2019年09月14日

{東京ヤクルト 4-7 横浜DeNA

S 000 100 201 4
B 011 005 00x 7
●石川(7-6)50/3,石山1,大下1,坂本1−松本直
山田哲34号@(山崎)

▼データ
 ・対DeNA戦全日程終了:10勝15敗
 ・山田哲:連続盗塁記録38でストップ
 ・対上茶谷:0勝4敗

◆ポイント
 ・2回表0死一塁雄平三振(3−2からエンドランで併殺)
 ・6回表0死一塁吉田三振(犠打失敗からサイン切り替えた末)

9月のヤクルト○●○●○●○●○●。

ボーク,暴投さらには2死から外野手照明が目に入って後逸からの失点。球団史上初となる本拠地でのクライマックスシリーズ開催という目標があるチームとの差は火を見るよりも明らかでした。

モチベーションが無いにせよ,野球が雑というか野球にならないというか・・。

2回表先頭バレが四球で出塁。雄平3−2フルカウントで見逃せば完全なボール球を強振して三振。バレにスタート切らせた以上はセカンド悠々アウト。

5回表1死一二塁。バレの大飛球。角度的には完全に行ったかと思われたがフェンス前失速。ホームランにならず唖然とするバレを尻目に二走太田はタッチアップも出来ず二塁釘づけ。隙あらばなら(落合中日とかなら)一走だって二塁窺っていたと思われる。

6回先頭村上が四球で出塁。この時点ではまだ1−2と1点ビハインドの状態。川端に代わって昇格してスタメンのチャンスをもらった吉田は犠打の構えも送れず。サイン切り替えて最後は見逃し三振。ネクストでは荒木さらには中山が待機するなかで,松本直は併殺でチェンジ。
ある意味で代打が送られるものと思われていた石川は2死からのキャッチボールもせずマウンドへ。気持ちの準備が不十分なまま0死満塁のピンチを招いて降板。もう完全に後手後手。

吉田が送って,松本右方向。9番石川に代打で凡退だとしても,同じ無得点には変わらない。しかし次の回は1番から始まる。さらに投手もイニング頭から継投に入る。こういうのが本来野球の流れというもの。

犠打が決まらないだけで一気に形勢が変わった感。3点ビハインドで内野前進守備に何の意味があるのだろうか。

ビジターDeNA戦(3勝10敗)
4.314:0031,7894:219-8原5,Hマクガフ1,H梅野2,○五十嵐(5-0)1,S石山(7)1−中村エスコバー
中村3号B(進藤)バレンティン8号@(三嶋)
5.114:0031,8203:071-5●高橋(0-1)52/3,近藤1/3,中尾1,大下1−中村,西田大貫
村上7号@(大貫)
5.214:0031,8072:480-2●スアレス(1-1)7,ハフ1−中村今永
5.3118:0031,9832:392-3●ブキャナン(1-2)6,マクガフ1,ハフ1−中村,西田今永
6.114:0032,0912:340-7●清水(0-1)4,山中2,風張2−中村,古賀上茶谷
6.213:0032,1082:545-2○原(3-5)62/3,Hハフ1/3,H石山1,S梅野(4)1−古賀,中村濱口
バレンティン13号@(国吉)
7.3017:4532,1622:512-6●ブキャナン(1-6)5,五十嵐1,星1,寺島2/3,大下1/3−中村上茶谷
山田哲23号A(上茶谷)
7.3117:4532,1493:083-4x石川6,梅野1,Hハフ1,●近藤(3-3)1/3−中村山崎
山田哲24号A(三嶋)
8.117:4532,1543:124-2○山田大(4-0)6,H梅野1,Hハフ1,Sマクガフ(5)1−中村大貫
村上21号@(大貫)
8.2718:0031,9393:233-5高橋6,●星(1-2)1/3,久保2/3,高梨1−松本直エスコバー
村上31号@(上茶谷)バレンティン27号@(上茶谷)雄平11号@(上茶谷)
8.2818:0531,3224:586-7x石川4,高梨2,H坂本2/3,H平井1/3,梅野1,Hマクガフ2,H久保2/3,●星(1-3)1−中村武藤
バレンティン28号@(平良)29号B(平良)
8.2918:0032,1593:322-4小川6,●平井(0-1)2/3,坂本1/3,石山1−松本直,中村石田
9.1417:0032,1583:304-7●石川(7-6)50/3,石山1,大下1,坂本1−松本直上茶谷
山田哲34号@(山崎)

平成最後と令和最初の舞台がハマスタ。
15連敗(1970年以来球団史上3回目)月間5勝(球団史上ワーストタイ),16連敗(1970年以来球団ワースト,セ・リーグワーストタイ)を喫し,それを止めたのはハマスタ。
山田哲の開幕から31連続成功記録(1964年広瀬叔功と並び歴代1位)が生まれ,連続盗塁記録38がストップしたのもハマスタ。いずれもリクエストが絡んだプレー。
青木:日米通算2352安打(川哲治氏を抜き歴代12位),村上:高卒2年目86打点(1953年中西太と並び歴代1位タイ)。
スアレス:来日初安打,清水:プロ初登板,初先発,塩見:プロ初打点[国吉],渡邉:プロ初盗塁。
上茶谷に3敗。今永に2敗。サヨナラ負け2試合。延長12回引き分け寸前星2試合連続敗戦投手など。

来年は対DeNAビジター12試合の番。うち3試合がハードオフエコスタジアム開催ということでハマスタでの試合は僅か9試合となります。

■NEXT GAME
 広島(塹江)ー東京ヤクルト(田川)24回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・当日移動で広島へ
 ・わたくしはつば九郎さんと稲刈りへ( *`ω´)
神奈川 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:11 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: