2019年06月16日

{東京ヤクルト 6-10 埼玉西武

S 100 001 013 6
L 001 333 00x 10
●高橋(0--3)41/3,五十嵐2/3,清水2,山田大1−中村
山田哲16号@(松本航)村上18号A(松本直)中山1号@(松本直)

▼データ
 ・9カード連続カード負け越し
 ・対埼玉西武戦全日程終了:2年ぶり8回目負け越し,通算22勝36敗1分
 ・中山:プロ初本塁打[松本直]

◆ポイント
 ・2回表0死満塁廣岡三振藤井左飛山田哲右飛
 ・3回裏2死一塁牽制誘い出し二塁送球を記録廣岡失策

初回山田哲人先頭打者本塁打で先制。2回表も先頭雄平ヒットに始まり中村山崎連続四球で0死満塁とアップアップの松本航。ここで迎える最初の打者廣岡が三振。藤井犠飛にならない左飛。山田大きなライトフライ。これで完全に立ち直られた感。9番高橋の方が期待出来たなんて声も。

最終回村上中山の連続本塁打で見せ場を作ってくれたが,中盤のミスのオンパレードで試合は決していた。

3回裏2死一塁。牽制の上手い高橋が金子侑を誘い出すも,村上からの送球を廣岡が捕球出来ず。ここから四球タイムリーで同点に。
5回表2死から山田がヒット。暴投で二塁に進み,この打席で自打球を当てた青木がレフト前に弾き返すも,本塁は悠々アウト。
5回裏高橋はまさに一人相撲。先頭金子侑にストレートの四球を与え,自らのけん制悪送球で三塁まで進まれ,秋山に四球を与え,源田に犠飛。ここでKO。
集中力を欠いた守備陣。連続四死球で1死満塁となり森もキッチリ犠飛。青木からの本塁への返球逸れてさらにもう1点。この回はなんと無安打で3失点!!!

6回表1死一塁から雄平は二塁を欲張って憤死。1−7と6点ビハインドの展開で積極的に次の塁を狙う判断に疑問。

これが無ければ・・という試合展開では無い。そうなれば相手も繰り出してくる投手が変わるのだから・・

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(原)−ソフトバンク(バンデンバーグ?)1回戦 神宮 18:00
 ・交流戦残り7試合すべて神宮
 ・田中浩康解説員
 ・山田と村上はこれで交流戦対戦した4球団すべてから本塁打を放ち,残り2カード。
埼玉 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 16:29 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: