2017年08月08日

[東京ヤクルト 8-5 横浜DeNA

B 200 003 000 5
S 004 020 02x 8
○山中(2-4)50/3,H近藤1,H松岡1,H石山1,Sルーキ(2)1−中村
バレンティン24号C(久保)山田17号A(久保)リベロ3号A(三上)

▼データ
 ・神宮連勝
 ・借金29
 ・対DeNA戦6月24日(神宮)以来の勝利
 ・バレンティン:2014年5月14日巨人戦(ひたちなか)以来今季初,来日3本目の満塁弾
 ・リベロ:2試合連続弾
 ・山田:今季4度目猛打賞
 ・対久保:15年5月19日以降6連勝

◆ポイント
 ・3回表1死一三塁宮崎二ゴ(三走筒香憤死)
 ・3回裏1死満塁バレンティン三邪飛宮崎落球→左本
 ・6回表0死一塁倉本捕犠桑原左飛柴田三邪

ホームでは貯金3のチームなんですよ。。

今日も立ち上がりヨーイドンで筒香に本塁打。ビジターなら諦めモードになるのだけれど,神宮のヤクルトはヤっぱり違う。

分岐点になりかねなかった3回表1死一三塁宮崎のセカンドゴロ三走筒香の本塁憤死。判定は自信をもってアウトながら,ラミレス監督の要求でビデオ判定に。中村が走路を塞いだかどうかの基準になったのだろうが,ホームタッチはあくまで流れの動作という判断。
三走が筒香。さらにはゴロゴーの指示が出ていなかったことも幸いしたか。いずれにしてもここで3点目が入っていたら試合は決していたようにも思う。

台風5号の影響か?!風の悪戯は魔空間属性の無いバレンティン。
3回裏。先頭の奥村が左中間に伸びる打球で二塁打。山中がキッチリ?!送って1死三塁。坂口山崎の連続四球。坂口のそれは一塁空いているので止む無しという考えもあったはず。山崎のそれは誤算だったか。
1死満塁でバレ。初球を三邪飛。一番萎える展開での落球。そして2球目打った瞬間それと分かる自身来日3本目となる満塁弾。

5回裏山田の登場曲をGReeeNから以前のSOUL'd OUTに戻した瞬間の本塁打。4点差で楽勝かと思われたが・・・

勝ち投手の権利を得ていた山中。足をつるアクシデントを乗り越え6回表もマウンドに上がるも戸柱梶谷に連続本塁打を浴びあっという間に1点差に迫られてしまう。。

火消ヤクは近藤−松岡−石山。最少失点を守り切るリレーはまるで2015年のあの頃のよう。こういう試合をホーム神宮球場では出来るのだから・・・やはり課題はビジターなんですよ。。。

リベロにも一発が飛び出しクリーンアップ揃い踏み。バレも打撃>>>守備ならば契約延長をお願いしたいだけに。

■NEXT GAME
 ヤクルト(梅野)−DeNA(ウィーランド)17回戦 神宮 18:00
 ・高卒ルーキー梅ちゃん先生がプロ初登板
 ・ルーキーイヤーに星・中尾・梅野が先発を務め,ドラ1寺島は何を想う。
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 23:04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪神時代の久保は顔を見るのも嫌なくらいの天敵だったがDeNAに移籍後は年齢から衰えたのか相性が良くなりむしろカモ?それに比べてメッセンジャーは相変わらずの超天敵状態なのがジレンマ・・・メッセンジャーが移籍したら打てるのか?もしかして縦縞コンプレックス?
Posted by at 2017年08月09日 08:39
> さん
ほんと阪神時代の久保は全く打てませんでしたよね。。不思議です。
メッセは神宮ならまだしもと思うのですが,いつになっても打てません。
Posted by マーサ@まーくん! at 2017年08月11日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: