2019年05月08日

{東京ヤクルト 7-7 阪神

T 300 000 020 002 7
S 000 000 050 002 7
高橋5,マクガフ1,ハフ1,五十嵐1,H梅野2,近藤11/3,中尾2/3−井野,西田
山田哲8号@(島本)

▼データ
 ・今季最長試合時間4時間53分
 ・村上:プロ初盗塁

◆ポイント
 ・6回裏2死青木死球(危険球退場)
 ・8回裏0死二塁大引投犠
 ・12回裏2死一塁村上二盗

12連戦の最終戦は延長12回4時間53分引き分け。6勝5敗1分と勝ち越しで終えた。

今日は勝てなかった引き分けでなく,負けなかった引き分け。だって一度もリードを奪えなかったのだから・・。

初回ヨーイドンで4連打。あっという間の3失点。それでも高橋は2回以降は別人。しかしそれ以上に打線は岩田を打ちあぐね3−0のまま5回終了。

ある意味試合が動いたのは青木への頭部死球。ヘルメットを霞めるくらいのものにも映ったが,岩田からは昨年も喰らっており,青木としてもチームとしても黙っていられるものではなかった。何より小川監督宮出コーチ河田コーチが先頭だって詰め寄ってくれた。警告試合が宣告された。

しかし岩田の後を受けた守屋に対し山田はライトへのフライでチェンジ。7回は能見の前にランナー出すも0。

8回表五十嵐を投入するも,2死一二塁からの外野前進守備が完全に裏目に出て,走者一掃三塁打に。3点のビハインドで前進守備する必要があったのか?!そんな疑問すら抱く展開となりエコスタに浮気したのはしょないとなっていた。

3−0から5−0となったことで?!ジョンソンではなく福永を投入してきた阪神ベンチ。ある意味舐めた継投がヤクルト打線に火を点けた!

先頭太田がヒット。宮本も粘って今季初安打。前の打席頭部死球を受けた青木が恐怖心をモノともせず初球をセンター前に弾き返し0死満塁。18打席連続無安打悩める山田にようやく出た一打。2点返してジョンソンを引っ張りださせた。

0死二三塁で雄平。レフトオーバーで青木山田が生還し1点差。なお0死二塁。ここで大引がある意味今日最大のポイントだったのでは。何が何でも右方向。バットを放り投げてでもファールにして,最後はボテボテのピッチャーゴロで結果的に進塁打となった。7回裏1死一二塁の場面で代打起用され,同じフルカウントから結局投飛に倒れ,守備に就けなかった西浦は先輩大引のこの執念を見て何かを感じて欲しい。同じようなタイプなんだから。

1死三塁からキッチリ逆方向に犠飛を打てる村上。5点ビハインドを一気に追いついた。

9回表は梅野を投入し3者連続三振という圧巻のピッチング。そのリズムで9回裏の攻撃。1死から宮本が三振振り逃げというラッキーな形で出塁し2死一二塁のチャンスを築くも無得点で延長。
10回表梅野がイニングを跨ぐも,その裏から阪神もドリスを投入。11回表は3連投近藤が抑え,イニング跨ぎマテオから得点圏に進めるも,宮本渡邉と若い2人が決められず。

最終回は3連投の近藤がさらにイニング跨ぎ。その先頭ピッチャーゴロを一塁送球慌てて内野安打となり,犠打申告敬遠からの中谷走者一掃二塁打でさすがに万事休したかと思ったが・・

言霊。



因縁の島本相手に先頭山田。3−0からフルカウントまで持ちこまれ,ポール直撃のソロ本塁打で1点差。しかし雄平大引と倒れ2死。
村上。ユニフォームを霞める死球。警告試合なら即退場(残り投手は浜地のみ)というルールと記憶していたが・・。実際小川さんも明らかに口元が「退場じゃないの?」と動いていたが。審判に促されるように引き下がっていった。

そして投手の打順で最後の野手中村を起用。その5球目。バッテリーもノーマーク?!村上が二盗。これで外野手が前に来て,そして中村がその頭上を越す一打で再び同点!!
代走風張でとうとう残るベンチ入り選手は大下のみという総力戦。最後サヨナラこそならなかったが,それでも価値ある引き分けとなったのは紛れもない事実。何よりあのまま青木の執念を無気力試合で終わらせるわけには行かなかった。This is "執念"。

フジテレビが用意した”ホコ×タテ”対決は引き分けに終わりました。

■NEXT GAME
 巨人(メルセデス)−東京ヤクルト(小川)7回戦 東京ドーム 18:00
 ・TOKYOシリーズ
 ・塩見が登録可能となるので渡邉か山崎が抹消か
東京 ☀ | Comment(1) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2017年のヤクルトならずるずる負けていたかもしれません。
同点にした野手陣の”執念”が頼もしく感じますね。
しかし、阪神さんとの試合は見てて疲れますね(笑)
欲を言えば勝ってほしかったですが、すごく面白い試合で満足でした。
Posted by nanashi at 2019年05月09日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: