2020年07月21日

}東京ヤクルト 6-4 横浜DeNA

S 200 040 000 6
B 300 001 000 4
○原(1-0)5,Hマクガフ1,H梅野1,H清水1,S石山(5)1−西田,井野
青木5号A(ピープルズ)

▼データ
 ・原:2019年6月18日ソフトバンク戦(神宮)以来399日ぶり今季初登板・2019年6月2日DeNA戦(横浜)以来415日ぶり今季初勝利

◆ポイント
 ・2回裏2死満塁佐野中飛
 ・5回表0死二塁山崎(2球連続犠打ファール後)一ゴ=進塁打

ビジター連続15試合勝ち越し確定!(7勝3敗2分1中止)

日曜日の時点では予想もしていなかった原樹理の復帰即先発スアレスは何処に行ったの…モゴモゴ

樹理がマウンドに上がる前にキャップ青木の2ランで援護点。
しかし13ヶ月ぶりの一軍登板。オフの契約更改時には今季絶望じゃないのかと思われるくらい悲壮感漂っていた原。ここまで投げられるようになったことだけでも本当はすごい精神力と辛いリハビリの日々があったはずなのに,いざマウンド上がると目先の内容に捉われてしまうのが身勝手なファン。

先頭梶谷にいきなり被弾。ソトにはボール先行で四球。ロペスにヒットで0死一二塁。佐野進塁打の間にようやく1アウト。煩い宮崎をピッチャーゴロで2死二三塁までこぎつけるも,柴田。2−0となり安易にストライクを欲しがってしまったバッテリー。あっさり逆転を許してしまう。やっぱり樹理か。まだ治らないのか。そんな不安の立ち上がり。
2回表も大和ヒット。ピープルズにあっさり犠打を決められ,2つの四球もあって2死満塁で4番の佐野。これで勝負が決まってしまうかという場面で,センターへの飛球。場内は歓声あがったかもしれないが,画面的にはまぁセンターフライかなと。

3回以降は落ち着きを取り戻す。このあたりは樹理なりの能力の高さと経験か。4回で74球。病み上がりでこのくらいが目処かと勝手に判断していたが,ここで打線が強力援護。味方に援護してもらったあとのイニング。勝利投手の権利まであと1人となり力んだか?宮崎柴田に連続安打を許すも,戸柱をサードファールフライ。5回を90球で投げ切って13ヶ月ぶりの勝利投手。13ヶ月前もそう同じハマスタだった。あの16連敗を止めた日以来―。
「正直、ここに来るまでの期間がすごく長く感じましたし、つらく感じましたし、この1年間さまざまなことがあって、自分にとっては厳しい試練だったと思いますけど、こうやって勝てて、やってきたことは間違ってなかったのかな。乗り越えてきた試練は厳しかったですけど、それを乗り越えられてよかったです。周りに支えられての勝利」
樹理の白星を自分のことのように喜んでハグで讃えていた隆コーチの姿もあった。コミュニケーション。令和時代の新しい組織力が芽生えているのを実感する。

時を戻して5回表1番から始まる打順。
ぐっち哲人の連打で一二塁。青木右中間真っ二つ。坂口を追い抜かす勢いで山田も生還で逆転。青木を二塁に置いて村上も一塁線を痛烈に。なお0死二塁からの攻撃に今日の注目ポイント。
山崎に対して犠打を指示したベンチ。初球2球とファールで送れず。ヒッティングに切り替え3球目もファール。いずれも左方向だった。そして4球目。ファーストゴロ。これが進塁打となって村上は三塁へ。ここでベイスターズはピープルズから平田にスイッチ。エスコバーがあわやフェン直。犠飛には十分な当たりでもう1点。

最低限の進塁打。これが3バント失敗だったりポップフライだったり同じ内野ゴロでもサードゴロショートゴロだったならばランナーはサードに進めない。ランナーが三塁にいなければエスコのレフトフライで得点は出来なかった。この1点が無ければ1点差。残り3イニングを2点差と1点差では大違い。

今日安打の出たイニングは1回・5回・8回の3イニングのみ。得点圏に走者を進めたのは2回と5回だけ。集中打×チーム力。

梅野−清水−石山の方程式も確立されつつある。清水も疲労はあるのだろうが,気持ちを前面に。代打山下を150キロのストレートで空振り三振。今日2本塁打の梶谷も力強いストレードで空振り三振。雄叫びと闘志。

巨人・デラロサ。阪神・藤川球児。広島・スコット。中日・岡田とストッパー受難のセ・リーグ。最年少250セーブすら視界に入ってきたDeNA・山崎康ですら防御率6点台。そんななかで走者は出しながらも得点を与えない。リードさえ守ればよい。そんな高津塾の教えをキッチリ守って今月5セーブ目。絶対的地位を確立しつつある。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(濱口)−東京ヤクルト(イノーア)5回戦 横浜 18:00
 ・3勝1分の”負けない”水曜日
 ・注目は何といってもエスコバー。水曜日2週連続4安打で17打数10安打5打点。打率.588。どこまで伸ばせるか!
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:49 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: