2007年12月02日

HP7周年

2000年12月2日にホームページ「Fight!! SWALLOWS」を開設してから,今日でちょうど7年目を迎えました。

思えば取り巻くインターネット環境もこの7年で大きく変わりました。ダイヤルアップとブロードバンドっていうのが決定的に違いますからね!!3分10円単位で課金されてた当時。メール受信してから一旦接続切って返事を書いてからまた接続したりとかしてたよなぁ。。しかも接続にもページの表示にも,ファイルのアップにもやたら時間かかるし・・・ってのは置いといて,,,
ホームページが7歳の誕生日を迎えたこの日に,「ブログ」について思ってきたことを記事にしておこうと思います。

そもそもは情報発信を目指して開設したのがホームページでした。今思えば公式ページなりで存分に得られる内容ををわざわざ発信しなくとも・・と正直思えなくもないのですが。。。それでもHTMLを勉強して,ホームページ作成ソフトを使って,プロバイダーと契約してスペースを得て・・とそれなりの道を歩んだですけどね。。今となると,情報発信ツールという概念なんて無く,記録として残しておくためのツール。そんな位置づけになりつつありますかね!?でも「web1.0」時代からの貴重な記録として残し続けていきますよ!

さてさて,その「ホームページ」開設から5ヶ月後。レンタル「日記」のコンテンツを追加しました。試合を見て聞いて感じたこと思ったことを記しておく,自己表現の場を設けてみたのです。でも当時は,自分の中では読み手なんて想定していなかったし,閉じた自己表現の記録の列挙であったように思えます。。

時間軸と並行するように2004年後半辺りから「ウェブログ」という言葉が市民権を得るようになってきました。定義上は「ブログ」とWeb「日記」はほぼ同義に扱われていましたし,単なる流行だろうと,それ以降も「日記」形式で書き続けていきました。

ところが・・・。2005年10月。とうとう自分も「ブログ」に乗り換ることになりました。流行っている理由に頷けたからです。

「ブログ」はよく,誰でも手軽に作成出来る点や,コメントやトラックバックによるコミュニケーション機能がブログの売り文句にされていました。確かにそれも一理あるのですが…。
でも,それよりも。。。自分の中で一応5シーズン分の「日記」を書き続けてきてきたことで,それなりの歴史が形成されてきた事に気づき,またそのレンタル「日記」では,そのような過去の歴史にアクセスするのに,あくまで10日分を1ページとしたウェブページを[→次のページ]と,順々に追った上でスクロールしていくしかアクセス方法がないことに失望し始めていた・・・。
ところが,「ブログ」なら,記事ごとに固定のURL=パーマリンク(永続的なリンク)が割り当てられる。そして投稿と同時に,自動的に構造的な月別のアーカイブの作成,カテゴリー分け,カレンダー表示がなされる。「ブログ」のもつ,メディアとしての凄まじい可能性にようやく気づいたのです。チョット遅すぎましたよね(苦笑)

さらには「日記」では得られなかったコミュニケーションの側面も忘れてはなりません。まずは読者の存在。読まれることを意識することで,文章の書き方,自己表現の仕方,更新意欲の向上。など多くのメリットをもたらせてくれました。他にも画像の掲載が出来る点や,携帯からの投稿が可能な点。「ブログ」のもつ多機能さに驚きました。
ただその機能の一つであるアフィリエイトには手を出しません。あくまでメインは好きで書いてる記事ですので,これからもシンプルなデザインを重視していきます。


そして。。。
若松政権過去5シーズン分の「日記」を過去データとしてそのまま移動し,更に「ブログ」として古田政権2シーズンが経過しました。形はどうあれ,これで合計7シーズン分の歴史を築いたことになりました!!
自分自身,「書くこと」とか,何かを「続けること」というのを全く苦にしない性格も幸いしているかもしれません。
でも改めて・・
・これだけの年月を綴った個人の思考の記録がウェブ上に存在する
・今現在の断片的なことであっても,やがて過去となり振り返った時に思い出となる
・同時に2000年代という時代を描写している
こんな風に思うようになってから,すっごくこの「ブログ」に愛着が湧くようになってきたんです!!

これからも「ブログ」というものを書き続けることによって,更に価値を高められたらなぁと,思う次第であります。。

このブログを読んで下さる方々がいらっしゃるということは,自分にとって本当に嬉しいし,喜ばしいです。この場を借りて,皆様に感謝申し上げたいと思います。どうもありがとうございます!そして,もしお気に召して頂けましたなら,どうぞこれからも,末永く宜しくお願い申し上げます。


未来に向けて。
今後ブログという世界にも,飽和状態から廃りの時代が訪れるのか??
現在のブログのもつ機能性を更に超える新たなインターネットツールは登場してくるのか??
【NOTICEカテゴリの最新記事】
| Comment(0) | TrackBack(0) | NOTICE | at 00:00 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック