏0死二三塁。三塁ランナーを返すショートゴロ。高く弾んだ打球で二塁走者も三塁へ。

大引の後ろを打つ中村が4回裏1死一三塁,6回裏1死三塁いずれの場面でも犠飛で続いたというのもまさに最低限。

決めたのはバレンティン。打った瞬間それと分かる一発は空席もチラホラのレフト応援席へ。
0死一塁でキッチリ犠打を決めた山崎。あと何気にキラー内海から星の代打で安打を放った誉士の存在も。ここで打順がこういう巡りになったんだからね♪

■NEXT GAME
 阪神(メッセンジャー)−ヤクルト(ブキャナン)16回戦 京セラドーム大阪 18:00
 ・京セラドーム5連敗中
 ・ビジターデモガンバッテ
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:47 | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

[東京ヤクルト 4-10 巨人

G 302 002 003 10
S 000 102 010 4
●由規(3-3)6,松岡1,山本1,屋宜0/3,中澤1−中村
バレンティン21号A(畠)

▼データ
 ・対巨人戦5連敗
 ・ワーストタイ借金28
 ・3試合連続今季8度目10桁失点

◆ポイント
 ・1回表2死三塁阿部右本
 ・1回表2死村田中本

初回で勝負あった感。
その後も失点を重ね3試合連続の10桁失点。
6月の前売り段階で外野5ブロックビジター応援エリアを設けるも空席の目立つスタンドが印象に残りました。。

魅せどころとしては山崎の右中間方向の打球。俊足飛ばして一気に三塁へ。第3打席第4打席は左方向へ流し打ちでプロ初となる猛打賞。
その山崎を置いてバレは犠飛と本塁打で3打点。

2回裏1死一二塁で中村はファーストストライクをを簡単に打ち上げて一邪飛。そして藤井は牽制死。2回にして戦う姿勢を垣間見れなかったのも寂しい限り。

後半あまり追えていないのはお察しください…ゴニョゴニョ

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−巨人(内海)16回戦 神宮 18:00
 ・田口くんは来週の広島戦を睨んで回避ということでしょうか。当たらなくてよかった?!
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:24 | 更新情報をチェックする