1998年01月13日

吉井理人投手、大リーグのメッツと契約 FA選手、初のメジャー

 【ニューヨーク13日=時事】米大リーグのニューヨーク・メッツは13日、フリーエージェント(FA)選手として大リーグ入りを目指していた前ヤクルトの吉井理人投手(32)とメジャー契約を結んだと発表した。契約期間は一年で、日本のFA選手のメジャー入りは初めて。契約額は明らかにされなかったが、年俸50万ドル(約6500万円)に出来高払いを加え、総額70万ドル(約9100万円)前後と推定されている。14日に当地で本人同席の入団発表が行われる。
 吉井は2月中旬からキャンプに参加するが、大リーグでプレーすれば、日本人選手としては7人目となる。
 電話での共同会見に応じたメッツのフィリップス・ゼネラルマネジャーは「彼は緩急の変化で勝負できる投手。先発要員として貢献できる力を持っている」と高く評価。代理人の団野村氏はドジャースなどを含めた交渉相手からメッツを選択した理由を「契約内容が一番良かった」と述べるとともに、ロッテ監督経験のあるバレンタイン監督の名を挙げ、「彼なら吉井を最高の形で使ってくれると思う」と話した。
| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | at 00:00 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック