2020年06月24日

}東京ヤクルト 6-1 阪神

T 001 000 000 1
S 300 021 00x 6
○スアレス(1-0)6,清水1,梅野1,近藤1−嶋
坂口1号@(谷川)

▼データ
 ・坂口:2018年8月24日DeNA戦(神宮)[パットン]以来2年ぶり本塁打

◆ポイント
 ・1回裏0死満塁村上一ゴ(一塁ボーア一塁踏んで本塁返球)
 ・4回裏1死満塁スアレス三振(嶋の中安で二走山崎生還出来ず満塁でスアレスに回る)
 ・4回裏2死満塁坂口左飛
 ・5回裏1死満塁山崎左安

先制点を挙げれば勝てるんです!!

4度あった満塁機。先制と中押し。効果的な得点を挙げることがた。
6点のうち3点がゴロ間と犠飛による得点。最低限が積み重なって相手に大きなダメージを与えられた。
5点リードで終盤3イニングは清水ー梅野ー近藤。昨日投げた中澤・寺島・長谷川。勝ちパターンのマクガフ・石山を温存できた。この高津監督−斎藤隆コーチの長期的な投手運用も着目点では。

1回裏。ぐっちヒット。哲人四球。青木ヒットと阪神先発ガンケルの立ち上がりを攻め立てた。
0死満塁で最初の打者村上。弾んだファーストゴロでボーアはニアベースを踏んでから本塁返球。タッチプレーとなるため三走坂口生還で先制。先に本塁に投げたらフォースプレーとなるタイミング的にどうだったろうか。
1死二三塁で雄平がキッチリ犠飛。これも村上が同じ内野ゴロでも3−2−3の併殺でもなっていればこの時点でチェンジなのだから,最低限×2の2得点というのは大きい。
そして本日のある意味キーパーソン6番山崎。2死二塁に青木を置いてレフト前タイムリー。満塁の走者三人いずれも還ってくる形となったのだから最高の形。

昨日と逆に初回3得点。あとはスアレスに任せてれば大丈夫という点差ではあった。2回3回といずれも走者二人背負うが,2回表1死一二塁から8番9番をキッチリ抑え,3回表は0死一三塁から1点奪うも併殺で2つアウト奪うという理想形。これで乗れたか。

2度目の満塁機は4回裏。1死から山崎ヒットで二盗成功。一塁空いたことでエスコ歩かされ8番9番勝負。嶋の打席でランエンドヒット決まって山崎の足で悠々生還かと思われたが,判断ミスでストップ。1死満塁でスアレス坂口と凡退で無得点。流れを手放しかけた。

だが山崎自らその流れを再び引き寄せた。5回裏先頭山田ヒット&二盗(残り28)。青木四球。村上倒れるも,雄平が破壊で有名な阪神投手陣に当てられ1死満塁で6番山崎に回る。阪神内野陣は前進守備。狭い三遊間を破って中押しとなる4点目。なお1死満塁からエスコのサードゴロ間にもう1点。

ダメ押しはグッチ。ポール際際どいファールを放った後に打ち直してライトスタンド文句なし。一体何人の女性を虜にしたやら?!

高津監督のリクエストも的確。
4回2死木浪の高く弾んだ打球を哲人がランニングスロー。セーフの判定も,リクエスト要求で判定アウトに。
さらに6回1死糸井打球。これまた山田がダッシュでベースカバースアレスに送球。体勢崩し山田にエラーランプが灯ったが,これまたリクエストで判定覆り,いずれの回も終わってみれば三者凡退。ランナー背負うと背負わないでは大違い。
このリズムなら6回85球スアニキもう少し行けたんじゃ?!なんて思ってしまうが,スアレスは体調が最大の敵。ひとまず昨年の勝利数に並んだ。何倍にしても返してくれヤ!

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高梨)−阪神(秋山)3回戦 神宮 18:00
 ・来日19打席目にしてようやく初安打のボーア。思わずベースで安堵の表情。重圧から解き放れて大爆発の予感か?!高梨からバックスクリーン3打席連発なんてことがありませんように。
 ・週末は菅野ー田口くんーサンチェス。カード勝ち越しておきたい!
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:25 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: