2017年06月09日

[東京ヤクルト 1-6 千葉ロッテ

S 000 100 000 1
M 400 110 00x 6
●原樹理(1-3)5,中澤1,山本2−中村

▼データ
 ・自力優勝可能性消滅

 ・2年ぶり9連敗

 ・交流戦球団ワースト10連敗
 ・借金16
 ・交流戦8年連続10回目負け越し確定

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁サントス二盗(タイミングアウトもサントスのスパイクに山田のグラブ弾かれる)
 ・1回裏1死一二塁パラデス一安(グリーン軽率なグラブトス)
 ・1回裏1死二三塁鈴木右本

初回いきなり4点ビハインドで1点返すのが精一杯。
9連敗。交流戦10連敗。57試合目にして自力優勝可能性消滅。
ヤクルト9連敗、自力V消滅=プロ野球
 ヤクルトは攻守にいいところなく敗れ、1分けを挟んで9連敗。首位広島とのゲーム差は16に広がり、自力優勝が消えた。
 先発の原樹が一回にいきなり4点を先行され、打線は8安打を放ちながらもつながらず、1点を返すのがやっと。五回1死満塁では山田が空振り三振、坂口も左飛に倒れた。守備でも失点に失策や暴投が絡むなど精彩を欠き、真中監督は「この流れでは…。最初の失点が痛かった」と顔をしかめた。[ 6/9(金) 22:43配信 時事通信 ]


樹理のコメントも初回に点を取られたのが全てと。先に点を取られると(厳しい)というチーム状態が表れているし,投手と野手の信頼関係ももはや無いのかなぁと。。

ここ16試合日曜日以外はいずれも2得点以下。今週に至っては1・1・0・1という惨状。。
観戦した衣笠球団社長は首脳陣のてこ入れについて「考えていない。(信頼は)もちろん」と否定し、川端、畠山の不在や山田の不調を挙げて「(一昨年の)優勝した時の3、4、5番がいないからね」とかばった。

とうとう社長のコメントまでニュースになってきてしまった。これは本格的にヤバい状態。本気で目を覚ませ!!

■NEXT GAME
 千葉ロッテ(二木)−ヤクルト(星)2回戦 ZOZOマリンスタジアム 14:00
 ・星がプロ初中5日
 ・12年以来の10連敗は阻止することが出来るのだろうか・・・

千葉 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:21 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: