2019年05月15日

{東京ヤクルト 7-9x 広島

S 201 001 300 0 7
C 010 010 014 2x9
スアレス1,H大下1,Hマクガフ3,Hハフ1,近藤1,五十嵐1,梅野1,●中尾1/3−中村

▼データ
 ・首位から1.0差に4チーム

◆ポイント
 ・9回裏1死一二塁三失

スアレス初回降板というアクシデントがありながらもブルペン陣がつないで,最終回4点差で守護神梅野につなぐも・・・
エラーから傷口が拡がり球場の雰囲気と究極に狭くなるストライクゾーン。石山も通った道。これも経験。

今日は投手陣。頼みのスアレスが立ち上がり0死一三塁のピンチを招くも無失点で立ち上がり,さぁという時に降板。。2回表1死一塁の打席で何かアクシデントがあったとしか思えない。

ほぼ準備も無くマウンドに上がった大下。ピッチャーに打たれてしまったが,2死満塁で菊池を打ち取って最少失点で乗り切った。
3回裏からマクガフ。そのマクガフが3イニングを投げてくれたことで,あとは近藤ハフ五十嵐梅野の4人で4イニングという計算が立った。6回裏はハフ。15球で3者凡退とリズムを作り,7回表のダメ押し点につながった。7回裏は近藤。

8回裏は亮太。先頭鈴木誠也にソロで1点こそ失ったが,2死一二塁で松山をピッチャーライナーに打ち取り梅野へ。もうベンチとしても策は打ち尽くした。

梅野で追いつかれ残された投手は中尾と風張のみ。延長に突入した時点で結末はある程度覚悟していた。。

本日の7得点を振り返ると
 ・1回表1死二三塁雄平右安
 ・1回表1死一三塁村上遊ゴ間
 ・3回表1死三塁雄平左犠
 ・6回表0死一二塁村上二失
 ・7回表0死満塁山田三ゴ間
 ・7回表1死二三塁雄平遊ゴ間
 ・7回表2死三塁村上遊安
いわゆる綺麗なタイムリーは初回の雄平のみ。
内野ゴロ間の得点が3つ。0死二塁の走者を外野フライ2つで還した得点が1つ。完全な併殺コースを名手菊池がトンネルによる得点が1つ。石井琢コーチの教えは浸透している。

両軍に言えることだが,エラーが点に結びついた。気分が悪いので寝ます( *`ω´)

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)−横浜DeNA(今永)7回戦 神宮 18:00
 ・今季最も安定している感のある今永
 ・小川どう修正してきたか
 ・坂口バレ復帰でリスタートと行きたい!

広島 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 22:36 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お休みなさい。
私も今日は早く寝ます。
Posted by nanashi at 2019年05月15日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: