2010年04月20日

~東京ヤクルト 2-3 中日

S 000 000 200 2
D 000 021 00X 3
●館山(2-1)6,増渕1,松岡1−川本

今日は24節季の一つ穀雨。ヤクルトは酷打

スコアは2-3ながら自責は0-2。ミスは本当に点になるが,防御率はさらに上昇「3.217」。
7回川本今日二つ目の併殺コースが一転0死一二塁となって,森岡の恩返しが生まれるも,城石コーチは慎重派。もう1点は構わない守備体系によるものということで,繋がった感に欠ける。。

チーム盗塁数「2」と,ほとんど警戒しなくて良い中日(いつの間に?!)相手に川本。やはり松山で相川は足をやってしまったのか?!それとも単なる休養か。気になる。
---
hotaru_umi / ほたる
@masak20 その分、相川だっ“たら”アウトだった、というところをセーフにして走り抜けてくれると信じましょうや。 at 04/20 17:57

masak20 / マーサ
相川だっ“たら”捕れていた。中村悠平だっ“たら”刺していた。を言わせないようにして欲しい… at 04/20 17:51

---
川本らしく「足」を使ってグランドを駆けまわれた。相川に無い部分があるということに気がつかせてもらった。


不調の両助っ人。とにかく信じて待つしかない。。

🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | SWALLOWS | at 21:37 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

失策連発!自分達の野球を思い出せ!
Excerpt: 【 対中日4回戦(2勝2敗) ナゴド 】東 京 0 0 0 0 0 0 2 0
Weblog: See-Saw-Game
Tracked: 2010-04-20 23:15