2019年08月28日

{東京ヤクルト 6-7x 横浜DeNA

S 000 140 100 000 6
B 031 001 010 001x7
石川4,高梨2,H坂本2/3,H平井1/3,梅野1,Hマクガフ2,H久保2/3,●星(1-3)1−中村
バレンティン28号@(平良)29号B(平良)

▼データ
 ・今季負け越し確定
 ・対DeNA戦負け越し確定

◆ポイント
 ・2回裏0死一二塁嶺井投ゴ(併殺捕れず)
 ・6回表3者凡退(9番まで回らず)

延長12回裏2死(満塁)。カウント0-2。あと1ストライクで引き分けからのサヨナラ負け。試合時間4時間58分で残ったのは疲労だけ。
3回終わって0−4。ここから2度勝ち越すも追いつかれ,引き分け寸前で負け。71敗目となり残り22試合全勝しても70勝71敗2分が確定。

1つのプレー。2回裏0死一二塁嶺井ピッチャーゴロで併殺が取れれていれば,2死三塁で神里。1点取られたとしても8番平良でアウトを取れればこの回は1点で済んだ計算。

それでもハマスタ大好きバレンティンの2発で逆転し,継投に。
2番手高梨が逆転した直後のイニング。1番から始まる打順を3凡と良い流れを作ってくれた。6回表6番村上から始まる打順。結果的に3者凡退で終わったが,9番まで回ったら高梨をどうしたのだろうか。

イニング跨いだ高梨。ソトを抑えてホッとしたわけではないだろうが,代打梶谷にバースデーソングが流れた直後に被弾で同点に。

7回表高梨の代打山崎が内野安打エラー野戦と足で稼いだ1点で終盤3イニング。

坂本が先頭四球から2死一二塁のピンチを招くも,平井が一球でロペスを仕留めてくれた。だが梅野がこれまた先頭四球から追いつかれ,同点でマクガフを2イニング。11回裏は久保と星で凌ぎ,勝ちが無くなった最終回は星がイニング跨ぎ。
2死満塁で投手に打席。DeNA最後の野手代打山本。カウント0-2。不用意としか言いようがない結末。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(井納)−東京ヤクルト(小川)24回戦 横浜 18:00
 ・小川に長いイニング投げてもらわないと中継ぎ陣が・・・
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:36 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: