2017年04月18日

[東京ヤクルト 0-3 巨人

S 000 000 000 0
G 100 010 01x 3
●山中(0-1)7,村中1−中村

▼データ
 ・今季初完封負け
 ・今季最多借金5

◆ポイント
 ・4回裏1死無走者石川反則投球判定
 ・8回裏0死無走者坂本遊失

9回2死まで1安打。0点では勝てません。

熊本凱旋登板山中は7回2失点のHQSをクリアしたものの,打線が見殺し。これで今季3試合20イニングを投げ防御率は2.25ながら,打線の援護が僅かに3点。しかもうち2点はビシエドの落球によるものという・・

先制点を許した試合はこれで2勝10敗。
今日も奪われた先制点は初回2死一塁から阿部の単打の間に失った1点。カウント3−2でエンドランがかかっていたとはいえ,一走立岡が一気にホームイン。左中間に飛んだ打球をセンター山崎が処理したが,まさか本塁に生還するとは思わなかったのだろうか。これも一軍の経験だろうが,いい勉強になったか。

あとは不可解な審判の判定が2つ。
4回裏。簡単に2死を取った瞬間に審判が只今の投球は不正投球という判定で打ち直し。そしてやらずもがなのセンター前ヒット。この時だけ制止していなかったとか。
8回裏も先頭坂本勇人がショートゴロで1アウトかと思われたら,一塁・鵜久森の脚が離れていた(記録はショート西浦のエラー)という判定。

ハマスタでのルーキボーク判定といい,審判さんは実に細かいところまで見ていますね(棒)
いずれも真中監督が確認に向かうも判定は覆らず。ただ緒方監督のような勝利に懸ける過剰なまでの”情熱”が全く感じられないのも事実。

畠山が途中交代=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの畠山和洋内野手は18日、巨人1回戦(熊本)の二回に二ゴロで一塁へ走りだす際に左脚を痛め、そのまま交代した。[ 時事通信 4/18(火) 19:57配信 ]

肉離れで済めばいいと捉えるほかないでしょうか。アキレス腱断裂でないことを祈ります。

■NEXT GAME
 巨人(高木勇)−ヤクルト(ブキャナン)2回戦 鹿児島県営鴨池 18:00
 ・エースブキャ様に連敗阻止を託すほかあるまい
 ・美人妻帰国して妻ロスになっていませんように。。
熊本 ☀ | Comment(4) | SWALLOWS | at 21:44 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山中さんは今日は不運でしたね
次こそは勝てるよう願っています
打撃も全員がケガをしているように不調ですね
畠山は・・・残念の一言です
もう今シーズンは諦めるしかないのか
こういうピンチなときにこそ、誰かででくれないものか・・・
Posted by nanashi at 2017年04月18日 22:37
>nanashiさん
借金と首位とのゲーム差が広がるばかり・・
3.0差追いつくのに1か月かかるといいますから,まだまだ可能性があるはずなのに,重苦しい雰囲気。
歯車なんて何かのキッカケだとは思うのですが・・その何かが全く見えてこないですね。
Posted by マーサ@まーくん! at 2017年04月19日 21:56
そうなんですよね
今日の試合をみても、攻撃がチグハグに
去年までは簡単にとれていたものが
なかなか上手くいきません

Posted by nanashi at 2017年04月19日 22:00
>nanashiさん
野手の歯車はまだですが,チームの投打間の歯車と,リーグの均衡が少し見えてきましたかね?!
Posted by マーサ@まーくん! at 2017年04月22日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: