2019年09月22日

{東京ヤクルト 10-3 巨人 三輪正義引退セレモニー

G 020 010 0** 3
S 014 300 2x*10
○石川(8-6)5,平井1,ハフ1ー松本直
廣岡10号B(桜井)松本直1号A(鍵谷)

▼データ
 ・7回2死一塁降雨コールドゲート
 ・松本直:プロ初本塁打[鍵谷]

◆ポイント
 ・3回裏2死一塁村上四球
 ・4回表5球で三者凡退
 ・5回裏2死一三塁陽三振

生憎の雨予報。昨夜の時点では午後から。今朝の時点で15時から。お昼の時点で17時からと遅くなる雨予報。ただいずれにしても18時には雨だしまあ無理してやるほどでもないし,順位も関係ないし…なんてあまりモチベーション上がらないなかで,それでも記念に下敷きぐらいは貰いたいなと神宮球場に到着したのは15:30。今にも降り出しそうな空。
大学野球併用日。内野席チケット保有者が先に解放されたため,1入口より先行入場し,山田&川端の下敷きをゲット!そして大学野球が9回表に差し掛かるあたりで雨脚強まり避難。小康状態のなか開門。ただ内野ベース土の部分はシートで覆われ,試合開始は微妙な状態。

それでも予定通り試合開始予定時刻30分前。つば九郎きょうのひとこと。
DSC03675.JPG
じゃいあんつのみなさんりーぐゆうしょうおめでとうございます
びーるかけたのしそうでしたね。そのあと2じかいはもりあがりましたか?
きょうはおつかれでしょうからゆっくりやすんでください。あとしゅうかんしにきをつけてください
きょうはみわくんのいんたいせれもにーがあります。
しこくあいらんどりーぐからぷろいりして12ねんおつかれさまでした。
と.いうわけでこんなみわくんはいやだ。
かぞくにはまだいんたいをつたえていない。
ほんにんはきょうせれもにーがあることをしらない。
すわろーずJrにごうかくしている。
みわくんらしくあめできょうのせれもにーがへっどすらいでいんぐのみとなる。
DSC03695.JPG
せれもにーちゅうちーむめいとがくらぶはうすにかえっちゃう
せれもにーちゅうしょうめいがおちていく。
そんなみわくんがなんとなくだいすきです。

スタメン
DSC03722.JPG
G山崎H塩見F青木C山田哲B村上E廣岡D太田A松本直@石川

沖縄ツーリストナイターということでアロハシャツくろう。
DSC03705.JPG

1回裏は僅か6球でチェンジ。2回表ゲレーロに被弾。首を捻りたくなるような展開はここまで。とられた直後に1点でも取り返すと追い上げ感がある。

3回裏は長打を絡めて。1死から塩見俊足飛ばして三塁打。青木連日の左方向への軽打で同点。2死一塁から村上四球。なんだかここ数日追い込まれてからでも振り回さなくなった感じありません?!見逃し三振ならごめんなさいくらいに狙い球絞って見極めてる。。これなら打率上がって来季は末恐ろしい打者になりますよ。。
そして廣岡もとうとう10桁本塁打に乗せた。

4回裏も先頭石川の安打から。1死一塁に塩見,二塁に石川を置いて,青木の打球はライトへ。塩見が石川を追い抜くんじゃないかの勢いで生還。青木も三塁へ。内野ゴロ間にもう1点。しかしこの攻撃あたりから霧雨。

ひとまずはゲーム成立を願うレベル。5回表1点失いなお一三塁ピンチも陽を三振に斬って通算171勝目の権利を得て降板。
引退の館山に贈る白星=石川、辛抱強く8勝目−プロ野球・ヤクルト
 かつて左右の二枚看板として競い合った「戦友」にささげる大切な白星になった。ヤクルトの石川が、前夜にリーグ制覇を決めた巨人から白星を挙げ、今季8勝目。「何とか抑えたかったし、チームが勝ててよかった」と笑った。
 本調子ではなかったが、辛抱強く多彩な変化球で内外角を突いた。五回には1点を失ってなお2死一、三塁から陽岱鋼をシンカーで空振り三振に。「低めへ、悔いのないように腕を振るイメージだった」と振り返った。
 心に期するものがあった。前日の21日。長くチームを支えてきた館山の引退登板があった。早上がりもできたが、石川は試合後のセレモニーまで残り、涙した。「彼がいて頑張れたから、今の自分がある。仲間が去るのは寂しい。勝利を贈りたかった」。信頼する右腕へのはなむけだった。
 館山から贈られた言葉がある。「これからも後輩の高い目標でいてください」。現役最多の通算171勝という数字以上に重みがあるのは、その立ち居振る舞い。「一日でも長くそういう存在でいたい」。それが来季の巻き返しにもつながる。[ 9/22(日) 22:26配信 時事通信 ]

もしヒーローインタビューがあったのなら館山への想いを口にしたのでしょうかね。今季最終&30代最終登板を見事白星で締めてくれました。来季はプロ19年目。不惑の40歳で迎えるシーズン。M29。

5回インターバル終えさらに強まる雨。通路にも気づけば水溜まり。ブルペンも整備が必要なレベルに。
ラッキー7はもう限界。現地では謎のインターバルからの塩見のファンファーレをもって中断。ベース上シートが張られすっかり水浸し。10分足らずでコールド宣告。
DSC03759.JPG
からのパトリックさんアナウンス。観戦仲間氏の機転で二階席へ。

三輪正義引退セレモニー
DSC03763.JPG

そもそも昨日ジャイアンツが優勝を決めていなければこの舞台は設けられなかった。仮に1日ずれたとして明日ならば台風一過。雨の舞台は絶対に用意出来なかった。
今日この時間帯でしかあり得ない最高の舞台。影の努力家に野球の神様が与えてくれたのでしょうね。

DSC03774.JPG
「えーと」「いろいろ考えてきたんですけど、こんななるなんて思ってなかったんで」「あの〜。なんか全部飛んでます。しゃべろうと思ったことが。え〜…ただ!え〜と〜。本当にこういう場を設けていただいたヤクルト球団の関係者の皆さま、本当にありがとうございます」「大変お世話になった小川監督、高津(2軍)監督、真中前監督、宮本コーチをはじめコーチの方々、12年間お世話になったコーチの方々、本当にありがとうございました」
DSC03770.JPG
「チームメート、先輩、後輩、同級生。本当にたくさんいじってもらいました」「ここでは言えないこともたくさんありました。ねっ!青木さん!!いっぱいありましたよね!?」「本当になめた後輩が多かったです。名前を挙げればキリがありませんが、川端、荒木、山崎、各世代に渡ってなめた後輩が多かったです」「ただ、彼らのおかげで僕はとても楽しい野球人生を送ることができました。本当にありがとう」

そして・・・何度も披露してきた雨天中止名物のパフォーマンスへ。
バッターボックスから一塁ベース付近へ代名詞のヘッドスライディング。シート上の水はいつも以上に嵩を増していたのではないでしょうか。けん制球に一塁へ戻り,二塁へのヘッドスライディング。そして三塁コーチャーズボックスへ塩見が出向き,回れ回れの大ジェッシャー。三塁回って水しぶきをまき散らしながら本塁生還!
DSC03778.JPG
DSC03783.JPG

本人泣いたってそんなの全然分からないくらいずぶ濡れ。こんな”えみふる”な引退セレモニーはかつてあったでしょうか。

「近い将来、ここにいる後輩たちが必ず優勝してくれると思います。ねっ!塩見くん!!ですよね!!!」三輪の後継者を託されたのは塩見。ファンファーレ然り素質はありそう。あとは野球で極めてください。足は申し分なしなのですから!!

三輪正義選手12年間ありがとうございました。
DSC03798.JPG

最終スコア
DSC03803.JPG

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(山田大)−巨人(今村)24回戦 神宮 18:00
DSC03754.JPG
 ・残すは3試合
兵庫 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: