2020年06月23日

}東京ヤクルト 1-4 阪神

T 300 001 000 4
S 000 000 001 1
●イノーア(0-1)50/3,中澤1,寺島2,長谷川1−古賀,井野

▼データ
 ・イノーア:来日初登板,初奪三振[糸井]
 ・長谷川:プロ初奪三振[大山]

◆ポイント
 ・6回表0死一二塁ボーア三振(中澤初登板)
 ・6回表2死一二塁梅野右安(雄平守備&8番勝負)

2試合連続零封負けを阻止するのがヤっと・・・5位タイ=実質最下位転落。

ヨーイドンで3失点。先頭近本にライトオーバー二塁打。進塁打で1死三塁。糸井のタイムリー二塁打で先制される。この間僅か10球。
1死二塁でマルテ。2−2と平衡カウントから古賀にパスボール。三塁に進まれ3球ファールで粘られて9球目を被弾。苦し紛れのストレート勝負。練習試合中村と呼吸が合っていたように見えたのは早めのカウントでの勝負。となると5球目で勝負を決めたかったが,パスボールで選択肢を狭めてしまったか。

初回から追いかける展開。青柳の前に山田を挟んで坂口青木村上山崎雄平と左を並べるも不発。こうなると次の1点=阪神の4点目orヤクルトの1点目を奪った方がという試合展開だったが,その1点が阪神だった。

イノーアは4回以外毎回走者を出しながらもなんとか打たせてとるピッチングで打線の援護を待っていた。5回もう一人走者が出れば打席が回ったが古賀で切れ6回もマウンドに。この回を抑えれば6回3失点といわゆるQSをクリアするイニング。

先頭マルテ,続く福留に連打を浴び0死一二塁。ここで迎えるはボーア。ボーア対策で?キャンプオープン戦練習試合を通じて今季初めて一軍に呼ばれた中澤へのスイッチ。中澤にもプレッシャーのかかる場面。それでもここはお約束通りの三振。有観客なら阪神ファンの怒号が飛び交いそうな場面。木浪も打ち取り迎えるは梅野。次は青柳。結果論で言えば満塁策という選択肢は無かったのか。もしくは梅野vs梅野。雄平に捌いて欲しかったが・・・試合の流れからしても致命的な失点となった。

それでも一昨日に続いて寺島が結果を残して,立派な戦力となった。寺島・長谷川・大西。プロ初勝利をプレゼントしてあげたいブルペン陣なんだから,打線応えて!!

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(スアレス)ー阪神(ガンケル)2回戦 神宮 18:00
 ・負けた方が単独最下位( *`ω´)
 ・バース2世ボーアはついにあのバースを超えたとのこと。裏を返せばバースだって最初は打てなかったのだからこれは要警戒では?!
阪神の新外国野手としては、ランディ・バースが入団1年目の1983年に記録した開幕15打席ノーヒットを超える球団新外国人ワースト記録を更新した。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:54 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: