2017年06月23日

[東京ヤクルト 8x-7 横浜DeNA

B 000 140 002 0 7
S 001 004 020 1x8
ブキャナン5,ギルメット1,H近藤1,Hルーキ1,秋吉1,久古0/3,○石山(1-3)1−井野

▼データ
 ・今季5度目のサヨナラ勝利
 ・武内:2009年6月8日日本ハム戦(神宮)以来自身3本目サヨナラ打
 ・井野:楽天時代2010年以来の打点
 ・坂口:今季5度目の猛打賞
 ・上田:2016年3月31日以来の猛打賞
 ・石山:今季初勝利

◆ポイント
 ・3回表0死一三塁一走桑原牽制死梶谷捕ゴ
 ・3回表2死一三塁筒香三ゴ(藤井好捕)
 ・6回裏0死満塁井野遊ゴ間1点代打大松捕ゴ間1点
 ・6回裏2死二塁上田右2
 ・8回表0死一塁宮崎遊併(この回から一塁に入った武内好捕)
 ・9回表1死三塁梶谷二ゴ(山田前進守備井野コリジョンブロック)
 ・10回表0死一塁代走関根牽制死

This is ヤクルトスタイル!!まさに全員野球で掴み取った勝利!!

ポイントを挙げればキリが無いし,どれを欠いても今日の勝利は無かったと思う。

交流戦明け初戦を託されたブキャ様。中6日6/30甲子園→中5日7/6ナゴヤドーム→中5日7/12東京ドームとオールスターまで4試合を投げてもらうという逆算ローテの証。
しかしそのブキャ様が筒香に3ランを浴び,5回を終えて1-5。ちょっと前までなら絶望的な点差だったはず。

でも今は違う!!

6回裏0死満塁。ちょっと前まで精神的に追い込まれていた状況。しかし井野大松と転がして最低限×2。アウトを1つずつ献上しても1つずつホームを踏む。これがじわじわと効いた。
そして上田のタイムリーで一気に追いついたというのも試合展開を考えても大きかった。仮に1点でもリードされていれば,7回以降の継投もDeNAも勝ちパターン継投となっていたはず。パットンは体調不良という後日談が出たが

ギルメット−近藤−ルーキの無失点リレー。1番から始まる打順を3者凡退に仕留めた近藤。筒香から始まる打順を結果3人で斬ったルーキ。
筒香に代走関根という勝負に出たラミレス采配。それを見事に断ち切った牽制の石山。

井野さんは一塁に出塁したら必ず還ってくる。そして延長10回裏0死一塁でキッチリと初球で決めた犠打。サヨナラタイムリーを放った同級生武内に駆け寄って抱き着いたシーンも印象的だった。

グリーンはブキャナンに声掛けで連携。牽制死を呼び込み,退いてからギルメットルーキブキャナンを携えて例の儀式。
山田は同点に追いつかれた9回表1死三塁の場面で前進守備からホームへストライク返球。勝ち越しを防ぐ好守備。これが無ければ山崎康が出てきたのだから。
藤井の忍者守備が光った3回裏2死三塁。筒香の当たりを横っ飛び。序盤のピンチを救った。
大引は6回裏0死一塁からヒットでつなぎ,ビックイニングを呼び込んだ。

坂口は3安打猛打賞。先制打に1点差に迫るタイムリー二塁打。延長10回裏一塁空いた状況で塁を埋める選択を迷わせた。
上田はあわやサイクルの猛打賞。ヒーローにこそなりそこねたが影のヒーローであることは誰もが認めるところ。バレが帰ってきてもレギュラーは渡さない。そんなメッセージを感じた。

そしてヒーロー武内。8回表の守備から一塁の守備固めで起用され,目立たないがショートバウンドの送球を処理して併殺を完成させ,8回裏は2死無走者からの安打が上田の勝ち越しタイムリーを呼び込んだ。そしてサヨナラの場面は2球で簡単に追い込まれてからの粘り。

9回表1死二三塁で外野前進守備指令。残り2イニングで山本哲と中澤しか残されていないブルペンをも救った。就任以来2度目となる真中監督自らマウンドへ行きながらリリーフ失敗という首脳陣の数多のミスをも救った。
選手としては確かにパッとしないかもしれないが,高校・大学と日本一を経験し選手会長も務めた男。20年後30年後。燕の野球伝道師として,小川SDあるいは杉村コーチのように欠かせない存在となっているはず。未来への見聞LOGとしてこれは声を大にして主張したい。

そして高卒ルーキーながら一軍体験となった古賀。廣岡,由規,増渕,川端,高井と名だたるメンバーに並んだ。これで次世代捕手として山川を一気に抜きさった感。川上−田川−児山−山川と4年連続高卒1人指名はやはり失敗だったのかと感じずもいられない。

■NEXT GAME
 ヤクルト(原樹理)−横浜DeNA(石田)11回戦 神宮 14:00
 ・今日の勢いを活かしたいCREW DAY
 ・樹理が苦手としているDeNA戦。でも菊地涌井則本と戦ったことで一回り成長した樹理ならやってくれるはず!!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:48 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: