2021年06月09日

!東京ヤクルト 5-3 千葉ロッテ

S 201 001 001 5
M 010 001 100 3
○田口(3-4)62/3,H今野1/3,H清水1,Sマクガフ(8)1−中村
山田14号@(岩下)

▼データ
 ・山田:4月23日中日戦(神宮)以来猛打賞

◆ポイント
 ・3回裏1死一三塁中村奨三振角中一ゴ
 ・6回裏1死無走者各中一ゴ失レアード三ゴオスナ失策
 ・7回裏1死一塁中村奨中安(一走マーティン三塁憤死リクエスト要求判定通り)
 ・7回裏2死二塁P田口→今野角中三邪

1回表から9回裏まで全イニングリードしていたんですよ!主導権握るとかそういうレベルでなくって,先制・中押し・ダメ押しと理想的な攻撃だったんですよ!!な・の・に全然勝ってる気がしなかった……最後はもうヒヤヒヤ。それでもなんとか掴んだ3勝目!!!

安心出来るのは初回だけでした。昨日2人で2点とった塩見・青木コンビが三球三振と初球ショートゴロと僅か4球で2死を奪われたのだが,山田ヒット村上四球で一二塁としてオスナサンタナの連続タイムリーで2点先制。対する田口くんは3者凡退と危なげない立ち上がりだった。

しかし2回以降は毎回走者を背負うこととなる田口くん。よく言えば持ち味の打たせて取るピッチング。
2回裏1死一二塁から安田にタイムリーで1点返されなお1死一三塁。しかしここで藤岡を4−6−3の併殺で最少失点に留め,3回表山田のソロでリードを再び2点に拡げてもらって3回裏のピッチング。

いわゆるリードを貰った直後に,先頭打者に四球。さらに荻野にヒットで0死一二塁。マーティン深いセンターフライでタッチアップ一三塁。ここで中村奨三振角中一ゴと無得点で踏ん張った。ここをポイントに挙げたが,勝てる投手と勝てない投手の差というべきか。おそらくここで1点でも返されていたらまた結果違ったものになっていたように思う。

4回表0死一塁から元山犠打失敗併殺で嫌な流れの4回裏は先頭レアードシフトの逆を突かれる安打で出塁を許しながら菅野併殺で三者凡退。
5回裏も先頭藤岡ヒットからランエンドヒットと犠打で2死三塁とされるもマーティン打ち取って勝ち投手の権利を得て後半へ。

6回表先頭サンタナツーベースから宮本キッチリ送って1死三塁から中村のタイムリー内野安打。まさに中押しとなる3点差。
しかしその裏に落とし穴。味方に足を引っ張られるとはこのこと。オスナの連続エラーが響き2死一二塁から安田にタイムリーで再び2点差に。結果的にこの回5つのアウトを奪い,余計な球数を10費やしてしまった。

7回裏先頭代打加藤の内野安打からマーティンにタイムリーを放たれ1点差。なお1死一塁から中村奨にセンター前。一走マーティンは一気に三塁へ。しかしここで右腕がベースから離れたところを村上がタッチでアウト判定。井口監督がリクエスト要求も判定通りアウト。ここで93球で交代を告げられ,同級生・今野にスイッチ。今野が見事な火消し。8回は清水。これまたロッテのミスに助けられ3人で終える。

9回表1死からオスナサンタナの連打と渡邉の死球で満塁とし,中村今日2本目のタイムリー。本来ならダメ押しになるはずが・・。なお1死満塁で元山初球を簡単に打ち上げ犠飛にならないレフトフライ。塩見も倒れ結局1点止まり。

マクガフ。先頭藤岡に9球粘られてのヒットから1死満塁と一打逆転サヨナラの大ピンチを招くも,最後は中村奨・角中連続三振でゲームセット。なんとか掴んだ3勝目。
「本当にチーム全員で勝った1勝だと思っているので、明日また勝てるように頑張りたいです」
「やっぱりマリーンズ打線は得点力も高いですし、手が抜けないというか本当に手ごわい打線だと思ってマウンドに上がったんですけど、本当にキャッチャーの中村さんにもそうですけど、たくさんの野手の方に助けてもらったので、きょうは勝ててよかったです」
「『いい球、来てるよ』と言ってもらっていたので、それが励みになって、強い気持ちでマウンドにのぼることができました」
「本当に毎試合、毎試合助けてもらってばかりなので。なんとかきょうは7回投げ切りたかったんですけど、今野には本当に感謝しています」
「本当に頼もしい野手陣というか、すごい仲間ばかりなので。まだまだ眠っているところはあると思うので、これから加速していきたいな、と思います」
「僕自身は交流戦は多分最後だと思うんですけど、交流戦はまだ4試合あるので、全部勝つつもりで。最後まで。次(のカード)は福岡とかになると思いますけど、足を運べないかもしれませんが、心の中で『すわほー』と言ってもらえるように全部勝ちます!きょうはありがとうございました」

まだ移籍して100日しか経ってないはずなんですけど,この生え抜き感たるや!

かつての古田・宮本のようにいくら打てなくても,守れるなら8番の打順を与えるというある意味球団の方針になったのか元山。
4回表のバント併殺に始まり,6回表バッテリーミス絡んで1死二塁となってショートゴロランナー進められず。そして9回表1死満塁でもそのまま打席へ(初球左飛)。代打川端でもおかしくない場面。裏のショートの守備という意味ではサンタナの代走で入った西浦を指名打者解除して使えた場面。それでも代打を送らないということは,西浦が守れない何かを抱えているのか?それとも元山への新たな聖域なのか?色々と気になったのも事実。

■NEXT GAME
 千葉ロッテ(佐々木朗)ー東京ヤクルト(サイスニード)最終戦 ZOZOマリン 17:45
 ・注目佐々木朗希との対戦
 ・対千葉ロッテ戦。2005年4勝2敗→2006年3勝3敗→2007年2勝2敗→2008年1勝3敗→2009年3勝1敗→2010年1勝3敗→2011年3勝1敗→2012年1勝3敗→2013年3勝1敗→2014年1勝3敗→2015年2勝1敗→2016年1勝2敗→2017年1勝2敗→2018年2勝1敗→2019年1勝2敗ときて62試合目。傾向からすると今年は2勝1敗で31勝31敗となるはずだが??!
千葉 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:30 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: