2019年07月07日

{東京ヤクルト 1-7 中日

S 100 000 000 1
D 601 000 00x 7
●高梨(4-5)3,五十嵐1,大下2,梅野1,久保1−中村
山田哲22号@(柳)

▼データ
 ・七夕5年連続黒星

◆ポイント
 ・1回裏2死二塁柳左2
 ・大下2回無失点

初回で勝負アリ。ナゴヤドームで柳に5点の援護はあまりに大きすぎた。

山田哲人の先頭打者弾で幸先良く先制も,これで逆に柳の目を覚めてさせてしまったか。
吉田はこれで17打数連続無安打。打率.087となり2打席で代打を告げられた。

高梨の立ち上がり。1死一塁でアルモンテ。昨日まで55打数13安打。うち9安打がヤクルトからというやくせんっぷりを如何なく発揮。第1打席の安打で対ヤクルト戦19打数10安打と打率.526まで跳ねあがった。
ここからつるべ打ち。ビシエドタイムリー二塁打で逆転されると,周平には昨日から5打席連続となる安打で一三塁となり堂上3ラン。これで直倫は今季7本塁打のうち5本がヤクルトから。さらに高梨から8打数4安打4本塁打と完全にカモられている。
さらに京田にもヒットで5連打。武山を三振に奪うも暴投間に二塁に進まれ,柳に左中間真っ二つ。これで白けた感。
球団別防御率だと対広島戦0.00。対阪神戦1.50。対巨人戦1.64。日本ハム戦6.75。DeNA戦9.00。中日戦10.56。両極端な成績が明らかに。

2回表2死一二塁で打席が回りそのまま打席に立たせたベンチ。明日も試合ということで,ある程度割り切った起用。
五十嵐−大下−梅野−久保で5イニング。復帰の大下が2イニング無失点。春先に描いていた大下がロングも出来るポジションでスタンバイしてくれていると,ブルペンに精神的な厚みが増す気がするので,敗戦の中の光明かと。あの先発から構想が崩れてしまったから・・・

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(山田大)−横浜DeNA(飯塚)13回戦 神宮 18:00
 ・オールスター前最後の3試合
 ・バレは復帰か?!西浦は?!
 ・日本文理出身飯塚悟史との対戦
愛知 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 17:28 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: