2007年12月07日

ヤクルトに韓国人右腕 林昌勇投手

 ヤクルトは7日、韓国・サムソンの林昌勇投手(31)を獲得したと発表した。3年契約(3年目は球団オプション)で1年目の年俸は30万ドル(約3300万円)プラス出来高。背番号は「12」。
 林投手は右横手からの150キロ台の直球が武器で、韓国で通算104勝168セーブ。同日、記者会見し「先発なら10勝、抑えなら30セーブはやりたい」と意気込みを語った。


新外国人投手獲得。
実績は申し分ないですね。ただ2005年に手術してから調子が上がらないとか?!ま,スワには手術を経験した投手が豊富ですからね。是非復活を!!
そういえば,右横手から150キロ近い速球を投げ込むというドラ1がかつて居たような・・・ただ韓国で実績残しているんだから,彼のようにノーコンって事だけはないですよね?!

その裏でコレ。
top.jpg

セブンイレブンに立ち寄った際,販促用にこの一面が飾ってあり,思わず足を止めてしまった自分・・・讀賣もよくもまぁ懲りないなぁ,,と,呆れるばかりでしたワ。
どぉせ出番無いんだから高校生とかドラフトで獲るの止めたら??
李スンヨプ,クルーン,ラミなら海外スカウト担当も要らんでしょう??

確かにこれまでの功績に感謝はしてるケド,やっぱり讀賣に行くとなるとねぇ。。。

奇しくも開幕は神宮で讀賣戦!
今年のイメージが強すぎて,春先に全然打てないなんてことは讀賣の首脳陣は知らないんでしょうねぇー
一死1,2塁のチャンスで併殺とかー
レフト線に飛んだ打球に追いつけずスワローズの俊足軍団(チョロ9)達があっという間に二塁打にしてしまうとかー
そんな光景が浮かびます。
「巨人軍は紳士たれ」で髭剃ったりとかもあるわけ?!ある意味楽しみだー☆

ベネズエラ国歌に乗せて
♪どこにも飛ばすなラミレス〜三振,三振ラミレス〜
| Comment(0) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 22:29 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック