2019年09月19日

{東京ヤクルト 8-0 阪神

S 100 040 201 8
T 000 000 000 0
塩見1号A(高橋遥)バレンティン33号A(高橋遥)
○小川(5-12)9ー松本直

▼データ
 ・対阪神戦全日程終了:9勝14敗2分
 ・塩見:プロ初本塁打[高橋遥],プロ初猛打賞
 ・小川:2017年4月22日広島戦(神宮)以来※7回,2016年8月31日巨人戦(富山)以来9回完封勝利

◆ポイント
 ・1回表0死廣岡三振(10球粘る)
 ・5回表2死無走者廣岡中2(8球目)

先制・中押し・ダメ押し。さらに足を絡めてダメのダメ押し。
投げては小川がチーム138試合目にしてチーム=すなわち令和時代初となる完封(零封は6月3日日本ハム戦(札幌ド)小川ー梅野以来)。小川自身2年ぶり。9回投げ切っては3年ぶりの完封。
順位が決まってのびのびのスワローズ野球。

対高橋遥。ちょうど一週間前のリプレイを見るかのような山田のレフト線への二塁打で先制。

中押しは5回表2死無走者から。廣岡が第1打席に続き粘りを見せ8球目をライトへの二塁打。塩見が風にも乗せたかセンターバックスクリーン右へプロ初本塁打。これで気落ちしたか高橋遥。山田に四球を与え,今度はバレが打った瞬間これは力でセンターバックスクリーン左へ。2ラン2発で4点。廣岡の粘りが生んだ4点とも言えようか。

ダメ押しは7回表。2死二三塁から村上申告敬遠で満塁。ここで中山がこれも力か。レフト前にポトリと落として2者生還。

9回表は塩見の足。先頭四球で出て,一ゴ間に二進。山崎内野安打となり一三塁。原口が逸らす間に山崎二進。1死二三塁で前進守備のタイガース。しかしそれをものともせずゴロゴーの塩見。村上のセカンドゴロ間に悠々生還。村上に打点がついた。それでも1つアウトは取れるのが阪神の前進守備という…ゴニョゴニョ。。

小川は145球の投球内容。中7日空いていたとはいえ,最終回良く投げさせたなぁと。これもシーズン終盤だから成せる業か。味方の守備に引っ張られた感もあるが,最後は小川らしい意志のある粘りの投球。来週が最終登板となるだろう。いい形で終わってほしいもの。

青木雄平お休み。バレンティン山田は途中交代と起用法は完全にオープン戦状態。ぬか喜びは禁物。

ビジター阪神戦全日程終了(4勝9敗)
3.2918:0135,8203:291-2x小川7,H近藤1,Hハフ1,H梅野1,●石山(0-1)1/3−中村桑原
3.3014:0036,0883:020-1●石川(0-1)5,マクガフ1,五十嵐1,大下1−中村岩貞
3.3114:0036,0512:582-1○高梨(1-0)6,H梅野1,H近藤1,S石山(1)1−松本直,中村西
5.2118:0042,1892:572-3●原(2-4)6,ハフ1,マクガフ1−中村青柳
村上12号@(能見)
5.2218:0033,4623:252-3高橋5,H近藤1,●ハフ(1-1)1,五十嵐1−中村藤川
バレンティン10号@(岩田)
5.2318:0041,1793:270-1xブキャナン6,H近藤2/3,Hハフ2/3,●マクガフ(2-1)1−中村ドリス
7.1918:10雨天のため中止→振替日:9.19
7.2018:0246,7473:143-4x小川71/3,近藤2/3,●ハフ(1-2)2/3−中村ドリス
7.2118:0146,7302:482-5●山中(0-2)5,梅野1,近藤1,五十嵐2/3,大下1/3−中村西
バレンティン17号@(西)
9.1018:0037,6064:035-4高橋3,高梨2,Hハフ1,H梅野2,○石山(2-2)1,Sマクガフ(9)1−中村ドリス
バレンティン31号@(秋山)
9.1119:0737,4973:173-10●小川(4-12)5,坂本2,平井1−松本直青柳
村上33号@(青柳)
9.1218:0040,7013:4012-2○山田大(5-4)62/3,石山1/3,大下2−中村,松本直高橋遥
バレンティン32号A(高橋遥)
9.1818:0041,8393:332-3ブキャナン6,●ハフ(1-5)1,坂本1−松本直岩崎
9.1918:0036,7323:278-0○小川(5-12)9−松本直高橋遥
塩見1号A(高橋遥)バレンティン33号A(高橋遥)

開幕戦は延長サヨナラ負け。2戦目はスミ1完封負けで連敗スタート。3戦目。坂口が島本から左手に死球を受け,坂口は結局ほぼフルシーズンを棒に振るうことに。当てた島本は60試合に登板し防御率1.77(9月19日現在)と安定感抜群の一年に。
16連敗の6~8連敗が甲子園。いずれも1点差での競り負け。ここで1つでも勝っていれば,またチームも違った方向に向かったことだろう。歯車を修正するべきところで出来なかった甲子園。今季の甲子園初勝利は9月に入ってからだった。

村上:高卒2年目野手開幕スタメン(55年ぶり6人目・球団最速タイ)から始まった伝説。173三振(2004年岩村明憲と並び球団記録,日本人最多記録タイ,歴代5位)。青木:NPB通算1500安打(史上126人目),塩見:プロ初本塁打[高橋遥]。
小川淳司監督,宮本慎也ヘッドコーチ退団発表と最下位確定もこの甲子園での出来事だった。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)ー中日(大野雄)最終戦 神宮 18:00
 ・館山昌平畠山和洋引退試合
 ・ノーヒッターから中6日大野雄大が有力か
 ・とにかく心配なお天気。タテとは切っても切り離せないのは怪我と雨とはいえ・・・せっかくチケット取れたんだからなんとか最後の雄姿を見たい!
兵庫 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:21 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: