2019年03月28日

最多勝の大瀬良、菅野が先発=プロ野球、29日開幕

最多勝の大瀬良、菅野が先発=プロ野球、29日開幕
 プロ野球セ、パ両リーグが29日に同時開幕する。セは4連覇を目指す広島が本拠地マツダスタジアムに巨人を迎え、3年連続日本一を狙うソフトバンクはヤフオクドームで昨季パ優勝の西武と顔を合わせる。28日は各チームが最終調整を行った。
 広島は大瀬良、巨人は菅野と昨年最多勝を分け合ったエース同士が開幕戦で投げ合う。阪神は5年連続でメッセンジャー、ヤクルトは小川が先陣を切り、DeNAと中日は今永、笠原の両左腕が登板する。
 ソフトバンクは2年連続の千賀、西武はパ最多勝の多和田が先発。日本ハムは上沢、オリックスは山岡がいずれも初めての大役を担い、ロッテは6年目の石川、楽天は移籍3年目の岸がマウンドに上がる。
 各チームは交流戦18試合を含む143試合を戦い、各リーグ上位3チームが日本シリーズ進出を懸けたクライマックスシリーズに進む。[ 3/28(木) 18:14配信 時事通信 ] 

甲子園風開幕戦出場選手登録2019。
【投手】
石山泰稚(3年連続4回目)
大下佑馬(初)
石川雅規(15年連続16回目)
近藤一樹(2年連続2回目)
小川泰弘(2年ぶり5回目)
マクガフ(初)
梅野雄吾(初)
ハフ(初)
五十嵐亮太(10年ぶり10回目)

【捕手】
西田明央(2年ぶり5回目)
松本直樹(初)
中村悠平(7年連続7回目)

【内野手】
山田哲人(6年連続7回目)
大引啓次(2年ぶり4回目)
西浦直亨(4年連続5回目)
荒木貴裕(5年連続6回目)
廣岡大志(2年連続2回目)
宮本丈(初)
村上宗隆(初)

【外野手】
バレンティン(3年連続6回目)
塩見泰隆(初)
青木宣親(2年連続9回目)
雄平(2年ぶり10回目)
坂口智隆(4年連続4回目)
上田剛史(8年連続8回目)
田代将太郎(2年連続2回目)

今年から一軍登録枠が1名増えて29名となりましたが,先発投手陣の枠を余して26名を一軍登録。
2年連続は13名。ガラリと顔ぶれが変わった感。

プロ2年目となる2017年ドラフト組から村上,大下,塩見,宮本,松本直の5名が初の開幕一軍入り。ハフはローテーションの関係で漏れており初。梅野は3年目で初。+新加入のマクガフ。
小川,西田,大引,雄平と昨年は故障で開幕出遅れていたので2年ぶり。五十嵐亮太は必然的に10年ぶり。

最多は石川。自身の記録をさらに延ばし15年連続16回目。以下五十嵐10回目,青木9回目,上田8回目,中村山田7回目,バレンティン荒木6回目と続く。


いよいよ始まる2019シーズン。
来年はオリンピックの影響で本拠地神宮球場を2ヶ月近く使えない。プロに入って優勝経験の無い近藤坂口はともに30代後半になる。小川さんも契約最終年。村上を筆頭に若い力が台頭してきたが,このメンバーで戦えるのは今。そしてそう長くはない。だからこそその今。それも今季に懸ける想いは大きい。

4年前―。ヤクルト誕生80周年のメモリアルイヤーで優勝した。今年はヤクルト球団創立50周年のメモリアルイヤー。
18年前―。21世紀最初の日本一に輝いたのはヤクルトスワローズ。今年は新しい元号となる最初のシーズン。
何かこう感じるものがあるんです。

個人的には公式戦2000試合連続記LOGの大台もあと60試合に迫って参りました。今シーズンも試合見聞LOGならびにマーサ@まーくん!を宜しくお願い申しあげます。
大阪 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:50 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: