2021年11月23日

!SMBC日本シリーズ第3戦 東京ヤクルト 5-4 オリックス

B001 002 100 4
S000 030 20x 5
小川6,スアレス1/3,田口1/3,○石山(1-0)11/3,Sマクガフ(1)1−中村
サンタナ1号A(吉田凌)

▼データ
 ・ヤクルト2勝1敗0分
 ・勝利投手石山:シーズン0勝の投手が日本シリーズで白星は、2020年第4戦松本(ソフトバンク)以来史上7人目。
 ・スアレス:日本シリーズ初出場
 ・田口:日本シリーズ3年連続登板

◆ポイント
 ・2回裏0死一二塁中村三振(バント出来ず強攻の末フルカウントからボール球)
 ・3回表0死一塁伏見遊失(併殺を焦ったか)
 ・5回裏2死満塁中村中安(サンタナおとりになるもサード宗二塁悪送球でもう1点)
 ・7回表2死満塁代打ジョーンズ三振(P田口→石山)
 ・8回表石山続投三凡(僅か5球)
 ・9回表マクガフ

いわばヤクとオリのシーソーゲームを制して連勝。2勝1敗。

3時間45分の死闘。先制点はオリックスだった。3回表先頭紅林がヒット。続く伏見が犠打の構えからエンドラン。併殺を焦ったか西浦後逸で0死一二塁。9番投手の田嶋がキッチリ送って1死二三塁。福田四球で1死満塁。宗のタイムリーで先制。このシリーズ初めて試合中にリードを許したスワローズ。尚1死満塁のピンチも吉田正尚三振杉本一邪と最少失点で凌いだ小川。

それでもこの前のイニングである2回裏。先頭村上死球。サンタナサードゴロで併殺コースをベースカバーセカンド安達が捕球出来ずオールセーフで一二塁。中村犠打の構えも2球続けてファール。これで強攻に出るも,追い込まれた末ボール球に手を出し三振。オスナセンターフライで村上タッチアップ。一三塁にはなったが,送っていれば犠飛には十分な飛球だった。2死一三塁で西浦。勝負にはいったが四球で満塁。小川との勝負。2−0とボール先行にはなったが三振で無得点。いわゆる送れていれば・・というミスがあってかつエラーが絡んでの先制点。その意味ではオリックスペースだった(はず)。

5回裏。2死一塁から村上,サンタナの連続四球で満塁。ここで中村がセンター前タイムリーで逆転に成功。さらにセンター福田の三塁送球を受けたサード宗がセカンドへまさかの魔送球。この間にサンタナも生還し3点目。おとりになったはずのサンタナの走塁が活きた貴重な1点。


1年間いや9年間小川を見てきたヤクルトファンなら誰もが不安視した援護を貰った直後の小川の投球。案の定ではないが嫌な予感が的中・・。先頭吉田正尚に二塁打を許し,4番杉本に被弾でなんともあっさり同点振り出しに。

7回表から継投で2番手スアレス。しかしどうも外国人投手受難の今シリーズ。四球犠打四球と1死一二塁のピンチを招いて,宗,吉田正尚と続くところで左腕田口にスイッチ。

これまでの人生でヤクルト的には過去6度。田口くん的には過去2度あった日本シリーズだが・・これが重なってこんなにドキドキしたシリーズは初めてだった。宗をストレートで三振!2死。吉田正も打ち取った当たりだったが・・。警戒して後ろを守っていた外野。ポテンと落ちて勝ち越し点を許してしまう。

それでも2死満塁のピンチで登板した石山が,代打・ジョーンズを空振り三振に仕留め見事な火消し。
その裏サンタナの完璧な右方向へのドームランで再逆転。石山はイニング跨いで8回もマウンドに上がり3者凡退と完璧だった。清水は信頼を失った訳ではなく,延長を見据えて温存したのだろう。延長のアリナシだと競技そのものが変質してしまうなと。このあたりは来季どうなるのか。

最少リードで最終回はマクガフ。これはもはや信頼の問題。
先頭若月にヒット。福田の犠打で1死二塁。宗の進塁打で2死三塁。吉田尚申告敬遠で一三塁と一打逆転のピンチの状況を背負いながら,最後は四番杉本をファーストゴロでゲームセット。第1戦の嫌なムードも中2日空けて完全払拭できた勝利!

1勝1敗(引き分けも含む)から先に2勝したチームの日本一確率は79%(26/33)。しかも直近18回では2008年の巨人以外17回が日本一というデータも。

「マダ、オワッテナーイ」けれどマクガフの復調で一枚岩になれたチーム。てっぺんまであと2つ!!

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)ーオリックス(山崎颯)第4戦 東京ドーム 18:00
 ・左腕の”ヤマサキ”か右腕の”ヤマザキ”か
 ・こちらは2015年第5戦以来の石川か。ドームでの登板の嫌なイメージも払拭したい。金久保も全力待機でしょうか。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:54 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: