2010年09月20日

~東京ヤクルト 4-3 中日

D 002 100 000 3
S 010 120 00X 4
中澤4,○増渕(2-3)1,H押本12/3,渡邉0/3,H松岡11/3,S林昌勇(31)1−相川

来季の小川監督誕生が発表された直後の試合。
仮にもし負けてしまってはチームの士気が(外部から)疑われてしまうものの,しっかりとモノにすることが出来た。

今日の試合の勝利によって,9月中旬にも関わらず史上稀にみる僅差で優勝を争う上位3球団阪神・巨人・中日との直接対決9試合を5勝4敗と勝ち越せた。相手だって出来れば1つも落としたくない状況下で,この1つ勝ち越しという結果は大いに誇れると思う。失礼ながら6月・7月頃の勝ち越し1とは意味合いが違う。チーム力がついてきた証拠。

序盤の積極采配が光った。3点差の4裏1死一三塁で中澤に代打ユウイチと,1点差に詰め寄っての5裏1死一二塁で慎吾に代打デントナ。いずれも得点には絡んだ。
その一方で,4回2死一塁青木センターオーバー二塁打で悠々ホームインかと思われたユウイチは三塁制止。5回デントナセンター前安打は,腕を回してホワイトセル本塁憤死と,決して足の速くない走者を置いての城石コーチの判断も実に難しい問題だが・・。

試合を決めたのは浩康。じつにしぶとくセンター前に打球を運んだ(=打球が転がった)。再び.300に乗せ,残り試合でこれを維持できるか。まぁ勝利優先でやってくれることだろう。でも.300に乗せて1億に乗せて欲しいなぁ。絶対それだけの価値のある選手!!

結果的には中澤のタイムリーも効いた。雨が降りしきる中での中澤は打者としての期待値が急上昇するらしいので,憶えておこう!

5回から増渕という執念を見せた投手リレーも,最少得点1をキッチリ守りきった。中日戦は1点あれば充分。横浜や巨人相手だとそうも言っていられないんだけど。不思議。。

twitterを眺めていたらこんな情報が
---
TDAdmi Gを相手とすると、残り両チーム試合、G勝数+スワ負数が6以下で逆転3位です RT @a_n_yan : 教えて! RT
@skovby121:
誰かおしえて!Make_milmil達成の最低条件を! #swallows #Make_milmil

---
こう言ってもらうとなんだか可能性を強く感じる!起こすぞメークミルミル!!
東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | SWALLOWS | at 22:53 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チーム一丸!さぁ”小川を男に”するぞ!
Excerpt: 【 対中日ドラゴンズ22回戦(13勝8敗1分) 神宮 】中 日 0 0 2 1
Weblog: See-Saw-Game
Tracked: 2010-09-21 18:50