2017年04月16日

[東京ヤクルト 3-6 横浜DeNA

S 002 001 000 3
B 100 220 10x 6
●オーレンドルフ(0-1)40/3,原樹理22/3,ルーキ1/3,村中1−中村
バレンティン2号@(クライン)3号@(クライン)

▼データ
 ・ビジター3カード連続負け越し
 ・5位転落
 ・オーレンドルフ:来日初黒星
 ・バレンティン:2016年9月9日巨人戦(神宮)以来来日20度目2打席連続弾

◆ポイント
 ・5回裏0死二塁ロペス右中2(鵜久森ダイビングも及ばず)
 ・7回裏2死満塁乙坂三振

6点中5点が2死からの失点。昨日のお返しでピッチャークラインに打たれたタイムリーが決勝打に。

1回裏2死無走者からロペスのソロ。これは止む無し。
4回裏2死一二塁から戸柱とは勝負にいかず満塁にして9番クラインとの勝負。これも納得。ただ初球を簡単に弾き返された。嘗めた不用意な投球という解説もあったが,今日のオーレンはコントロールがアバウトだったので真ん中にって配球は分かる。それくらい修正出来なかった。

5回表に打席が回ってそのまま打席へ。これも納得。
5回裏荒波ロペスの連続二塁打。ロペスのそれは鵜久森の不慣れな守備を指摘された。確かに雄平なら捕球していた可能性が。ここで原樹理にスイッチ。

樹理も筒香をセカンドゴロ,宮崎を三振と2死三塁まで行ったが,倉本へのタイムリー。これが決定打となった感。たらればになるがロペスでキッチリ1つアウトを取っていれば宮崎の時点でチェンジだったのだから。
原樹理は3イニング目に2死満塁から戸柱にタイムリーを浴びて交代となったが,この起用法の意味することとは。

2死満塁で登場ルーキは代打乙坂をキッチリ三振。ひとまず安心。
8回裏に登場はお久しぶり村中さん。9球で3凡。もっと出番をとも思うのだが。

打線は春のハマスタバレ2発&猛打賞。守備で倉本を二塁進塁を許す怠慢を犯したが,それを注意されたか,筒香のレフト前ヒットで矢のような返球を見せていた。このあたりも首脳陣上手く扱っているんでしょうね。。

■NEXT GAME
 巨人(菅野)−ヤクルト(山中)1回戦 熊本藤崎台 18:00
 ・唯一未対戦だった巨人と初顔合わせ
 ・熊本地震から1年。昨年も4月に熊本で巨人戦が組まれていたが地震の影響で中止
 ・JAPANのエース菅野との対戦。援護は少なく,勝ち投手になりそうだと味方が守備で足を引っ張り,菅野が降りると途端に援護を始める不思議な力が働く。
 ・熊本出身山中念願叶って故郷に凱旋登板!
神奈川 ☁ | Comment(2) | SWALLOWS | at 18:22 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は見られませんでしたが
相変わらずロペスにやられた見たいですね
来週は雨が心配でしたがなんとかやれそう!
山中に初白星を期待してます
Posted by nanashi at 2017年04月16日 19:04
>nanashiさん
打線は梅雨入りなのか冬眠なのか・・・
山中ブキャナン2日連続見殺しとは哀しい限りです。
Posted by マーサ@まーくん! at 2017年04月19日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: