2021年05月16日

!東京ヤクルト 2-2 中日

S 200 000 000 2
D 000 010 001 2
奥川6,H近藤1,Hマクガフ1,石山1−古賀
村上11号A(柳)

▼データ
 ・引き分け:広島−DeNA,日本ハム−ソフトバンク,ロッテ−西武と合わせ1日4試合引き分けはプロ野球史上初

◆ポイント
 ・3回表2死満塁オスナ三振
 ・8回裏1死一塁木下拓左飛(並木好捕)
 ・9回裏1死一三塁福田中飛(塩見本塁補殺)

9回1点リードで守護神石山投入。勝てなかったといえばそれまでだがそれ以上に負けなかった引き分けというほかないでしょう。

初回柳から村神様の広いバンテリンドームの左中間に飛び込む本塁打で幸先よく2点先制も,柳の失投はそれだけ。2回以降7回まで打者3人で終わったイニングが4イニング。唯一複数走者を出したのが3回表。2死から古賀ヒット山田村上連続四球で満塁とするも,オスナが三振。ここで一本出ていれば勝負は決していたのだろう。でもそれはたられば。

敵地初登板となった奥川。同じ時間帯でZOZOマリンでは同期の佐々木朗希がプロ初登板というなか,シンクロするようにマウンドに。立ち上がり0死二塁のピンチを背負うも,京田福田連続三振ビシエドレフトフライで今日も無失点で切り抜けると,4回まで3安打無失点。5回裏1死一三塁から大島に犠飛で1点差に詰め寄られ,さらに京田にもヒットを浴び再び2死一三塁としたが,福田を空振り三振でガッツポーズ。勝利投手の権利を得て6回裏もマウンドに。1死から高橋周に安打を許すも後続を断ち,自己最多となる88球で先輩たちにマウンドを託す形に。

7回近藤。ヒット2本許すも,西浦の好捕もあって無失点で切り抜け,8回はマクガフ。1死一塁から木下拓の当たり。随分と左中間寄りに守っていた並木だったが,快足を飛ばしてダイビングキャッチ。抜けていれば当然二塁打で一塁走者生還という当たり。足も然ることならが,捕球にも自信なければギャンブルでしかない場面。これに助けられマクガフも無失点でバトンはアンカー石山へ。

しかし再びZOZOともシンクロした9回裏。西武が8回に追いつき佐々木朗希のプロ初勝利の権利が消えていた。先頭福留ヒットで代走滝野。根尾がバント失敗も大島ヒットで1死一三塁から京田タイムリー。これで奥川の2勝目も消えた。なお一三塁と一打サヨナラのピンチは続く,福田。センターへの飛球。三走大島がサヨナラのタッチアップを狙ったが,散々間に合わない内野に返球して余計な進塁を許してきた塩見が,ついに?!センターからワンバウンドの好返球で本塁タッチアウトでゲームセット。2週連続日曜日のサヨナラ負けは阻止した。

「大きな1つのアウトだと思います。(並木が)ダイビングして長打を防いだ、(塩見が)最後のサヨナラを防いだというのは、点を取る以上にもしかしたら難しい1プレーだったかもしれない」と高津監督も評価。守りで防いだ失点あってのドロー。

スミ2×防御率1点台柳×バンテリンドーム。3試合で2勝1分。一週間2勝2分。勝率が.500を超えている状態での引き分けは勝ちに等しい。今日セ・リーグで唯一敗れたのは巨人で,試合数と引き分けの差でゲーム差2.0こそあるが負け数は「14」で並んだ。

■NEXT GAME
 阪神(西勇)ー東京ヤクルト(サイスニード)8回戦 甲子園 18:00
 ・そして0勝6敗1分の猛虎との対戦。
 ・金久保抹消で来週はサイスニード田口高梨バンデンハーグ小川石川の6人か?!
愛知 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:09 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: