2007年10月22日

選手契約解除に関して

とうとう来てしまいましたね。

信濃グランセローズでは、下記選手と10月22日付で球団との契約を解除し退団致しましたことをお知らせ致します。
              記
【10月22日付 契約解除選手】
 小林史也(投手)背番号23 解除理由:本人の希望
 吉田章彦(投手)背番号11 解除理由:球団より戦力外を通告
 下條 剛(投手)背番号20 解除理由:球団より戦力外を通告
 小坂 英(投手)背番号22 解除理由:球団より戦力外を通告
 久米直光(野手)背番号0  解除理由:球団より戦力外を通告
                           以上

BCLにも訪れたプロ野球の厳しい側面。本人の希望は致し方ないにせよ,やはり非情にも球団より戦力外を通告されるというのがプロの世界・・

しかしながら,プロ野球(だけに限ったことではありませんが)「チーム」というのは,一年一年常に循環していくものですから,これはこれで受け入れていかないと,その「チーム」のファンなんて言えませんからね。
まぁこれが私自身の特定個人だけを追っかけるメジャーリーグを嫌う最大の理由でありまして。。

ただ導入初年度ということで,やはり情が湧いてしまいました。でも来年からはそう悠長にも言っていられないと思います。プロとして結果が求められて然るべきだと思います。当然のことながら首脳陣も。残された初代信濃選手達には一冬越して一層のレベルアップを期待します。

観る機会は決して多いと言えない私ですが,この2選手は何気に気になっていました。
11番吉田
松本初戦での歴史的大敗時の先発投手。初回9失点の当事者でした。以降故障で戦線離脱。ホーム最終戦に先発として1イニング登板というのもそれなりの覚悟で臨んでいたのではないか・・と。
0番久米
野手で最も少ない試合出場。でもベースコーチとして一生懸命だった。出番に備えバットも振ってた。少ない打席数とはいえ,実は3割超えている。
上武大出身者ですから,群馬新球団では「地元枠」になります。是非地元で再チャレンジを!と願う。。

そしてどうやら来季は以前提案した上信越と北陸の地区分けが実現するようですし,かなり上信越地区に肩入れ出来そうです☆ 内訳は
同地区(2球団)×18回戦(ホーム9試合+ビジター9試合)=36試合
他地区(3球団)×12回戦(ホーム6試合+ビジター6試合)=36試合
の合計72試合制の模様。

最後に苦言。某有名サイトで来季契約者の情報が流れていました。今こうして事実を知った上で,改めて振り返ってみると明らかに球団関係者による情報流出としか思えない。こうした行為果たして如何なものだろうか?
以下引用
557 :名無しさん@実況は実況板で:2007/10/20(土) 15:17:03 ID:ICIy405V
5人
565 :名無しさん@実況は実況板で:2007/10/20(土) 16:54:21 ID:ICIy405V
>>562 でほぼ正解
 ただし、キャッチャー入れ替えなし
 って、逆にいいのか?
574 :名無しさん@実況は実況板で:2007/10/20(土) 17:19:21 ID:w56Tj6aM
解雇が
●條、吉●、●坂、●米の4人
自主退団(未定?)が地元の1人
これでいいんかい?
575 :名無しさん@実況は実況板で:2007/10/20(土) 17:24:28 ID:ICIy405V
>>574
大正解
冴えてますね



長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | BCL | at 23:22 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久。トラバありがとう。何気に気に掛けてくれていたんだね。

今となっては県内県外関係なく、一人ひとり愛着ある選手になってるから、とても残念なんだ・・・。
これはNPBでの戦力外通告にはなかった感情だね。

どうやら新聞記事では、小林投手は海外挑戦、それ以外の選手はみんな再度BCのトライアウト受けるようなので、吉報を願うまでです。

ライバルになっても、惜しみない声援を送りたいものです。
Posted by やっち at 2007年10月23日 11:47
>やっちゃん
まぁ何気に。

「これはNPBでの戦力外通告にはなかった感情だね。」
分かりますね。県民球団というか,地元にプロフェッショナルチームがあると自然とこういう感情が生まれるのでしょうね。。
現在長野県としては唯一無二のプロ。大事にしていきたいです。

皆トライアウト受けるんだ。熱い野球への情熱をもってチャレンジして欲しいです。
Posted by マーサ at 2007年10月23日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック