2019年04月24日

{東京ヤクルト 2-7 巨人

G 050 002 000 7
S 000 000 002 2
●ブキャナン(0-1)4,ハフ2,中尾2,坂本1−井野,西田
西浦3号@(吉川光)

▼データ
 ・今季初3連敗
 ・2カード連続負け越し
 ・坂本:プロ初登板

◆ポイント
 ・2回表1死一三塁坂本右本
 ・9回表1死満塁炭谷遊併

最終回なんとか一矢報いたものの・・・今季初の3連敗。廣岡のスクイズ失敗から明らかに歯車が狂ってしまった。

2回で勝負あった感がしてしまうのが実に残念。
ゲレーロ四球山本ヒットで0死一二塁。炭谷結果送った形のセカンドゴロ。1死二三塁で高橋は高く弾んだ打球で捕球が精いっぱいでオールセーフ。結果高橋にプロ初安打と初打点を献上。そして坂本にライトスタンドへ。これで0−4。丸は打ち取るもビアヌエバにも被弾。

高橋の前に,1回裏2死一二塁,2回裏2死二塁,3回裏0死一二塁,4回裏0死一塁,5回1死一二塁と毎回得点圏に進めながらもつながらない打線。

5回からビハインドながらハフを投入せざるを得ない苦しい台所事情。それでも今日は中尾とプロ初登板坂本が後半3イニングを投げ切ってくれた。坂本はぬかるむマウンド+緊張か四球で1死満塁を招くも,田畑コーチの間もあって見事自ら招いたピンチを併殺で斬って無失点デビュー。エレベーターは脱した。貴重な左腕だけに,ビハインドで結果を残せば,近い将来左のワンポイントを任されるはず。坂本にとっては忘れえぬ試合。

巨人投手陣の連続無失点記録を止めたのは西浦の一振り。松山から捕り損ないのヒットさらにはエラーの連鎖。上司のパワハラとファンの暴言で精神的に参っているのではないかと心配になってしまうのだが,結果で見返してくれるはず。
さらに西田ヒット,荒木青木の連続四球で吉川光をKOし,山田の犠飛でもう1点。タイムリーこそ出ないがそれでも多少はつながりの兆し。
とにかくこのチームは何かのキッカケで全員の歯車が狂い,また何かのキッカケで全員が噛み合うようになる。今はキッカケを模索しているところ。

負け方としては昨日より断然良い。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(スアレス)−巨人(菅野)6回戦 神宮 18:00
 ・スアレス初登板
 ・対菅野。中5日なので前回同様いかに球数を放らせられるか。
 ・昨季4戦4敗。今季も1戦1敗の小穴アナ実況試合。マイナス×マイナスでプラスとなるか
東京 ☁ | Comment(4) | SWALLOWS | at 22:30 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>とにかくこのチームは何かのキッカケで全員の歯車が狂い,また何かのキッカケで全員が噛み合うようになる。今はキッカケを模索しているところ。
それがヤクルトの醍醐味ですね。
すっかりハマってしまいました。
明日はいっそ突き抜けてほしいと思います!!
Posted by nanashi at 2019年04月24日 23:49
少し前に噛み合っていたきっかけは3戦目の坂口の死球でしたかねー?
また良い流れのために若手の奮起を!
Posted by ツトム1091 at 2019年04月25日 09:27
>ツトム1091さん
いきなり噛み合っちゃいました笑
Posted by マーサ at 2019年04月25日 23:55
>nanashiさん
「突き抜け」ました!ズルズル連戦行っちゃうかなと心配してましたが、そうならなくて良かった!
Posted by マーサ at 2019年04月25日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: