2019年07月23日

{東京ヤクルト 5-6x 巨人

S 000 010 130 5
G 400 100 001x6
ブキャナン5,蔵本2,Hハフ1,●近藤(3-2)0/3−中村
バレンティン18号@(山口)青木12号B(デラロサ)

▼データ
 ・今季6試合目サヨナラ負け。うち4試合が関西(京セラ2・甲子園2)

◆ポイント
 ・1回裏1死一塁亀井遊安
 ・1回裏1死一二塁大城二安
 ・9回表2死満塁山田右飛

ヨーイドンで4失点。相手は山口俊。正直厳しいというか白旗かと思った。それを追いついた。それでも結果はサヨナラ負け・・

先発ブキャナン。神宮イースタンで1イニング投げて中2日での一軍先発というのはアリかナシか。
ヒット四球。坂本は三振に奪うもそこから4連打。小林に押し出しであっという間の4失点。その内容。1死一塁亀井のショートゴロ。廣岡お手玉でオールセーフ。西浦ならセカンドで1つアウトを取ってくれたはず。1死一二塁大城の打球はピッチャーファーストセカンドのトライアングルゾーン。山田が処理するも一塁ベースカバーブキャナンが間に合わず内野安打。集中力を欠いたという見方と2死であれば状況変わったという見方が交錯。

毎回走者出しながらも5回5失点。ある意味粘れたのか。2番手蔵本が流れを断ってくれたお蔭で試合になった。

まずは反撃の狼煙バレムランは5階席。ふと開幕京セラ3連戦のビデオ判定を思い出した。あれが入っていれば・・・
7回表は青木村上の連打で1点。尚1死二塁で中村の打球。抜けたかと思われたが亀井の好捕。これも大きかったか・・・

8回表蔵本の代打雄平ヒット。山田四球。走者二人置いた場面で山口からデラロサへスイッチの原監督。その初球を見事ライトスタンドへ運び一発で追いついた。

8回裏はハフ。丸に対して苦労したが無失点。2死を簡単に奪っただけに欲を言えば3人で斬れればもっと流れが来たのかもしれないが,それを言うのは酷な話。

9回表はマシソン。先頭バレが四球を選び代走上田。中村がキッチリ送って1死二塁。ここで太田は初球打ち。西浦の穴を痛感する内容。それでも2死二塁から廣岡雄平の連続四球として満塁。山田を迎え中川。2−0と押せ押せムードも,坂本が間を取りに行き,得点圏打率.192のデータ通りの内容。

9回裏はリードすればマクガフも,同点で近藤。0死一塁から村上が犠打処理エラー。こうなれば時間の問題だったか。石山はペナルティー期間空けたはずなのに音沙汰無し。。これも響く。

■NEXT GAME
 巨人(古川)−東京ヤクルト(石川)16回戦 京セラドーム 18:00
 ・移籍古川との対戦
大阪 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 22:20 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガリガリなブキャ様が心配です。
本日はめずらしく追いついたと思うのですが・・・
同じような負け方が今年は多いですね。

>石山はペナルティー期間空けたはずなのに音沙汰無し
石山はインフルエンザなので、体力が戻るまでは昇格できないと思います。本当は、近ちゃんも休ませたいんですけどね。
今年は、怪我人が多く、本当に選手起用が難しい。
Posted by nanashi at 2019年07月24日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: