2008年01月22日

押本、橋本、川島がヤクルト入団会見

 交換トレードで日本ハムからヤクルトに移籍した押本、橋本両投手と川島内野手の3選手が22日、東京・新橋の球団事務所で入団会見を行った。背番号は押本が65、橋本35、川島00。
 押本は「真っすぐで三振を取っていきたい。高田監督の下で野球ができるのはうれしい」と意気込み、昨季まで日本ハムでゼネラルマネジャー(GM)を務めた高田監督は「3人とも1軍の戦力になってくれるはず」と期待を口にした。


フリースポーツアナウンサーの深澤弘さん(元ニッポン放送アナウンサー)が東京支社長を務めていらっしゃる新潟県民FM放送FM PORTでは,日曜16:00〜「SUNDAY SPORTS BAR」という番組があり,毎週深澤さんが野球の裏話など多彩なスポーツ話を繰り広げてくれております。

20日の放送では,日本ハムファンのビルダッシュさんというリスナーの方からの「日本ハムは損したのではないか?」というメールに応える形で,今回のトレードについて裏話を聞かせてくれました。
それによりますと・・
 ・トレードは即戦力投手が欲しい日本ハム側が持ち掛けていた
 ・それに応じたのが高田さんのいるヤクルト
 ・藤井と川島慶で一度はまとまった
 ・あまりに両者の年俸がかけ離れており,不釣合いということで再度両球団で交渉
 ・投手が欲しい高田さんの希望で複数にまとまる
 ・高田さんは内外野どこでも出来る川島慶が大のお気に入り
 ・川島慶は内野で抜擢するだろう
 ・ヤクルトのぬるま湯体質に渇を入れる意味も込めた藤井の放出
 ・両球団の損得はシーズンが終わってみないと分からない
 ・とはいえ日本ハムは二桁計算出来る藤井を獲得できたことは大きい
大筋はこのような内容だったと思います。

・川島慶選手
「入団してから3年目ですが、これまで優勝、優勝と来ているので、スワローズでも優勝するつもりで頑張りたい。走攻守すべてを見てもらいたいですが、状況判断できる選手になっていきたい。監督を胴上げするために来た。何としても優勝したい」

藤井と1対1でまとまりかけた川島慶。是非このジンクスをスワローズでも続けて下さい!

P.S
リスナーのビルダッシュさんはヤクルトはセ・リーグの台風の目になるのではないかと分析されているようです。
その通りですよ!台風の目で一気にセ・リーグを掻きまわしますよ!!
| Comment(4) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 20:35 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現戦力の大幅入れ替え+若い投手陣+高田体制
今年のヤクルトは本当に期待と不安が大きい。
恐らく首位争いをしているか、ぶっちぎりで最下位をいっているかどちらかでしょう。
でもここまで楽しみなシーズンオフは初めてです。
期待の新戦力がどれほどの活躍をしヤクルトがどうなっているかなど興味が尽きません。
最下位という屈辱をバネにして一位になってほしい!!!

PS
加藤博一さんがなくなりました。
好きな解説者だったのですごくショックです。
なんでこの人が死ななければいけないのか・・と考えてしまいます。
Posted by hiro at 2008年01月23日 01:57
台風の目!いいですねぇ〜!
期待しちゃいます!
誰もが、あっ!と驚くような勢いを見せてもらいたいです!

Posted by syoga at 2008年01月23日 16:24
>hiroさん
自分自身でも極論からすると首位か最下位のような気がします。。ポイントは「勢い」に乗れるか否か。
駅伝見て思うんですが,やはり先頭一区で遅れを取ってしまうと,なかなか盛り返すのは辛いですからね。。そのためにも,開幕巨人3連戦というのは非常に重要な鍵になりそうです。
でも,いい方向に進むことしか考えてませんよ!!

加藤さん。。
「プロ野球ニュース」で曜日MCを務めておられましたが,お休みが多くなり,体調を懸念する声があったのですが,その後復帰され,本人もスッカリ大丈夫だと発言されていた記憶があったので,突然の訃報に驚きました。
選手からも慕われる声が多いようで,野球界のことを本当に考えてくださっている方々の相次ぐ訃報に心が痛みます。。。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by マーサ at 2008年01月23日 22:39
>syogaさん
スワローズファンはこうして当然のことながら期待しているのですが,日本ハムファンの方が,こう冷静に分析なさって下さっているということはホンモノです!

3強3弱の格差セ・リーグとしか見ていない解説者達を黙らせるようなペナントレースにしたいですね☆
Posted by マーサ at 2008年01月23日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック