2019年07月26日

{東京ヤクルト 3-12 広島

C 015 000 024 12
S 000 002 100 3
●高橋(2-4)3,大下3,五十嵐1,久保1/3,蔵本12/3−中村
バレンティン21号A(大瀬良)

▼データ
 ・対大瀬良12連敗

◆ポイント
 ・3回表2死一二塁小園右本
 ・7回裏2死三塁雄平一ゴ(リクエスト判定の末アウト)

高卒ルーキー小園にプロの洗礼を浴び大敗( *`ω´)大瀬良とか顔も見たくない( *`ω´)

高橋奎二は前半最終戦からオールスター&甲子園の中止もあり中15日での登板。間隔が空き過ぎたことは考慮してあげないと・・・

初回先頭山田が出て22個目の盗塁を決めるも山崎がサードゴロ。昨日の試合も0死一塁でショートフライ。同じアウトでも右方向で走者を進めて欲しいのに進められない。

2回表三好のソロは止む無し。3回表先頭菊池に二塁打。自らの暴投で三塁に進まれ,バティは三振に奪うも誠也にタイムリー。さらに盗塁と悪送球が重なり再び1死三塁からアンパンマン松山タイムリー。會澤翼への死球で間が空き,前の打席打たれた三好から三振を奪い2死一二塁で小園。次は大瀬良。でも一塁空いた状況では無いし・・

3回裏の打順が高橋からということでこの回でKO。2番手大下が3イニング無失点ピッチで流れを引き寄せてくれた。ちょうど2年前の7月26日。0-10から追いついて逆転サヨナラした日ということで,ドラマの予感はあった。

まずは6回裏バレ。5試合連続となる2ラン本塁打で狼煙を上げると,7回裏も2死一塁から山田のタイムリー三塁打。さらに代打雄平の内野安打で2点差!という判定がリクエストで覆りアウト判定。

3点差で久保を投入。1死一塁から二盗を決められ,外野が若干前進したことで高橋大のセンターへの飛球は青木のグラブを弾いて三塁打に。さらにもう1点で勝負アリ。2点差で8回9回に懸けたかったが,望みは絶たれた・・

苦手の火曜&金曜。令和時代は2勝17敗となっております。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)−広島(床田)16回戦 神宮 18:00
 ・予報によれば大丈夫そう?!
 ・達川解説員( *`ω´)それを受け止める立本アナという因縁のバトルが再び。。
東京 ☀ | Comment(1) | SWALLOWS | at 22:31 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>苦手の火曜&金曜。令和時代は2勝17敗となっております。
今年はカード頭がとれてないんですね・・・
勢いものらないのもしょうがない。
しかし、そろそろ関東は梅雨明け。
チームも梅雨明けして面白い試合が見れるといいな。
毎年夏場の神宮の花火が楽しみです。
Posted by nanashi at 2019年07月27日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: