2016年04月30日

/東京ヤクルト 4-3 巨人

G 102 000 000 3
S 200 000 20x 4
○小川(3-1)7,Hルーキ1,Sオンドルセク(7)1−中村
バレンティン5号A(今村)飯原1号A(山口)

▼データ
 ・3連勝(今季最長タイ)
 ・対巨人戦3連勝
 ・飯原:2014年9月16日阪神戦(神宮)以来の本塁打

◆ポイント
 ・7回裏1死無走者小川の代打田中浩中2
 ・7回裏1死二塁代走三輪坂口の代打飯原左本

本日の見聞LOGを書く前に,2014年10月07日の見聞LOGを読み直しました。
それは小川の2年連続10桁勝利を消したレフト飯原誉士の落球のあった日。。

値千金の代打逆転2ラン本塁打―こんな簡単なテキストで表していいものかと自問自答してしまいます。

2005年大学社会人ドラフト5巡目で入団し今年でプロ11年目を迎えた33歳。2010年にはクリーンナップの一角として15本塁打を放つなど一軍に欠かせない戦力であったはずの飯原。しかし昨年は自己最少の18試合の出場にとどまり,打率.219,本塁打0。5月17日を最後に一軍に上がることはなく,キャンプもファームスタート。ルーキ―イヤーから続けてきた連続開幕一軍記録も「10」年で途絶えていた。いわば選手生命の崖っぷちにまで追いこまれた男。

7回裏。打ちあぐねていた今村から山口にスイッチされた。
先頭の中村は三遊間抜けたかと思われた当たりを,この回から守備固めで入った吉川の好捕に遭いサードゴロ。
悪いながらも粘りのピッチングを続け7回まで投げ切った小川に代わる代打は田中浩。その田中が今季自身2本目の安打となる左中間を破る二塁打で出塁。浩康の代走に還ってくる男・三輪。
山口対坂口という左対左を避け,右の飯原を代打に起用した真中監督。その采配がズバリだった。

落ちるチェンジアップに体を泳がせながらも,打球は左翼スタンド最前列に吸い込まれた。飯原の魂が運んでくれたかのような一発。
「凄く久しぶりなので、感動してます」「小川も凄く頑張っていたし、田中さんが出て、自分も何とかという気持ちで打ちました。まさか入るとは…」「最高です。ここに立てて幸せです。なんて言っていいか分からないくらいうれしいです」。
声を震わせ,その目にはうっすら光るものが見えた。見ているこっちが感極まってしまった。。

今日はどうしても飯原の陰に隠れてしまうが,チャンスメークした浩康,粘り強く失点を防いだ小川,そして逆転した直後のイニングを3人でピシャリと抑えたルーキの存在も忘れてはなるまい。
そしてオンドルセクは2年越しながら藤川球児のもつ連続無失点の日本記録に迫る勢いで抜群の安定感を誇っている。

開幕から一ヶ月を擁したがようやく2016年版の「型」も見えてきたように思う。

4月終えての順位表
順位チーム試合勝数敗数引分勝率勝差得点失点本塁盗塁打率防御率
1巨人2815103.600105902412.2512.84
2広島2816120.5710.51551113017.2833.69
3中日2814122.5381.5105123205.2644.03
4阪神3014142.5002.51281202217.2493.64
5ヤクルト2913151.4643.51211482017.2765.14
6DeNA299182.3337.086108226.2253.32


■NEXT GAME
 ヤクルト(原樹理)−巨人(高木勇)9回戦 神宮 18:00
 ・原樹理にとって初のナイター登板。これまでの流れも何か変わるはず。
 ・ヤクルトと5月と言えば・・・2010年6連敗&9連敗。2012年10連敗。2013年6連敗。2015年9連敗と大型連敗が恒例になりつつある悪夢の月でもあります。
試合勝数負数引分勝率順位打率本塁得点失点防御勝率順位
2015259151.3756.24517931194.35.4625
20142513111.5421.309281451174.45.4315
2013237151.3186.24018881124.39.4006
2012226151.2866.2391361984.22.4774
201120992.5003.2331055713.41.5631
2010203161.1586.208953964.46.2986

 そこを乗り越えてこそ燕進化ヤ!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:05 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: