2020年02月08日

}第2クール3日目

キャンプインから一週間。実戦形式段階に入ってきました。奥村,中村,そして村上が別メニューと故障者もチラホラ。

すっかり定着したOfficial Goods Shopつば九郎店「選手,監督,コーチへの応援メッセージ企画」は今年で6年目。
昨年は東京都心でも積雪という極寒の過酷イベントでしたが,今年は穏やかな3月のオープン戦のような体感でした。
つば九郎着は10時ちょっと前。既に順列が出来ており,10時30分の開店時間を早めての対応。それでも10時30分には「山田哲人選手終了しました」のアナウンス。まさに瞬殺。

店内が混雑しないように,入場制限をかけつつ列は進み,ちょうど自分が店内に入ったのは,店のモニターがフジテレビワンのキャンプ中継に切り替わった頃でした。
IMG_20200208_110405.jpg
この時点で「奥川選手終了しました」と「村上選手残りわずかです」のアナウンス。

収支を考えたら転売ヤーもいないだろうし,純粋にヤクルトファンが集結するイベントなだけに,怒号が飛び交うわけでもなく,実にお行儀よく列が進んでいく。これは誇っていい。

最大のお目当てだった謎の商品「Buff」が無事見つかり,あとは欲しかったものと金額合わせに選んだものをチョイスしてお会計を済ませ,メッセージカード受付の列へ。

IMG_20200208_112754.jpg
11時31分で受付番号は「253」。
2016年2017年「661」・2018年「716」・2019年「790」。
ここ3年の記ログを辿ると,人気大暴落かと思ってしまうが,この様式からするに一人最大5枚までを同じ受付番号となる(昨年までは1枚ずつ番号が割り当てられていた)ため,番号=枚数ではなく,番号=人数と捉えるべき。一人平均1.5枚としたら500枚目あたりでしょうか。
IMG_20200208_113232.jpg

カードにメッセージを記入し終えた12時00分時点で,「青木選手」と「坂口選手」も予定枚数終了のアナウンス。
2020年人気トップ5は,@山田哲人A奥川恭伸B村上崇隆C青木宣親D坂口智隆ということになりましたか。若手が初登場2位3位を占めたことで,原樹理つば九郎川端慎吾あたりが順位を落としたか。

そのおかげで,つば九郎には2年連続5回目のメッセージ。もう一人は背番号とフォームと背丈に惹かれた新加入選手に送らせていただきました。

メッセージカードは蓋も何もない買い物かごに入れる方式でしたけど…

IMG_20200208_115402.jpg
球場正面から三塁側に周り,オリンピックイヤーの国立競技場も初詣。オリンピックミュージアムにも外国からの観光客が大勢訪れておりました。
IMG_20200208_115931.jpg

戦利品
IMG_20200208_163816.jpg
 ・Buff(つば九郎モデル)(3000円)
 ・ポケット刺繍Tシャツ(くるりんぱつば九郎)(3500円)
 ・肩たたきマスコット(つば九郎)(2300円)
 ・ツインメガホン(ぜったいかつぞつば九郎)(800円)
 ・スワPHOTO(つば九郎)(300円×2)

追伸)15時00分で石川雅規,つば九郎,廣岡大志も終了したとのことでした。
沖縄 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:38 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: