2020年07月19日

}東京ヤクルト 3-3 広島

S 000 011 001 0 3
C 000 000 300 0 3
高梨60/3,梅野1,清水1,Hマクガフ1,石山−古賀,井野

▼データ
 ・引き分け:今季2試合目

◆ポイント
 ・7回表0死一塁山崎犠打失敗&山田走塁死
 ・9回表1死満塁村上捕犠(アンラッキー)

勝ちに値する引き分けと言っていいでしょう。ミスも多かったし負けても致し方なかったわけだし。

遠藤と高梨の投手戦?というよりは遠藤を攻めあぐねたヤクルトvs完璧な高梨という構図の序盤。

ランナーを一塁に置いての打撃がなかなか上手くいかなかったスワローズ打線。
2回表2死一塁雄平。ここは強行ラッキーな形のポテンヒットで一三塁とチャンス拡げるも古賀が凡退で無得点。
3回表0死一塁上田。主砲高梨がこれで6打数4安打となるヒットで出塁も上田が三振で走者入れ替われず。挙句連続四球で満塁(高梨は三塁ま進塁)も無得点。
4回表0死一塁雄平。これではランナー進むことすらできないファーストファールフライからの三者凡退。

得点となったイニングも同様。
5回表0死一塁山田。ショートライナーに倒れるも,山崎がつないで一三塁となって村上がキッチリ犠飛で先制点。
6回表0死一塁雄平。再び打ち上げて三飛。古賀のライトフライはセカンドに進んでいれば悠々三塁に到達できる飛距離だった。それでも2死一塁で主砲高梨を恐れるがあまりの四球でつないで,上田がタイムリー。

で完全に流れが変わってしまった7回表。
7回表0死一塁山崎。犠打失敗。さらに山田も誘いだされて記録盗塁死。

7回裏堂林鈴木誠也の連打で0死二三塁。松山タイムリーであっさり同点。ここで好投の高梨から梅野へスイッチ。長野の進塁打で1死三塁から會澤翼にタイムリーで勝ち越される。

それでも清水にプロ初勝利をプレゼントすべく,9回表豪華な代打攻勢で守護神菊池保に襲い掛かった。

まずは古賀に代打坂口。芸術的な逆方向で出塁。0死一塁となったことで清水にはピンチバンター荒木。初球でキッチリ決める。1死二塁で上田。ファールで粘って逆方向にクリーンヒット。一三塁で宮本に代えてとっておきの代打青木。もう神様の領域。高梨の負けを消す同点打。代走に井野。さらに山崎も続いて1死満塁で村上に回る。もうあとは四番が決めるだけというお膳立ては出来上がったが・・
実にアンラッキー。バットに当たってしまってキャッチャーゴロ。これではどうしようもない。

勝てなかった。でも終盤7回に逆転されながら,9回に追いついて負けなかった。しかも敵地マツダスタジアム。
マクガフもコントロール重視で復調の予感。エスコバーは全力疾走で2試合連続猛打賞。川端も一塁の守備に就いた。チームとしてのオプションはさらに上がった気がする。
首位巨人とのゲーム差は0.5拡がったが,名古屋−関西−広島の12試合を6勝3敗2分1中止で乗り切り,勝率.500以上を確定させて2週間ぶりに選手は東京に帰省することができます。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(大貫)−東京ヤクルト(スアレス?イノーア?)4回戦 横浜 18:00
 ・石川さんが離脱して火曜日は誰に?最短10日で復帰しなかったスアレスは戻ってくるのだろうか。
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:19 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: