1996年02月16日

カツノリに古田が伝授 ヤクルト

 古田は一塁走者がスタートを切ると同時に、座ったまま左足を前に出して送球体勢に入る。これに感心する野村監督が、カツノリへの伝授を頼み込んだ。
 「今までだれにも教えたことがない」と言う古田も、監督に「先生」とまで呼ばれては仕方ない。模範演技を見せながらの指導となった。
 カツノリものみ込みは早い。捕球から二塁ベースタッチまで平均2秒1だったのが、繰り返すうちに1秒台になり、「やっと2秒を切りました」と大満足。野村監督も「これからは古田式でいけ」とご機嫌だった。=米・ユマ(共同)
| Comment(0) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 00:00 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック