2007年12月11日

巨人グライシンガー誕生 2年総額5億円、背番号は29

 巨人は11日、ヤクルトを自由契約となったセス・グライシンガー投手(32)の獲得を発表した。2年契約で総額5億円。背番号は29に決まった。
 グライシンガーは来日1年目の今季、30試合に登板して16勝8敗で最多勝のタイトルを獲得。球団を通じて「巨人が日本一となるよう全力を尽くしたい。今から原監督とコーチ陣のもとでプレーするのが楽しみ」とコメントした。
 清武英利球団代表は「補強の目玉の一つ。マネーゲームにはならず、言われているより安い額で契約できた」と話した。(金額は推定)


いやぁー,,ホントは昨日更新したかったんですケド,ビール会で終電帰りだったもので。。
でも一夜経っても怒り&呆れは冷めてませんから御安心を!さて,何から書いていいやら・・

2年総額5億円!?有り得なーい!!阪神はおろか,ヤクルト側の条件提示より少ないのに何で讀賣な訳??まぁあくまで”建前上”の金額で,実際はその倍と見て宜しいでしょう。それとも代理人の手数料が5億円か?

巨人軍は紳士たれ!?一応今年優勝したチームが最下位のチームからエース&主砲をWで奪うって,どこが紳士的なの??
まるでトランプの大貧民じゃん。大貧民(=ヤクルト)の手持ちの最高のカード2枚渡して,大富豪(=讀賣)さんからは不要な札[=戦力外]の斉藤を渡して・・ただこのトランプの世界には,最高のカードが最低のカードになる”革命”って言葉があるのを忘れるなよ!!ヤクルトが革命起こしてやるんだから!!!

最多勝の投手が翌年も同じような成績を残せると思うな!川上憲伸なんて隔年投手として有名ですが,外国人投手も近年,讀賣・ガルベス(16勝6敗防御率3.05→12勝12敗防御率3.32),中日・バンチ(14勝8敗防御率2.98→10勝8敗防御率3.38),ヤクルト・ホッジス(17勝8敗防御率3.41→5勝9敗防御率5.90)がいますが,いずれも最多勝の翌年は成績を下げてます。
グライシンガーも今シーズン最後5試合の成績は2勝3敗防御率4.97でしたし,他球団に研究・攻略されつつありましたから。それでも原監督は「フィールディング、けん制、クイック。すべてにおいてAクラス。外国人の助っ人として大いに期待したい」と高評価しているようで,今年同様の成績を残すと勘違いしているんでしょうね・・

2008年3月28日
・東京ヤクルト 5x-4 巨人
G 001 020 010 4
S 000 010 103x5
巨人の開幕投手上原は8回2失点の好投。9回から新守護神・クルーンがマウンドへ。ところが,先頭・川本に内野安打,続く鬼崎との間でエンドランを決められ無死1,3塁。ここで起用された代打・真中がライトスタンドへ逆転サヨナラ3ランを放ち,新生高田ヤクルトが開幕戦を劇的な勝利で飾る。

2008年3月29日
・東京ヤクルト 5-3 巨人
G 000 000 012 3
S 000 005 00X 5
序盤はヤクルト・藤井と巨人・内海による息詰まる投手戦。均衡が破れたのは6回。二死1,2塁から飯原が打ち上げたなんでもないレフトフライをレフトラミレスが目測を誤り後逸。打球が広くなった外野を転々とする間に,打った飯原も俊足を飛ばして一気にホームイン。これで動揺した内海は,ガイエルにも2ランを浴びこの回5失点。最後は五十嵐が阿部に2ランを許すも後続を打ち取り復帰後初セーブを挙げた。

2008年3月30日
・東京ヤクルト 7-4 巨人
G 210 000 100 4
S 313 000 000 7
プロ初登板初先発となった注目のルーキー・由規であったが,4回途中3失点KOとややほろ苦デビューとなった。それ以上に乱調だったのが巨人先発・グライシンガー。青木に先頭打者本塁打を許すと,その後も制球が定まらず計7失点。3回途中に背中に張りを訴え大事を取って降板した。ヤクルトは6年ぶりの開幕3連勝。一方巨人は3年ぶりの開幕3連敗。
東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | NPB | at 23:17 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと申し上げて良いのやら・・・。
あのチーム、なんとかならないもんなんでしょうかね〜〜〜ゞ( ̄∇ ̄;)
ならないですよね〜〜〜
セスさんが居なくなっちゃうことが、寂しいです。。。
Posted by syoga at 2007年12月12日 10:44
>syogaさん
今シーズンセスが居なかったらどんなに酷かったろうかと思うと・・・
でも最下位は変わらないのか?!

他球団で実績残した外国人選手を獲得。FAでも選手を獲得。若い選手が可哀想です。
フロントは何を考えているやら??
昔からのジャイアンツファンはこれで納得しているのか??
Posted by マーサ at 2007年12月13日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック