2020年03月01日

}東京ヤクルト 3-2 巨人(オープン戦)

S 000 002 100 3
G 100 000 100 2
○小川(1-0)5,大西1,Sスアレス(1)3−中村,古賀

恒例となったこの時期の東京ドームでのオープン戦。連勝は2015年以来です!!
 2014年:●● 2015年:○○ 2016年:●● 2018年:●● 2019年:●○ 2020年:○○
前年最下位・監督交代・ドームオープン戦連勝と3拍子揃った。ちなみにこの年のオープン戦は8位ながらオープン戦チーム防御率は「2.86」とちょっとした予兆があったんですね。ちなみに今日現在のチーム防御率はセ・リーグではトップの「2.40」です。

三つ巴開幕争い。石川は教育リーグに先発し4回3安打3四球無失点6奪三振。
小川は吉川尚に先頭打者アーチを浴び,2回からは毎回走者を背負うも無失点。60球を目途と言われながら,その60球を超えた5イニング目は三者凡退。5回6安打1四球1失点3奪三振。

2番手大西。先頭丸に四球を与えるも,代走若林を牽制で刺すなど3人で仕留めた。四球から崩れなかったという点では杉様と差がついたか。
スアレスは3イニング。先頭からの連続四球と味方失策による失点。しかし斎藤コーチとイケメソ通訳がマウンド行ってから落ち着いた感。声をかける隆コーチの落ち着いた表情。一体どんな魔法使ってるのでしょう。

オープン戦4試合13打席無安打だったぐっちに第1打席でセカンド後方にポトリ初安打。これで感覚を取り戻したか6回の第3打席でグッチらしいセンターへの痛烈なヒット。これがグッチ好調時の指標という見解が多いので一安心。

結果的に決勝点となったのは塩見の足。先頭四球で出ると犠打で二塁に進み,ワイルドピッチの間に三塁へ。終盤7回1死三塁。1点ビハインドの状況でジャイアンツは前進守備。西浦のショート真正面の当たりにゴロゴー。頭から滑り込んで悠々セーフ(記録は野選)。塩見じゃなきゃセーフにならなかったでしょうね。

■NEXT GAME
 福岡ソフトバンク−東京ヤクルト PayPayドーム 13:00
 ・筑後から球場変更
 ・バレンティンと再会ですね( *`ω´)
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:18 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: