2019年10月17日

佐々木の交渉権はロッテ=奥川はヤクルト−プロ野球ドラフト会議

 プロ野球ドラフト(新人選択)会議が17日、東京都内で開かれ、高校生最速の163キロを誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は4球団が1位指名し、井口資仁監督がくじを引き当てたロッテが交渉権を獲得した。日本ハム、楽天、西武も入札した。
 今夏の全国高校選手権大会準優勝投手、石川・星稜高の奥川恭伸投手はヤクルト、阪神、巨人の3球団が競合し、抽選の結果、交渉権はヤクルトに決まった。
 今春の選抜高校大会で愛知・東邦高を優勝に導いた石川昂弥内野手にも3球団が1位入札し、地元本拠地の中日が交渉権を得た。大学日本代表のエース、明大の森下暢仁投手は広島が1位で単独指名となった。[ 10/17(木) 17:34配信 時事通信 ]


ドラフト1位入札の連敗を9で止めたのは高津監督の右腕!

ガッツポーズがあってもまだ半信半疑だったのはしょない。でも改めて映像を見てみると,矢野監督が最初に開けて,原監督は開けずに二人の動向を窺い,高津監督が冷静にガッツポーズという流れでしたでしょうか。さすがストッパー。冷静沈着。

「ヤクルトの中心選手、エースとしてヤクルトを支えてほしい。さらに日本を支えるスケールの大きな投手になってほしい」 
「去年のドラフトで小園や藤原、根尾の指名を最初に公言した球団が全部交渉権を獲得した」「公言した時から、ヤクルトのユニホームを着て神宮で投げる姿を想像していました」
実は夏から応援してましたよ奥川くん!
DSC01455.JPG

1位 奥川 恭伸 (星稜高・投手)
ヤクルト1位指名の奥川「早く溶け込みたい」 ドラフト会議
 ヤクルトに1位指名された投手、奥川(星稜高)の一問一答は以下の通り。
 −−現在の心境は
 「チーム、ファンが一体感のある暖かいチームという印象。早く溶け込み、活躍したい」
 −−抽選を見ていての感想は
 「不安があった中、指名をもらえてほっとした。ここからが本当の勝負。気持ちを引き締めてがんばる」
 −−くじを引かれた瞬間は
 「どこに行ってもがんばろうと決めていた。縁があってヤクルトに決まったわけで、そこで活躍したい」
 −−東京生活になる
 「都会生活にも慣れるようにしたい」[ 10/17(木) 18:04配信 産経新聞 ]

2001年4月16日生まれ。当日は月曜日で試合無し。
15日G真中E宮本H稲葉BペタジーニA古田FラミレスD岩村C土橋@入来
17日G飯田E宮本H稲葉BペタジーニA古田FラミレスD岩村C土橋@藤井

2位 吉田 大喜 (日本体育大・投手)
【ドラフト】ヤクルト2位も即戦力右腕 日体大150キロ右腕の吉田大喜
 ヤクルトはドラフト2位で日体大の150キロ右腕、吉田大喜投手(22)=175センチ、80キロ、右投右打=を指名した。
 ウエーバー順は1番。上位指名候補に挙げた13選手から即戦力候補から吉田を選んだ。球団は「スライダー、スプリットを決め球に多彩な変化球は切れ味が鋭い。制球力を武器にゲームメークできる投手。日米大学野球でも活躍し、即戦力としてローテーション入りを期待できる投手」と説明している。[ 10/17(木) 18:31配信 スポーツ報知 ]

ウェーバー1位の恩恵を受け,外れ1位候補の即戦力右腕の指名に成功!
1997年7月27日生まれ。G真中C馬場FホージーA古田H稲葉B小早川D池山E宮本@石井一。
しかし大問題。

スコアボードおよび新聞紙上でどう表記するの???!

3位 杉山 晃基 (創価大・投手)
小川の後輩。
1997年6月25日生まれ。G飯田H稲葉FホージーA古田C土橋B小早川D池山E宮本@石井一

4位 大西 広樹 (大阪商業大・投手)
ヤクルト4位の大商大148キロ右腕・大西 中日2位・橋本と“共闘”
 大商大の最速148キロ右腕・大西広樹投手(4年・大商大高)は、ヤクルト4位指名を受けた。「指名はうれしいけど、しっかりヤクルトで頑張りたい」と緊張の面持ちで語った。
 今季のリーグ戦ではエースとして2季連続優勝に貢献し、最優秀選手賞と最優秀投手賞の2冠に輝いた右腕。チームメートの最速149キロ左腕・橋本侑樹投手(4年・大垣日大)も中日の2位指名を受けたため、「ライバルというより一緒に戦う仲間として同じ方向を向いていきたい」と“共闘”でプロの世界へ飛び込む。[ 10/17(木) 19:37配信 デイリースポーツ ]

1997年11月8日生まれ。

5位 長岡 秀樹 (八千代松陰高 ・内野手)
2001年9月26日生まれ。G飯田E宮本H稲葉BペタジーニA古田D岩村FラミレスC土橋@鎌田

6位 武岡 龍世 (八戸学院光星高・内野手)
ヤクルト、6位で「G坂本2世」八戸学院光星・武岡龍世指名 春夏甲子園出場3拍子揃う遊撃手
プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、ヤクルトが6位で八戸学院光星の武岡龍世内野手(18)を指名。交渉権を獲得した。
 有望な遊撃手が揃う中でも抜群のセンスを誇るのが八戸学院光星の武岡だ。OBの巨人・坂本勇に憧れ同校に進学。走攻守で高いレベルのプレーを披露することで「坂本2世」と呼ばれるまでになった。
 「そう呼ばれるからには結果を残さないと」
 今春の選抜後に打撃フォームを崩したが「仲間からのアドバイスを聞いて実行したら、良くなった」と左右に打ち分ける巧みなバットコントロールで、存在感を発揮。今夏の青森大会では打率.588の活躍で3季連続甲子園出場に貢献すると、2回戦・智弁学園戦では中堅右に自身聖地初本塁打となる高校通算23号を放ち、パンチ力も見せつけた。
 自身を含め遊撃手が6人選ばれた高校日本代表でも最終的に「2番遊撃」でプレー。一方で、打率.125と木製バットへの対応に課題を残した。「いい経験ができた。この経験を次のステージに生かしたい」。さらなる成長の糧にすることで憧れの人にまた一歩近づく。[ 10/17(木) 18:57配信 スポニチアネックス ]

2001年5月28日生まれ。当日は試合無し。翌29日G飯田E宮本H稲葉BペタジーニA古田FラミレスD岩村C土橋@石井一。

1〜4位まで即戦力投手を指名。5~6位はポスト山田哲人を睨んでか高校生内野手を指名。17年以来育成指名は無し。戸田水没で経費が必要になったからカナ?!
そしてお気づきになるでしょうか。指名選手全員が1997年と2001年生まれ!


恒例ドラフト当夜の背番号予想。
空き番:2/(6)/7/11/21/25/(27)/33/35/43/44/60/69/70/74/77/78/79/80/81/85/86/88/89/90/91/92/93/94/96/97
奥川:「11」
吉田大喜:「18」or「21」
杉山:「21」or「25」
大西:「25」or「28」
長岡:「60」
武岡:「62」
競合で引き当てた甲子園で活躍したドライチの系譜で「11」となるでしょうか。故障というイメージもまとわりつき縁起が良いとは決して言えないが・・
そこから順当に「21」「25」と投手の称号を。ブキャナンの動向次第で「28」か。或いは「18」を剥奪して「18」「21」「25」の順もあり得るか。
右投げ左打ちの高校生には切磋琢磨の意味を込めて近しい番号を。「43」「44」の連番も考えられるが,ここは田川を「35」に戻してあげるのがヤクルトスタイルかなぁと。

畠山コーチにはぜひ「88」を。あの背中にはぞろ目が似合う。池山二軍監督は「96」かな?!
東京 🌁 | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:16 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: