2007年05月27日

東京ヤクルト 4-1 福岡ソフトバンク

H 000 010 000 1
S 100 012 00X 4

勝てた!
北海道・東北・東海・近畿地方では13戦13敗と遠征は散々なのですが,2週間ぶりのホーム神宮で連敗を止めてくれましたネ!久々の神宮という事もあったのか?!日曜のナイターにも関わらず25,000人の観衆も詰めかけ,温かいファンの出迎えがあってホッとしました。。

打順は2番に浩康を入れる開幕当初に描いた形に。結果四球,左2,投犠,右3と結果を残しました。制約のある中で,打者を進める役割,先頭打者として塁に出る役割を打席打席で担ってくれれば,チームは機能していくので,期待したいですね。暑くなると打つタイプなのかも知れません。。守備でチョットミスがありましたが,雨で濡れた芝のせいということで今日のところは処理。

そして今日一番大きかったのは7回から守備固めに入った城石。2回の守備機会でいずれも難しい打球を難なくさばいてくれました。特に8回一死満塁小久保の場面。あれがもし抜けるなり,悪送球なりだったらと思うと・・・・確かにバッティングではどうしようもなく打てないケド,守備は宮本と双璧。こうして後半のサードの守備固めで入ってくれると安心出来ます!
となると飯原の使い方。福留のように内野は不向きで外野で力を発揮するタイプかも知れません。送球に難もあるので,内野で起用するとしても浩康との併用=セカンドの方が良いかと思いますが・・・

宮出もキャンプの成果がファーストの守備で表れています。ゴロの捌き方は素晴らしくなっている印象を受ける。また的が大きいので,他の野手も多少高く逸れても取ってくれる安心感がある気が・・・だから健さんとか畠だと的が小さくなっちゃうんでしょうね。
ディフェンスを考えるなら,右から宮出−浩康−宮本−城石で鉄壁でしょう!

昌平も中6日で安定度抜群!8回で101球でしたから,交代は止むを得ないでしょう。彼の場合100球を超えると突然乱れる傾向がありますから。今日は相手に流れをやってしまう継投ではなかったと思います。
ま,ワンポイントで高井にはビックリでしたが。でも最近安定してきた。セットアップ行けるかな?!

一方二軍は7連勝で首位をキープ!とか。ユウイチも実戦復帰してきましたし,肩の故障に悩まされてきた野口もそろそろ一軍で見たいですねぇ。。

チームが低迷してても毎日気になって仕方ない。1勝でこんなに喜んでしまう。ファンなんてこんなもんですよね(笑)

【東京ヤクルト 4-1 福岡ソフトバンク】館山投手、今季初勝利! 田中浩選手、2安打2打点! 連敗ストップ!!
東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 23:47 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック