2007年08月25日

東京ヤクルト 4x-3 横浜

B 200 100 000 3
S 000 100 021x4

攻めるが決め手を欠いた工藤の降板,完全併殺のはずが吉村の失策,クルーンが恐らく怪我で登板してこない。など相手に助けられた部分は大きいものの・・・二夜連続のサヨナラ!!!

シコースキー・吉川・伊藤・花田の中継ぎ陣が5回以降ベイ打線を0封したのが大きい!特にプロ2試合目の登板となった四国IL出身伊藤。初登板は緊張で全く前が見えなかったらしいですが,その1試合のみでファーム落ち。開幕シリーズ以来の一軍で,流れを呼び込む好投!!これからも頑張って欲しいですね!

あ,忘れてた・・>眼鏡
昨日も思ったが,何故サヨナラのランナーに直ぐ代走を送らない??
昨日:11裏先頭城石四球出塁→青木凡打後代走三木
今日:9裏ラミ併殺崩れ→ガイエル右安後代走志田
足の速いランナーが一塁上で投手に神経を使わすだけでも,打者は相当有利になるんだからさぁ。。


【東京ヤクルト 4x-3 横浜】田中浩選手の一打で連夜のサヨナラ勝ち! 3連勝!!
東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 22:59 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック