2005年02月21日

大リーグを稲葉が断念、日ハム入りへ

 ヤクルトからフリーエージェント宣言して大リーグを目指していた稲葉篤紀外野手(32)が21日までに、大リーグ球団のトライアウトを受けない方針を固めた。稲葉の関係者が明らかにした。メジャー契約でのオファーはなく、大リーグ移籍を断念する。稲葉はすでにヤクルトに退団の意思を伝えており、日本ハムへの移籍が濃厚となった。

とうとう決まりましたね。オファーが無かったということで片付けていいのでしょうか!?
「夢」叶わずの選手と言えば、ベイの齋藤隆は残留、谷繁は移籍の道を辿りました。その後の結果は観ての通りですが・・一年契約年俸ダウンというのが、両者とは大きく異なる決定的な差でしょうか。モチベーションの問題も如何に影響するのか。ヤクルトからの国内FA選手の行く末のジンクスもありますが、、
| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | at 00:00 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック