2018年09月09日

]東京ヤクルト 3-7 横浜DeNA

S 100 020 000 3
B 301 030 00x 7
●石川(6-6)4,大下2,ハフ1,中尾1−井野
山田哲31号@(平良)32号A(平良)

▼データ
 ・借金1

◆ポイント
 ・3回裏0死宮崎右本
 ・6回表2死満塁坂口遊ゴ(大和好捕)

本当に昨日勝てて良かったというか・・
内容的には3連敗喰らってもおかしくなかったこのカード。リードを奪ったイニングは昨日の9回裏と今日の1回表のみ。

先発野手全員安打ながらも,つながらず。奪った得点は山田の本塁打のみ。

石川は前々回のDeNA戦同様最初のアウトを取るまで。
桑原宮崎ロペス筒香4連続長短打で2失点。なお0死一三塁のピンチ。ソトの併殺間にもう1点。でもこれで落ち着けた。
ただいわゆる自責は1。これはロペスの打席でキャッチャーファールフライを井野が捕球出来ずの失策があったため。ソトの併殺で3アウトとなった計算となるため。


次の1点が入ったのはDeNA宮崎のソロ。これが試合の流れというものかなぁと。

山田の2ランで1点差に迫った直後のイニングで大下が昨日に引き続き3ラン被弾。終盤のヤクルトは諦めず毎回走者を出したものの・・・

ビジターDeNA戦全日程終了(7勝5敗)
3.3018:3328,9333:347-3○ブキャナン(1-0)6,石山1,秋吉1,カラシティー1−中村石田
川端1号A(石田)
3.3114:0628,9153:125-3○石川(1-0)62/3,H近藤1/3,H石山1,Sカラシティー(1)1−中村バリオス
4.113:0028,9433:091-3●由規(0-1)4,山中2,中尾1,近藤1−中村京山
5.1118:0028,9473:267-3○ブキャナン(4-1)62/3,H中尾1/3,H近藤1,石山1−中村石田
バレンティン12号A(石田)山田哲10号@(石田)
5.1214:0028,9644:026-5由規32/3,風張11/3,H秋吉12/3,H中尾1/3,H近藤1,H石山1,○松岡(1-0)2−中村砂田
5.1313:0128,9203:043-10●小川(0-1)32/3,山本11/3,中澤12/3−中村三上
7.1618:0028,4443:145-2小川7,○中尾(7-3)1,石山1−中村山崎康
7.1718:0028,5863:036-0○ブキャナン(7-6)7,近藤1,大下1−中村濱口
バレンティン20号@(加賀)
7.1817:4528,9372:552-7●原(1-6)5,星0/3,大下1,中澤1,風張1−中村,松本ウィーランド
バレンティン21号@(ウィーランド)
9.718:0128,2202:391-4●原(4-7)7,梅野1−井野,中村井納
9.818:0028,9364:157-6カラシティー4,大下1,秋吉12/3,中澤1/3,○近藤(6-3)1,S石山(27)1−中村,井野パットン
雄平8号@(今永)9号@(パットン)
9.918:0128,9503:033-7●石川(6-6)4,大下2,ハフ1,中尾1−井野平良
山田哲31号@(平良)32号A(平良)

開幕戦は横浜スタジアムでした。先頭打者山田がショートゴロ。これをショート大和がエラー。ここから始まった2018年ー。
オールスター明け最初の試合。山崎康晃から9回5点奪っての大逆転劇も印象的。
球団記録も多く生まれた。石川が球団最長となる17年連続勝利。バレンティンが広沢克己を抜き球団歴代2位となる229本塁打。雄平は代打6打席連続安打という球団新記録。松岡は球団史上初となる150ホールドをマークした。

■NEXT GAME
 巨人(メルセデス)−東京ヤクルト(小川)21回戦 東京ドーム 18:00
 ・6月24日以来となる東京ドーム(1勝5敗)
 ・1.0差で直接対決。勝利数は同じ60勝。負け数・分け数で2つずつの差。この3連戦が天王山と位置付けます。
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:52 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: