2020年07月18日

}東京ヤクルト 9-4 広島

S 110 033 001 9
C 101 000 020 4
○小川(4-0)6,マクガフ1,寺島2/3,H梅野1/3,星1−西田

▼データ
 ・土曜日5戦5勝

◆ポイント
 ・4回裏2死二塁菊池涼左安(青木本塁生還阻止)
 ・5回裏0死堂林遊ゴ(エスコバー華麗なプレー)鈴木誠松山連続三振
 ・6回表2死二塁青木死球

土曜日5連勝!!!!!3連敗しないチーム力。

どっちに流れが行くか分からなかった序盤3イニング。

1回表。坂口,4試合ぶりスタメン復帰山田哲,青木の3連打で0死満塁から第1打席の鬼村上のタイムリーで先制も,西浦のライナー併殺もあって4安打で1点のみとなんだか勿体ない攻撃。
1回裏。同じように1番西川2番菊池涼に連打。堂林進塁打で鈴木誠也犠飛で同点。同点でとどめてくれたが,裏還せばいきなり小川の悪いパターン。

2回表。先頭荒木ヒット。牽制悪送球で二進。西田右方向進塁打。1死三塁から小川がスクイズ失敗後自援護タイムリーで勝ち越し。
2回裏1死一塁から田中広2球で0−2追い込んでからの勿体ない死球。床田の犠打に迷わず三塁送球。佐々岡監督リクエスト要求も判定通り。2死一二塁と1死満塁じゃ大違いだった。

3回表裏はいずれも2死一塁からの堂林SHOW TIME。守ってはエスコバーの三塁線痛烈な打球を好捕でアウトにすれば,自ら走って二塁に進んで,松山のタイムリーで同点のホームを踏む。伸び悩みとは何だったのか。

結果的に中盤は一気にヤクルトペースとなったわけだが,その呼び水は青木の守備から。
4回裏2死一塁から西川にスチール決められ,菊池涼にレフト前。しかしここは青木がバックホームで西川本塁憤死。バレンティンなら当然のごとく悠々生還だったことだろう。失点を防ぐ守備力の高さも高津野球の特徴。

この流れで5回表。1死から山田哲二塁打。青木村上連続四球で初回に続き満塁で西浦に。7月8日中日戦以来実に6試合ぶりとなる安打で勝ち越し。これがいわゆる勝利打点。殊勲打の西浦も復活の予感。なおも1死満塁からエスキーも続いてもう2点。

今日のポイントは5回裏。いわゆる援護もらった直後のイニングに堂林鈴木誠也アンパンマン松山と回る打順。その先頭堂林。センター前抜けるかと思われたが,#残念そこはエスコバー。エスキーメモで学んだ守備位置。華麗なグラブさばき。肩の強さ。抜群のコントロール。0死一塁で鈴木誠也を迎えるとでは大違い。誠也と松山には小川の真骨頂。意思のある強い球がズバズバ決まった。

6回表は2死無走者から。高津監督の強制休養の判断は正しかったことが証明された哲人猛打賞となる2打席連続二塁打。青木には左膝直撃。スコットなにしてくれるん( *`ω´)( *`ω´)。スコットキラー村神様を怒らせた。落ちる球を救い上げただけなのに外野の頭を越え2者生還。今日は3打点。西浦四球でつないで,もはや曜日は関係なくなってきたエスコバー。この1本で気をよくしたかここから一気固め打ちで来日3度目,水曜以外では初の猛打賞。
そして小川は援護にも恵まれているとはいえ,今日もきっちり6回を投げ切ってリーグトップ4勝目。練習試合の酷評を反省しておりますm(__)m

寺島の防御率0.00も10試合目にして崩れたが,僅差の緊迫した場面ではなく,6点差という楽な場面だったということで切り替えて。防御率0.00より防御率1.38の方がよっぽど難易度高いんだから!信頼は変わらないさ!

ダメのダメを押すのも強さ。それも犠打を絡めて。先頭エスコが出て荒木がキッチリ送っての山崎タイムリー。これも練習試合でなかなか出来なかった攻撃だったが,シーズンに入ってモノになっているのだから,首脳陣と選手の結束が高まるのも必然でしょう。

■NEXT GAME
 広島(遠藤)−東京ヤクルト(高梨)5回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・BS1中継日
 ・ビジター連続15試合も目下6勝3敗1分1中止。残り4試合。あと1勝で勝ち越しとなる。
 ・心配なのは青木。明日は無理しないで2日休んで良くなるレベルならいいのだが・・
広島 | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:49 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: