2017年05月16日

[東京ヤクルト 1-5 巨人

S 000 000 100 1
G 200 030 00x 5
●ブキャナン(2-2)6,ギルメット1,成瀬1−中村
バレンティン5号@(菅野)

▼データ
 ・今季最短2時間16分

◆ポイント
 ・1回表4球で3アウト
 ・1回裏1死無走者石川遊安(西浦ファンブル)
 ・4回裏2死一塁マギー盗塁(西浦捕球できず)
 ・5回裏1死一二塁石川二ゴ(西浦捕球できず)

対菅野。ベンチの指示は追い込まれるまでに何とかしようということだったのか。
初回坂口と藤井が初球打ち。山田は2球目を打って併殺。僅か4球で3アウト。2回表も雄平が2球で打ち取られた。

そして足を引っ張った西浦。
初回は石川のショートゴロをファンブルして内野安打に。これが無ければ初回は三者凡退だった計算。
4回裏2死から得点にはつながらなかったもののマギーの盗塁。バッテリー共々無警戒だった部分もあろうが,中村からの送球をキャッチできず。
5回裏菅野相手に致命的な3点差をつけられて尚1死一二塁。石川のセカンドゴロ。山田が好捕するも西浦がまたも捕球できずオールセーフ。タイミングは完全にアウトだったが目を閉じていたような捕り方に映った。坂本がライトフライだったのでブキャナンに自責つかず。

巨人の5得点のうち3点は西浦の守備から。なんか表情に悩んでるというのが出てるし,悪循環に陥ってるので少し頭を冷やさせてあげてほしい。
ヤクルトのバレンティン、特大の一発=プロ野球
 ヤクルトのバレンティンが特大の一発を放った。七回に菅野の初球を強振すると、打球は左中間最深部の看板を越えて照明灯の間に消えていった。「直球でくると予想していた。完璧な当たりで、自分でも驚くほど飛んだ。気持ちいい」
 開幕から調子が上がらず、打順が5番に下がっているが、ここへきて5試合連続安打。「毎日の積み重ね。感じはよくなってきた」と復調の手応えを感じていた。[ 時事通信 5/16(火) 21:08配信 ]

見どころはバレの特大弾のみ。2時間16分のなんともあっけない試合でした。

■NEXT GAME
 巨人(大竹寛)−ヤクルト(由規)7回戦 東京ドーム 18:00
 ・由規:2011年8月20日以来2097日ぶりの東京ドームのマウンドへ
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 21:19 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合はブキャナンが阿部にホームランを打たれた時点で
あきらめました
西浦は期待している選手だけに
残念です
やはり戸田でしょうか
真中監督の判断は・・・
編成の問題もあると思うのですが
やはり若手の目標がハッキリしないまま
1.5軍クラスの選手ばかりになってしまった感
これでは誰もレギュラーに定着できません



Posted by nanashi at 2017年05月16日 21:35
>nanashiさん
初回で勝負あった感は否めません。
西浦はファームの試合でホームラン。気分転換になればいいのですが・・・

由規抹消分は館山になるのか。それともお試しで野手を上げるか。公示も注目でしょうか。
Posted by マーサ@まーくん! at 2017年05月17日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: