2019年04月21日

{東京ヤクルト 5-7 中日

S 013 000 010 5
D 230 010 10x 7
●高梨(1-2)2,中尾2,五十嵐1,ハフ2,梅野1−中村
荒木1号@(ロドリゲス)

▼データ
 ・6カードぶりカード負け越し
 ・首位陥落

◆ポイント
 ・4回表1死満塁青木一ゴ山田三振
 ・5回表1死二塁上田二飛(二走雄平飛び出し併殺)
 ・6回表1死一二塁太田二併

開幕カード阪神戦(京セラドーム)以来となるカード負け越しで,首位陥落。

先発高梨が2回5失点と乱調。
3回表先頭で打順が回ったところで代打川端で勝負を懸けた。川端は倒れるも,太田からの4連打で1点差に。西浦のとことで打順が切れたこともあってか?6番にピッチャーを入れ,川端をファースト,村上をサード,太田をショートという布陣に。

2番手中尾。地元名古屋で今季初登板。試合を落ち着かせてくれた。しかし打線は天敵ナゴヤドームの吉見をKOし,中継ぎ陣を引っ張りし,そこから中盤3イニングは毎回のように得点圏に走者を進めたものの,1本が出ず。
7回以降はマルティネスロドリゲスの両外国人。9回はストッパー鈴木博が控えるだけに,この3回でなんとかしたいところだったが。

3番手五十嵐が9試合目で今季初失点。ハフも2イニング目にやくせんアルモンテにタイムリー。荒木に一発出るも空砲に終わった。

松山−神宮ー名古屋の過酷6連戦は2勝3敗1分。この6連戦期間中青木と山田に死球。山田は今日もマルティネスの投球を右肩に受けるなど満身創痍。
延長12回があり,さらに先発が3回もたなかった試合が2試合あったことで中継ぎ陣にもしわ寄せ。梅野が4試合。五十嵐とマクガフが3試合。この3人が勝ち試合も負け試合関わらず投入の状況になりつつある。

火曜日からの神宮3連戦が終われば,1日休んで地獄の12連戦。移動的には神宮ー神宮・横浜・名古屋・神宮−東京Dと移動的には1回なので今週よりは緩和されるのが救いではあるが・・・。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(原)−巨人(山口)4回戦 神宮 18:00
 ・0.5差の2位で巨人との首位攻防
 ・TOKYOシリーズ。2015年から始まったこの企画。神宮では4年連続勝ち越し。昨年は同一カード3連勝で,トータル9勝3敗と圧倒している。
愛知 ☀ | Comment(1) | SWALLOWS | at 19:27 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来週からいよいよ前半の山場がきましたね!
中継ぎの登板数も不安がありますが、
なんとか払しょくして、まず神宮3連戦をいい形で
乗り越えたいですね!

Posted by nanashi at 2019年04月21日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: